Das Otterhaus 【カワウソ舎】

生きることは、見ること。写真作家・佐藤淳一が動物園と水族館を訪ねます。カワウソがいてもいなくてもひたすら訪ねます。

おもいで博覧会・マリンピア松島水族館

[ Japan's second oldest aquarium Marinepia Matsushima Aquarium will be closed on May 10, 2015. Their fishes and animals will move to the new aquarium which is building now in Sendai city. ]

141217_01
2015年5月10日に閉館することになった、マイ・ファースト・アクアリウムのマリンピア松島水族館。おそらくこれが最後の訪問になりそうです。

実はこのブログでも震災直後に1度、取り上げただけでした(カワウソいないからね)。

Das Otterhaus 【カワウソ舎】 | 松島どうぶつ・不滅のマリンピア!

その後、紆余曲折を経てやっぱり仙台水族館を作ることになって、お約束通り松島は幕を下ろすことになったわけです。今回の撮影は11月下旬です。


141217_02
現在の松島水族館の雰囲気を決定している大屋根がかけられたのは1993年。意外と最近なのでした。


141217_03
このレリーフのついた建物は「第二水族館」という建物で、1980年にできました。


141217_04
ですので、わたしは数年前に大人になってから初めて来たときに、以前の記憶と全く一致しなかったのは当然といえます。


141217_05
水族館のある場所は88年前からずっと同じです。同じ場所で営業している水族館としては日本最古を誇ります。


141217_06
それだけに、各時代で景観が大きく変わっているということです。


141217_07
「ペンギンランド」ができたのが1989年。この年、単なる「松島水族館」から「マリンピア松島水族館」に名も変わっています。


141217_08
このモノレール?は意外に古くからあり、1970年の写真にもレールが写っています。


141217_09
スイカペンギンがw


141217_10
で、何で歴史に詳しいのかと言いますと、


141217_11
この展示を見たからです。なーんだw


141217_12
大屋根がかけられる前の全景。


141217_13
宮城県出身者にとって松島水族館といえば、もうラッコとマンボウなわけですが(CMがすごかったからね)、ラッコが入ったのは1984年のことでした。実は、ラッコ存命時代にわたしは来ていないのであった。すいません。


141217_14
剥製が2体。成獣の方は人気者だったアイ。


141217_15
かなりかわいさを意識して剥製化されてます。


141217_16
ラッコ金貨。


金貨というのはウソで単なるメダルだと思いますが、実際、ラッコ登場の翌年の1985年に年間入場者数が過去最高を記録しています。ラッコは水族館にとって、まさに金貨のような存在だったと言えましょう。


141217_17
他に目玉であったマンボウ、スナメリ、イロワケイルカの展示があり、当時の写真や資料は興味深いものでした。そして現在の目玉であるペンギン。そもそもの発端はイロワケイルカ入手の際にチリにできた人脈を使って、マゼラン、イワトビ、マカロニを入手したもの。1989年のこと。

一般論として、この時代がいい時代だったのか、何とも言えません。今の価値観からするとまあ、かなり思い切ったことをやっていたものだと思うしかないのだけれど。実際に当時、海外から動物を入手するプロジェクトで仕事をされていた某水族館の方にうかがうと、それは冒険譚満載で、超一級の面白い話だったりします。もちろん今日、そんな話はおおっぴらにはできないわけで、そういう意味からもやはり「いい時代だったのですね」としか言いようがないのかもしれない。何とも歯切れの悪い言い方で申し訳ないです。


141217_18
ここまで見て、本当に終わっちゃうんだなあ、と実感がわく。



・・・


141217_19
ジェンツーの繁殖賞は松島なんですね。

ペンギンランドは仙台水族館にどの程度、引き継がれるのだろうか。


141217_20
「第一水族館」に入ります。入口は「ジャングルゾーン」。

夏にブラジルに行ってから、日本の水族館でわりと普通に見られる巨大なピラルクが現地ではなかなか見られないことを知って、見方がちょっと変わりました。何だかんだで日本の水族館すごい。


141217_21
松島といったらこれでしょう。しかしカキの展示はその後、宮島がでっかいのを作ってしまったので、今見るとおとなしめの展示です。


141217_22
黒潮の海水槽。こちらも他館の巨大水塊を見慣れてしまうと、かわいく見えてしまいます。以前の記事で、小さくてもいい水族館になる方法はあるだろう、とか書きましたが、そういう趣味的なレベルでは経営は成り立ちませんわね。


141217_23
コワモテなのに意外に人気のある、バイカルアザラシ。


141217_24
バイカルアザラシ展示横の登り通路が、第二水族館へのブリッジになっています。


141217_25
通路にはイロワケイルカの展示が。


141217_26
第二水族館へ渡ったところから、第一水族館を見るとこういう感じ。


141217_27
イロワケちゃん!


141217_28
ところで、松島になぜイロワケイルカがいるのだろうか、と思ってましたが、予定ではリクゼンイルカを入れるつもりだったらしい、ということをさっきの「おもいで博覧会」展示で知りました。というか、リクゼンイルカ入れたのはいいが長生きせず、次善策として塗り分けが違うけど同じ白黒のイロワケイルカになったのだそうです。


141217_29
第二水族館外壁のあのレリーフ(3枚目の写真)、リクゼンイルカの塗り分けで作ってしまったのを、あとでイロワケに直した、というエピソードが紹介されていました。


141217_30
マンボウを経て、


141217_31
ウミガメを通って、


141217_32
イロワケプールの上を覗くことができます。しっかりトレーニングされておりました。


というわけで、ほんとにさようなら松島水族館。
水族館の歴史に興味のある方は、「おもいで博覧会」はご覧になった方がよいと思います。


この記事書いてたら、来年5月までの間、もう1回行っちゃうかもしれないような気になってきました。

How we keep and watch wild animals in zoos and aquariums. Junichi Sato's recent works.


 Zoological Landscape


Where captive otters live in Japan.

 Otter holding facilities in Japan


写真集いかがですか〜♪
160px_kawauso_book
おやすみ前にこの一冊・・・
「カワウソ」(東京書籍)

巻末ガイド「カワウソなび」の更新情報はこちら↓

最新記事40
記事検索
最新コメント
動物園・水族館

[動物園・水族館・生息地ごとの記事アーカイブ。カワウソ中心ですが、たまにほかの動物も出ます]

タグクラウド
月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
Junichi SATO

self portrait

[佐藤淳一]1963年生まれ。土木構造物と動物という、かけ離れた領域を行き来するあまり類を見ない写真作家。上の写真はベルリン地下鉄の駅の壁に貼ってあった「ハンケンスビュッテルかわうそセンター」のポスターを撮ったもの(2005年)。意図せず自分も写り込んでしまったので、公式セルフポートレートに認定。光学的にカワウソと一体化しています。

Creative Commons License
This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-ShareAlike 3.0 Unported License.

・・・
わたしの本も、ついでにいかがでしょう?


カワウソ

おそらく日本初の、カワウソだけ写真集


ドボク・サミット
ドボク・サミット

みんなで作ったドボク本



恋する水門―FLOODGATES

一家に一冊!世界初の水門写真集


新版 電脳の教室
新版 電脳の教室
こういうのもあります


  • ライブドアブログ
Creative Commons License
This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-ShareAlike 3.0 Unported License.

Das Otterhaus 【カワウソ舎】