Das Otterhaus 【カワウソ舎】

生きることは、見ること。写真作家・佐藤淳一が動物園水族館と生息地を訪ねます。カワウソがいてもいなくてもひたすら訪ねます。

上野カワウソ・今週のチロルさん

上野動物園に避難中のユーラシアカワウソ、チロルとドナウ。アクアマリンふくしまは現在、7月15日の仮オープンを目指して懸命な復旧作業が進んでいるので、2頭もいつまでもここにいるってわけじゃないよ。みんな今のうちに会いに行こう!上野に行ったらパンダなんか見てる場合ではないと思う。まあパンダのついででもいいんだけど。

110602_01
今回は比較的じっくり撮れたので、個体識別ができました。現場では怪しかったが、写真と記録を突き合わせてどうにかできた。というわけで、まずはチロル特集。ドナウは次回ね。


110602_02
起きてひと泳ぎ。


110602_03
ぷかぷかドナウの下をすい〜っと抜けて、


110602_04
朝ごはん!
[朝ごはんは10:30ごろです。日によって変わることがあります]


110602_05



110602_06
おいしそうです。


110602_07
食った食った。昼寝しようかしら。


110602_08
ぷかぷか。


110602_09
ぷかぷかしているうちにお気に入りの奥の巣穴をドナウに取られてしまった。仕方なくお客さんに近い丸太の中で昼寝することに。


110602_10
覗いちゃいや。


110602_11
あっという間に夕ごはん(その間ずーっと寝てましたw)。
[夕ごはんは15:30ごろです。日によって変わることがあります]


110602_12
なによー。


110602_13
夕方、お客さんが少なくなると活発になるようです。何度もフェンスぎわにやって来ます。


110602_14
基本的に「体が細くて目が小さい方」がチロルなんですが、写真に撮ると角度によってはわかんなくなっちゃうので困ってました。今回よく観察したら、鼻の下の毛の黒い部分の形が微妙に違うことがわかった(8枚目のぷかぷか写真参照)。これでアフター識別率がかなり上昇します。


110602_15
コツメみたいに撮れた。キュイキュイ言いそうw


次回ドナウ特集です。お楽しみに!

Trackback

Comment

yumi | 2011年06月03日 15:51
AMFの復興ブログで彼らの住処がきれいに掃除されているのを見ました。
確かに上野行ったらパンダ見てる場合じゃないですね。
たぶん行けないけど・・・
jsato@otterhaus | 2011年06月03日 17:40
>yumiさん
これですね。はやく帰っておいで、って言われちゃってるw。
http://blogs.yahoo.co.jp/fukushimaaqua/archive/2011/05/27
上野では、AMFではぜったい撮れない写真が撮れるので、申し訳ないけどカワウソ写真家としてはこの機会は無駄にできんなあと思ってしまいます。AMFの展示も、もう少しカワウソとの距離が近くなってくれればいいんですが・・・もちろん今は復旧優先なので、そんなこと言ってる場合じゃないですね。
犬嶋犬雄 | 評価 5 | 2011年06月03日 19:57
なんだか、この子はイケメンですな。かわいいのう。
くまがい | 2011年06月04日 16:45
行ってきましたよ、上野!
会えたのはチロルだけでしたけれど。(やっぱり、偽木の中で寝てましたが)
寝てる姿だけでも、生きていてくれてうれしかったです。
泳ぐ姿は、(水の中だからでしょうか)メスなのに思ったよりも大きいですね。
 例の3種混合飼育の中で、粗雑に仮飼育されているのかと不安でしたが、ちゃんと彼らだけの専用展示になっていました。
結構、お客さんたちにもカワウソは人気ではないですか!?
アクアマリンの復興が意外に早まりそうなので、見に行くのは今の内ですね。

ふっふっふ・・・ある計画を本気で進めなければならないぞ。

ゆうこ | URL | 2011年06月04日 19:34
チロルの写真、どれも可愛すぎですっ!!

私もやっと上野に会いに行けました。
パンダ見てる場合じゃないのは同感です(笑)
パンダも可愛いですけどね。
jsato@otterhaus | 2011年06月05日 00:53
>犬嶋犬雄さん
確かにイケメンなんですが、残念ながら♀なんですよ・・・

>くまがいさん
いやもう、ほんっとによくぞよくぞ生き残ってくれたもんだと。上野でチロルに再会した時は涙が出そうになりました。なにしろパンダ見た人たちがどど〜っとカワウソに流れてくるので、結果的にかなりの人気スポットになってますね。
「ある計画」っすか???大いに気になるところです。何だか想像もつきませんが、楽しみにしてます!

>ゆうこさん
会いにいらっしゃいましたか!
わたしの場合、パンダを見るのは他のひとにまかせることにしてます。でもチラ見は結構しましたw。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 

おやすみ前にこの一冊・・・
160px_kawauso_book
東京書籍刊『カワウソ』をお買い上げくださいましてありがとうございます。おかげさまですでに3刷!

「カワウソなび」の最新情報はこちらをどうぞ↓


Where captive otters live in Japan.

 Otter holding facilities in Japan

佐藤淳一リアルタイム
最新の写真は flickr | Otterhaus で公開中。たまにカワウソも。

Created with flickr badge.




コメントありがとうございます。
すべてにリプライできなくてごめんなさい ↓

最新コメント
動物園・水族館・生息地

[動物園・水族館・生息地ごとの記事アーカイブ。カワウソ中心ですが、たまにほかの動物も出ます]

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
記事検索
タグ絞り込み検索
Junichi SATO

self portrait

[佐藤淳一]1963年生まれ。土木構造物と動物という、かけ離れた領域を行き来するあまり類を見ない写真作家。上の写真はベルリン地下鉄の駅の壁に貼ってあった「ハンケンスビュッテルかわうそセンター」のポスターを撮ったもの(2005年)。意図せず自分も写り込んでしまったので、公式セルフポートレートに認定。光学的にカワウソと一体化しています。

キュイキュイ書房
カワウソ本とカワウソグッズの密林セレクトショップ♪

かわうそ店長、意外にハマります。すでに4巻まで出てるよ。

かわうその自転車屋さん 1 (芳文社コミックス)
かわうその自転車屋さん 1 (芳文社コミックス) [コミック]

こやまけいこ
芳文社
2014-10-16


酒ケーキもいいんだけど、せんべいの方がもっといいよ獺祭。

旭酒造 獺祭 煎餅 だっさい せんべい 山田錦の砕米で作りました 30枚入り
旭酒造 獺祭 煎餅 だっさい せんべい 山田錦の砕米で作りました 30枚入り [その他]
旭酒造


世界13種のカワウソが網羅されているすばらしい入門書が出ました。写真もいっぱい!

Otters of the World
Otters of the World


ハンザのぬいぐるみが各種、買えるようになってますよ。
カワウソ No.3320
カワウソ No.3320 [おもちゃ&ホビー]


フィギュアはシュライヒが造りがいいですね。
Schleich シュライヒ カワウソ
Schleich シュライヒ カワウソ


かわうそ3きょうだい そらをゆく (にじいろえほん)
かわうそ3きょうだい そらをゆく (にじいろえほん)


かわうそ3きょうだいのふゆのあさ (えほんひろば)
かわうそ3きょうだいのふゆのあさ (えほんひろば)


かわうそ3きょうだい (えほんひろば)
かわうそ3きょうだい (えほんひろば)


空がレースにみえるとき (ほるぷ海外秀作絵本)
空がレースにみえるとき (ほるぷ海外秀作絵本)


ぼく、およげないの
ぼく、およげないの


ニホンカワウソ―絶滅に学ぶ保全生物学
ニホンカワウソ―絶滅に学ぶ保全生物学


Otter (Animal)
Otter (Animal)


Otters: Ecology, Behaviour And Conservation (Oxford Biology)
Otters: Ecology, Behaviour And Conservation (Oxford Biology)


カワウソと暮らす (富山房百科文庫 (34))
カワウソと暮らす (富山房百科文庫 (34))


The Ring of Bright Water Trilogy: Ring of Bright Water, The Rocks Remain, Raven Seek Thy Brother
The Ring of Bright Water Trilogy: Ring of Bright Water, The Rocks Remain, Raven Seek Thy Brother


椋鳩十全集〈20〉カワウソの海
椋鳩十全集〈20〉カワウソの海


ガンバとカワウソの冒険 (岩波少年文庫)
ガンバとカワウソの冒険 (岩波少年文庫)


河合雅雄の動物記〈2〉カワウソ流氷の旅
河合雅雄の動物記〈2〉カワウソ流氷の旅

・・・
わたしの本も、ついでにいかがでしょう?


カワウソ

おそらく日本初の、カワウソだけ写真集


ドボク・サミット
ドボク・サミット

みんなで作ったドボク本



恋する水門―FLOODGATES

一家に一冊!世界初の水門写真集


新版 電脳の教室
新版 電脳の教室
こういうのもあります


  • ライブドアブログ
Das Otterhaus 【カワウソ舎】