Das Otterhaus 【カワウソ舎】

生きることは、見ること。写真作家・佐藤淳一が動物園水族館と生息地を訪ねます。カワウソがいてもいなくてもひたすら訪ねます。

ラッコもカワウソ

実は、今までラッコってあんまりちゃんと撮ってないんです。

110118a
すんませんなあ。

言うまでもなくラッコもカワウソなんですよね。
動物の分類で言うと、食肉目イタチ科カワウソ亜科は、

・カワウソ属
・オオカワウソ属
・ツメナシカワウソ属
・ラッコ属

の4属に分かれています。ユーラシアやカナダはカワウソ属、われらがコツメカワウソはツメナシカワウソ属に含まれます。ということは、たとえばコツメカワウソとラッコの違いって、分類の枝の位置で考えたらコツメとユーラシアと同じ程度の違いになるわけですよ。ラッコは英語だとSea Otterなので、欧米人はラッコをカワウソの仲間とみなしているけど、日本語の感覚だと完全に他人。でも、どう考えても他人じゃなくて近い親戚ぐらいなので、やっぱりちゃんとお付き合いしないといかんなあ。

(分類について:最近では、コツメとカナダとビロードを分けて計7属にする分類がメジャーですが、あんまり属を細かく分けると属と種の意味がわかりにくくなるんじゃないか、と個人的には思ってます。いずれにせよコツメとラッコの親戚関係の距離には影響がないので、話を簡単にするためにここでは4属で考えました)


110118b
ん?


110118c
ねむくなるねむくなる・・・


110118d
ねた〜。



ラッコといえば、やはりこのポーズでしょう。
110118e
手の指がくっつきかけていて、このまま進化を続けるとヒレになりそうです。


110118f
鼻鏡がくいっと上のほうへ回り込んでます。

わたしがカワウソほどラッコに魅力を感じないひとつの理由は、やはり顔の毛の色が一色であることですね。子どもの頃は真っ茶色、成長すると真っ白け。いまひとつ個体差が出にくくて、カワウソにくらべて面白みのない顔です。


110118g
氷をお召し上がりになっているようです。


110118h
「面白くなくて悪かったね」

いや、真正面から見ると結構、面白いです。


110118i
「ちべたーい!」


110118j
「うきゃっ!」

ラッコって、カワウソほどカパっと大きく口を開けない印象がありますが、実際はどうなんでしょ。


110118k
その気になって見ると、表情変化も意外に豊かなのかもしれません。さすがカワウソの親戚だけあります。これは今までちゃんと見てない自分が悪いな。まあ顔の毛が長いので、表情が表われにくいというのはありそうです。


110118l
これですよね〜、このプカプカ。実にラッコですよまったく。


これからはラッコもちゃんと撮ろうと、今さらながら思いました。
上の写真は、2009年10月と2010年5月、海遊館での撮影です。

Trackback

Comment

りお | URL | 2011年01月21日 10:32
ラッコはイマイチだったのですね。ちょっと意外でした。
私は、乾いてるときのフワフワ感がものすごく好きです♪
顔洗う仕草もかわいいし♪
手の指はポッテリとして不思議ですよね。
これからも撮ってきてくださーい(^^)
jsato@otterhaus | 2011年01月22日 12:49
>りおさん
なんかメジャーすぎて近寄りがたい存在というか、動物に遠慮してどうすんだって感じですがw。
とにかく国内のラッコ展示が減ってきているので、今見とかないと、撮っとかないと後悔するぞ、みたいなちょっとした危機感が芽生えています。
減点大好きママ | 2011年01月22日 16:37
こんにちは。こちらには初めて書き込ませて頂きます、減点大好きママと申します。
いつも楽しいHPを有難うございます。

本日の朝日新聞朝刊33面に、旭酒造さんの話題が出ていました。
横浜市の福祉施設が、旭酒造さんから酒かすを仕入れて「獺祭・バニラクッキー」を製造・販売しているそうです。人気商品なのだとか。
既にご存知でしたらすみません。個人的にはとても驚いたので、ついこちらに書き込んじゃいました。(^^;
jsato@otterhaus | 2011年01月23日 22:32
>減点大好きママさん
こちらこそ、いつもありがとうございます。
獺祭バニラクッキーですか!たしかにびっくり。
酔っぱらいそうなクッキーです♪

獺祭の旭酒造さんのページにも出てますね。
http://asahishuzo.ne.jp/info/item_1222.html

当分、酒粕が恋しい季節が続きます。
Rei | 2011年01月24日 22:46
先生!週末に上野動物園に行ったら、
以前ユーラシアカワウソの檻に併設してあった
水のトンネルから水が抜かれ、アナグマの展示に
変わっておりました!

そしてさらに!その檻にはユーラシアカワウソ1匹
(ミーちゃん)、アナグマ2匹、そしてハクビシン2匹という
3種混合展示というめったに無い展示方法で展示されて
おりました・・・水のトンネルが無くなっててがっかり。
でもミーちゃんはあまりあの水のトンネルの中に
入りたがらない個体だったので仕方ないのかなあ。

あ、コツメのアミン達はマレー熊と一緒の場所で
相変わらずうきゃうきゃしておりましたよ。
jsato@otterhaus | 2011年01月26日 10:03
>Reiさん
だそうですね。なにしろミーちゃん泳がないので、単なる水槽になってるよりは新しい試みがあってもいいのではないでしょうか。それにしても臆病なアナグマ、手前まで出てくるかなあ。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 

おやすみ前にこの一冊・・・
160px_kawauso_book
東京書籍刊『カワウソ』をお買い上げくださいましてありがとうございます。おかげさまですでに3刷!

「カワウソなび」の最新情報はこちらをどうぞ↓


Where captive otters live in Japan.

 Otter holding facilities in Japan

佐藤淳一リアルタイム
最新の写真は flickr | Otterhaus で公開中。たまにカワウソも。

Created with flickr badge.




コメントありがとうございます。
すべてにリプライできなくてごめんなさい ↓

最新コメント
動物園・水族館・生息地

[動物園・水族館・生息地ごとの記事アーカイブ。カワウソ中心ですが、たまにほかの動物も出ます]

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
記事検索
タグ絞り込み検索
Junichi SATO

self portrait

[佐藤淳一]1963年生まれ。土木構造物と動物という、かけ離れた領域を行き来するあまり類を見ない写真作家。上の写真はベルリン地下鉄の駅の壁に貼ってあった「ハンケンスビュッテルかわうそセンター」のポスターを撮ったもの(2005年)。意図せず自分も写り込んでしまったので、公式セルフポートレートに認定。光学的にカワウソと一体化しています。

キュイキュイ書房
カワウソ本とカワウソグッズの密林セレクトショップ♪

かわうそ店長、意外にハマります。すでに4巻まで出てるよ。

かわうその自転車屋さん 1 (芳文社コミックス)
かわうその自転車屋さん 1 (芳文社コミックス) [コミック]

こやまけいこ
芳文社
2014-10-16


酒ケーキもいいんだけど、せんべいの方がもっといいよ獺祭。

旭酒造 獺祭 煎餅 だっさい せんべい 山田錦の砕米で作りました 30枚入り
旭酒造 獺祭 煎餅 だっさい せんべい 山田錦の砕米で作りました 30枚入り [その他]
旭酒造


世界13種のカワウソが網羅されているすばらしい入門書が出ました。写真もいっぱい!

Otters of the World
Otters of the World


ハンザのぬいぐるみが各種、買えるようになってますよ。
カワウソ No.3320
カワウソ No.3320 [おもちゃ&ホビー]


フィギュアはシュライヒが造りがいいですね。
Schleich シュライヒ カワウソ
Schleich シュライヒ カワウソ


かわうそ3きょうだい そらをゆく (にじいろえほん)
かわうそ3きょうだい そらをゆく (にじいろえほん)


かわうそ3きょうだいのふゆのあさ (えほんひろば)
かわうそ3きょうだいのふゆのあさ (えほんひろば)


かわうそ3きょうだい (えほんひろば)
かわうそ3きょうだい (えほんひろば)


空がレースにみえるとき (ほるぷ海外秀作絵本)
空がレースにみえるとき (ほるぷ海外秀作絵本)


ぼく、およげないの
ぼく、およげないの


ニホンカワウソ―絶滅に学ぶ保全生物学
ニホンカワウソ―絶滅に学ぶ保全生物学


Otter (Animal)
Otter (Animal)


Otters: Ecology, Behaviour And Conservation (Oxford Biology)
Otters: Ecology, Behaviour And Conservation (Oxford Biology)


カワウソと暮らす (富山房百科文庫 (34))
カワウソと暮らす (富山房百科文庫 (34))


The Ring of Bright Water Trilogy: Ring of Bright Water, The Rocks Remain, Raven Seek Thy Brother
The Ring of Bright Water Trilogy: Ring of Bright Water, The Rocks Remain, Raven Seek Thy Brother


椋鳩十全集〈20〉カワウソの海
椋鳩十全集〈20〉カワウソの海


ガンバとカワウソの冒険 (岩波少年文庫)
ガンバとカワウソの冒険 (岩波少年文庫)


河合雅雄の動物記〈2〉カワウソ流氷の旅
河合雅雄の動物記〈2〉カワウソ流氷の旅

・・・
わたしの本も、ついでにいかがでしょう?


カワウソ

おそらく日本初の、カワウソだけ写真集


ドボク・サミット
ドボク・サミット

みんなで作ったドボク本



恋する水門―FLOODGATES

一家に一冊!世界初の水門写真集


新版 電脳の教室
新版 電脳の教室
こういうのもあります


  • ライブドアブログ
Das Otterhaus 【カワウソ舎】