Das Otterhaus 【カワウソ舎】

生きることは、見ること。写真作家・佐藤淳一が動物園水族館と生息地を訪ねます。カワウソがいてもいなくてもひたすら訪ねます。

埼玉ペンギンヒルズ!

[ World's largest Penguin exhibition opened this year at Saitama Children's Zoo. The exhibition is modeled on Chiloe Island Punihuil reservation in Chile, where is known as the southern limit habitat of Humboldt Penguin. ]

111204_01
今日は市民ZOOネットワークのエンリッチメント大賞の表彰式に行ってきた(とべ動物園の椎名さんと握手しちゃったあ♪)のだけど、その今年のエンリッチメント施設賞に輝く、埼玉県こども動物自然公園(SCZ)のペンギンヒルズを先日、見てきたのでご紹介。


111204_02
見るからに広い。これでもまだ全体の半分。


111204_03
広さに戸惑いぎみなフンボ軍団。


111204_04
さあてどうしたもんだか。

左の石↑は何だ?と思ったら今日、SCZの日橋園長がエンリッチメント受賞者講演で説明してくれた。答えは後ほど。


111204_05
緑の中にペンギンがぁ〜♪


111204_06
そう。ペンギンヒルズの売り物はこの草の生い茂る緑の丘。チリのチロエ島プニウィル保護区の景観をモデルにしてあるのだそう。


111204_08
日橋園長のお話によると、これまで世界最大のペンギン展示施設はエジンバラ動物園だったそうですが、それよりちょっとだけ広い施設にした結果、現在ではここが世界一なんだそうです。埼玉すごいよ!


111204_09
プールにつづく緑の丘の裏側は営巣地。U字溝を逆さ置きした巣穴が用意されているんだけど・・・


111204_07
問題はペンギンがまだ丘を登ってくれてないこと。さっきの石は、ペンギンの誘導のために置かれているのだった(そっち行くな、こっち出てこい!的に)。実はこのカメラ位置からペンギンまでの間には何もない。この写真には写ってないが、子どもがプールに落ちないようにという目的で(仕方なく)置かれた仕切りロープがあるだけ。いずれここをわらわらとペンギンが通りすぎ、丘を登って営巣したりする予定。楽しみ♪


111204_10
ペンギンも葉っぱをいじるんだねえ。カワウソといっしょだw。


111204_11
この波の立ち方に注目。


111204_12
よっこいしょ。このあたりが段差になってて、造波装置の起こす波がここに打ち寄せるのだ。


111204_13
葉っぱ待て〜


111204_14
不敵な笑み。しかしフンボの若鳥は面白い顔してるなあ。


111204_15
えっへん。


111204_16
成鳥も葉っぱで遊びます。


111204_17
ペンギンもラッコ泳ぎをするのか!?(この若鳥はいろいろやってくれて実に楽しかった)。


111204_19
プカプカしてたかと思うと、何に興奮したのか突然、水上をカッ飛ぶ若鳥様。


111204_18
造波プールはペンギンにもお子さまにも大人気でした。


【カワウソ情報】
ところでチロエ島プニウィル保護区を視察してきた日橋園長によると、ここにはカワウソ(ミナミウミカワウソか?)も出るらしい。プニウィルのエコツーリズムのサイトを見ると確かにカワウソが!うおうプニウィル行きてえ!!!

Trackback

Comment

ko-puchi | URL | 評価 5 | 2011年12月06日 22:20
はじめまして。
偶然カワウソに誘われて遊びに来てから、ちょくちょくブログを拝見してます。

こんなにお茶目で可愛らしくて躍動感たっぷりのペンギン、初めてカモです。
頭に葉っぱを乗っけているペンギンいいですねー!
jsato@otterhaus | 2011年12月06日 23:49
>ko-puchiさん
はじめまして。コメントありがとうございます!
いつも見ていただいて感謝です♪

葉っぱで遊ぶペンギン、わたしも初めて見たかもしれません。鳥はそういうことしないものと思い込んでました。そしてペンギンヒルズ、まだ肝心のペンギンが利用し切ってない段階ですが、すごい可能性を感じています。草の生えた丘をフンボがえっちらおっちら登る姿を、ぜひ早く見たいものです。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 

おやすみ前にこの一冊・・・
160px_kawauso_book
東京書籍刊『カワウソ』をお買い上げくださいましてありがとうございます。おかげさまですでに3刷!

「カワウソなび」の最新情報はこちらをどうぞ↓


Where captive otters live in Japan.

 Otter holding facilities in Japan

佐藤淳一リアルタイム
最新の写真は flickr | Otterhaus で公開中。たまにカワウソも。

Created with flickr badge.




コメントありがとうございます。
すべてにリプライできなくてごめんなさい ↓

最新コメント
動物園・水族館・生息地

[動物園・水族館・生息地ごとの記事アーカイブ。カワウソ中心ですが、たまにほかの動物も出ます]

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
記事検索
タグ絞り込み検索
Junichi SATO

self portrait

[佐藤淳一]1963年生まれ。土木構造物と動物という、かけ離れた領域を行き来するあまり類を見ない写真作家。上の写真はベルリン地下鉄の駅の壁に貼ってあった「ハンケンスビュッテルかわうそセンター」のポスターを撮ったもの(2005年)。意図せず自分も写り込んでしまったので、公式セルフポートレートに認定。光学的にカワウソと一体化しています。

キュイキュイ書房
カワウソ本とカワウソグッズの密林セレクトショップ♪

かわうそ店長、意外にハマります。すでに4巻まで出てるよ。

かわうその自転車屋さん 1 (芳文社コミックス)
かわうその自転車屋さん 1 (芳文社コミックス) [コミック]

こやまけいこ
芳文社
2014-10-16


酒ケーキもいいんだけど、せんべいの方がもっといいよ獺祭。

旭酒造 獺祭 煎餅 だっさい せんべい 山田錦の砕米で作りました 30枚入り
旭酒造 獺祭 煎餅 だっさい せんべい 山田錦の砕米で作りました 30枚入り [その他]
旭酒造


世界13種のカワウソが網羅されているすばらしい入門書が出ました。写真もいっぱい!

Otters of the World
Otters of the World


ハンザのぬいぐるみが各種、買えるようになってますよ。
カワウソ No.3320
カワウソ No.3320 [おもちゃ&ホビー]


フィギュアはシュライヒが造りがいいですね。
Schleich シュライヒ カワウソ
Schleich シュライヒ カワウソ


かわうそ3きょうだい そらをゆく (にじいろえほん)
かわうそ3きょうだい そらをゆく (にじいろえほん)


かわうそ3きょうだいのふゆのあさ (えほんひろば)
かわうそ3きょうだいのふゆのあさ (えほんひろば)


かわうそ3きょうだい (えほんひろば)
かわうそ3きょうだい (えほんひろば)


空がレースにみえるとき (ほるぷ海外秀作絵本)
空がレースにみえるとき (ほるぷ海外秀作絵本)


ぼく、およげないの
ぼく、およげないの


ニホンカワウソ―絶滅に学ぶ保全生物学
ニホンカワウソ―絶滅に学ぶ保全生物学


Otter (Animal)
Otter (Animal)


Otters: Ecology, Behaviour And Conservation (Oxford Biology)
Otters: Ecology, Behaviour And Conservation (Oxford Biology)


カワウソと暮らす (富山房百科文庫 (34))
カワウソと暮らす (富山房百科文庫 (34))


The Ring of Bright Water Trilogy: Ring of Bright Water, The Rocks Remain, Raven Seek Thy Brother
The Ring of Bright Water Trilogy: Ring of Bright Water, The Rocks Remain, Raven Seek Thy Brother


椋鳩十全集〈20〉カワウソの海
椋鳩十全集〈20〉カワウソの海


ガンバとカワウソの冒険 (岩波少年文庫)
ガンバとカワウソの冒険 (岩波少年文庫)


河合雅雄の動物記〈2〉カワウソ流氷の旅
河合雅雄の動物記〈2〉カワウソ流氷の旅

・・・
わたしの本も、ついでにいかがでしょう?


カワウソ

おそらく日本初の、カワウソだけ写真集


ドボク・サミット
ドボク・サミット

みんなで作ったドボク本



恋する水門―FLOODGATES

一家に一冊!世界初の水門写真集


新版 電脳の教室
新版 電脳の教室
こういうのもあります


  • ライブドアブログ
Das Otterhaus 【カワウソ舎】