Das Otterhaus 【カワウソ舎】

生きることは、見ること。写真作家・佐藤淳一が動物園水族館と生息地を訪ねます。カワウソがいてもいなくてもひたすら訪ねます。

ラブラブ・カワウソ

カワウソ写真集の営業のためと称して、また長崎バイオパークに行ってきました。そんなにしょっちゅう通って大丈夫なのか、という懸念を持たれる方があるかもしれません。でもカピバラの渡辺さんなどは、7日間連続でバイオパークに通ったことがあるらしいので、わたしはまだまだ普通な方だと思われます。

長崎バイオパークのコツメカワウソといえば、ゲモックくんです。カワウソ写真集でも表紙カバー裏に登場してもらいました。

kawauso_cover_back
右がゲモックくん。素敵におデブです。

ゲモック、っていうのはマレー語で太っていること(Gemuk)らしいです。むかし何となく買ったマレー語辞典が、まさかカワウソの名前を調べることに役立つとは想像もできませんでしたね。ゲモックくんはマレーシアから来た野生個体なんですが、人間に飼育された結果として最近太ったわけではなくて、名付けられたときから太っていたということになります。ひょっとして太ってたから人間につかまってしまったのだろうか。

ま、そんなのはマラッカ動物園に聞いてみないとわからないので置いておきますが、とにかくゲモックくんに会いに行ったわけです。

おーい、ゲモック〜

100329b

お、やってきたぞ、と思ったら、ナンとウチョップの姉妹だけです。ゲモックはどうしちゃったんでしょうか。冬は風邪をひくと聞いてましたから、今年も風邪ひいて寝てるのでしょうか。心配です。

100329a
やあナン、ウチョップ。ゲモックはどうしたんだい?

100329c
うん、それがね・・・

別にカワウソと会話ができるわけではありませんが、まあ雰囲気としてはそういう感じですな。

そこにゲモックがさかなを抱えて登場。
100329d

お、ゲモック元気そうじゃん。でもちょっとボロくなってないか?

100329e

食べずにすましております。お腹空いてないのか?

100329f

何だ、やっぱり食べるんじゃない!しかしずっと直立したまま食べるカワウソってありなのか。これじゃあほとんどフィギュアだよ。

100329g

このとてつもない安定感。押しても絶対に倒れないウルトラステーブル・スタンディング。カワウソにしておくのはもったいないぐらいです。相撲協会は彼をマスコットにしてはどうか。

・・・

実はゲモックは勝手にさかな抱えて現れたわけじゃなくて、バックヤードに引っ込められていたのでした。

キーパーさんによると、上野からやってきた新人のメス(ナオコ)が、ゲモックといい仲になってしまい、その結果、当然のことながら古株であるナン&ウチョップとは仲が悪くて、4匹いっしょに放飼場に出せないのだそうです。今日はナン&ウチョップの日なので、ゲモック&ナオコは引っ込んでいたのでした。

どうしてもゲモックに会いたい!という気迫がキーパーさんに伝わってしまったみたいで、特別に交代してくれることになり、ゲモックが現れたわけです。ごめんな〜>ナン&ウチョップ

以前書いた通り、ゲモックくんはナン&ウチョップ姉妹の誘惑に乗らず、異性交友にまったく興味のない個体なのではないかと思われていたのですが、何のことはない、ナン&ウチョップが好みではなかったということらしい。あんなにかわいい顔してるのにね。

100329h
2匹で仲よくお食事中。

こうして見ると、ゲモックが太いのは一目瞭然だけど、ナオコはかなり細身です。どっちがカワウソらしいかといえば、そりゃあナオコの方でしょうけど。

ナオコのおなかからお尻にかけて、毛が抜けてしまってるのが気になります。自分で抜いちゃうんだそうです。ストレスなのね。ゲモックがボロボロなのは、きっとナオコが毛を抜いているに違いない。

100329l
ナオコです。

ゲモックとまるで正反対の、かなり活発な個体です。上野の荒波にもまれて育ったからか。

100329i

こんなふうに、ゲモックにしっぽで絡みついて誘惑しまくりです。すごいアタックっぷりです。

100329j

あらら、何たるラブラブか!見てる方が恥ずかしくなります。どうでもいいけど君たち、しっかり結果を出すんだぞ。

100329k
でもその前にちょっと痩せたら? さっき子どもに「おかあさん、これアザラシ?」って言われてたぞ。

Trackback

Comment

Rei | 2010年04月01日 11:16
>「おかあさん、これアザラシ?」

これには吹きました(笑)
それにしても何たるラブラブぶり!
一緒に寝ている写真なんて見てる方が
あてられました・・・

ナオコは上野出身なんですね。
ひょっとしたら見たことある個体なんだな〜と
思うとちょっと感慨深いものがあります。

上野は桜で満開!
人ごみがすごくて、正門から動物園にはいるのが
めちゃくちゃ大変です。この時期は、西園にある
池之端門から入るのが「通」の入り方です。
jsato@otterhaus | 2010年04月02日 02:17
Reiさん、

アザラシの件は実話です。話作ってませんw
たしかにゲモックはごろごろしてると、ぱっと見、アザラシに見えます。

西園から入れ、ですね!裏技ありがとうございます。
上野の桜、むかし初代パンダがいたころに親に連れられて行ったっけなあ・・・
TX650 | 2010年04月02日 18:30
なんか腹といい、女房に毛をむしられてるところといい、とても他人とは思えないんですけど>おっさんカワウソ(笑)
くまがい | 2010年04月05日 10:57
「ゲモック」というより「ゲッシモク」って感じかなぁ・・・。
「かわいいけれど本気になれない」っていうか、なんだか、タイワンリスみたいなイメージなんだな。
俺、やっぱりコツメは宇宙人みたいな感じがして苦手。
カナダは、タヌキに対してのアライグマみたいだし・・・「アジアの」ユーラシアカワウソに限定だな。
jsato@otterhaus | 2010年04月06日 01:29
TX650さん、

おっさん化には気をつけましょう(笑)


くまがいさん、

どはははは、コツメは宇宙人ですか〜?
わたしはストライクゾーンが無尽蔵に広いので、オオカワウソですらOKです。
でもカナダがアライグマみたい、ってのは妙に説得力ある例えと思いました。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 

おやすみ前にこの一冊・・・
160px_kawauso_book
東京書籍刊『カワウソ』をお買い上げくださいましてありがとうございます。おかげさまですでに3刷!

「カワウソなび」の最新情報はこちらをどうぞ↓


Where captive otters live in Japan.

 Otter holding facilities in Japan

佐藤淳一リアルタイム
最新の写真は flickr | Otterhaus で公開中。たまにカワウソも。

Created with flickr badge.




コメントありがとうございます。
すべてにリプライできなくてごめんなさい ↓

最新コメント
動物園・水族館・生息地

[動物園・水族館・生息地ごとの記事アーカイブ。カワウソ中心ですが、たまにほかの動物も出ます]

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
記事検索
タグ絞り込み検索
Junichi SATO

self portrait

[佐藤淳一]1963年生まれ。土木構造物と動物という、かけ離れた領域を行き来するあまり類を見ない写真作家。上の写真はベルリン地下鉄の駅の壁に貼ってあった「ハンケンスビュッテルかわうそセンター」のポスターを撮ったもの(2005年)。意図せず自分も写り込んでしまったので、公式セルフポートレートに認定。光学的にカワウソと一体化しています。

キュイキュイ書房
カワウソ本とカワウソグッズの密林セレクトショップ♪

かわうそ店長、意外にハマります。すでに4巻まで出てるよ。

かわうその自転車屋さん 1 (芳文社コミックス)
かわうその自転車屋さん 1 (芳文社コミックス) [コミック]

こやまけいこ
芳文社
2014-10-16


酒ケーキもいいんだけど、せんべいの方がもっといいよ獺祭。

旭酒造 獺祭 煎餅 だっさい せんべい 山田錦の砕米で作りました 30枚入り
旭酒造 獺祭 煎餅 だっさい せんべい 山田錦の砕米で作りました 30枚入り [その他]
旭酒造


世界13種のカワウソが網羅されているすばらしい入門書が出ました。写真もいっぱい!

Otters of the World
Otters of the World


ハンザのぬいぐるみが各種、買えるようになってますよ。
カワウソ No.3320
カワウソ No.3320 [おもちゃ&ホビー]


フィギュアはシュライヒが造りがいいですね。
Schleich シュライヒ カワウソ
Schleich シュライヒ カワウソ


かわうそ3きょうだい そらをゆく (にじいろえほん)
かわうそ3きょうだい そらをゆく (にじいろえほん)


かわうそ3きょうだいのふゆのあさ (えほんひろば)
かわうそ3きょうだいのふゆのあさ (えほんひろば)


かわうそ3きょうだい (えほんひろば)
かわうそ3きょうだい (えほんひろば)


空がレースにみえるとき (ほるぷ海外秀作絵本)
空がレースにみえるとき (ほるぷ海外秀作絵本)


ぼく、およげないの
ぼく、およげないの


ニホンカワウソ―絶滅に学ぶ保全生物学
ニホンカワウソ―絶滅に学ぶ保全生物学


Otter (Animal)
Otter (Animal)


Otters: Ecology, Behaviour And Conservation (Oxford Biology)
Otters: Ecology, Behaviour And Conservation (Oxford Biology)


カワウソと暮らす (富山房百科文庫 (34))
カワウソと暮らす (富山房百科文庫 (34))


The Ring of Bright Water Trilogy: Ring of Bright Water, The Rocks Remain, Raven Seek Thy Brother
The Ring of Bright Water Trilogy: Ring of Bright Water, The Rocks Remain, Raven Seek Thy Brother


椋鳩十全集〈20〉カワウソの海
椋鳩十全集〈20〉カワウソの海


ガンバとカワウソの冒険 (岩波少年文庫)
ガンバとカワウソの冒険 (岩波少年文庫)


河合雅雄の動物記〈2〉カワウソ流氷の旅
河合雅雄の動物記〈2〉カワウソ流氷の旅

・・・
わたしの本も、ついでにいかがでしょう?


カワウソ

おそらく日本初の、カワウソだけ写真集


ドボク・サミット
ドボク・サミット

みんなで作ったドボク本



恋する水門―FLOODGATES

一家に一冊!世界初の水門写真集


新版 電脳の教室
新版 電脳の教室
こういうのもあります


  • ライブドアブログ
Das Otterhaus 【カワウソ舎】