Das Otterhaus 【カワウソ舎】

生きることは、見ること。写真作家・佐藤淳一が動物園水族館と生息地を訪ねます。カワウソがいてもいなくてもひたすら訪ねます。

天王寺どうぶつ・表敬訪問

さて、みさき公園の翌日はひらかたパークへ回る予定でした。ところが、このとき台風が接近しておりまして、どうも日本のまんなかへんに上陸するかも、みたいな予報が出ておりました。

基本的にわたし個人としては、明日は雨が降ろうがシシャモが降ろうがカワウソ撮影に行く覚悟でしたが、ひらかたパークさんの方であっさり先に折れてしまいました。すなわち、

 明 日 は 臨 時 休 園 ♪

ということになっちまいました。

台風と闘わずして負けかよ、ひらかたパーク! という気分でしたが、親会社が電鉄会社ですので、安全第一の判断を下した点はむしろ評価しなければなりません。みさき公園は明日もやるって言ってるぞ、なんて挑発的な言動はいけません。

というわけで、めでたくまる1日分のわたしの予定が吹っ飛んでしまいました。これはもう、天王寺動物園に行ってキウィにあいさつするしかないでしょう。というわけで急遽、天王寺へ向かうことに。

101127a
うはぁ、いきなりω攻撃をくらいました。これはたまりません。


101127b
ほんとにすてきですよね。この部分だけで動物にならないもんでしょうか。


101127c
「!」

あ、すいません。もちろん全体的にすてきです。


カワウソばかり撮っていると、ふと「このレンズ、ひょっとして茶色しか出ねえんじゃねえか?」と心配になることがあります。もちろんカワウソの茶色って、もう「カワウソ色」としか言いようのない色でありまして、それはそれでとっても再現の難しい色だと思います。それが曲がりなりにも出てるんだから、レンズが壊れているわけはないのですが、何というかその、ほんとに他の色も出るのかな、みたいな素朴な気持ちがわき上がってくることがあります。上のようにカワウソ以外の動物や、葉っぱの色とかもちゃんと出ているようなので、ひと安心です。


101127d
215番さん。もらって帰りたいです。


101127e
やんややんや。


101127f
キュイ!

って言ってもイタチ科ではありません。シママングースです。シママングースがキュイ、って鳴くかどうかはあやしいですが、気持ちとしては鳴いてみたいかな、と。


101127g
ダンナ、まいど。


101127h
何で多くのどうぶつ様はわたしを見てべーをするのか。そんなにおいしそうなのか。


101127i
やっぱりこういう体型のいきものに惹かれる自分に気が付くのでありました。


キウィはどうなったのかって? あんなもん撮れるわけないじゃないですか。ISO感度が1億ぐらいあるカメラがほしいぞ。

Trackback

Comment

黒姫 | URL | 2010年11月27日 23:57
シマは分りませんが、コビトマングースは「ピャァ」に近い声を・・・
出していましたねぇ。

聞く人によっては、「ピー」とか「キー」なのかもしれませんがw
松原ω | URL | 2010年11月28日 07:47
またまたすんばらし〜ω写真!
まいりました。
4:3の画角もいいですね。
3:2だと横長過ぎると感じる事も多いのです。
ふむふむ。
jsato@otterhaus | 2010年11月29日 23:35
>黒姫さん
やっぱりピャア系ですよね!

>松原ωさん
3:2長すぎますよね。わたしも持て余します。動物であっても、やっぱりポートレート系は正方形に近い比率の方が使いやすいと思います。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 

おやすみ前にこの一冊・・・
160px_kawauso_book
東京書籍刊『カワウソ』をお買い上げくださいましてありがとうございます。おかげさまですでに3刷!

「カワウソなび」の最新情報はこちらをどうぞ↓


Where captive otters live in Japan.

 Otter holding facilities in Japan

佐藤淳一リアルタイム
最新の写真は flickr | Otterhaus で公開中。たまにカワウソも。

Created with flickr badge.




コメントありがとうございます。
すべてにリプライできなくてごめんなさい ↓

最新コメント
動物園・水族館・生息地

[動物園・水族館・生息地ごとの記事アーカイブ。カワウソ中心ですが、たまにほかの動物も出ます]

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
記事検索
タグ絞り込み検索
Junichi SATO

self portrait

[佐藤淳一]1963年生まれ。土木構造物と動物という、かけ離れた領域を行き来するあまり類を見ない写真作家。上の写真はベルリン地下鉄の駅の壁に貼ってあった「ハンケンスビュッテルかわうそセンター」のポスターを撮ったもの(2005年)。意図せず自分も写り込んでしまったので、公式セルフポートレートに認定。光学的にカワウソと一体化しています。

キュイキュイ書房
カワウソ本とカワウソグッズの密林セレクトショップ♪

かわうそ店長、意外にハマります。すでに4巻まで出てるよ。

かわうその自転車屋さん 1 (芳文社コミックス)
かわうその自転車屋さん 1 (芳文社コミックス) [コミック]

こやまけいこ
芳文社
2014-10-16


酒ケーキもいいんだけど、せんべいの方がもっといいよ獺祭。

旭酒造 獺祭 煎餅 だっさい せんべい 山田錦の砕米で作りました 30枚入り
旭酒造 獺祭 煎餅 だっさい せんべい 山田錦の砕米で作りました 30枚入り [その他]
旭酒造


世界13種のカワウソが網羅されているすばらしい入門書が出ました。写真もいっぱい!

Otters of the World
Otters of the World


ハンザのぬいぐるみが各種、買えるようになってますよ。
カワウソ No.3320
カワウソ No.3320 [おもちゃ&ホビー]


フィギュアはシュライヒが造りがいいですね。
Schleich シュライヒ カワウソ
Schleich シュライヒ カワウソ


かわうそ3きょうだい そらをゆく (にじいろえほん)
かわうそ3きょうだい そらをゆく (にじいろえほん)


かわうそ3きょうだいのふゆのあさ (えほんひろば)
かわうそ3きょうだいのふゆのあさ (えほんひろば)


かわうそ3きょうだい (えほんひろば)
かわうそ3きょうだい (えほんひろば)


空がレースにみえるとき (ほるぷ海外秀作絵本)
空がレースにみえるとき (ほるぷ海外秀作絵本)


ぼく、およげないの
ぼく、およげないの


ニホンカワウソ―絶滅に学ぶ保全生物学
ニホンカワウソ―絶滅に学ぶ保全生物学


Otter (Animal)
Otter (Animal)


Otters: Ecology, Behaviour And Conservation (Oxford Biology)
Otters: Ecology, Behaviour And Conservation (Oxford Biology)


カワウソと暮らす (富山房百科文庫 (34))
カワウソと暮らす (富山房百科文庫 (34))


The Ring of Bright Water Trilogy: Ring of Bright Water, The Rocks Remain, Raven Seek Thy Brother
The Ring of Bright Water Trilogy: Ring of Bright Water, The Rocks Remain, Raven Seek Thy Brother


椋鳩十全集〈20〉カワウソの海
椋鳩十全集〈20〉カワウソの海


ガンバとカワウソの冒険 (岩波少年文庫)
ガンバとカワウソの冒険 (岩波少年文庫)


河合雅雄の動物記〈2〉カワウソ流氷の旅
河合雅雄の動物記〈2〉カワウソ流氷の旅

・・・
わたしの本も、ついでにいかがでしょう?


カワウソ

おそらく日本初の、カワウソだけ写真集


ドボク・サミット
ドボク・サミット

みんなで作ったドボク本



恋する水門―FLOODGATES

一家に一冊!世界初の水門写真集


新版 電脳の教室
新版 電脳の教室
こういうのもあります


  • ライブドアブログ
Das Otterhaus 【カワウソ舎】