Das Otterhaus 【カワウソ舎】

生きることは、見ること。写真作家・佐藤淳一が動物園水族館と生息地を訪ねます。カワウソがいてもいなくてもひたすら訪ねます。

ふくしまカワウソ・その後のチロドナ

[ Tirol and Donau, the famous Eurasian otter pair living in Aquamarine Fukushima. Last year I kept watching them particularly during their evacuation from the aquarium which was caught fatal damage by huge earthquake and tsunami. Fortunately, they returned there in July last year. Now they are living healthy and happily. ]

120111_01
チロルです。

昨年の春から夏にかけて、上野に避難していたときには重点的に会いに行った、ユーラシアカワウソのチロルとドナウ。アクアマリンふくしまが奇跡の復活を遂げてもうすぐ半年になるので、この機会に様子を見てきた。


120111_02
こっちはドナウ。2頭とも寒いところの生まれなので、むしろ冬の方が生き生きとしてるね。

ちなみに避難から戻った直後、昨年7月の様子はこちら。
Das Otterhaus 【カワウソ舎】 | ふくしまカワウソ・雨の日のチロル&ドナウ


120111_03
あ、ごはん・・・


120111_04
着いて早々、いきなりお食事タイムだった!


120111_05
ドナウもどーぞ。

白いものがちらちらしてるけど、ゴミじゃないよ。雪です。どうりで寒いはずだ。


120111_06
お食事が終わると水中で遊ぶ。この気温だとむしろ水の中の方が暖かいだろうなあ。


120111_07
しかしまあ、水中のドナウの顔はかなり面白い。ムギュの黒い毛が上唇の近くまであるので、「ドロボウヒゲ」みたいに見える。


120111_08
ドナウは重量感あります。最近の計量では10.8kgだったとか。


120111_09
その後は例によって巣穴でお昼寝。チロルは行儀良く寝てますが、ドナウは前足を挙げたまま、お腹を上にして寝てる。


120111_10
実に無防備な寝方ですてきだよ。


・・・


2頭は仲良く寝てしまったので、この間にひとまわり。
このたびセイウチのミルさんが鴨川経由で香港に移動することになりました。

悲しいお知らせ - アクアマリンふくしまの復興日記 - Yahoo!ブログ

120111_22
元気でな。

AMFでセイウチが見れなくなってしまうのは残念ですが、理由のあることなので仕方ありません。香港で繁殖がんばってもらわないと。


・・・


120111_14
カワウソ展示に戻ってよく見たら、えさ時間の表示があった。何というか、ものすごくおしゃれに目立たな〜く貼ってあります。おしゃれなのはいいんだけど誰も気付いてないみたいなので、もっとどーんと目立つようにしましょうよ・・・と思ったんだけど、カワウソ展示のあの窓面積の少なさを考えると、お客さんが押しかけたらそれはそれで大変なことになるに違いない。だからやっぱりこの目立たない感じでいいのかも。


120111_11
えっへんドナウ。


120111_12
キーパーさんが現われるまで、フナなどを追っかけて遊びます。


120111_13
ぎゃっ。


120111_15
チロルは必ずこっち側から。


120111_16
こらドナウ、入れてもらってないで自分で取りなさいw
メニューはギンザケ(だったかな?間違ってたらごめんなさい)の切り身ですが、加えて鶏肉が入ることもあるそうです。


120111_17
うま〜。


120111_18
ん?


120111_19
お食事後はまた2頭で水中運動。


120111_20
元気で仲良くやってるのでうれしくなりました。しかしユーラシアのオスメスが年中仲良くしてるのは野生の状態とはちょっと違うようなので、繁殖を考えると逆に心配ではあります。


120111_21
またね〜!

Trackback

Comment

カシワヤ | URL | 2012年01月12日 10:28
おはぴゃ!
メヒカリ食ったきゅい?
マキ | 2012年01月12日 23:14
ユーラシアとカナダの違いはありますが
繁殖準備で別々に展示って言うのは
きっとそういうことなんですね。
| 2012年01月13日 00:18
明けましておめでとうございます!
先月、ミュンヘンに行ってきました。
ドナ君の家族に会い、「 ドナ君は元気に皆に愛されてますよ~ 」と伝えようと思ったのですが、(ミュンヘンではイグナスでした)、雪の降る中、ガラガラの動物園。
カワウソ舎が見つからず 、やっと会えた園の方から、イグナスの家族は、何匹かは「swim away」してしまい、他は別の動物園に移動したそうです。

とにかく、ドナ君は日本でとても愛され、元気と伝えてきました。(微妙な英語でしたが、気持ちは通じたと思いますw)

脱走動物の噂は聞いていましたが・・・きっと元気と信じています。
ゆうこ | URL | 2012年01月13日 14:04
私も年末に久しぶりにお邪魔してきました。

2頭が以前より仲良しになってる姿を見て、私は単純に嬉しく思ったのですが…。
でもそうですよね。
野生の状態とは違う環境…。
それでも繁殖が成功することを祈っています。
jsato@otterhaus | 2012年01月13日 17:57
>カシワヤさん
そういえば食ったことないなあ・・・

>マキさん
群れを作らないユーラシアやカナダは、そういうことらしいです。突然出会ってどん!というのが繁殖の秘訣とか。

>雪さん
おお〜、ヘラブルンにいらっしゃいましたか!そういえば去年の5月に上野に避難してきて、展示されたよってメールしたっきりでした。イグナツのこと気にしてくれてましたか?
しかし、脱走するかなあw

>ゆうこさん
おひさしぶりです。いつもブログは読ませていただいてますよ〜。そちらは大雪で大変なのでは?
そうなんです。あんまり仲良すぎるのも・・・って言われてます。繁殖時期直前になったら一旦、離すのかなあ?
kitto | 評価 5 | 2012年01月13日 21:29
チロルもドナウも、ちょっと太りましたか?
ふくふくしてる。
2頭とも元気そうで安心しました^^

あの立派な水槽でセイウチを見ることができなくなるのは寂しいですが、ミルさんには赤ちゃん誕生に向けて元気で暮らして欲しいですね。
jsato@otterhaus | 2012年01月15日 00:05
>kittoさん
チロル7キロ、ドナウ10.8キロと聞きました。
ふくふくなのは冬毛だからってこともあるんでしょうね。冬毛でもっふもふ♡


コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 

おやすみ前にこの一冊・・・
160px_kawauso_book
東京書籍刊『カワウソ』をお買い上げくださいましてありがとうございます。おかげさまですでに3刷!

「カワウソなび」の最新情報はこちらをどうぞ↓


Where captive otters live in Japan.

 Otter holding facilities in Japan

佐藤淳一リアルタイム
最新の写真は flickr | Otterhaus で公開中。たまにカワウソも。

Created with flickr badge.




コメントありがとうございます。
すべてにリプライできなくてごめんなさい ↓

最新コメント
動物園・水族館・生息地

[動物園・水族館・生息地ごとの記事アーカイブ。カワウソ中心ですが、たまにほかの動物も出ます]

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
記事検索
タグ絞り込み検索
Junichi SATO

self portrait

[佐藤淳一]1963年生まれ。土木構造物と動物という、かけ離れた領域を行き来するあまり類を見ない写真作家。上の写真はベルリン地下鉄の駅の壁に貼ってあった「ハンケンスビュッテルかわうそセンター」のポスターを撮ったもの(2005年)。意図せず自分も写り込んでしまったので、公式セルフポートレートに認定。光学的にカワウソと一体化しています。

キュイキュイ書房
カワウソ本とカワウソグッズの密林セレクトショップ♪

かわうそ店長、意外にハマります。すでに4巻まで出てるよ。

かわうその自転車屋さん 1 (芳文社コミックス)
かわうその自転車屋さん 1 (芳文社コミックス) [コミック]

こやまけいこ
芳文社
2014-10-16


酒ケーキもいいんだけど、せんべいの方がもっといいよ獺祭。

旭酒造 獺祭 煎餅 だっさい せんべい 山田錦の砕米で作りました 30枚入り
旭酒造 獺祭 煎餅 だっさい せんべい 山田錦の砕米で作りました 30枚入り [その他]
旭酒造


世界13種のカワウソが網羅されているすばらしい入門書が出ました。写真もいっぱい!

Otters of the World
Otters of the World


ハンザのぬいぐるみが各種、買えるようになってますよ。
カワウソ No.3320
カワウソ No.3320 [おもちゃ&ホビー]


フィギュアはシュライヒが造りがいいですね。
Schleich シュライヒ カワウソ
Schleich シュライヒ カワウソ


かわうそ3きょうだい そらをゆく (にじいろえほん)
かわうそ3きょうだい そらをゆく (にじいろえほん)


かわうそ3きょうだいのふゆのあさ (えほんひろば)
かわうそ3きょうだいのふゆのあさ (えほんひろば)


かわうそ3きょうだい (えほんひろば)
かわうそ3きょうだい (えほんひろば)


空がレースにみえるとき (ほるぷ海外秀作絵本)
空がレースにみえるとき (ほるぷ海外秀作絵本)


ぼく、およげないの
ぼく、およげないの


ニホンカワウソ―絶滅に学ぶ保全生物学
ニホンカワウソ―絶滅に学ぶ保全生物学


Otter (Animal)
Otter (Animal)


Otters: Ecology, Behaviour And Conservation (Oxford Biology)
Otters: Ecology, Behaviour And Conservation (Oxford Biology)


カワウソと暮らす (富山房百科文庫 (34))
カワウソと暮らす (富山房百科文庫 (34))


The Ring of Bright Water Trilogy: Ring of Bright Water, The Rocks Remain, Raven Seek Thy Brother
The Ring of Bright Water Trilogy: Ring of Bright Water, The Rocks Remain, Raven Seek Thy Brother


椋鳩十全集〈20〉カワウソの海
椋鳩十全集〈20〉カワウソの海


ガンバとカワウソの冒険 (岩波少年文庫)
ガンバとカワウソの冒険 (岩波少年文庫)


河合雅雄の動物記〈2〉カワウソ流氷の旅
河合雅雄の動物記〈2〉カワウソ流氷の旅

・・・
わたしの本も、ついでにいかがでしょう?


カワウソ

おそらく日本初の、カワウソだけ写真集


ドボク・サミット
ドボク・サミット

みんなで作ったドボク本



恋する水門―FLOODGATES

一家に一冊!世界初の水門写真集


新版 電脳の教室
新版 電脳の教室
こういうのもあります


  • ライブドアブログ
Das Otterhaus 【カワウソ舎】