Das Otterhaus 【カワウソ舎】

生きることは、見ること。写真作家・佐藤淳一が動物園と水族館を訪ねます。カワウソがいてもいなくてもひたすら訪ねます。

リオデジャネイロ植物園

[ While my stay in Rio, I also visited botanical park named Jardim Botânico do Rio de Janeiro. Despite botanical park, visitors can meet some species of wild animals there. I could meet Tafted capuchin, Common marmoset and some beautiful birds. ]

141001_01
というわけでお待たせしました。今度はリオデジャネイロ植物園(Jardim Botânico do Rio de Janeiro)の方です。植物園といっても、わたしが撮る以上、出てくるのはほとんど動物ですけど。


141001_02
ゾーロジコ(動物園)でも見られた、各種のヤシを並木にしたメインの園路。ボタニコ(植物園)のは、より規模がでかい。

『日本の植物園』(岩槻邦男著、東京大学出版会、2004)の中に「世界の植物園」という章があって、世界の代表的な植物園が紹介されているのだけど、リオデジャネイロ植物園は南米で唯一、詳しい記述があるので、南米大陸を代表する植物園と考えてもよさそうだ。何でも1808年にナポレオンに敗れたポルトガル王がこの地に逃れて亡命政府を作ったとき、有用植物の導入馴化のために始めた施設が元になっているんだって。要するにすごく歴史があるのだ。

日本の植物園 (Natural History) [単行本]


141001_03
このへん、いかにもブラジルの植物園だぞ、という風景ですな。


141001_04
で、園内にこんな注意書きがあります。動物にえさを与えないでください。カフェ以外のところで食べないでください。


動物? いったい何が出るのでしょう?


141001_05
出た〜!


141001_06
やべ、見つかった!


141001_08
わ、どうしよ。


141001_07
んもう撮りたきゃ撮れば。


141001_09
よいしょよいしょ。


141001_10
なんかの実、ゲット。


141001_11
見せびらかして、


141001_12
食べます。


141001_13
べ。


141001_14
オレの分って、


141001_15
ないわけ?


141001_16
さっきそのへんに置いといたんだけど・・・   落ちたなー




基本的に楽しそうでした。フサオマキザル(Tafted capuchin)のようです。

あ、アホなお客がえさをやろうとすると、警備の人が来て怒られてました。くれぐれも勝手な給餌はしないようにしましょう。


141001_17
見た目は普通に植物園なんですけどね。いろいろ出るんですよ、いろいろ。


141001_18
変な植物。今思い出したけど、この葉が貯め込む水に蚊が住み着いて、それがマラリアの発生原因のひとつになってる的な解説を読んだような。植物もいろいろ苦労があるもんだ。


141001_19
お、次の動物出ました!


141001_20
しっぽの長いやつです。大きさは・・・ん〜、でかいリスぐらい!


141001_21
電線に渡りました。


141001_22
ぴょんぴょんぴょん、って動きもリスっぽいな。


141001_23
あら、増えたw


141001_24
そして、決めポーズ。


141001_25
いつのまにか、わらわら状態に。


141001_26
じー


141001_27
やっとアップで撮れました。おそらくコモンマーモセット(Common marmoset)。あくまで野生動物が勝手に住み着いている、という設定なので、動物の解説板とかそういうの、一切なし。


141001_28
もちろん鳥だっていろいろ。これはハイムネクイナ(Slaty-breasted Wood-Rail)。例の「遠目には地味でも、よ〜く見るとパーツがけっこう派手」という南米の鳥の定石を踏まえておりますな。


141001_29
あーこれ、植物園以外でもちょくちょく見ました。キバラオオタイランチョウ(Great Kiskadee)いうらしい。何と言うか、実においしそう♡な配色。


141001_30
Green-headed tanager。やはりこのぐらいド派手だとわたしのような素人にもグッと来る。ブルーメタリック系で派手だと、「おいしそう」という反応は引き起こさないので、鳥としても安心かもしれない。


141001_31
Saffron finch。サフラン色のフィンチ、ってことかな。でもこれだとちょっとおいしそう系の色です。


141001_32
ところでリオデジャネイロ植物園は、実はコルコバードの丘のふもとのあたりにあって、園内から例の有名なキリスト像が見えます。右上の岩山の上のキリスト像、見えますか?


次回は、サンパウロ動物園を訪ねます。

How we keep and watch wild animals in zoos and aquariums. Junichi Sato's recent works.


 Zoological Landscape


Where captive otters live in Japan.

 Otter holding facilities in Japan


写真集いかがですか〜♪
160px_kawauso_book
おやすみ前にこの一冊・・・
「カワウソ」(東京書籍)

巻末ガイド「カワウソなび」の更新情報はこちら↓

最新記事40
記事検索
最新コメント
動物園・水族館

[動物園・水族館・生息地ごとの記事アーカイブ。カワウソ中心ですが、たまにほかの動物も出ます]

タグクラウド
月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
Junichi SATO

self portrait

[佐藤淳一]1963年生まれ。土木構造物と動物という、かけ離れた領域を行き来するあまり類を見ない写真作家。上の写真はベルリン地下鉄の駅の壁に貼ってあった「ハンケンスビュッテルかわうそセンター」のポスターを撮ったもの。意図せず自分も写り込んでしまったので、公式セルフポートレートに認定。光学的にカワウソと一体化しています。

Creative Commons License
This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-ShareAlike 3.0 Unported License.

・・・
わたしの本も、ついでにいかがでしょう?


カワウソ

おそらく日本初の、カワウソだけ写真集


ドボク・サミット
ドボク・サミット

みんなで作ったドボク本



恋する水門―FLOODGATES

一家に一冊!世界初の水門写真集


新版 電脳の教室
新版 電脳の教室
こういうのもあります


  • ライブドアブログ
Creative Commons License
This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-ShareAlike 3.0 Unported License.

Das Otterhaus 【カワウソ舎】