Das Otterhaus 【カワウソ舎】

生きることは、見ること。写真作家・佐藤淳一が動物園水族館と生息地を訪ねます。カワウソがいてもいなくてもひたすら訪ねます。

懸垂式の聖地・ヴッパータール

080927d

ヴッパータール。懸垂式モノレールひとすじ110余年。老舗中の老舗。モノレールファンなら一度は乗りに行きたいあこがれの街。

これまで何度も近くを通りながらも、日程に組み込めず断念してきた。今回、ほんの2時間ばかりではあったけど、ついに乗ることができた。


はじめてのヴッパータールの街。いきなりこんな標識が。

080927a

過度に省略化されたモノレール(シュヴェーベバーン)のピクト。いいじゃないか。ボディがぽっちゃりしてて何だかかわいい。

しかし、よく考えたらこんな標識、いらないよね。車両の見えない地下鉄だったらわかる。でもこれだけうっとうしい地上設備と、ド派手な車両が空中を飛び回っているのだ。標識なんかなくても、もう十分に存在はアピールされてるって。

それともこれはやっぱり「街の自慢」なのだろうか。ヴッパータール市長の名刺にもこのピクトが入っていたりするとかさ。


さて千葉市や湘南、上野動物園などで懸垂式に乗ったことのある方ならわかると思うが、懸垂式は揺れるものだ。


われらがヴッパータールでは、そこのところも魅力のひとつとしてちゃんと自覚的だ。

080927b

「降りるとき注意。車両はスイングする!」

このフレーズが11回ぐらいしつこく繰り返されているが、そうでもしないと降りるとき挟まるヤツとか出るのだなきっと。車両のスイング度をこの写真のブレで感じてほしい。


ヴッパータールは山間の工業都市で、土地が少ない。そこでモノレールは全線、川の上に作られている、というのが定説であった。しかし川の上を行くのは全体の3分の2ぐらいで、あとは車道の上を通る。

こんな感じ。ちょっと千葉っぽい。

080927c


あとちゃんと撮れてないのでお見せしないが、工場の敷地内も通過する。撮影メモノートがいま手元にないのでどの区間だったか定かでないが、おそらくここ。川の中央の緑の鉄骨がモノレール。川の両岸が化学工場。川を越えるパイプの中をモノレールが抜ける。おお、そこまでサービスするか、というぐらいの絶叫ポイント。


大きな地図で見る


それからこのちょっと先のアウトバーンの上空を通過するポイントもおすすめ。防音壁の上端ギリギリのところをフルスロットルでかすめる。下半身が掬われるような、底が抜けそうなゾクゾク感。おそらく空飛ぶ絨毯ってこんな感じだろう的な快感だ。みなさんもぜひ一度。

ヴッパータールに限らず、懸垂式は下手な遊園地よりよっぽどエンタメ度が高いと思う。これより面白くない遊園地の乗り物は山ほどあるに違いない。公共交通機関というより、これからは公共エンターテインメント機関と呼ぼう。



【追記】
パドルさんが戦前のヴッパータールを日本で発掘!これはすごいよ。http://www.doblog.com/weblog/myblog/49005/2618218#2618218

Trackback

ヴッパータールの表紙
少し前のことになりますが…。水門写真家・佐藤淳一氏のブログ、「Das Otterhaus」の記事、「懸垂式の聖地・ヴッパータール」を拝見して、見覚えのある風景に、思わずあっと声をあげました。 と言っても、私はヴッパータールの街に行ったことはありません。このモノレール...
水路をゆく | 2008年10月23日 17:35

Comment

吉田鋳造 | 2008年09月27日 05:00
とうとう淳一さんもブッペルタールでイッてしまいましたか(笑)
sgm | URL | 2008年09月27日 05:59
もちろん小学生のように最前部の窓に貼り付いていたわけですね?
バドン | URL | 2008年09月27日 08:09
これはいい千葉ですね。
早くモノレールTを作らねばならない。
sgm | URL | 2008年09月27日 19:09
Google mapで走行中の車両が写っていないかと目を皿のようにして
全線を見てみましたが、懸垂式の故か、見当たりません(笑)。

これぐらいの総延長があれば、どこかに一編成ぐらい写っていても
よさそうなものですが。

jsato@floodgates | 2008年09月27日 22:33
走行中、停車中含めてぜんぶで13編成も走ってますよー。
こんな感じに見えます。

http://maps.google.co.jp/maps?hl=ja&ie=UTF8&t=h&ll=51.272929,7.207365&spn=0.000546,0.001576&z=20

ボディはあまりよく見えません。台車を探してください。

sgm | URL | 2008年09月28日 01:50
ああ、お手本を示してもらったので、探し方のコツがわかりました(笑)!
それにしてもgoogle mapで見ると、この沿線はすごいですね。
巨大煙突あり、ワタシの大好きなノコギリ屋根あり、見どころ満載です。

あと、関連サイトを見ると、昔の写真やらうじゃうじゃ出てきて飽きない。
お召し列車(Kaiserwagen)まであったのか!さすが110年。
機会があればぜひ行ってみたいですね。
すばらしい都市エンタメを紹介してもらい、ありがとうございました。
デハボ1000 | 2008年09月30日 19:27
近所に懸垂式があるため、フラストレーションがたまると江ノ電と組み合わせて乗りに行くことがありますが、・・・これはたまらんですなあ。
猫が好き♪ | URL | 2010年04月19日 00:54
>>こんな感じ。ちょっと千葉っぽい。

 ところがどっこいぎっちょんちょんで、千葉都市モノレールも川の上を走っている区間があるのでした。栄町〜葭川公園(よしかわ-)がその区間で、葭川の上を通っています。おれはヴッパータールは行ったことがないのですが(てかほとんど日本国外とは縁がない)、この区間を見て「ヴッパータールみたいやん」とか思ったのでございます(=^_^;=)。
jsato@otterhaus | 2010年04月19日 11:41
>猫が好き♪さま、

そうか!うっかりしておりました。
いっそ栄町〜葭川公園のあたりは、千葉市中央区ヴッパータール1丁目と呼んでほしいです。

それにしても「葭川」っていつまでたっても読めません。千葉市民にならんとダメなのかな。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 

おやすみ前にこの一冊・・・
160px_kawauso_book
東京書籍刊『カワウソ』をお買い上げくださいましてありがとうございます。おかげさまですでに3刷!

「カワウソなび」の最新情報はこちらをどうぞ↓


Where captive otters live in Japan.

 Otter holding facilities in Japan

佐藤淳一リアルタイム
最新の写真は flickr | Otterhaus で公開中。たまにカワウソも。

Created with flickr badge.




コメントありがとうございます。
すべてにリプライできなくてごめんなさい ↓

最新コメント
動物園・水族館・生息地

[動物園・水族館・生息地ごとの記事アーカイブ。カワウソ中心ですが、たまにほかの動物も出ます]

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
記事検索
タグ絞り込み検索
Junichi SATO

self portrait

[佐藤淳一]1963年生まれ。土木構造物と動物という、かけ離れた領域を行き来するあまり類を見ない写真作家。上の写真はベルリン地下鉄の駅の壁に貼ってあった「ハンケンスビュッテルかわうそセンター」のポスターを撮ったもの(2005年)。意図せず自分も写り込んでしまったので、公式セルフポートレートに認定。光学的にカワウソと一体化しています。

キュイキュイ書房
カワウソ本とカワウソグッズの密林セレクトショップ♪

かわうそ店長、意外にハマります。すでに4巻まで出てるよ。

かわうその自転車屋さん 1 (芳文社コミックス)
かわうその自転車屋さん 1 (芳文社コミックス) [コミック]

こやまけいこ
芳文社
2014-10-16


酒ケーキもいいんだけど、せんべいの方がもっといいよ獺祭。

旭酒造 獺祭 煎餅 だっさい せんべい 山田錦の砕米で作りました 30枚入り
旭酒造 獺祭 煎餅 だっさい せんべい 山田錦の砕米で作りました 30枚入り [その他]
旭酒造


世界13種のカワウソが網羅されているすばらしい入門書が出ました。写真もいっぱい!

Otters of the World
Otters of the World


ハンザのぬいぐるみが各種、買えるようになってますよ。
カワウソ No.3320
カワウソ No.3320 [おもちゃ&ホビー]


フィギュアはシュライヒが造りがいいですね。
Schleich シュライヒ カワウソ
Schleich シュライヒ カワウソ


かわうそ3きょうだい そらをゆく (にじいろえほん)
かわうそ3きょうだい そらをゆく (にじいろえほん)


かわうそ3きょうだいのふゆのあさ (えほんひろば)
かわうそ3きょうだいのふゆのあさ (えほんひろば)


かわうそ3きょうだい (えほんひろば)
かわうそ3きょうだい (えほんひろば)


空がレースにみえるとき (ほるぷ海外秀作絵本)
空がレースにみえるとき (ほるぷ海外秀作絵本)


ぼく、およげないの
ぼく、およげないの


ニホンカワウソ―絶滅に学ぶ保全生物学
ニホンカワウソ―絶滅に学ぶ保全生物学


Otter (Animal)
Otter (Animal)


Otters: Ecology, Behaviour And Conservation (Oxford Biology)
Otters: Ecology, Behaviour And Conservation (Oxford Biology)


カワウソと暮らす (富山房百科文庫 (34))
カワウソと暮らす (富山房百科文庫 (34))


The Ring of Bright Water Trilogy: Ring of Bright Water, The Rocks Remain, Raven Seek Thy Brother
The Ring of Bright Water Trilogy: Ring of Bright Water, The Rocks Remain, Raven Seek Thy Brother


椋鳩十全集〈20〉カワウソの海
椋鳩十全集〈20〉カワウソの海


ガンバとカワウソの冒険 (岩波少年文庫)
ガンバとカワウソの冒険 (岩波少年文庫)


河合雅雄の動物記〈2〉カワウソ流氷の旅
河合雅雄の動物記〈2〉カワウソ流氷の旅

・・・
わたしの本も、ついでにいかがでしょう?


カワウソ

おそらく日本初の、カワウソだけ写真集


ドボク・サミット
ドボク・サミット

みんなで作ったドボク本



恋する水門―FLOODGATES

一家に一冊!世界初の水門写真集


新版 電脳の教室
新版 電脳の教室
こういうのもあります


  • ライブドアブログ
Das Otterhaus 【カワウソ舎】