Das Otterhaus 【カワウソ舎】

生きることは、見ること。写真作家・佐藤淳一が動物園と水族館を訪ねます。カワウソがいてもいなくてもひたすら訪ねます。

いなわしろカワセミ水族館のカワウソ

161005_01
2015年12月からユーラシアカワウソを展示しているアクアマリンいなわしろカワセミ水族館へ行ってきました。遅くなってすいません。


161005_02
すでにみなさまご存知のとおり、アクアマリンの本館にいたチロルと2015年8月生まれの2頭のこどもたちが、12月にいなわしろに移動して来たわけです。


161005_03
もうすっかり大きくなってますよね〜。ここまで3枚ともチロルの娘、はなちゃん。


161005_04
こちらはゆきちゃん。2頭の識別については後ほど。


161005_05
チロル母さんもお久しぶりです。


161005_06
9月の平日で、雨だし、お客さんいるのだろうかと思ってたら、結構いました。結構なことです!


161005_07
10時から公開フィーディング!


161005_08
左がチロル母さんでしょうか。すでに娘たちの方がちょいとでかくなっておるようです。


161005_09
馬刺し、じゃなくて馬肉いきます。もちろんアクアマリン伝統のピンセット給餌です。


161005_10
外はざーざー降り。標高が高いのでついでに霧も出ます。コテコテな高原の雰囲気・・・。


ところで、画面奥に写っているものは?


これ、この近くの川桁駅から出ていた軽便鉄道である日本硫黄沼尻鉄道の保存車両なんですわ。その昔、80年代に沼尻鉄道の廃線跡を訪ねた時には、終点のちょっと先にある温泉旅館かなんかに置いてあったのを見た覚えがあります。その後どこかに移動して展示されているというのを読んだような記憶がありましたが、まさかそれがここだったとは。びっくりしました。車両の型式表記が2両とも「ボサハ12」ってのはないだろうとひとりツッコミを入れてしまった。でも思ったより状態が良いので、今でもちゃんと手入れをされているんですね。よかったよかった。


カワウソが寝ている間に館内を回ります。


161005_11
「おもしろ箱水族館」という展示ですが、なかなか見栄えのするものでした。ゲンゴロウにこんなに多くの種類があるとは知らなかった。


161005_12
オショロコマ〜!


161005_13
オショロコマがいるのはサケマス類の比較展示。段差のついた水槽の配置がよいですね。



一回りしてカワウソに戻ってきたら、ぜんぜん寝てないw 雨だからか。



さて、夏休み企画だった毎週水曜昼のカワウソイベント、9月中も延長されていました。それは何かと言うと、生きたニジマスのプレゼント。もちろんお客さんにプレゼントするのではなくて、カワウソにあげるものです。

161005_14
間もなくお昼。そわそわ。


161005_15
いきなりガブー!


161005_16
つかまえた〜


161005_17
ゲットじゃ〜


161005_18
と思うと一度つかまえたニジマスをリリースして遊んでいます。何だかすごい余裕w


161005_19
娘たちはまだニジマスで遊んでますが、チロル母さんはさっさといただいております。チロル母さんにはシャレや冗談は通じないのだ。


161005_20
というわけで、ここいらで個体識別情報。って言っても説明板にしっかり書いてくれていますので。まずそれを見てみましょう。

もっとも大きな識別ポイントは、ゆきは下あごから胸部に続く毛が均一で、はなにはそこに白いぶち模様がある、ということだそうです。これはわかりやすいですね。


161005_23
これはゆき。実は下あごの先端が黒いことがわかります。


161005_21
胸の毛がよく見えない角度でも、下あごが黒いのがゆき。


161005_22
わかりやすいですね。実はチロル母さんもここが黒いので間違えないように。


161005_26
一方、こちらははな。はなは下あごの先端が白い。



161005_24
ほらね。


161005_25
ぶち模様が見えなくとも区別がつきます。

チロル母さんの識別ポイントは、冗談の通じなそうな顔、ということでしょう。

それじゃわからん、という方には、ものすごく前に書いたことがあるので、お手数ですがこちら↓を読んでみてください。
Das Otterhaus 【カワウソ舎】 | 上野カワウソ・今週のチロルさん(4)


ところでゆきとはなは現在、絶賛姉妹ケンカ中とのことでした。

161005_27
はな+チロル(たぶん。横顔なので自信ない。間違ってたらごめん)


161005_28
チロル+ゆき。

・・・という状態で対立していましたw。

チロル母さんは両方に均等に接しており、年頃の娘を持った母は大変だなあと思いました。



161005_29
仲良くしなさいね(可能であれば)。


161005_30
カワウソエコバッグ、作れます。


161005_31
ショップにもいろいろ。

 お土産ランキング
 人気ベスト3
   1. 海のおかき ←カワウソ箱に入っている
   2. カワウソぬいぐるみS
   3. カワセミぬいぐるみストラップ
 ワースト3
   1. ネクタイピン
   2. 皮の高級ボールペン
   3. 手ぬぐい

売り上げワースト3まで書いていあるところがすごいと思います。カワセミ水族館なのに、カワウソグッズの方が売れています。わたしはちゃんとカワセミぬいぐるみストラップも買いました。


161005_32
スタッフの皆さんお疲れさまです。どうも長々とお邪魔いたしました。

おやすみ前にこの一冊・・・
160px_kawauso_book
東京書籍刊『カワウソ』をお買い上げくださいましてありがとうございます。
「カワウソなび」の追補はこちら↓


How we keep and watch wild animals in zoos and aquariums. Junichi Sato's recent works.


 Zoological Portrait Series


 Zoological Landscape Series


Where captive otters live in Japan.

 Otter holding facilities in Japan




コメントありがとうございます。
すべてにリプライできなくてごめんなさい ↓

最新コメント
動物園・水族館・生息地

[動物園・水族館・生息地ごとの記事アーカイブ。カワウソ中心ですが、たまにほかの動物も出ます]

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
記事検索
タグ絞り込み検索
Junichi SATO

self portrait

[佐藤淳一]1963年生まれ。土木構造物と動物という、かけ離れた領域を行き来するあまり類を見ない写真作家。上の写真はベルリン地下鉄の駅の壁に貼ってあった「ハンケンスビュッテルかわうそセンター」のポスターを撮ったもの(2005年)。意図せず自分も写り込んでしまったので、公式セルフポートレートに認定。光学的にカワウソと一体化しています。

キュイキュイ書房
カワウソ本とカワウソグッズの密林セレクトショップ♪

かわうそ店長、意外にハマりました。2も出てます。

かわうその自転車屋さん 1 (芳文社コミックス)
かわうその自転車屋さん 1 (芳文社コミックス) [コミック]

こやまけいこ
芳文社
2014-10-16


酒ケーキもいいんだけど、せんべいの方がもっといいよ獺祭。

旭酒造 獺祭 煎餅 だっさい せんべい 山田錦の砕米で作りました 30枚入り
旭酒造 獺祭 煎餅 だっさい せんべい 山田錦の砕米で作りました 30枚入り [その他]
旭酒造


世界13種のカワウソが網羅されているすばらしい入門書が出ました。写真もいっぱい!

Otters of the World
Otters of the World


ハンザのぬいぐるみが各種、買えるようになってますよ。
カワウソ No.3320
カワウソ No.3320 [おもちゃ&ホビー]


フィギュアはシュライヒが造りがいいですね。
Schleich シュライヒ カワウソ
Schleich シュライヒ カワウソ


かわうそ3きょうだい そらをゆく (にじいろえほん)
かわうそ3きょうだい そらをゆく (にじいろえほん)


かわうそ3きょうだいのふゆのあさ (えほんひろば)
かわうそ3きょうだいのふゆのあさ (えほんひろば)


かわうそ3きょうだい (えほんひろば)
かわうそ3きょうだい (えほんひろば)


空がレースにみえるとき (ほるぷ海外秀作絵本)
空がレースにみえるとき (ほるぷ海外秀作絵本)


ぼく、およげないの
ぼく、およげないの


ニホンカワウソ―絶滅に学ぶ保全生物学
ニホンカワウソ―絶滅に学ぶ保全生物学


Otter (Animal)
Otter (Animal)


Otters: Ecology, Behaviour And Conservation (Oxford Biology)
Otters: Ecology, Behaviour And Conservation (Oxford Biology)


カワウソと暮らす (富山房百科文庫 (34))
カワウソと暮らす (富山房百科文庫 (34))


The Ring of Bright Water Trilogy: Ring of Bright Water, The Rocks Remain, Raven Seek Thy Brother
The Ring of Bright Water Trilogy: Ring of Bright Water, The Rocks Remain, Raven Seek Thy Brother


椋鳩十全集〈20〉カワウソの海
椋鳩十全集〈20〉カワウソの海


ガンバとカワウソの冒険 (岩波少年文庫)
ガンバとカワウソの冒険 (岩波少年文庫)


河合雅雄の動物記〈2〉カワウソ流氷の旅
河合雅雄の動物記〈2〉カワウソ流氷の旅

・・・
わたしの本も、ついでにいかがでしょう?


カワウソ

おそらく日本初の、カワウソだけ写真集


ドボク・サミット
ドボク・サミット

みんなで作ったドボク本



恋する水門―FLOODGATES

一家に一冊!世界初の水門写真集


新版 電脳の教室
新版 電脳の教室
こういうのもあります


  • ライブドアブログ
Das Otterhaus 【カワウソ舎】