Das Otterhaus 【カワウソ舎】

生きることは、見ること。写真作家・佐藤淳一が動物園水族館と生息地を訪ねます。カワウソがいてもいなくてもひたすら訪ねます。

札幌カワウソ・目でかっ!

[ Sunpiazza Aquarium lies in a terminal shopping building in Sapporo. They keep eight small-clawed otter now. The exhibit is not so large, but the otter pair have bred well. They produced twelve offsprings in aggregate until last year! ]

120316_01
やややっ、きみはだれだ?


札幌に来たら必ずあいさつに行かねばならんのが、ナナちゃんの実家であるサンピアザ水族館


120316_02
2011年7月25日に生まれた4頭とは今回、初顔合わせなんだけど、こりゃまた個性的な子が生まれたもんだw。


120316_03
名前はこんな。

この写真だけで個体識別ができるほど人生甘くないわけですが、冒頭の子はどうやらミミちゃんのようですね。目がでかいのと、体は4頭のうちで一番小さい、というキーパーさん情報からの総合判断だ。間違ってたらすまん。


120316_04
他のちびたちは、ちょっとわからん。


120316_05
ちびと言ってももう7か月なので、わかうそなんだけど、みんなちょっと小さめだ。


120316_06
ずるずり〜ん。


120316_07
えっへん。


120316_08
すでにお気付きとは思うけど、今回の子たちもまたみんな、実にきれいに毛引きされてます。


去年のちょうど今ごろはというと・・・まったく同じ状況w。
Das Otterhaus 【カワウソ舎】 | 札幌カワウソ・握手会はおおさわぎ!



120316_09
こちらが毛引きの犯人、お母さんのモモ。


120316_10
モモは簡単に識別できます。毛引きがまったくない唯一のカワウソがモモなので。


120316_11
自分だけきれいな毛皮でずるいぞ!


120316_12
右=モモ。左=ゲンキ父ちゃん。父ちゃんは腰から下だけ毛引きされてます。


120316_13
いわゆる「サンピアザ顔」を決定する主要な要素はゲンキなんだよなあ。


120316_14
ゲンキはモモより一回り小さく、毛の色も明るめ。あと目が特徴的かな。


120316_15
ここで練習問題。モモとゲンキはどーれ?(答えはさいご)


120316_16
こちらはメイ。2009年生まれの3頭(メイ、メメ、ダイ)のうち、実家に残った1頭。メメはのいちに嫁入り、ダイはおたるに婿入り、ってのはみなさんご存知のとおりです。


120316_17
そして、ゲン。2010年生まれの3頭(ゲン、ノン、ピア)のうち、実家に残った1頭。ノンはおさかな館、ピアはとべに行ってます。ゲンは3頭のうちでもとりわけ成長が遅かったんだけど(去年のエントリ参照)、元気に育ってました。でも2011年生まれのサンとハナに抜かされてしまったそうな。


120316_18
恒例のカワウソふれあいタイム。日本一頻度が高い(毎日3回)コツメ握手会。


120316_19
札幌に住んでて、たとえば新札幌に仕事場があって、年パス持ってたら毎日カワウソと握手ができるわけです。冷静に考えてみると、これはすごい!


120316_20
握手会は基本的に若者ががんばりますが、


120316_21
ときおりちびどもを押しのけてこの方が。


120316_22
モモは最強ですね!


120316_23
サンピアザの建物からJR新札幌に抜ける通路にぽつねんとあったポスター。いつから貼りっぱなしなんでしょw。でもこのままずっと貼っといてください。


あ、練習問題のこたえ。モモ=左奥。ゲンキ=左手前。簡単すぎた?
ちなみに右はメイ。その後ろの小さいのはゲンかなあ?

Trackback

Comment

カシワヤ | URL | 2012年03月17日 02:05
こんばんぴゃ!
やっぱり左ほっぺ鼻のすぐ脇に黒い点がちょこっとあるのがゲンでしたね!
去年のコチトラのみたては間違って無かったきゅい!
jsato@otterhaus | 2012年03月18日 01:00
>カシワヤさん
ゲンは発育不良だったので心配でしたが、見てのとおり、それなり〜に大きくなっておりましたよ!

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 

おやすみ前にこの一冊・・・
160px_kawauso_book
東京書籍刊『カワウソ』をお買い上げくださいましてありがとうございます。おかげさまですでに3刷!

「カワウソなび」の最新情報はこちらをどうぞ↓


Where captive otters live in Japan.

 Otter holding facilities in Japan

佐藤淳一リアルタイム
最新の写真は flickr | Otterhaus で公開中。たまにカワウソも。

Created with flickr badge.




コメントありがとうございます。
すべてにリプライできなくてごめんなさい ↓

最新コメント
動物園・水族館・生息地

[動物園・水族館・生息地ごとの記事アーカイブ。カワウソ中心ですが、たまにほかの動物も出ます]

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
記事検索
タグ絞り込み検索
Junichi SATO

self portrait

[佐藤淳一]1963年生まれ。土木構造物と動物という、かけ離れた領域を行き来するあまり類を見ない写真作家。上の写真はベルリン地下鉄の駅の壁に貼ってあった「ハンケンスビュッテルかわうそセンター」のポスターを撮ったもの(2005年)。意図せず自分も写り込んでしまったので、公式セルフポートレートに認定。光学的にカワウソと一体化しています。

キュイキュイ書房
カワウソ本とカワウソグッズの密林セレクトショップ♪

かわうそ店長、意外にハマります。すでに4巻まで出てるよ。

かわうその自転車屋さん 1 (芳文社コミックス)
かわうその自転車屋さん 1 (芳文社コミックス) [コミック]

こやまけいこ
芳文社
2014-10-16


酒ケーキもいいんだけど、せんべいの方がもっといいよ獺祭。

旭酒造 獺祭 煎餅 だっさい せんべい 山田錦の砕米で作りました 30枚入り
旭酒造 獺祭 煎餅 だっさい せんべい 山田錦の砕米で作りました 30枚入り [その他]
旭酒造


世界13種のカワウソが網羅されているすばらしい入門書が出ました。写真もいっぱい!

Otters of the World
Otters of the World


ハンザのぬいぐるみが各種、買えるようになってますよ。
カワウソ No.3320
カワウソ No.3320 [おもちゃ&ホビー]


フィギュアはシュライヒが造りがいいですね。
Schleich シュライヒ カワウソ
Schleich シュライヒ カワウソ


かわうそ3きょうだい そらをゆく (にじいろえほん)
かわうそ3きょうだい そらをゆく (にじいろえほん)


かわうそ3きょうだいのふゆのあさ (えほんひろば)
かわうそ3きょうだいのふゆのあさ (えほんひろば)


かわうそ3きょうだい (えほんひろば)
かわうそ3きょうだい (えほんひろば)


空がレースにみえるとき (ほるぷ海外秀作絵本)
空がレースにみえるとき (ほるぷ海外秀作絵本)


ぼく、およげないの
ぼく、およげないの


ニホンカワウソ―絶滅に学ぶ保全生物学
ニホンカワウソ―絶滅に学ぶ保全生物学


Otter (Animal)
Otter (Animal)


Otters: Ecology, Behaviour And Conservation (Oxford Biology)
Otters: Ecology, Behaviour And Conservation (Oxford Biology)


カワウソと暮らす (富山房百科文庫 (34))
カワウソと暮らす (富山房百科文庫 (34))


The Ring of Bright Water Trilogy: Ring of Bright Water, The Rocks Remain, Raven Seek Thy Brother
The Ring of Bright Water Trilogy: Ring of Bright Water, The Rocks Remain, Raven Seek Thy Brother


椋鳩十全集〈20〉カワウソの海
椋鳩十全集〈20〉カワウソの海


ガンバとカワウソの冒険 (岩波少年文庫)
ガンバとカワウソの冒険 (岩波少年文庫)


河合雅雄の動物記〈2〉カワウソ流氷の旅
河合雅雄の動物記〈2〉カワウソ流氷の旅

・・・
わたしの本も、ついでにいかがでしょう?


カワウソ

おそらく日本初の、カワウソだけ写真集


ドボク・サミット
ドボク・サミット

みんなで作ったドボク本



恋する水門―FLOODGATES

一家に一冊!世界初の水門写真集


新版 電脳の教室
新版 電脳の教室
こういうのもあります


  • ライブドアブログ
Das Otterhaus 【カワウソ舎】