Das Otterhaus 【カワウソ舎】

生きることは、見ること。写真作家・佐藤淳一が動物園水族館と生息地を訪ねます。カワウソがいてもいなくてもひたすら訪ねます。

タワーとクセとKraftwerkと柔軟性と

080103
言わなくともわかると思うけど、京都タワーだ。

建ってるところが建っているところだけに、昔からいろいろと悪口を言われ続けてきたように思うのだが、最近はどうやら落ち着いているらしい。その証拠にちゃんとキャラクターまで出ている。

 たわわちゃん活動記録

ちなみに10月1日は展望の日なのだそうだ。テン、ボー。
知らなかったよ。完全に出遅れた。

何で京都タワーが以前から気になっていたのかと言うと、設計者が山田守だからだ。山田守と言ったら日本の近代建築の名作「東京中央電信局」を設計した人である。東京中央電信局はもうないけど、モチーフとなった細長いアーチはお茶の水の聖橋で今でも見ることができる。

 聖橋 - Wikipedia

ね?クセのあるスタイリングだけど、引っかかるでしょ。

わたしは建築の勉強してないのでエラそうなことは一切、言っても無駄なのだけど、大変なことに気付いてしまったので、今ちょっと言ってみたい。


建築には、「リズムで来るタイプ」と、「メロディで来るタイプ」があるのだ。


それって建築物の外観がシンプルか装飾的かの違いだけじゃないの、とかズバリ言わないでほしい。せっかくのお正月なんだから平和に暮らしたい。

腰に来るリズムも流麗なメロディも良いものだが、やはり一度聞いたら耳に残ってしまう「クセのあるメロディ」にはかなわないと思う。雑踏の中から聞こえてくるヘビ使いの笛の旋律のようなやつだと一等賞だ。

今、ほんとにたまたま、Kraftwerkの不朽の名作、The Man Machineを流してたのだけど、4曲目の「The Model」のメロディなんか実にそういう感じだ。せっかくだから変なクセのあるメロディが耳に残ってしまうサンプルとして挙げておきたい。

The Man-Machine


さて、話は京都タワーに戻る(あ、京都タワーもなにしろ山田守なので十分にクセがあるという肝心なことをまだ書いていないじゃないか)。

京都タワーで検索して、たわわちゃんとひこにゃんが友好関係にあることを知って驚いただけでなく、何ともステキな活動をしている人たちがいることを知った。

 キョウトタワケン

京都タワーが変わらないなら、人々の見方の方を変えてしまおう、という趣旨である。あんたが変わんないなら、あたしの方が変わってやるよ、である。かなり出遅れたけど拍手。こういう柔軟性が時代を変えていくのだ。



Trackback

北爪満喜 | URL | 2008年01月09日 21:58
友達の山田咲生さんは、山田守がおじいちゃんだそうです。
咲生さんは、京都タワーを設計したことだけは絶対に人に言うな、
と親からきつく言われていたそうです。行った途端に顰蹙を買う
からなんだって。彼女は笑い話にしてるけど、親は苦労したん
ですね。きっと。癖のあるメロディといういうところで、
なるほど、と思いました。おじいちゃんは詩を書いていたそうです。
jsato | 2008年01月09日 22:56
北爪さん、お久しぶりです。
山田守のお孫さんとお友達、ということは、自分から2人(北爪さんとお孫さん)入るともう山田守に達してしまうのか! そういう、何というか人と人の関係のリアリティにちょっとびっくりしています。
京都タワーはそこまで徹底的に悪評だったのですね。今になってようやく別の見え方ができるようになってきたのだと思います。しかし冷静に考えてみれば、よくもまああんなところにあんなクセのあるものを作ったものだなあと、今さらながら驚くしかない。
山田守をもっと知りたくなってきました。

おやすみ前にこの一冊・・・
160px_kawauso_book
東京書籍刊『カワウソ』をお買い上げくださいましてありがとうございます。おかげさまですでに3刷!

「カワウソなび」の最新情報はこちらをどうぞ↓


Where captive otters live in Japan.

 Otter holding facilities in Japan

佐藤淳一リアルタイム
最新の写真は flickr | Otterhaus で公開中。たまにカワウソも。

Created with flickr badge.
動物園・水族館・生息地

[動物園・水族館・生息地ごとの記事アーカイブ。カワウソ中心ですが、たまにほかの動物も出ます]

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
記事検索
タグ絞り込み検索
Junichi SATO

self portrait

[佐藤淳一]1963年生まれ。土木構造物と動物という、かけ離れた領域を行き来するあまり類を見ない写真作家。上の写真はベルリン地下鉄の駅の壁に貼ってあった「ハンケンスビュッテルかわうそセンター」のポスターを撮ったもの(2005年)。意図せず自分も写り込んでしまったので、公式セルフポートレートに認定。光学的にカワウソと一体化しています。

 Biography + Bibliography
(展覧会と各種掲載リスト)


 Floodgates

 Twitter : otterhaus
 Facebook : otterhaus
 Tumblr : otterhaus
 Tumblr : otterhausanbau
 Flickr : Otterhaus

 メールはこちら

* 依然として記事の内容に無関係なスパム的書き込みが多いため、各記事に対する新規コメントは現在、受け付けておりません。ご連絡は上のメールフォームから、公開ツッコミなどはFacebook、Twitterをご利用いただければ幸いです。


キュイキュイ書房
カワウソ本とカワウソグッズの密林セレクトショップ♪

かわうそ店長、とってもハマります。すでに6巻まで出てるよ。

かわうその自転車屋さん 1 (芳文社コミックス)
かわうその自転車屋さん 1 (芳文社コミックス) [コミック]

こやまけいこ
芳文社
2014-10-16


酒ケーキもいいんだけど、せんべいの方がもっといいよ獺祭。

旭酒造 獺祭 煎餅 だっさい せんべい 山田錦の砕米で作りました 30枚入り
旭酒造 獺祭 煎餅 だっさい せんべい 山田錦の砕米で作りました 30枚入り [その他]
旭酒造


世界13種のカワウソが網羅されているすばらしい入門書が出ました。写真もいっぱい!

Otters of the World
Otters of the World


ハンザのぬいぐるみが各種、買えるようになってますよ。
カワウソ No.3320
カワウソ No.3320 [おもちゃ&ホビー]


フィギュアはシュライヒが造りがいいですね(なぜか最近すごい値段になってる!)。
Schleich シュライヒ カワウソ
Schleich シュライヒ カワウソ


かわうそ3きょうだい そらをゆく (にじいろえほん)
かわうそ3きょうだい そらをゆく (にじいろえほん)


かわうそ3きょうだいのふゆのあさ (えほんひろば)
かわうそ3きょうだいのふゆのあさ (えほんひろば)


かわうそ3きょうだい (えほんひろば)
かわうそ3きょうだい (えほんひろば)


空がレースにみえるとき (ほるぷ海外秀作絵本)
空がレースにみえるとき (ほるぷ海外秀作絵本)


ぼく、およげないの
ぼく、およげないの


ニホンカワウソ―絶滅に学ぶ保全生物学
ニホンカワウソ―絶滅に学ぶ保全生物学


Otter (Animal)
Otter (Animal)


Otters: Ecology, Behaviour And Conservation (Oxford Biology)
Otters: Ecology, Behaviour And Conservation (Oxford Biology)


カワウソと暮らす (富山房百科文庫 (34))
カワウソと暮らす (富山房百科文庫 (34))


The Ring of Bright Water Trilogy: Ring of Bright Water, The Rocks Remain, Raven Seek Thy Brother
The Ring of Bright Water Trilogy: Ring of Bright Water, The Rocks Remain, Raven Seek Thy Brother


椋鳩十全集〈20〉カワウソの海
椋鳩十全集〈20〉カワウソの海


ガンバとカワウソの冒険 (岩波少年文庫)
ガンバとカワウソの冒険 (岩波少年文庫)


河合雅雄の動物記〈2〉カワウソ流氷の旅
河合雅雄の動物記〈2〉カワウソ流氷の旅

・・・
わたしの本も、ついでにいかがでしょう?


カワウソ

おそらく日本初の、カワウソだけ写真集


ドボク・サミット
ドボク・サミット

みんなで作ったドボク本



恋する水門―FLOODGATES

一家に一冊!世界初の水門写真集


新版 電脳の教室
新版 電脳の教室
こういうのもあります


  • ライブドアブログ
Das Otterhaus 【カワウソ舎】