Das Otterhaus 【カワウソ舎】

生きることは、見ること。写真作家・佐藤淳一が動物園水族館と生息地を訪ねます。カワウソがいてもいなくてもひたすら訪ねます。

ワキヤ・ロックゲート

080731a

脇谷閘門へ行ってきた。10年ぶりである。

脇谷閘門は宮城県にあって、新旧の北上川が分流する地点に船を通すために、昔からがんばっている。昔といっても30年や40年程度ではなくで、何と昭和7年(1932年)の完成だ。つまりもう75歳を越えているがちゃんと現役である。東京近辺で言ったら六郷水門とか川崎河港水門と同年代であり、近代化遺産としてもっとちやほやされていいと思う。でも決してアクセシビリティがいいとは言えない場所にあるので土木関係者しか知らない。ちょっとかわいそうだ。

080731b

脇谷閘門の全景。左が閘門部で、右が洗堰と呼ばれる部分。洗堰というのは、ここの場合、普段は穴(オリフィス)からほどほどの水が旧北上川へ流れ出ているが、洪水になったときには堤体を一気に乗り越えて通常時より大量の水が流れる仕組みである。ころりんとした堤体がカマボコっぽい。

脇谷閘門サイトの位置を確認してみよう。


大きな地図で見る

右側を上下に貫いて流れるのが北上川の本流。それがこの地点で、左に旧北上川を分流する。見て分かると思うけど、一本で分流しているわけではなくて、Yの字を横に倒したように2地点で分流させている。上のほうで水しぶきの写っているのが鴇波洗堰、そこから道沿いに下って岸に当たったところにあるのが脇谷閘門である。この写真は古いので写っていないのだが、脇谷閘門のすぐ右に「脇谷側水門」というのが先ごろ完成した。実はこれを見るために出かけたのであった。

え?よくわかんないですか。
じゃあ工事看板を撮ってきたので見てみて。

080731e

まあこんな感じで工事をやってたのが、だいたい完成したらしいということである。だいたいではよくわからん、という人は、まずこちらの詳しい説明を読んで来てほしい。

旧北上川分流施設改築事業

とにかくそういうわけで新しい脇谷側水門を見に行ったのだが、まずは古い脇谷閘門と再会してきたので、とにかくちょっと見てやって。すごくカッコいいから。もう完全に見直した。というか惚れ直した。

080731f

この開閉機器のメカニズムのむき出しっぷりはどうだ!中央の小屋(モーター室)にあるびっくりするほ小さいモーターの動力を、何個ものギア、何本ものシャフトを通して伝達、変換を繰り返し、最後にぶっといチェーンがゲートを上げ下げする仕組みである。動力部以外でも、開閉機器の荷重をちゃんとアーチで受けている構造、細い階段や手すりなど、見所満載。もう模型にして手元に置きたくなるよね。

080731g

鉄製の階段もいいのだけど、コンクリ階段が圧巻だ。閘室へ降りていくための階段が4つ設けられているのだが、こんなふうに側面壁(垂直でないのが時代を感じさせる)をえぐって律義に形成されているのである。この写真ではわからないが、この反対側の洗堰部との壁の部分にも階段が設けられているのだが、壁がちゃんとオフセットしていて面白い造形になっている。設計者の階段に対するこだわりが伝わってくる。

080731h

このように、脇谷閘門の躯体はかなり複雑な形状をコンクリートで律義に一体的に形成している。この塑造感はかなり、イイ! 何でイイ!のかと言うと、同時代の六郷水門や河港水門の造形はまだ濃厚な装飾性をまとっているのに対し、脇谷は装飾性ほとんどゼロ、完全にモダニズムに移行している点、そこに個人的に10票ぐらい入れたくなるからだ。すでにモダニズムに移行しちゃったような、こういう状態を「モダニ済み」と言っておこう。モダニ済み・・・今タイプミスでできた造語だ。

脇谷がこの時代にあってもうモダニ済みなのは、やはり人の目がなかったからだろう。多摩川河口という人の目に触れやすい場所に作られた六郷や河港は装飾的であることを要請されたのに対し、東北の奥地にひっそり建てられた脇谷は装飾不要と判断されたのだと思われる。実は田舎の方がやりたい放題、ということを言っているつもりはないが、そういうふうにしか聞こえないな。

さて、上の写真の左上にちらっと見えているのがニューな「脇谷側水門」だ。これを見に行こう。


080731c

第一印象が、なんとオシャレな水門か!だった。ここはヨーロッパか!

080731d

最近つくられた水門の中でも、出色の出来だと思う。何といっても「やっちゃった系」の要素がゼロである。ちゃんと造形している。ちゃんと色彩計画がなされている。何を当たり前のことをほめているのか、と思われるかもしれないが、このようにデザインとして真当な処理がしっかりなされている水門って、最近はなかなかお目にかからないんだ。悪い意味でなくて、尊敬をこめて「デザイナーズ水門」とお呼びしたい。

とにかく「一般大衆に媚びないスタイリング」が実現していることが単純にうれしい。これってやはり人の目をあまり気にせずともよい場所だから、媚びる必要がないからこそ出来たことなのだろうか。だとするとそれは75年前の脇谷閘門と同じ条件によるものである。つまり地域の文脈が今も継続しているということになる。その意味でもこの改修事業の最も素晴らしい点は、旧施設をぶっ壊さずにあえて残し、その機能の不足をフォローする施設を新たに加えたことだろう。コンテクストの構造物への反映が、75年後に再び繰り返されている様子を見ることができるのだ。それはとても面白く、興味深い。まさに土木だ。

より手間のかかる方法の選択、という関係者の英断に対し、まずは拍手したい。

Trackback

hachim | URL | 2008年07月31日 17:43
うはぁ、これはすてきだ。旧のメカ感やディテールも、新のスタイリングやカラーリングも。自分は小屋なし派に属していてよかったと、つくづく感じ入りました。
総裁 | 2008年07月31日 22:23
脇谷側水門すげえかっこいい。これは見に行きたい。
あと都営団地を今後「モダニ住む」と呼ぶことにした。
杉浦 | 2008年08月01日 01:18
えーこれって控え小屋あり水門なんだと思うのですが!
それにしてもかっこいいですね、御代田さん?

あと、個人的には脇谷閘門の門扉色も好きです。(岩渕グループ)

sgm | URL | 2008年08月01日 23:16
小屋あり派としては、窓枠まできっちり同じブルーに塗ってあるところに拍手したいです。
これってもちろんアルミサッシじゃないですよね。

あと、いま上がっている門扉の遠い向こうに旧閘門の紅い門扉がちらりと見えるのが
セクシーです。
aono | 2010年04月14日 18:22
 こんにちは
何気に検索したら、すばらしいコメントにぶちあたり感激しました。

私は地元のクレーンリース業者で、よくこの脇谷閘門に仕事に行きました。
(最近はあまり行きません)

河川の流量しだいなのですが流木等のごみがたまるとその除去作業が主なものでしたが、どざえもんがあがることもあったそうです。
秋には地元の方(漁業組合)が川を上るサケを取りに来るのですが、
激しい流れをサケが懸命に泳ぐ姿に感動した覚えがあります。

 もしよろしければ紅葉狩りがてら、秋の風景をごらんになるのも
よろしいかと思います。
jsato@otterhaus | 2010年04月16日 09:07
おお、サケが上るですか!
夏にしか行ったことないのですが、秋もよさそうですね。

おやすみ前にこの一冊・・・
160px_kawauso_book
東京書籍刊『カワウソ』をお買い上げくださいましてありがとうございます。おかげさまですでに3刷!

「カワウソなび」の最新情報はこちらをどうぞ↓


Where captive otters live in Japan.

 Otter holding facilities in Japan

佐藤淳一リアルタイム
最新の写真は flickr | Otterhaus で公開中。たまにカワウソも。

Created with flickr badge.
動物園・水族館・生息地

[動物園・水族館・生息地ごとの記事アーカイブ。カワウソ中心ですが、たまにほかの動物も出ます]

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
記事検索
タグ絞り込み検索
Junichi SATO

self portrait

[佐藤淳一]1963年生まれ。土木構造物と動物という、かけ離れた領域を行き来するあまり類を見ない写真作家。上の写真はベルリン地下鉄の駅の壁に貼ってあった「ハンケンスビュッテルかわうそセンター」のポスターを撮ったもの(2005年)。意図せず自分も写り込んでしまったので、公式セルフポートレートに認定。光学的にカワウソと一体化しています。

 Biography + Bibliography
(展覧会と各種掲載リスト)


 Floodgates

 Twitter : otterhaus
 Facebook : otterhaus
 Tumblr : otterhaus
 Tumblr : otterhausanbau
 Flickr : Otterhaus

 メールはこちら

* 依然として記事の内容に無関係なスパム的書き込みが多いため、各記事に対する新規コメントは現在、受け付けておりません。ご連絡は上のメールフォームから、公開ツッコミなどはFacebook、Twitterをご利用いただければ幸いです。


キュイキュイ書房
カワウソ本とカワウソグッズの密林セレクトショップ♪

かわうそ店長、意外にハマります。すでに5巻まで出てるよ。

かわうその自転車屋さん 1 (芳文社コミックス)
かわうその自転車屋さん 1 (芳文社コミックス) [コミック]

こやまけいこ
芳文社
2014-10-16


酒ケーキもいいんだけど、せんべいの方がもっといいよ獺祭。

旭酒造 獺祭 煎餅 だっさい せんべい 山田錦の砕米で作りました 30枚入り
旭酒造 獺祭 煎餅 だっさい せんべい 山田錦の砕米で作りました 30枚入り [その他]
旭酒造


世界13種のカワウソが網羅されているすばらしい入門書が出ました。写真もいっぱい!

Otters of the World
Otters of the World


ハンザのぬいぐるみが各種、買えるようになってますよ。
カワウソ No.3320
カワウソ No.3320 [おもちゃ&ホビー]


フィギュアはシュライヒが造りがいいですね(なぜか最近すごい値段になってる!)。
Schleich シュライヒ カワウソ
Schleich シュライヒ カワウソ


かわうそ3きょうだい そらをゆく (にじいろえほん)
かわうそ3きょうだい そらをゆく (にじいろえほん)


かわうそ3きょうだいのふゆのあさ (えほんひろば)
かわうそ3きょうだいのふゆのあさ (えほんひろば)


かわうそ3きょうだい (えほんひろば)
かわうそ3きょうだい (えほんひろば)


空がレースにみえるとき (ほるぷ海外秀作絵本)
空がレースにみえるとき (ほるぷ海外秀作絵本)


ぼく、およげないの
ぼく、およげないの


ニホンカワウソ―絶滅に学ぶ保全生物学
ニホンカワウソ―絶滅に学ぶ保全生物学


Otter (Animal)
Otter (Animal)


Otters: Ecology, Behaviour And Conservation (Oxford Biology)
Otters: Ecology, Behaviour And Conservation (Oxford Biology)


カワウソと暮らす (富山房百科文庫 (34))
カワウソと暮らす (富山房百科文庫 (34))


The Ring of Bright Water Trilogy: Ring of Bright Water, The Rocks Remain, Raven Seek Thy Brother
The Ring of Bright Water Trilogy: Ring of Bright Water, The Rocks Remain, Raven Seek Thy Brother


椋鳩十全集〈20〉カワウソの海
椋鳩十全集〈20〉カワウソの海


ガンバとカワウソの冒険 (岩波少年文庫)
ガンバとカワウソの冒険 (岩波少年文庫)


河合雅雄の動物記〈2〉カワウソ流氷の旅
河合雅雄の動物記〈2〉カワウソ流氷の旅

・・・
わたしの本も、ついでにいかがでしょう?


カワウソ

おそらく日本初の、カワウソだけ写真集


ドボク・サミット
ドボク・サミット

みんなで作ったドボク本



恋する水門―FLOODGATES

一家に一冊!世界初の水門写真集


新版 電脳の教室
新版 電脳の教室
こういうのもあります


  • ライブドアブログ
Das Otterhaus 【カワウソ舎】