Das Otterhaus 【カワウソ舎】

生きることは、見ること。写真作家・佐藤淳一が動物園水族館と生息地を訪ねます。カワウソがいてもいなくてもひたすら訪ねます。

白浜カワウソ・場所交代キュ

ふたたびアドベンチャーワールドのコツメカワウソ。ハッサクとポンカンにいったい何が?

110425_01
びゃっ!


110425_02
アドベンチャーワールドのふれあい広場のカワウソ放飼場は、こんな不思議な形をしています。もともと六角形に作られた場所を、中でふたつに区切ってあるんです。この日は最初、写真の手前側の半分にミカン、ハッサク&ポンカンが、奥の半分にアンギラスとピグモンがいました。右手のちっちゃいログハウスみたいのは育児用です。


110425_03
お食事タイムのあと、キーパーさんがケージを持って放飼場へ乱入!実はこのふたつのグループの場所を入れ替えようという作戦なのであった。ケージに入れられるとも知らずに、ハッサクポンカンは楽しそう。


110425_04
ここでこどもたちの危険を察知したのか、ミカンお母さんが登場。さっきのごはんタイムでは呼ばれても出てこなかったのに。わかうそは好奇心からケージに自発的に入り込んでいますが、お母さんはむしろそれを阻止します。


110425_05
「ついてったらダメよ!」


110425_06
あなたたち、入ってちょうだい。


110425_07
ミカンお母さんのガードは堅いのであった。


110425_08
お、入りそう!


110425_09
と思ったらお母さんが逃がし、安全な場所で遊ばせます。


110425_10
「ここに入ったらどこか遠い遠いところに連れていかれるんだからね」「?」


ここで二人のキーパーさんは、ミカンを切り離す作戦に出ました。


110425_11
ミカンはだっこされて放飼場の外へ。様子を見に集まってたお客さんに取り囲まれて、臨時ふれあいタイムにw。


お母さんから切り離されたわかうそたちはというと、あっという間に捕まってケージに入れられます。そしてアンギラスとピグモンが反対側に移動。


110425_12
ハッサクポンカンを入れたケージを別の側に運んで、ほれ出なさい!


110425_13
なんだなんだ。


110425_14
お母さんを添えて作戦完了です。結構たいへんな作業でした。


110425_15
今までピグモンたちがいたこっち側の方が、いろいろとファシリティが充実しています。さっそく破壊活動開始。


110425_16
お母さんは気が気ではありませんね。


110425_17
プールもこっち側が深い。わかうそたちは初めて深いところで泳いだそうですが、ぜんぜん普通に泳いでます。


110425_18
反対側に移ったアンギラスとピグモン。ちょっとヒマそう。

Trackback

Comment

fayrey | 評価 5 | 2011年04月26日 00:55
ぷぷぷ(笑)
そうですよね。人間なら「これから引越し。車に乗って、違う所に移動」って知ってますが。

何も知らずに箱に入れられそうになったら、オカンとしては「なにすんねん!うちの子に!」になりますよねw

・・・イイナァ。臨時ふれあいタイム♥
jsato@otterhaus | 2011年04月26日 18:48
>fayreyさん
まさかすぐ隣に引っ越すとは思ってないですからね。ミカンおかん、こどもたちをくわえて移動させようとしてました。もう持ち上げるの絶対無理〜な大きさなのに。
Rei | 2011年04月26日 22:41
シトラス・コツメ・ファミリーですね。
はっさく&ぽんかんという響きがなんとも素敵。
でもみかんお母さんの気苦労は絶えない所は
人間のお母さんも大して変わらないかも・・・
寝てる姿はコツメも人間も可愛いのですが(笑)
jsato@otterhaus | 2011年04月26日 23:22
>Reiさん
柑橘系はいるは、ウルトラ怪獣はいるは、ガンダム系はいるは、多彩なネーミングがアドベンの魅力です(それだけコツメがいっぱいいる!)

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 

おやすみ前にこの一冊・・・
160px_kawauso_book
東京書籍刊『カワウソ』をお買い上げくださいましてありがとうございます。おかげさまですでに3刷!

「カワウソなび」の最新情報はこちらをどうぞ↓


Where captive otters live in Japan.

 Otter holding facilities in Japan

佐藤淳一リアルタイム
最新の写真は flickr | Otterhaus で公開中。たまにカワウソも。

Created with flickr badge.




コメントありがとうございます。
すべてにリプライできなくてごめんなさい ↓

最新コメント
動物園・水族館・生息地

[動物園・水族館・生息地ごとの記事アーカイブ。カワウソ中心ですが、たまにほかの動物も出ます]

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
記事検索
タグ絞り込み検索
Junichi SATO

self portrait

[佐藤淳一]1963年生まれ。土木構造物と動物という、かけ離れた領域を行き来するあまり類を見ない写真作家。上の写真はベルリン地下鉄の駅の壁に貼ってあった「ハンケンスビュッテルかわうそセンター」のポスターを撮ったもの(2005年)。意図せず自分も写り込んでしまったので、公式セルフポートレートに認定。光学的にカワウソと一体化しています。

キュイキュイ書房
カワウソ本とカワウソグッズの密林セレクトショップ♪

かわうそ店長、意外にハマります。すでに4巻まで出てるよ。

かわうその自転車屋さん 1 (芳文社コミックス)
かわうその自転車屋さん 1 (芳文社コミックス) [コミック]

こやまけいこ
芳文社
2014-10-16


酒ケーキもいいんだけど、せんべいの方がもっといいよ獺祭。

旭酒造 獺祭 煎餅 だっさい せんべい 山田錦の砕米で作りました 30枚入り
旭酒造 獺祭 煎餅 だっさい せんべい 山田錦の砕米で作りました 30枚入り [その他]
旭酒造


世界13種のカワウソが網羅されているすばらしい入門書が出ました。写真もいっぱい!

Otters of the World
Otters of the World


ハンザのぬいぐるみが各種、買えるようになってますよ。
カワウソ No.3320
カワウソ No.3320 [おもちゃ&ホビー]


フィギュアはシュライヒが造りがいいですね。
Schleich シュライヒ カワウソ
Schleich シュライヒ カワウソ


かわうそ3きょうだい そらをゆく (にじいろえほん)
かわうそ3きょうだい そらをゆく (にじいろえほん)


かわうそ3きょうだいのふゆのあさ (えほんひろば)
かわうそ3きょうだいのふゆのあさ (えほんひろば)


かわうそ3きょうだい (えほんひろば)
かわうそ3きょうだい (えほんひろば)


空がレースにみえるとき (ほるぷ海外秀作絵本)
空がレースにみえるとき (ほるぷ海外秀作絵本)


ぼく、およげないの
ぼく、およげないの


ニホンカワウソ―絶滅に学ぶ保全生物学
ニホンカワウソ―絶滅に学ぶ保全生物学


Otter (Animal)
Otter (Animal)


Otters: Ecology, Behaviour And Conservation (Oxford Biology)
Otters: Ecology, Behaviour And Conservation (Oxford Biology)


カワウソと暮らす (富山房百科文庫 (34))
カワウソと暮らす (富山房百科文庫 (34))


The Ring of Bright Water Trilogy: Ring of Bright Water, The Rocks Remain, Raven Seek Thy Brother
The Ring of Bright Water Trilogy: Ring of Bright Water, The Rocks Remain, Raven Seek Thy Brother


椋鳩十全集〈20〉カワウソの海
椋鳩十全集〈20〉カワウソの海


ガンバとカワウソの冒険 (岩波少年文庫)
ガンバとカワウソの冒険 (岩波少年文庫)


河合雅雄の動物記〈2〉カワウソ流氷の旅
河合雅雄の動物記〈2〉カワウソ流氷の旅

・・・
わたしの本も、ついでにいかがでしょう?


カワウソ

おそらく日本初の、カワウソだけ写真集


ドボク・サミット
ドボク・サミット

みんなで作ったドボク本



恋する水門―FLOODGATES

一家に一冊!世界初の水門写真集


新版 電脳の教室
新版 電脳の教室
こういうのもあります


  • ライブドアブログ
Das Otterhaus 【カワウソ舎】