Das Otterhaus 【カワウソ舎】

生きることは、見ること。写真作家・佐藤淳一が動物園と水族館を訪ねます。カワウソがいてもいなくてもひたすら訪ねます。

エメン動物園・その2

[ Asian small-clawed otter exhibit at Dierenpark Emmen (Zoo Emmen) in Netherland. I think this is the pretty good designed enclosure example for ASCO. ]

160211_01
かなり間が空きましたが、ようやくブログを書く余裕が出てきたので、続きをやりましょう。オランダのエメン動物園の途中でした。このところカワウソ率が下がっていて申し訳ないなあと思ってましたが、偶然、次がコツメカワウソなのでした。


160211_02
エメン名物、ど派手な解説板。写真に写ってる子が何となくなさけない。


160211_03
コツメ展示は、わりと入り口からすぐのところにあるんですが、やっぱり寝てますね。


160211_04
はい、寝てます。あとでまた来ます。

・・・
約5時間経過
・・・


160211_05
今度は起きてるね。あらそんなところからわらわらとw


160211_06
いっぱいいますなあ。


160211_07
こっちはあっちを知ってるのに、あっちはこっちを知らない、的な。


160211_08
どうせあやしいもんですよ。


160211_09
3匹が島で遊んでいると、


160211_10
どんどん増えて、


160211_11
ひとの背中に乗ろうとするヤツも。


160211_12
コツメにしては広いです。ただ広いだけじゃなくて、水と土と石がうまく配分されている。植物もたっぷりで、さすがはエメン。コツメ展示だろうと手を抜かない!


160211_13
何食べてんの?


160211_14
カニのハサミ!
しかもかなりでかい。
どんな食生活!(単なるおもちゃかもしれません)


160211_15
わーわー


160211_16
わーわーわー


160211_17
ん? ん?


160211_18
派手さはないですが、基本を押さえまくった素晴らしいコツメカワウソ展示だと思います。


160211_19
ところで、


160211_20
ここの子たちは鼻に特徴がありますね。


160211_21
ほとんどの個体にわかりやすい鼻マークがあります。


160211_22
他の動物の展示が面白かったので、コツメは流して撮ってましたが、今考えると、つくづくいいです!しつこいようですが。


160211_23
水場の写真が多くなりましたが、地上部分もたっぷりあるんですよねえ。


160211_24
寝室との通路が、このように土管から出てくるようなのはどうかな、と一瞬思うわけですが、人間の近くでもしたたかに生息している現代のカワウソ、という妙にリアリティのある展示になっていると考えられなくもありませんね。


遠くない将来に、エメン動物園の続きを書きます。

おやすみ前にこの一冊・・・
160px_kawauso_book
東京書籍刊『カワウソ』をお買い上げくださいましてありがとうございます。
「カワウソなび」の追補はこちら↓


How we keep and watch wild animals in zoos and aquariums. Junichi Sato's recent works.


 Zoological Portrait Series


 Zoological Landscape Series


Where captive otters live in Japan.

 Otter holding facilities in Japan

最新記事40
記事検索




コメントありがとうございます。
すべてにリプライできなくてごめんなさい ↓

最新コメント
動物園・水族館

[動物園・水族館・生息地ごとの記事アーカイブ。カワウソ中心ですが、たまにほかの動物も出ます]

タグクラウド
月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
Junichi SATO

self portrait

[佐藤淳一]1963年生まれ。土木構造物と動物という、かけ離れた領域を行き来するあまり類を見ない写真作家。上の写真はベルリン地下鉄の駅の壁に貼ってあった「ハンケンスビュッテルかわうそセンター」のポスターを撮ったもの(2005年)。意図せず自分も写り込んでしまったので、公式セルフポートレートに認定。光学的にカワウソと一体化しています。

Creative Commons License
This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-ShareAlike 3.0 Unported License.

・・・
わたしの本も、ついでにいかがでしょう?


カワウソ

おそらく日本初の、カワウソだけ写真集


ドボク・サミット
ドボク・サミット

みんなで作ったドボク本



恋する水門―FLOODGATES

一家に一冊!世界初の水門写真集


新版 電脳の教室
新版 電脳の教室
こういうのもあります


  • ライブドアブログ
Creative Commons License
This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-ShareAlike 3.0 Unported License.

Das Otterhaus 【カワウソ舎】