Das Otterhaus 【カワウソ舎】

生きることは、見ること。写真作家・佐藤淳一が動物園水族館と生息地を訪ねます。カワウソがいてもいなくてもひたすら訪ねます。

上野カワウソ・今週のドナウ

お待たせしました。アクアマリンふくしまから上野動物園へ避難中のカワウソペアの様子をお知らせするシリーズ、ドナウ編です。結論から言いますと、ドナウってなかなかの役者ですよ。

110603_01
ぷかぷかえっへん。


110603_02
まずは朝ごはん!


110603_03



110603_04
食べながら泳ぎます。つくづくキャラ立ちのするお顔。


110603_05
食後の休憩。丸太の中で。



ここまでが午前中のドナウです。次に彼の姿が見られたのは6時間後でした。ほとんど動物園水族館の動物とは思えない挙動ですが、それをずっと待ってた自分もかなりなもんだと思うw。まあカワウソとつきあうってのはそんなもんでしょ。



110603_06
起きたぜぇ〜!


110603_07
フンフン。


110603_08
おはよっ♪


もうすぐ閉園なんだけどね。



110603_09
さあて、いっちょ魚でも食うか。


何ともいい気なもんですが、そういうキャラと考えたらいいんだわドナウは。ババリア生まれのおっさんカワウソw。彼のミュンヘンでの名前、イグナツってのは、ババリアに多い名前なんだそうな。



110603_10
アジ見っけ!(キーパーさんが置いてったもの。ドナウが起きてこないので)


110603_11
他にないのか?


110603_12
おお、こんなところに肉もあるぜ♪


この調子だと、ビール持ってこいとか言いそうです。



110603_13
食った食った!


110603_15
ちょっとドナウの顔を観察してみましょう。言うまでもないことですが、チロルより目がでかいです。ぬいぐるみみたいなメリハリのある顔してます。鼻の下の白い毛と黒い毛の境目のパターンがチロルと違うので、この角度から撮ったものを後で見ても判別可能ですね。


110603_14
よっこらしょっと。


110603_16
食後の運動ですか?


110603_17
おお、フェンスぎわにも来るんだったのか。


というわけで、ドナウはいろいろやってくれそうなやつだということがようやく見てきました。しかし、もう閉園時間なので今日のところはおしまい。

さあて、上野であと何回撮れるかなぁ。もちろんアクアマリンは早く復旧してほしいけど、こいつらが向こうに帰っちゃうと、アクアマリンえっぐの水槽ではこんな撮り方はできないんだよなあ。

Trackback

Comment

あみ | URL | 2011年06月04日 22:41
ふくしまのカワウソ達元気そうでよかったです!
チロルはかなり黒ムギュですねw
ドナウはビックリしたような表情がかわいい!
jsato@otterhaus | 2011年06月05日 01:07
>あみさん
だいぶ慣れてきた感じでしょうか。
ドナウはたしかにびっくり顔ですが、気を抜くとタヌキ系(本物のじゃなくて、戯画化されたタヌキ)の顔なんですよね。2頭ともムギュを強調して見せるには、かなり下から見上げる角度で撮らないとダメみたいです。
カシワヤ | URL | 2011年06月05日 03:55
おはようございます。
チロルとドナウが来るまで、まさか上野で「見やすい」「撮りやすい」
などという台詞が出るとは夢にも思いませんでした。
犬嶋犬雄 | 評価 5 | 2011年06月06日 11:56
あら、こちらはまた愛嬌のある顔ですね。かわいいなぁ。
やよい | 2011年06月06日 19:49
ところで、鳥羽水族館で↓なイベントがあるようですね。
http://iseshima.keizai.biz/headline/1153/
やっぱり伊勢海老、奮発したくなります?
jsato@otterhaus | 2011年06月09日 00:31
>カシワヤさん
まったくです。

>犬嶋犬雄さん
こっちが♂です。

>やよいさん
伊勢海老www
でかい伊勢海老vsコツメだと、かつてのハブとマングースショーみたいな微妙なテイストになってしまわないか、ちょっと心配です。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 

おやすみ前にこの一冊・・・
160px_kawauso_book
東京書籍刊『カワウソ』をお買い上げくださいましてありがとうございます。おかげさまですでに3刷!

「カワウソなび」の最新情報はこちらをどうぞ↓


Where captive otters live in Japan.

 Otter holding facilities in Japan

佐藤淳一リアルタイム
最新の写真は flickr | Otterhaus で公開中。たまにカワウソも。

Created with flickr badge.




コメントありがとうございます。
すべてにリプライできなくてごめんなさい ↓

最新コメント
動物園・水族館・生息地

[動物園・水族館・生息地ごとの記事アーカイブ。カワウソ中心ですが、たまにほかの動物も出ます]

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
記事検索
タグ絞り込み検索
Junichi SATO

self portrait

[佐藤淳一]1963年生まれ。土木構造物と動物という、かけ離れた領域を行き来するあまり類を見ない写真作家。上の写真はベルリン地下鉄の駅の壁に貼ってあった「ハンケンスビュッテルかわうそセンター」のポスターを撮ったもの(2005年)。意図せず自分も写り込んでしまったので、公式セルフポートレートに認定。光学的にカワウソと一体化しています。

キュイキュイ書房
カワウソ本とカワウソグッズの密林セレクトショップ♪

かわうそ店長、意外にハマります。すでに4巻まで出てるよ。

かわうその自転車屋さん 1 (芳文社コミックス)
かわうその自転車屋さん 1 (芳文社コミックス) [コミック]

こやまけいこ
芳文社
2014-10-16


酒ケーキもいいんだけど、せんべいの方がもっといいよ獺祭。

旭酒造 獺祭 煎餅 だっさい せんべい 山田錦の砕米で作りました 30枚入り
旭酒造 獺祭 煎餅 だっさい せんべい 山田錦の砕米で作りました 30枚入り [その他]
旭酒造


世界13種のカワウソが網羅されているすばらしい入門書が出ました。写真もいっぱい!

Otters of the World
Otters of the World


ハンザのぬいぐるみが各種、買えるようになってますよ。
カワウソ No.3320
カワウソ No.3320 [おもちゃ&ホビー]


フィギュアはシュライヒが造りがいいですね。
Schleich シュライヒ カワウソ
Schleich シュライヒ カワウソ


かわうそ3きょうだい そらをゆく (にじいろえほん)
かわうそ3きょうだい そらをゆく (にじいろえほん)


かわうそ3きょうだいのふゆのあさ (えほんひろば)
かわうそ3きょうだいのふゆのあさ (えほんひろば)


かわうそ3きょうだい (えほんひろば)
かわうそ3きょうだい (えほんひろば)


空がレースにみえるとき (ほるぷ海外秀作絵本)
空がレースにみえるとき (ほるぷ海外秀作絵本)


ぼく、およげないの
ぼく、およげないの


ニホンカワウソ―絶滅に学ぶ保全生物学
ニホンカワウソ―絶滅に学ぶ保全生物学


Otter (Animal)
Otter (Animal)


Otters: Ecology, Behaviour And Conservation (Oxford Biology)
Otters: Ecology, Behaviour And Conservation (Oxford Biology)


カワウソと暮らす (富山房百科文庫 (34))
カワウソと暮らす (富山房百科文庫 (34))


The Ring of Bright Water Trilogy: Ring of Bright Water, The Rocks Remain, Raven Seek Thy Brother
The Ring of Bright Water Trilogy: Ring of Bright Water, The Rocks Remain, Raven Seek Thy Brother


椋鳩十全集〈20〉カワウソの海
椋鳩十全集〈20〉カワウソの海


ガンバとカワウソの冒険 (岩波少年文庫)
ガンバとカワウソの冒険 (岩波少年文庫)


河合雅雄の動物記〈2〉カワウソ流氷の旅
河合雅雄の動物記〈2〉カワウソ流氷の旅

・・・
わたしの本も、ついでにいかがでしょう?


カワウソ

おそらく日本初の、カワウソだけ写真集


ドボク・サミット
ドボク・サミット

みんなで作ったドボク本



恋する水門―FLOODGATES

一家に一冊!世界初の水門写真集


新版 電脳の教室
新版 電脳の教室
こういうのもあります


  • ライブドアブログ
Das Otterhaus 【カワウソ舎】