Das Otterhaus 【カワウソ舎】

生きることは、見ること。写真作家・佐藤淳一が動物園水族館と生息地を訪ねます。カワウソがいてもいなくてもひたすら訪ねます。

福岡カワウソ・リラちゃんは人気もの

[ Fukuoka City Zoological Garden has one small-clawed otter. They are now preparing new exhibits of Asian tropical ravine, which includes otter exhibit. So the female otter lives in a cage temporarily and is waiting for a mate. ]

120405_01
福岡市動物園のコツメカワウソ、リラちゃん。


120405_02
リラちゃんは昨年の7月に、多摩のゴンタファミリーからひとり飛び出し、福岡までやって来たのです。しかし福岡の人たちは「オウギバトとアカカザリフウチョウの間にいます」と言われて一発でわかっちゃうのか。おそるべし福岡w。


120405_03
おお!ここだここだ。「パプアニューギニア館にいます」って言ってくれた方がわかりやすかった。もう着いちゃったからいいけど。


120405_04
これがリラちゃんの仮住まい。何というかその、仮な感じ、が実によく出ています。


120405_05
説明板も出てるよ。「まいにちのせいかつ」がすてき。


120405_06
お客さんに「わしよりええもん食っとる!」と言われまくっていたお食事解説板。


120405_07
リラちゃ〜ん。


120405_08
ごそごそ。


起きてきました!


120405_09
ん?


120405_10
あれ?ここにあった説明板は?


120405_11
ちょっとスタッフ〜!わたしの看板どこ行ったの〜?
(さっき風で飛んでいきましたけど)


120405_12
ったくもう。


120405_13
ドンゴロモックでふて寝をするのかと思ったら、


120405_14
いきなり窓から飛び出して行きましたとさ・・・



・・・って、え?



ここっていったいどういう構造になってんの???



120405_15
何と、リラちゃんは隣の部屋まで使ってよかったのです。さっき第一印象で、狭い仮住まいでかわいそう、とか思ったのはまるで見当違いなのであった。植物がびしばしと生い茂る鳥類用のけっこう広い檻で、しかも地面で遊び放題です。


120405_16
お客さんが寄って来るからリラちゃんもサービスするのか、リラちゃんがアピールするからお客さんが集まるのか。


120405_17
あ〜あ、もうそんなものもらっちゃって。


120405_18
お客さんはいろんなものでリラちゃんと遊んでいます。何ともフリーダムな展示。


120405_19
もし、たこ焼き、ポテトの類などあげようとするキッズでもいたら叱り飛ばそうと思って構えてましたが、みんな檻の前に落ちてる純植物性のものでジェントルに遊んであげていたので、まあいいかな〜、と。(原則禁止なのは言うまでもありませんが、なにぶん仮住まいなのでね、今だけ)


120405_20
びろ〜ん。


120405_21
リラちゃんがこんなに営業熱心だったとは意外です。


120405_22
ふたたび室内へ。窓から忍び込むドロボウカワウソ、という風情ですな。


120405_23
あら何と!仮住まいなのにちゃんとプールまで作ってもらってました!いま気付いた。


120405_24
しかもその中にはおもちゃが。ニンジンスティックの入ったペットボトルをいじくり回します。


120405_25
ニンジンゲット!


今まで見せてもらったリラちゃん写真は、檻の中にぽつねーん、みたいなものばっかりだったで、うは〜、福岡市動物園はいまどき何考えてんだ、という気がしてたんです。ところが今回、行ってみて評価が180度ひっくり返りました。結論から言うと、リラちゃんは福岡で、みんなに愛されておりましたよ。複数のキーパーさんが通りかかるたびに気にしてくれてたし、お客さんの関心度も予想以上に高かった。何と言っても、夏には新居ができる(アジア熱帯の渓谷エリア、っていう現在工事中のところが完成すればそこへ入居するとのこと)。でもって現在お婿さん募集中♡。

展示施設ができてから動物を入れるのが一般的と思ってましたが、施設ができる前から飼育を始めていろいろとノウハウを蓄積しよう、ということなのだろうか。福岡市動物園、実は本気カワウソだったのか!


つづきます。

Trackback

おやすみ前にこの一冊・・・
160px_kawauso_book
東京書籍刊『カワウソ』をお買い上げくださいましてありがとうございます。おかげさまですでに3刷!

「カワウソなび」の最新情報はこちらをどうぞ↓


Where captive otters live in Japan.

 Otter holding facilities in Japan

佐藤淳一リアルタイム
最新の写真は flickr | Otterhaus で公開中。たまにカワウソも。

Created with flickr badge.
動物園・水族館・生息地

[動物園・水族館・生息地ごとの記事アーカイブ。カワウソ中心ですが、たまにほかの動物も出ます]

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
記事検索
タグ絞り込み検索
Junichi SATO

self portrait

[佐藤淳一]1963年生まれ。土木構造物と動物という、かけ離れた領域を行き来するあまり類を見ない写真作家。上の写真はベルリン地下鉄の駅の壁に貼ってあった「ハンケンスビュッテルかわうそセンター」のポスターを撮ったもの(2005年)。意図せず自分も写り込んでしまったので、公式セルフポートレートに認定。光学的にカワウソと一体化しています。

 Biography + Bibliography
(展覧会と各種掲載リスト)


 Floodgates

 Twitter : otterhaus
 Facebook : otterhaus
 Tumblr : otterhaus
 Tumblr : otterhausanbau
 Flickr : Otterhaus

 メールはこちら

* 依然として記事の内容に無関係なスパム的書き込みが多いため、各記事に対する新規コメントは現在、受け付けておりません。ご連絡は上のメールフォームから、公開ツッコミなどはFacebook、Twitterをご利用いただければ幸いです。


キュイキュイ書房
カワウソ本とカワウソグッズの密林セレクトショップ♪

かわうそ店長、とってもハマります。すでに6巻まで出てるよ。

かわうその自転車屋さん 1 (芳文社コミックス)
かわうその自転車屋さん 1 (芳文社コミックス) [コミック]

こやまけいこ
芳文社
2014-10-16


酒ケーキもいいんだけど、せんべいの方がもっといいよ獺祭。

旭酒造 獺祭 煎餅 だっさい せんべい 山田錦の砕米で作りました 30枚入り
旭酒造 獺祭 煎餅 だっさい せんべい 山田錦の砕米で作りました 30枚入り [その他]
旭酒造


世界13種のカワウソが網羅されているすばらしい入門書が出ました。写真もいっぱい!

Otters of the World
Otters of the World


ハンザのぬいぐるみが各種、買えるようになってますよ。
カワウソ No.3320
カワウソ No.3320 [おもちゃ&ホビー]


フィギュアはシュライヒが造りがいいですね(なぜか最近すごい値段になってる!)。
Schleich シュライヒ カワウソ
Schleich シュライヒ カワウソ


かわうそ3きょうだい そらをゆく (にじいろえほん)
かわうそ3きょうだい そらをゆく (にじいろえほん)


かわうそ3きょうだいのふゆのあさ (えほんひろば)
かわうそ3きょうだいのふゆのあさ (えほんひろば)


かわうそ3きょうだい (えほんひろば)
かわうそ3きょうだい (えほんひろば)


空がレースにみえるとき (ほるぷ海外秀作絵本)
空がレースにみえるとき (ほるぷ海外秀作絵本)


ぼく、およげないの
ぼく、およげないの


ニホンカワウソ―絶滅に学ぶ保全生物学
ニホンカワウソ―絶滅に学ぶ保全生物学


Otter (Animal)
Otter (Animal)


Otters: Ecology, Behaviour And Conservation (Oxford Biology)
Otters: Ecology, Behaviour And Conservation (Oxford Biology)


カワウソと暮らす (富山房百科文庫 (34))
カワウソと暮らす (富山房百科文庫 (34))


The Ring of Bright Water Trilogy: Ring of Bright Water, The Rocks Remain, Raven Seek Thy Brother
The Ring of Bright Water Trilogy: Ring of Bright Water, The Rocks Remain, Raven Seek Thy Brother


椋鳩十全集〈20〉カワウソの海
椋鳩十全集〈20〉カワウソの海


ガンバとカワウソの冒険 (岩波少年文庫)
ガンバとカワウソの冒険 (岩波少年文庫)


河合雅雄の動物記〈2〉カワウソ流氷の旅
河合雅雄の動物記〈2〉カワウソ流氷の旅

・・・
わたしの本も、ついでにいかがでしょう?


カワウソ

おそらく日本初の、カワウソだけ写真集


ドボク・サミット
ドボク・サミット

みんなで作ったドボク本



恋する水門―FLOODGATES

一家に一冊!世界初の水門写真集


新版 電脳の教室
新版 電脳の教室
こういうのもあります


  • ライブドアブログ
Das Otterhaus 【カワウソ舎】