Das Otterhaus 【カワウソ舎】

生きることは、見ること。写真作家・佐藤淳一が動物園水族館と生息地を訪ねます。カワウソがいてもいなくてもひたすら訪ねます。

ビュー魚

080423

沼津港航路水門

35.081334,138.854656

通称びゅうお、である。魚市場のための水門を作ってみたら異常にでかくなってしまったので、展望台でも作ってみんなでビューしようということで、ビュー魚。いいなあこういうの。気候がゆるゆるな静岡らしいポジティヴな発想でうれしい。

このところ、水門写真界ではにわかに静岡県に注目が集まっている。水門写真界と言ってもほとんどわたしひとりしかいないようなものなので、ひとりで勝手に静岡に撮りに行って盛り上がっているだけだ。何だかかわいそうな人のように見えるかもしれないが、静岡には「ラムネ川水門」という素敵にふざけた名前の水門があることもすでにわかっており、撮影に向かう士気は旺盛である。

さてびゅうお、だが、とにかくでかく、高い。径間40メートルはまあまあの長さとしても、満潮海面からゲート下端までが15メートルというのはローラーゲートでは国内最大なのではないか。静岡県が出している紹介ページではゲートと開閉装置を合わせた重量が日本一、となっているのだけど、重量が日本一というのは正直、見てもわからんぜ。誇るなら高さの方だと思うのだけど。これより高いローラーゲートって国内にあるんだろうか。

びゅうおの売り物は大きさもさることながら、このでかいゲートを緊急モードで急速閉鎖できる装置だ。常時開閉だと30分かかるところ、非常閉鎖モードだと3分で閉まる。400トンものステンレスのかたまりである超重いゲートを油圧ブレーキで減速しながら降下させ、津波が来る前に閉鎖完了だ。いえーい。

さあキミも、びゅうおの展望台に上ってみないか!
入場料は100円だよ。


Trackback

石川初 | 2008年04月23日 16:52
100円徴収するところが逆につつましい感じがして好感が持てます。
なごみ | 2008年04月23日 17:51
おさかな食べられますか?
かざはや | URL | 2008年04月23日 18:29
でかっw
扉体のデカさが伝わりますな
はぎわら | 2008年04月23日 18:39
これは相当すごいですね。見たい!
展望台じゃなくて、下から急速閉鎖を見たい。
小林 | 2008年04月23日 23:50
きっと溶接跡のコンパウンドにグッとくるんだろうなぁ
小林 | 2008年04月23日 23:51
きっと溶接跡のコンパウンドっぷりに惚れるだろうなぁ。
TX650 | 2008年04月24日 11:59
なごみさん
数年前に行きました。沼津港飲食店街の近くなので、おさかな、寿司とセットで楽しめますよ。味もコストパフォーマンスもなかなかのものでした。
http://www.city.numazu.shizuoka.jp/kankou/shokuwo/taberu/taberu06.htm
なごみ | 2008年04月24日 14:15
TX650さん
おさかな天国ですね〜!!!
東京からなら日帰り出来るし行ってみたいですね〜♪
ナイスな情報をありがとうございました〜!
jsato | 2008年04月24日 23:32
いつの間にか沼津の観光案内になってる。
まゆき | 2008年04月25日 03:43
沼津はよく行っていたので、此処も2回程ですが堪能?してきました♪ 

見るとまた行きたくなってしまいますね・・


自宅から遠くないお気に入りを開拓検討中です。

おやすみ前にこの一冊・・・
160px_kawauso_book
東京書籍刊『カワウソ』をお買い上げくださいましてありがとうございます。おかげさまですでに3刷!

「カワウソなび」の最新情報はこちらをどうぞ↓


Where captive otters live in Japan.

 Otter holding facilities in Japan

佐藤淳一リアルタイム
最新の写真は flickr | Otterhaus で公開中。たまにカワウソも。

Created with flickr badge.
動物園・水族館・生息地

[動物園・水族館・生息地ごとの記事アーカイブ。カワウソ中心ですが、たまにほかの動物も出ます]

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
記事検索
タグ絞り込み検索
Junichi SATO

self portrait

[佐藤淳一]1963年生まれ。土木構造物と動物という、かけ離れた領域を行き来するあまり類を見ない写真作家。上の写真はベルリン地下鉄の駅の壁に貼ってあった「ハンケンスビュッテルかわうそセンター」のポスターを撮ったもの(2005年)。意図せず自分も写り込んでしまったので、公式セルフポートレートに認定。光学的にカワウソと一体化しています。

 Biography + Bibliography
(展覧会と各種掲載リスト)


 Floodgates

 Twitter : otterhaus
 Facebook : otterhaus
 Tumblr : otterhaus
 Tumblr : otterhausanbau
 Flickr : Otterhaus

 メールはこちら

* 依然として記事の内容に無関係なスパム的書き込みが多いため、各記事に対する新規コメントは現在、受け付けておりません。ご連絡は上のメールフォームから、公開ツッコミなどはFacebook、Twitterをご利用いただければ幸いです。


キュイキュイ書房
カワウソ本とカワウソグッズの密林セレクトショップ♪

かわうそ店長、意外にハマります。すでに5巻まで出てるよ。

かわうその自転車屋さん 1 (芳文社コミックス)
かわうその自転車屋さん 1 (芳文社コミックス) [コミック]

こやまけいこ
芳文社
2014-10-16


酒ケーキもいいんだけど、せんべいの方がもっといいよ獺祭。

旭酒造 獺祭 煎餅 だっさい せんべい 山田錦の砕米で作りました 30枚入り
旭酒造 獺祭 煎餅 だっさい せんべい 山田錦の砕米で作りました 30枚入り [その他]
旭酒造


世界13種のカワウソが網羅されているすばらしい入門書が出ました。写真もいっぱい!

Otters of the World
Otters of the World


ハンザのぬいぐるみが各種、買えるようになってますよ。
カワウソ No.3320
カワウソ No.3320 [おもちゃ&ホビー]


フィギュアはシュライヒが造りがいいですね(なぜか最近すごい値段になってる!)。
Schleich シュライヒ カワウソ
Schleich シュライヒ カワウソ


かわうそ3きょうだい そらをゆく (にじいろえほん)
かわうそ3きょうだい そらをゆく (にじいろえほん)


かわうそ3きょうだいのふゆのあさ (えほんひろば)
かわうそ3きょうだいのふゆのあさ (えほんひろば)


かわうそ3きょうだい (えほんひろば)
かわうそ3きょうだい (えほんひろば)


空がレースにみえるとき (ほるぷ海外秀作絵本)
空がレースにみえるとき (ほるぷ海外秀作絵本)


ぼく、およげないの
ぼく、およげないの


ニホンカワウソ―絶滅に学ぶ保全生物学
ニホンカワウソ―絶滅に学ぶ保全生物学


Otter (Animal)
Otter (Animal)


Otters: Ecology, Behaviour And Conservation (Oxford Biology)
Otters: Ecology, Behaviour And Conservation (Oxford Biology)


カワウソと暮らす (富山房百科文庫 (34))
カワウソと暮らす (富山房百科文庫 (34))


The Ring of Bright Water Trilogy: Ring of Bright Water, The Rocks Remain, Raven Seek Thy Brother
The Ring of Bright Water Trilogy: Ring of Bright Water, The Rocks Remain, Raven Seek Thy Brother


椋鳩十全集〈20〉カワウソの海
椋鳩十全集〈20〉カワウソの海


ガンバとカワウソの冒険 (岩波少年文庫)
ガンバとカワウソの冒険 (岩波少年文庫)


河合雅雄の動物記〈2〉カワウソ流氷の旅
河合雅雄の動物記〈2〉カワウソ流氷の旅

・・・
わたしの本も、ついでにいかがでしょう?


カワウソ

おそらく日本初の、カワウソだけ写真集


ドボク・サミット
ドボク・サミット

みんなで作ったドボク本



恋する水門―FLOODGATES

一家に一冊!世界初の水門写真集


新版 電脳の教室
新版 電脳の教室
こういうのもあります


  • ライブドアブログ
Das Otterhaus 【カワウソ舎】