Das Otterhaus 【カワウソ舎】

生きることは、見ること。写真作家・佐藤淳一が動物園水族館と生息地を訪ねます。カワウソがいてもいなくてもひたすら訪ねます。

デ・レイケ

日本の川を甦らせた技師デ・レイケ


ヨハニス・デ・レイケ。明治時代に日本にやってきて、各地の河川工事や砂防工事や築港工事をやりまくった凄いオランダ人、という程度の認識しかみんな持ってないと思う。もちろんわたしもそうだっだ。実はデ・レイケの一生ってかなりびっくりなので、土木関係者もドボク関係者もこの本はぜひ読んだ方がいい。

以下にびっくりポイントを列挙。

●デ・レイケは何と30年間も日本で仕事をした
●「これは川ではない、滝だ」は、彼の発言が誤って伝わったものらしい
●学歴も階級的なうしろだてもないのに、がんばって異例の出世を遂げた
●自然材料を多用するオランダ式の工法に対して、派手に鉄材を使うイギリス人技術者たちの執拗な攻撃があった
●一生の親友だった同僚の土木技術者エッシャーの息子は、だまし絵の画家エッシャー
●デ・レイケが 先に帰国したエッシャーにあてた手紙の山を解読することから筆者は埋もれていた大量の情報を掘り出した


今まで、明治に来たオランダ人は自国流の低水路工事しかやってなくて、明治政府が鉄道の方に力を入れはじめるるとさっさと引き上げてしまった、みたいな書かれ方をしたものしか読んだことがなかったので、そんなものかと思っていたが、実は全然違ったのだった。

というかデ・レイケ以外のオランダ人はわりとあっさり帰っちゃうのであるが、彼だけはずーっと踏みとどまって近代的河川改修をせっせと続けているのだ。とりわけ淀川と木曽川の現在の姿の基本は彼が作ったものである。この地方の人はもっとデ・レイケに感謝するべきた。この地方限定で2000円札にしちゃってもいいくらいだと思う。デ・レイケ札、どうか。


「これは川ではない、滝だ」の誤解の件はネタバレになるので書かないよ。


ところでオランダといえば子供の頃に「オランダせんべい」というのをよく食べた記憶があるのだが、あれは何だったのか、と思ったら今でも売ってるらしい。東北地方限定発売なので見ないわけだ。

オランダせんべい

名前の由来を読んで脱力した。

Trackback

takane | URL | 2008年07月16日 19:40
その本、お読みになったんですね。
私も大分前に買ってはみたものの、すっかり本棚の肥やしになってまして、ああ、駄目だなー…。
>とりわけ淀川と木曽川の現在の姿の基本は彼が作ったものである。この地方の人はもっとデ・レイケに感謝するべきた。この地方限定で2000円札にしちゃってもいいくらいだと思う。デ・レイケ札、どうか。
木曽川の流域に住んでる人は、社会科の時間にデレイケの勉強をするらしくて、結構みんな知ってるらしいですよ。
そんな事を裏付けるというか、木曽三川改修事業のまさに舞台となった、平成の大合併で現在の海津市が出来上がるときに市名を公募したのですが、その投票の中に「デレーケ市」という票が4票含まれてました。その他にも「治水市」が57票!
http://www.nannou.com/~gappei/oubo_meisai.htm
真面目に応募したのか、ギャグなのか分からないですけど、それくらい認識されているみたいです。
jsato@floodgates | 2008年07月17日 08:41
「デレーケ市」って(笑)。
でも4票も入ってるってのは、「カイーズ市」とかと違ってマジかもしれない。

> 木曽川の流域に住んでる人は、社会科の時間にデレイケの
> 勉強をするらしくて、結構みんな知ってるらしいですよ。

よろしい!
小学生がこんな感じで勉強しているわけだな。
http://www3.city.kaizu.lg.jp/~nishie-sho/waju/Q&A/q&a_history/a_derieke.html

木曽川方面はOKとして、淀川はちょっと感謝が足らんのじゃないだろうか。

かざはや | URL | 2008年07月18日 23:53
デレーケ、すごいと思っていますよ。萌える砂防堰堤いっぱい残してますし。
地元の裏山が六甲なので逆瀬川だの大多田川だの近代砂防工事の走りになった場所がいくつかあるですが、その多くがデレーケの影響を受けていると聞いています。
デレーケがいなきゃ淀川のわんどの姿もなかったとかなんとか。

でもねぇ、情けないことに地元の人の多くは、新淀川が淀川と名前を変えてからは昔っから新淀川(淀川放水路)が存在したと思っている人が多いのです。もともとの淀川は大川と名を変えた中ノ島を洗う川だってことを忘れた人が増えているのですよ。もっとこー、地元のほんとの近代史みたいなのを知って欲しいもんだと思いますよ、ほんと。
ちなみに大和川というのも途中からは人工河川で、こっちは江戸時代に土手を作って放水路にしちゃったという奴で、明治時代に摂津・和泉の国境が南海堺駅そばの川筋から新大和川へと移されております。
jsato@floodgates | 2008年07月19日 08:29
なぜデ・レイケは木曽川では一般にも広く認知されていて、淀川では何となく忘れられたようになってしまっているのか、というのは面白いテーマですね。

東日本ではムルデルやファン・ドールンの方が有名なのは、彼らは仕事を東西で分担していて、デ・レイケは西日本の担当だったから、なんだとか。
まさ | 2008年07月25日 22:16
>社会科の時間
えっ?、そうなんですか?。全国区かと思ってました。

木曽・揖斐・長良の輪中地域一帯は、デレーケを初め、いろんな応援で治水されてますね。
鹿児島市には、その締め切り堤防を作った薩摩藩士の碑があります。

>デレーケ市
南セントレア市とはエライ違いですね・・。

おやすみ前にこの一冊・・・
160px_kawauso_book
東京書籍刊『カワウソ』をお買い上げくださいましてありがとうございます。おかげさまですでに3刷!

「カワウソなび」の最新情報はこちらをどうぞ↓


Where captive otters live in Japan.

 Otter holding facilities in Japan

佐藤淳一リアルタイム
最新の写真は flickr | Otterhaus で公開中。たまにカワウソも。

Created with flickr badge.
動物園・水族館・生息地

[動物園・水族館・生息地ごとの記事アーカイブ。カワウソ中心ですが、たまにほかの動物も出ます]

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
記事検索
タグ絞り込み検索
Junichi SATO

self portrait

[佐藤淳一]1963年生まれ。土木構造物と動物という、かけ離れた領域を行き来するあまり類を見ない写真作家。上の写真はベルリン地下鉄の駅の壁に貼ってあった「ハンケンスビュッテルかわうそセンター」のポスターを撮ったもの(2005年)。意図せず自分も写り込んでしまったので、公式セルフポートレートに認定。光学的にカワウソと一体化しています。

 Biography + Bibliography
(展覧会と各種掲載リスト)


 Floodgates

 Twitter : otterhaus
 Facebook : otterhaus
 Tumblr : otterhaus
 Tumblr : otterhausanbau
 Flickr : Otterhaus

 メールはこちら

* 依然として記事の内容に無関係なスパム的書き込みが多いため、各記事に対する新規コメントは現在、受け付けておりません。ご連絡は上のメールフォームから、公開ツッコミなどはFacebook、Twitterをご利用いただければ幸いです。


キュイキュイ書房
カワウソ本とカワウソグッズの密林セレクトショップ♪

かわうそ店長、とってもハマります。すでに6巻まで出てるよ。

かわうその自転車屋さん 1 (芳文社コミックス)
かわうその自転車屋さん 1 (芳文社コミックス) [コミック]

こやまけいこ
芳文社
2014-10-16


酒ケーキもいいんだけど、せんべいの方がもっといいよ獺祭。

旭酒造 獺祭 煎餅 だっさい せんべい 山田錦の砕米で作りました 30枚入り
旭酒造 獺祭 煎餅 だっさい せんべい 山田錦の砕米で作りました 30枚入り [その他]
旭酒造


世界13種のカワウソが網羅されているすばらしい入門書が出ました。写真もいっぱい!

Otters of the World
Otters of the World


ハンザのぬいぐるみが各種、買えるようになってますよ。
カワウソ No.3320
カワウソ No.3320 [おもちゃ&ホビー]


フィギュアはシュライヒが造りがいいですね(なぜか最近すごい値段になってる!)。
Schleich シュライヒ カワウソ
Schleich シュライヒ カワウソ


かわうそ3きょうだい そらをゆく (にじいろえほん)
かわうそ3きょうだい そらをゆく (にじいろえほん)


かわうそ3きょうだいのふゆのあさ (えほんひろば)
かわうそ3きょうだいのふゆのあさ (えほんひろば)


かわうそ3きょうだい (えほんひろば)
かわうそ3きょうだい (えほんひろば)


空がレースにみえるとき (ほるぷ海外秀作絵本)
空がレースにみえるとき (ほるぷ海外秀作絵本)


ぼく、およげないの
ぼく、およげないの


ニホンカワウソ―絶滅に学ぶ保全生物学
ニホンカワウソ―絶滅に学ぶ保全生物学


Otter (Animal)
Otter (Animal)


Otters: Ecology, Behaviour And Conservation (Oxford Biology)
Otters: Ecology, Behaviour And Conservation (Oxford Biology)


カワウソと暮らす (富山房百科文庫 (34))
カワウソと暮らす (富山房百科文庫 (34))


The Ring of Bright Water Trilogy: Ring of Bright Water, The Rocks Remain, Raven Seek Thy Brother
The Ring of Bright Water Trilogy: Ring of Bright Water, The Rocks Remain, Raven Seek Thy Brother


椋鳩十全集〈20〉カワウソの海
椋鳩十全集〈20〉カワウソの海


ガンバとカワウソの冒険 (岩波少年文庫)
ガンバとカワウソの冒険 (岩波少年文庫)


河合雅雄の動物記〈2〉カワウソ流氷の旅
河合雅雄の動物記〈2〉カワウソ流氷の旅

・・・
わたしの本も、ついでにいかがでしょう?


カワウソ

おそらく日本初の、カワウソだけ写真集


ドボク・サミット
ドボク・サミット

みんなで作ったドボク本



恋する水門―FLOODGATES

一家に一冊!世界初の水門写真集


新版 電脳の教室
新版 電脳の教室
こういうのもあります


  • ライブドアブログ
Das Otterhaus 【カワウソ舎】