Das Otterhaus 【カワウソ舎】

生きることは、見ること。写真作家・佐藤淳一が動物園水族館と生息地を訪ねます。カワウソがいてもいなくてもひたすら訪ねます。

怖いけど見たい建築物

080102
行徳可動堰だ。何か気になるスタイリング。日本離れしていると言うか。

行徳可動堰 - Wikipedia

1957年完成なので、戦後のあんまり資材のよくない時期に作られたのだと思う。建物の大きくえぐれた部分を「ローリングゲート」と呼ばれる太い棒のような扉体が斜めに上下する(写真は扉体が下まで下りて水を遮っている状態)。ローリングゲートは技術的にはすでにすたれてしまって久しいが、古めのダムではしばしばお目にかかるタイプだろう。

しかし、ゲートの形式よりも、この巻上機器室の造作の方がずっとずっと気になってしまう。

いかめしい、とか高圧的、とか言うのとはちょっと違う。例えて言うなら軍艦のブリッジの一部みたいな、軍用っぽい印象がある。直線とカーブを律義につなぎ合わせて段差の多い複雑な面を構成していること。加えて斜め方向のえぐれという一般の建築物には見られない大胆な特徴があること。そんな形態がコンクリート打ちっ放しで形成されていて、サッシ化されているとはいえ桟の多い窓や探照灯、パイピングやワイヤリング、鉄扉などでディテールアップ(って言ったら模型みたいだけど、他に言い方を知らない)されていること。そういういろいろな要素が混然一体となり、一度見たら忘れられないような、記憶に擦過傷を付けるような強力な外観ができあがっている。

怖い、建築物だと思う。

怖い、というのを否定的なニュアンスで使ってはいない。怖いけど見たい、という感覚ってあるでしょ?

この辺りで育った人の中に、絶対に何人かはいると思うのだ。幼い頃、行徳可動堰が怖くて近くを通るたびに泣いちゃったりしたけど、大人になって行徳を離れてみると、この建築物が懐かしくて仕方がない、という人。

ちなみに行徳可動堰は大規模な改修計画があったが、反対運動によって計画が見直され、そのまま今に至っている。

Trackback

総裁 | 2008年01月03日 00:50
行徳橋はうちの近所ですが、いまでも「怖い」です。昼はなにも感じないですが、夜自転車に乗ってここを渡ると、頭が4つある巨大な生き物が上流を見つめて立ってる感じがして怖い。大きな音立てたらこちらを振り向きそうな感じ。あの、島だと思ったらでっかい鯨の背中だった、みたいなあんな感じでしょうか。
jsato | 2008年01月03日 10:52
おーっと、大山総裁ご近所でしたか!
橋側から見ると、確かにアタマを後ろから見ているような感じがします。生物っぽさも怖さの原因だったのか。
TX650 | 2008年01月04日 02:13
あけましておめでとうございます。本年もよろしくです。

確かに軍艦チックなカタチですねー。コンクリより鋼板(それも分厚いの)でできていたほうがピンと来るような感じ。これでラッタルが付いててそれで昇るようになっていれば完璧(笑)です。
あとレシプロ時代の爆撃機の後部銃座なんかもイメージが近いかもしれません。
jsato | 2008年01月04日 23:46
TX650さま、年末はどうもでした。

行徳可動堰、プラモデルや食玩は無理としても、鉄道模型のストラクチャーだったら可能性あるですか?
手羽 | URL | 2008年01月05日 06:16
モアイ像にも見えますね。
jsato | 2008年01月05日 15:48
フィギュア化は可能、っつーことだな。
TX650 | 2008年01月06日 01:59
> 鉄道模型のストラクチャー
インジェクションキットでこんなのが出たら萌え死にしそうですが、マーケット的にはいまのところ厳しいかもしれません。もっと一般的な水門ならヨーロッパ物でありそうな気もしますが、でも見た記憶ないです。
とりあえず1/150のペーパークラフトをこしらえて「恋水2」の付録に付けるというのはいかが?これが起爆剤になって何十年か先には水門模型がメジャーなホビーになったりして。
jsato | 2008年01月06日 12:16
ふーん。厳しいですか。
インダストリアル構造物の模型と言ったら、鉄道模型界がもっとも実現可能と思ったですが・・・
ヨーロッパもの、もしあったとしてもマイターゲート(観音開きのやつ)だろうから背が低い。つまりストラクチャーとしてはあってもなくてもいいような、情けないものになるんだろうなあ。

水門のペーパークラフトね。団地より難しいけど、工場より簡単、という感じだな。
TX650 | 2008年01月13日 10:22
ホワイトメタルなんかで作れば、少量でいけるし重量感もあっていいかも。橋梁部分は市販のNゲージ用のものを使うように設計すればよさそうだし。
でも3スパンで100mほどあるようだから、つまりは電車5〜6輌分。Nゲージのレイアウトに置くにはちょっとでかいですね(笑)。2スパンに縮めれば3輌分ちょっとだから、集合式レイアウトの1セクションの主題としてはいいかもしれない。
jsato | 2008年01月13日 13:56
だんだん話が本格的に(笑)。
そういえば、これはでかいな、という感じの水門は、だいたいゲート幅(径間)20メートルなのよ。つまり電車とスケール感が一緒だという。

> Nゲージのレイアウトに置くにはちょっとでかいですね

じゃあ、Bスイモンショーティー、か。
TX650 | 2008年08月01日 11:08
模型の話題なのでここにつけます。
水門のプラキットを発見してしまいました!
http://www.vivimodel.com/04.green_max/01.structures/47_5.hasi.to.kobune/47_5.hasi.to.kobune.htm
とってもささやかなヤツですが…
それにしても散々お世話になってるメーカーなのになんでいままで気がつかなかったんだろう(笑)
jsato@floodgates | 2008年08月01日 15:08
> 水門のプラキットを発見してしまいました!

水門に見えないなあ。テトラポッドは欲しい。
「利根川下流護岸工事事務所改修」ってステッカーが怪しい。
TX650 | 2008年08月01日 17:03
ゲートだけ使って回りの護岸というかコンクリ部分は自作すればいいかもしれないですね。2連にするとか。

テトラポッド・消波ブロックだけのセット
http://www.vivimodel.com/04.green_max/01.structures/48_3.4.tetorapoto_kobune/48_3.4.htm
防波堤一式のセット
http://www.vivimodel.com/04.green_max/01.structures/48_1.toudai/48_1.toudai.htm
なんかもあります。

おやすみ前にこの一冊・・・
160px_kawauso_book
東京書籍刊『カワウソ』をお買い上げくださいましてありがとうございます。おかげさまですでに3刷!

「カワウソなび」の最新情報はこちらをどうぞ↓


Where captive otters live in Japan.

 Otter holding facilities in Japan

佐藤淳一リアルタイム
最新の写真は flickr | Otterhaus で公開中。たまにカワウソも。

Created with flickr badge.
動物園・水族館・生息地

[動物園・水族館・生息地ごとの記事アーカイブ。カワウソ中心ですが、たまにほかの動物も出ます]

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
記事検索
タグ絞り込み検索
Junichi SATO

self portrait

[佐藤淳一]1963年生まれ。土木構造物と動物という、かけ離れた領域を行き来するあまり類を見ない写真作家。上の写真はベルリン地下鉄の駅の壁に貼ってあった「ハンケンスビュッテルかわうそセンター」のポスターを撮ったもの(2005年)。意図せず自分も写り込んでしまったので、公式セルフポートレートに認定。光学的にカワウソと一体化しています。

 Biography + Bibliography
(展覧会と各種掲載リスト)


 Floodgates

 Twitter : otterhaus
 Facebook : otterhaus
 Tumblr : otterhaus
 Tumblr : otterhausanbau
 Flickr : Otterhaus

 メールはこちら

* 依然として記事の内容に無関係なスパム的書き込みが多いため、各記事に対する新規コメントは現在、受け付けておりません。ご連絡は上のメールフォームから、公開ツッコミなどはFacebook、Twitterをご利用いただければ幸いです。


キュイキュイ書房
カワウソ本とカワウソグッズの密林セレクトショップ♪

かわうそ店長、とってもハマります。すでに6巻まで出てるよ。

かわうその自転車屋さん 1 (芳文社コミックス)
かわうその自転車屋さん 1 (芳文社コミックス) [コミック]

こやまけいこ
芳文社
2014-10-16


酒ケーキもいいんだけど、せんべいの方がもっといいよ獺祭。

旭酒造 獺祭 煎餅 だっさい せんべい 山田錦の砕米で作りました 30枚入り
旭酒造 獺祭 煎餅 だっさい せんべい 山田錦の砕米で作りました 30枚入り [その他]
旭酒造


世界13種のカワウソが網羅されているすばらしい入門書が出ました。写真もいっぱい!

Otters of the World
Otters of the World


ハンザのぬいぐるみが各種、買えるようになってますよ。
カワウソ No.3320
カワウソ No.3320 [おもちゃ&ホビー]


フィギュアはシュライヒが造りがいいですね(なぜか最近すごい値段になってる!)。
Schleich シュライヒ カワウソ
Schleich シュライヒ カワウソ


かわうそ3きょうだい そらをゆく (にじいろえほん)
かわうそ3きょうだい そらをゆく (にじいろえほん)


かわうそ3きょうだいのふゆのあさ (えほんひろば)
かわうそ3きょうだいのふゆのあさ (えほんひろば)


かわうそ3きょうだい (えほんひろば)
かわうそ3きょうだい (えほんひろば)


空がレースにみえるとき (ほるぷ海外秀作絵本)
空がレースにみえるとき (ほるぷ海外秀作絵本)


ぼく、およげないの
ぼく、およげないの


ニホンカワウソ―絶滅に学ぶ保全生物学
ニホンカワウソ―絶滅に学ぶ保全生物学


Otter (Animal)
Otter (Animal)


Otters: Ecology, Behaviour And Conservation (Oxford Biology)
Otters: Ecology, Behaviour And Conservation (Oxford Biology)


カワウソと暮らす (富山房百科文庫 (34))
カワウソと暮らす (富山房百科文庫 (34))


The Ring of Bright Water Trilogy: Ring of Bright Water, The Rocks Remain, Raven Seek Thy Brother
The Ring of Bright Water Trilogy: Ring of Bright Water, The Rocks Remain, Raven Seek Thy Brother


椋鳩十全集〈20〉カワウソの海
椋鳩十全集〈20〉カワウソの海


ガンバとカワウソの冒険 (岩波少年文庫)
ガンバとカワウソの冒険 (岩波少年文庫)


河合雅雄の動物記〈2〉カワウソ流氷の旅
河合雅雄の動物記〈2〉カワウソ流氷の旅

・・・
わたしの本も、ついでにいかがでしょう?


カワウソ

おそらく日本初の、カワウソだけ写真集


ドボク・サミット
ドボク・サミット

みんなで作ったドボク本



恋する水門―FLOODGATES

一家に一冊!世界初の水門写真集


新版 電脳の教室
新版 電脳の教室
こういうのもあります


  • ライブドアブログ
Das Otterhaus 【カワウソ舎】