Das Otterhaus 【カワウソ舎】

生きることは、見ること。写真作家・佐藤淳一が動物園水族館と生息地を訪ねます。カワウソがいてもいなくてもひたすら訪ねます。

上野カワウソ・今週のチロル&ドナウ(5)

上野動物園に避難中のチロルとドナウ、今週の様子をお伝えします。上野での避難生活も、残りあとわずか。

110629_01
あっついねえ。この日の上野動物園は35℃(!)を越えてました。


110629_02
今週も2頭まとめて1本にしたのは、よいショットが少ないこともありますが、2頭でべたべたしているショットが多くて分離できなくなっちゃった、というのもあります。


110629_03
激しく魚を食べるドナウ。


110629_04
えさをもらうときは2頭交互にやって来ます。ドナウ(左)はその場で食べることが多いのに対し、チロル(右)はさっと取って安心できるところまで移動して食べるのが好きなようです。


110629_05
魚をもらうタイミングを見計らっているところ。


110629_06
お客さんに愛嬌をふりまくドナウ。


110629_07
うなぎドナウ。


110629_08
あ、泡で輪っか作ってる!

もし意図的にやったとすると、バブルリングを作るスナメリみたいに人気者になる可能性がありますが、全くのまぐれなのでたぶん無理。


110629_09
イタチみたいなチロル。


110629_10
フェレットみたいなドナウ。


110629_11
35℃ですよ35℃。ほとんど溶けそうです。水の中がうらやましい。


110629_12
ドナウは暑すぎて沈没しかかってます。しっかりしろ!


110629_13
お魚もらった〜♪

夕方になってだいぶしのぎやすくなりましたが、カワウソ舎はぐっと暗くなって撮影はキツくなります。


110629_14
薄暗くなって涼しくなると、地上での動きが活発になりますね。


110629_15
もうすぐそれに入って帰るんだよ。

移動が近いので、今日から移動用ケージが入れられてます。慣らすためですが、基本的に新しいものが現われると興味津々なので、むしろ入りたそうにしています。


110629_16
ドナウどアップ。


110629_17
えっへん。


110629_18
入ってますよチロル。


110629_19
チロルはやっぱりシリアス顔。絶対に冗談とか言わないタイプです。

さあて、来週はどうなってるかな?

Trackback

Comment

猫が好き♪ | URL | 2011年07月01日 19:20
 あー・・・やっぱそろそろ福島に帰っちゃうんですねえ(=・_・、=)。いや、帰れるようになってよかったねって言ってあげるべきなのかもしれないんですがー(=・_・、=)(ご本人たちにとってはどうでもいいことのような気がしなくもないが(=^_^;=))。
あみ | URL | 2011年07月01日 23:02
チロルとドナウ仲良しですねぇ♪
うなぎやバブルリングも楽しすぎ!

福島戻ったら上野のユーラシアどうなるんですかねぇ。
みーちゃん復活?元気にしてるのかなぁ?
jsato@otterhaus | 2011年07月02日 23:49
>猫が好き♪さん
本人たち基準で考えたら、そもそも日本に来たこと自体が微妙、ってことになりそうですから、できる限りあたたかく見守ってあげたくなるんですよね。

>あみさん
バブルリング、もしちゃんとできたらすごい話題になりそうですね。
ミーちゃんはバックで元気に暮らしているそうですよ。でもむしろ広い放飼場に出た方が健康によいそうなので、チロドナが帰ったら復帰になるのでは?
ottermania | 2013年12月04日 12:44
Beautiful photos. So cute!!
jsato@otterhaus | 2013年12月06日 23:28
Dear ottermania,
Thanks for coming and your cheerful comment! Hope you keep visiting here.

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 

おやすみ前にこの一冊・・・
160px_kawauso_book
東京書籍刊『カワウソ』をお買い上げくださいましてありがとうございます。おかげさまですでに3刷!

「カワウソなび」の最新情報はこちらをどうぞ↓


Where captive otters live in Japan.

 Otter holding facilities in Japan

佐藤淳一リアルタイム
最新の写真は flickr | Otterhaus で公開中。たまにカワウソも。

Created with flickr badge.




コメントありがとうございます。
すべてにリプライできなくてごめんなさい ↓

最新コメント
動物園・水族館・生息地

[動物園・水族館・生息地ごとの記事アーカイブ。カワウソ中心ですが、たまにほかの動物も出ます]

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
記事検索
タグ絞り込み検索
Junichi SATO

self portrait

[佐藤淳一]1963年生まれ。土木構造物と動物という、かけ離れた領域を行き来するあまり類を見ない写真作家。上の写真はベルリン地下鉄の駅の壁に貼ってあった「ハンケンスビュッテルかわうそセンター」のポスターを撮ったもの(2005年)。意図せず自分も写り込んでしまったので、公式セルフポートレートに認定。光学的にカワウソと一体化しています。

キュイキュイ書房
カワウソ本とカワウソグッズの密林セレクトショップ♪

かわうそ店長、意外にハマります。すでに4巻まで出てるよ。

かわうその自転車屋さん 1 (芳文社コミックス)
かわうその自転車屋さん 1 (芳文社コミックス) [コミック]

こやまけいこ
芳文社
2014-10-16


酒ケーキもいいんだけど、せんべいの方がもっといいよ獺祭。

旭酒造 獺祭 煎餅 だっさい せんべい 山田錦の砕米で作りました 30枚入り
旭酒造 獺祭 煎餅 だっさい せんべい 山田錦の砕米で作りました 30枚入り [その他]
旭酒造


世界13種のカワウソが網羅されているすばらしい入門書が出ました。写真もいっぱい!

Otters of the World
Otters of the World


ハンザのぬいぐるみが各種、買えるようになってますよ。
カワウソ No.3320
カワウソ No.3320 [おもちゃ&ホビー]


フィギュアはシュライヒが造りがいいですね。
Schleich シュライヒ カワウソ
Schleich シュライヒ カワウソ


かわうそ3きょうだい そらをゆく (にじいろえほん)
かわうそ3きょうだい そらをゆく (にじいろえほん)


かわうそ3きょうだいのふゆのあさ (えほんひろば)
かわうそ3きょうだいのふゆのあさ (えほんひろば)


かわうそ3きょうだい (えほんひろば)
かわうそ3きょうだい (えほんひろば)


空がレースにみえるとき (ほるぷ海外秀作絵本)
空がレースにみえるとき (ほるぷ海外秀作絵本)


ぼく、およげないの
ぼく、およげないの


ニホンカワウソ―絶滅に学ぶ保全生物学
ニホンカワウソ―絶滅に学ぶ保全生物学


Otter (Animal)
Otter (Animal)


Otters: Ecology, Behaviour And Conservation (Oxford Biology)
Otters: Ecology, Behaviour And Conservation (Oxford Biology)


カワウソと暮らす (富山房百科文庫 (34))
カワウソと暮らす (富山房百科文庫 (34))


The Ring of Bright Water Trilogy: Ring of Bright Water, The Rocks Remain, Raven Seek Thy Brother
The Ring of Bright Water Trilogy: Ring of Bright Water, The Rocks Remain, Raven Seek Thy Brother


椋鳩十全集〈20〉カワウソの海
椋鳩十全集〈20〉カワウソの海


ガンバとカワウソの冒険 (岩波少年文庫)
ガンバとカワウソの冒険 (岩波少年文庫)


河合雅雄の動物記〈2〉カワウソ流氷の旅
河合雅雄の動物記〈2〉カワウソ流氷の旅

・・・
わたしの本も、ついでにいかがでしょう?


カワウソ

おそらく日本初の、カワウソだけ写真集


ドボク・サミット
ドボク・サミット

みんなで作ったドボク本



恋する水門―FLOODGATES

一家に一冊!世界初の水門写真集


新版 電脳の教室
新版 電脳の教室
こういうのもあります


  • ライブドアブログ
Das Otterhaus 【カワウソ舎】