Das Otterhaus 【カワウソ舎】

生きることは、見ること。写真作家・佐藤淳一が動物園水族館と生息地を訪ねます。カワウソがいてもいなくてもひたすら訪ねます。

ねむり姫カワウソ

100429a

アクアマリンふくしまに3月にオープンした新施設、アクアマリンえっぐでユーラシアカワウソの展示がはじまりました。オーストリアのインスブルックにあるアルペン動物園から3月12日に到着したばかり。まあずいぶん遠いところからやってきたものです。1才のメスで、名前はチロルちゃんとのこと(特に明示はされてませんが、信頼できる筋からの情報です)。

100429b

チロルちゃんはまだ来日して日が浅いので、なかなか放飼場やプール(かなり立派な施設です!)に姿を見せてくれないのだそうです。わたしが見に行った日も、雨だったせいもあるんでしょうけど全く泳がず、開館から閉館までずーっと巣穴で寝てました。

実は、巣穴がガラスごしに覗けるようになっているんです(ボランティアのおばちゃんとか、館の人に尋ねないとちょっとわからない場所にあります。カワウソの立場から考えたらあまり見つからない方がいいかもね)。だいたい1時間に1回ぐらいのペースで、巣穴の中をちょっと動き回っては、体を伸ばしたりしていました。

100429c

なかなか精悍な顔つきです。目が細いのでこの角度から見るとカワウソじゃないみたい。

100429d

この角度だと間違いなくカワウソですねw。下から見るとオメガというかムギュの部分が結構ふっくらしています。間違いなくユーラシアです!

100429e

まだ1才なので歯もきれい。上あごは門歯3本+犬歯1本+前臼歯3本+臼歯2本、ですかね?
上あごは門歯3本+犬歯1本+前臼歯4本+臼歯1本、です。

100429f

ちょうどガラス側を向いて寝てくれたので、至近距離でオメガチェック。ひげも白いのと茶色のが半々ぐらい。

100429g

まっくろできれいな鼻だ。同じユーラシアでも中国産のと違って、ヨーロッパのカワウソはムギュの部分の毛がかなり横まで黒いようです。この写真の露出はオーバーぎみにしていあるのであまり目立ちませんが・・・

暗いとこんな感じになります。
100429h

うーん、じつに黒いw。

保護色の趣旨からすれば、この顔が目立たないような色の岩や土の環境、に住んでいるのだろうか。すると中国のカワウソが住んでいる場所は、白い丸い石が多いのだろうか? そんな単純な話じゃないと思うけど。

100429i

とにかくずっと寝ているので、キーパーさんたちの間では「ねむり姫」と呼ばれているそうです。

1頭だけだし、なにしろ移転から1月半なので、慣れるまでは仕方がないのでしょう。閉館になってお客さんがいなくなると泳いだりするらしいので、とにかく元気に定着してほしいものです。


【追記】
上あごの歯式、直しました。ご指摘ありがとうございます。>熊谷さん

Trackback

Comment

松原 | URL | 評価 5 | 2010年04月29日 13:40
うごぉぉぉ。オメガチェックありがとうございます。なんとキレイなお鼻ですこと。
jsato@otterhaus | 2010年04月29日 14:37
「ユーロオメガ」でした!
あみ | URL | 2010年04月30日 01:11
早速見に行かれたのですねー!
やっぱりムギュが黒いw
jsato@otterhaus | 2010年05月01日 17:47
「黒ムギュ」で一見シャープに見えますが、下から見るとちゃんとふくらんでいるので安心しました。ちゃんと?ユーラシアです。
くまがい | 2010年05月02日 03:33
さっそく行かれましたね?!
カワウソの歯式は上が3・1・4・1で、下が3・1・3・2です。

吻が短くねぇですか?・・・こんなもんかななぁ・・・。
(なんとかして、アジアとの違いを探している俺です)
オーストリアのチロル州からやってきたので、チロルだそうですよ。
jsato@otterhaus | 2010年05月02日 17:47
あ、これで「3・1・4・1」と読んでいいのですね。奥の2本とも臼歯かと思いました。

たしかに吻は短めです。
まだ9か月だから、もうちょっと成長するのかもしれません。
それも楽しみです。
くまがい | 2010年07月02日 03:33
会ってきましたよ、チロル・・・やっぱり寝てましたけれど。(笑)
立派な飼育施設ですよねぇ?なんで寝てばっかりいるんだろう?
jsato@otterhaus | 2010年07月02日 08:31
くまがいさん!
おはようございます。

やっぱり寝てますかー、チロルは。
1頭で暮らすとどうしても不活発ですよね。
いろいろもったいないなあと思ってしまいます。
くまがい | 2010年07月02日 20:53
ドイツからオスも来ているんですけどねぇ・・・相性が悪いのでしょうか。
jsato@otterhaus | 2010年07月02日 22:07
えええええええっ!
いつの間にオスが!でもやっぱり寝てるんですか(笑)。

うわー、また見に行かなきゃ。
くまがい | 2010年07月05日 03:34
まだ、オスの方は、一般展示をしていませんのであわてなくても大丈夫です。

 ユーラシアの飼育を決めた時に、同時に2頭入れる話になっていたのです。
だから、気になっているのですが・・・検疫とか相性とか、そんなことで、まだバックヤードにいるのかな?と。

jsato@otterhaus | 2010年07月07日 09:44
せっかく2頭いるのに・・・残念ですが、相性だけは他人の努力でどうすることもできないですもんね。

チロルがもう少し成長したら変わるかなあ。
くまがい | 2011年03月18日 11:27
アクアマリンふくしまのユーラシアカワウソの「ドナウ」って知ってますか?オスでしょうかね?

アクアマリンが地震津波であんなになっちゃったので、現在上野動物園に来たそうです。
パンダなんかよりも楽しみだなぁ!!
jsato@otterhaus | 2011年03月18日 21:01
>くまがいさん
ドナウは後でミュンヘンから来た♂です。
もう上野に移動したのですね。

ってことは、最初からいた♀のチロルは・・・ああ
くまがい | 2011年03月18日 23:55
今、懸命にチロルの消息を追っています。
チロルの携帯がつながらなくって・・・
jsato@otterhaus | 2011年03月20日 17:26
うーん、祈るしかないです。
jsato@otterhaus | 2011年03月21日 12:19
おお!奇跡がおきました!

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 

おやすみ前にこの一冊・・・
160px_kawauso_book
東京書籍刊『カワウソ』をお買い上げくださいましてありがとうございます。おかげさまですでに3刷!

「カワウソなび」の最新情報はこちらをどうぞ↓


Where captive otters live in Japan.

 Otter holding facilities in Japan

佐藤淳一リアルタイム
最新の写真は flickr | Otterhaus で公開中。たまにカワウソも。

Created with flickr badge.




コメントありがとうございます。
すべてにリプライできなくてごめんなさい ↓

最新コメント
動物園・水族館・生息地

[動物園・水族館・生息地ごとの記事アーカイブ。カワウソ中心ですが、たまにほかの動物も出ます]

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
記事検索
タグ絞り込み検索
Junichi SATO

self portrait

[佐藤淳一]1963年生まれ。土木構造物と動物という、かけ離れた領域を行き来するあまり類を見ない写真作家。上の写真はベルリン地下鉄の駅の壁に貼ってあった「ハンケンスビュッテルかわうそセンター」のポスターを撮ったもの(2005年)。意図せず自分も写り込んでしまったので、公式セルフポートレートに認定。光学的にカワウソと一体化しています。

キュイキュイ書房
カワウソ本とカワウソグッズの密林セレクトショップ♪

かわうそ店長、意外にハマります。すでに4巻まで出てるよ。

かわうその自転車屋さん 1 (芳文社コミックス)
かわうその自転車屋さん 1 (芳文社コミックス) [コミック]

こやまけいこ
芳文社
2014-10-16


酒ケーキもいいんだけど、せんべいの方がもっといいよ獺祭。

旭酒造 獺祭 煎餅 だっさい せんべい 山田錦の砕米で作りました 30枚入り
旭酒造 獺祭 煎餅 だっさい せんべい 山田錦の砕米で作りました 30枚入り [その他]
旭酒造


世界13種のカワウソが網羅されているすばらしい入門書が出ました。写真もいっぱい!

Otters of the World
Otters of the World


ハンザのぬいぐるみが各種、買えるようになってますよ。
カワウソ No.3320
カワウソ No.3320 [おもちゃ&ホビー]


フィギュアはシュライヒが造りがいいですね。
Schleich シュライヒ カワウソ
Schleich シュライヒ カワウソ


かわうそ3きょうだい そらをゆく (にじいろえほん)
かわうそ3きょうだい そらをゆく (にじいろえほん)


かわうそ3きょうだいのふゆのあさ (えほんひろば)
かわうそ3きょうだいのふゆのあさ (えほんひろば)


かわうそ3きょうだい (えほんひろば)
かわうそ3きょうだい (えほんひろば)


空がレースにみえるとき (ほるぷ海外秀作絵本)
空がレースにみえるとき (ほるぷ海外秀作絵本)


ぼく、およげないの
ぼく、およげないの


ニホンカワウソ―絶滅に学ぶ保全生物学
ニホンカワウソ―絶滅に学ぶ保全生物学


Otter (Animal)
Otter (Animal)


Otters: Ecology, Behaviour And Conservation (Oxford Biology)
Otters: Ecology, Behaviour And Conservation (Oxford Biology)


カワウソと暮らす (富山房百科文庫 (34))
カワウソと暮らす (富山房百科文庫 (34))


The Ring of Bright Water Trilogy: Ring of Bright Water, The Rocks Remain, Raven Seek Thy Brother
The Ring of Bright Water Trilogy: Ring of Bright Water, The Rocks Remain, Raven Seek Thy Brother


椋鳩十全集〈20〉カワウソの海
椋鳩十全集〈20〉カワウソの海


ガンバとカワウソの冒険 (岩波少年文庫)
ガンバとカワウソの冒険 (岩波少年文庫)


河合雅雄の動物記〈2〉カワウソ流氷の旅
河合雅雄の動物記〈2〉カワウソ流氷の旅

・・・
わたしの本も、ついでにいかがでしょう?


カワウソ

おそらく日本初の、カワウソだけ写真集


ドボク・サミット
ドボク・サミット

みんなで作ったドボク本



恋する水門―FLOODGATES

一家に一冊!世界初の水門写真集


新版 電脳の教室
新版 電脳の教室
こういうのもあります


  • ライブドアブログ
Das Otterhaus 【カワウソ舎】