Das Otterhaus 【カワウソ舎】

生きることは、見ること。写真作家・佐藤淳一が動物園水族館と生息地を訪ねます。カワウソがいてもいなくてもひたすら訪ねます。

巨大重機F60

080908b

陸上最大の移動物体といわれる、巨大重機F60(エフ・ゼヒツィヒ)。

なんじゃそりゃ、というひとは前に書いたのを読んで。

見たらわかるのでいちいち書くのもアホらしいが、やはりとてつもなくでかかった。この写真はほんの一部だ。全景は撮れない。いや、もちろん、引いて撮れば撮れないことはないが、引きすぎになってしまって写真にならない。とにかく東京タワーを横倒しにしたものよりでかいのだから仕方がない。分割して撮っておいたので、そのうちスティッチングでつないでみよう。


080908a

しかし。こんなもん動かそうと思うかね普通。

しかもこいつ、そうは見えないが電車だ。1000馬力のディーゼルエンジン16基搭載で爆音とともに動く、みたいなんだったら逆に納得しやすいかもしれないのだが、そんな乱暴者ではない。この巨体がレールの上を電気でしずしずと動くのだ。動いているのを見たわけでないのであくまで想像。車輪の上にちっちゃいモーターがたくさん載っているのがわかるだろうか。

何で電動なのかと言うと、F60が稼働する褐炭の露天掘り鉱山(Tagebau)のそばには火力発電所があって、そこでは掘った褐炭をガンガン燃やして発電しており、電気がとっても豊富な土地柄なのであった。マッチポンプというやつか。

それで今回、現地に行って教えてもらってわかったのは、F60は褐炭そのものを掘るためにあるのではなくて、表土を削り取るためのものなのだった。それがわかるまで、F60が何をやっているのか、全くわからなかったよ。なにしろせっかく掘ったものをベルトコンベヤで500メートル先にまき散らしたりするのだから。

では褐炭を掘っているのはどんなやつか、というとさすがにここまで巨大ではないが、それでも十分に巨大な自走式の重機(Kettenbagger)たちである。もうほとんどユンボルの世界だが、これはまた次回にお見せする。

メーカのTAKRAF社って東独時代の会社(VEB:人民公社)と思ってたら、統一後もちゃんと存在してるのであった。

http://www.takraf.com/

いいなあTAKRAF。Tシャツとかあったら絶対買う。

Trackback

はぎわら | 2008年09月08日 21:45
これは…。
僕この中に住みたいです。
イメージ的に旧ソ連エリアかと思ったらドイツですか。

Tシャツとかあったら買ってきてください!
jsato@floodgates | 2008年09月09日 13:36
1. たしかに住もうと思えば住めます。団地を丸ごと載せることも可能では。

2. ドイツと言っても旧東ドイツ(DDR)なので、旧ソ連みたいなもんです。

3. F60のビジターセンターで、おみやげみたいなの(Tシャツとかキャップとかストラップとか)を売ってたような気がしますが、何かぱっとしませんでした。

でっかく「TAKRAF」とだけ入ったTシャツがほしいのだけど。
せきぐち@WJ | 2008年09月16日 16:58
リヒテンシュタインとかアンドラとか
ひとつの国がすっぽり収まりそうですね〜。

TAKRAF公国と言っても過言ではないぐらい。ステキです。

あきらかに「ひとつの世界観」みたいなものを感じます!
jsato@floodgates | 2008年09月17日 01:13
>あきらかに「ひとつの世界観」みたいなものを感じます!

これだけ巨大なものを動かそうとするドイツ人の意志って何なのでしょうかね。
今回、現物を見てやはりそうか、と思ったのですが、F60ってナチスドイツの「列車砲グスタフ」の平和利用版なのではないか。

http://jp.youtube.com/watch?v=C8Jybc1ourw

すでに戦時中に実機があって、その設計を軍用から産業用に転用したものがあれなんじゃないかなあ。似てるもんなあ。

おやすみ前にこの一冊・・・
160px_kawauso_book
東京書籍刊『カワウソ』をお買い上げくださいましてありがとうございます。おかげさまですでに3刷!

「カワウソなび」の最新情報はこちらをどうぞ↓


Where captive otters live in Japan.

 Otter holding facilities in Japan

佐藤淳一リアルタイム
最新の写真は flickr | Otterhaus で公開中。たまにカワウソも。

Created with flickr badge.
動物園・水族館・生息地

[動物園・水族館・生息地ごとの記事アーカイブ。カワウソ中心ですが、たまにほかの動物も出ます]

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
記事検索
タグ絞り込み検索
Junichi SATO

self portrait

[佐藤淳一]1963年生まれ。土木構造物と動物という、かけ離れた領域を行き来するあまり類を見ない写真作家。上の写真はベルリン地下鉄の駅の壁に貼ってあった「ハンケンスビュッテルかわうそセンター」のポスターを撮ったもの(2005年)。意図せず自分も写り込んでしまったので、公式セルフポートレートに認定。光学的にカワウソと一体化しています。

 Biography + Bibliography
(展覧会と各種掲載リスト)


 Floodgates

 Twitter : otterhaus
 Facebook : otterhaus
 Tumblr : otterhaus
 Tumblr : otterhausanbau
 Flickr : Otterhaus

 メールはこちら

* 依然として記事の内容に無関係なスパム的書き込みが多いため、各記事に対する新規コメントは現在、受け付けておりません。ご連絡は上のメールフォームから、公開ツッコミなどはFacebook、Twitterをご利用いただければ幸いです。


キュイキュイ書房
カワウソ本とカワウソグッズの密林セレクトショップ♪

かわうそ店長、とってもハマります。すでに6巻まで出てるよ。

かわうその自転車屋さん 1 (芳文社コミックス)
かわうその自転車屋さん 1 (芳文社コミックス) [コミック]

こやまけいこ
芳文社
2014-10-16


酒ケーキもいいんだけど、せんべいの方がもっといいよ獺祭。

旭酒造 獺祭 煎餅 だっさい せんべい 山田錦の砕米で作りました 30枚入り
旭酒造 獺祭 煎餅 だっさい せんべい 山田錦の砕米で作りました 30枚入り [その他]
旭酒造


世界13種のカワウソが網羅されているすばらしい入門書が出ました。写真もいっぱい!

Otters of the World
Otters of the World


ハンザのぬいぐるみが各種、買えるようになってますよ。
カワウソ No.3320
カワウソ No.3320 [おもちゃ&ホビー]


フィギュアはシュライヒが造りがいいですね(なぜか最近すごい値段になってる!)。
Schleich シュライヒ カワウソ
Schleich シュライヒ カワウソ


かわうそ3きょうだい そらをゆく (にじいろえほん)
かわうそ3きょうだい そらをゆく (にじいろえほん)


かわうそ3きょうだいのふゆのあさ (えほんひろば)
かわうそ3きょうだいのふゆのあさ (えほんひろば)


かわうそ3きょうだい (えほんひろば)
かわうそ3きょうだい (えほんひろば)


空がレースにみえるとき (ほるぷ海外秀作絵本)
空がレースにみえるとき (ほるぷ海外秀作絵本)


ぼく、およげないの
ぼく、およげないの


ニホンカワウソ―絶滅に学ぶ保全生物学
ニホンカワウソ―絶滅に学ぶ保全生物学


Otter (Animal)
Otter (Animal)


Otters: Ecology, Behaviour And Conservation (Oxford Biology)
Otters: Ecology, Behaviour And Conservation (Oxford Biology)


カワウソと暮らす (富山房百科文庫 (34))
カワウソと暮らす (富山房百科文庫 (34))


The Ring of Bright Water Trilogy: Ring of Bright Water, The Rocks Remain, Raven Seek Thy Brother
The Ring of Bright Water Trilogy: Ring of Bright Water, The Rocks Remain, Raven Seek Thy Brother


椋鳩十全集〈20〉カワウソの海
椋鳩十全集〈20〉カワウソの海


ガンバとカワウソの冒険 (岩波少年文庫)
ガンバとカワウソの冒険 (岩波少年文庫)


河合雅雄の動物記〈2〉カワウソ流氷の旅
河合雅雄の動物記〈2〉カワウソ流氷の旅

・・・
わたしの本も、ついでにいかがでしょう?


カワウソ

おそらく日本初の、カワウソだけ写真集


ドボク・サミット
ドボク・サミット

みんなで作ったドボク本



恋する水門―FLOODGATES

一家に一冊!世界初の水門写真集


新版 電脳の教室
新版 電脳の教室
こういうのもあります


  • ライブドアブログ
Das Otterhaus 【カワウソ舎】