Das Otterhaus 【カワウソ舎】

生きることは、見ること。写真作家・佐藤淳一が動物園水族館と生息地を訪ねます。カワウソがいてもいなくてもひたすら訪ねます。

うみたまラッコ・殻付きウチムラサキ

[ Sea otter at Oita Marine Palace Aquarium Umitamago. Let's take a look at feeding in the morning. Like many other sea otter, he likes clams. After squids he enjoyed them. This kind of clam is called Uchimurasaki (Saxidomus purpurata). ]

120413_01
大分マリーンパレス水族館うみたまごのラッコ、テツオくん。現在おひとりさまです。


120413_02
ラッコといえば二枚貝ですが、殻付きで与えている水族館はそう多くありません。ラッコがガラス/アクリルにぶつけて殻を割ることがあるので、キズだらけになっちゃうから。あるいは貝殻やその破片で水槽の擬岩やらシーリングをほじくって破壊するから、というのがその理由のようです。


120413_03
ところでこの二枚貝はウチムラサキというそうで(たしかに貝殻の内側が紫色をしている)、別名はオオアサリ。ラッコの大好物です。


120413_04
そのため、ウチムラサキから先にあげてしまうと、他のエサを食べなくなるらしい。そのため先にそれほどむちゃくちゃ好きではないエサからあげて、最後にウチムラサキ。テツオくんもさっきまではイカをもらってました。


120413_05
うまうま〜


120413_06
やっぱり貝が好き。


120413_07
これは数分前の様子。キーパーさんの遠隔指示で、ガラスごしで「待て」をしているの図。


120413_08
このパフォーマンスをしないとエサがウチムラサキにならないからなのか、せっせとガラスごしで営業に励みます。


120413_09
う ち む ら さ き 〜 ♪


120413_10
やったあ! 営業が終わると貝になるわけですね。


120413_11
やっぱり貝だよ。


120413_13



120413_12
まぁ〜


120413_14
うみたまごの現在のラッコプール(何とアザラシと同居展示!)は、横に長くて撮影がしやすいようです。明るさは他所とそれほど違ってないのですが、何かと何かがちょうどいい条件になってるらしく、実に撮りやすい印象があります。といってもコツメに貼り付いてた時間の方が長いので、本当のところはよくわからん。


120413_15
せっかくいいポーズしてくれたんだけど、そこ暗いんだよね。




【追記:2012.4.15】

書き忘れてました。
テツオくんのえらいところは、食べ終わった貝の殻をキーパーさんに返してよこすところです。うっかりその様子の写真は撮りそこねましたが、これ↓が動かぬ物的証拠。

120413_16
ラッコが食べたウチムラサキの殻です。黒バックでゴージャスに撮ってみました。何でこんなもんが手元にあるのかというと、うみたまごのバックヤードツアーでもらってきたから。回収された殻は特に用途がないらしく、バックにいるコツメたちのおもちゃになってるぐらいでした。ご自由にお持ちくださいだったのでありがたくいただいてまいりましたが、意外にでかくて置き場所に困ってます。あ、写真にスケールを写し込むのを忘れた! 今、計ったら長い方が85ミリ、短い方が65ミリでした。ご参考まで。

Trackback

Comment

yako | 2012年04月14日 01:17
テツオくんのガラス越しの挨拶にはそんな秘密があったんですね。知らなかったー!
jsato@otterhaus | 2012年04月14日 23:21
>yakoさん
わたしが見た時、たまたまそう見えただけで、いつもは本人が自ら希望してあいさつしているのかもしれません^^。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 

おやすみ前にこの一冊・・・
160px_kawauso_book
東京書籍刊『カワウソ』をお買い上げくださいましてありがとうございます。おかげさまですでに3刷!

「カワウソなび」の最新情報はこちらをどうぞ↓


Where captive otters live in Japan.

 Otter holding facilities in Japan

佐藤淳一リアルタイム
最新の写真は flickr | Otterhaus で公開中。たまにカワウソも。

Created with flickr badge.




コメントありがとうございます。
すべてにリプライできなくてごめんなさい ↓

最新コメント
動物園・水族館・生息地

[動物園・水族館・生息地ごとの記事アーカイブ。カワウソ中心ですが、たまにほかの動物も出ます]

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
記事検索
タグ絞り込み検索
Junichi SATO

self portrait

[佐藤淳一]1963年生まれ。土木構造物と動物という、かけ離れた領域を行き来するあまり類を見ない写真作家。上の写真はベルリン地下鉄の駅の壁に貼ってあった「ハンケンスビュッテルかわうそセンター」のポスターを撮ったもの(2005年)。意図せず自分も写り込んでしまったので、公式セルフポートレートに認定。光学的にカワウソと一体化しています。

キュイキュイ書房
カワウソ本とカワウソグッズの密林セレクトショップ♪

かわうそ店長、意外にハマります。すでに4巻まで出てるよ。

かわうその自転車屋さん 1 (芳文社コミックス)
かわうその自転車屋さん 1 (芳文社コミックス) [コミック]

こやまけいこ
芳文社
2014-10-16


酒ケーキもいいんだけど、せんべいの方がもっといいよ獺祭。

旭酒造 獺祭 煎餅 だっさい せんべい 山田錦の砕米で作りました 30枚入り
旭酒造 獺祭 煎餅 だっさい せんべい 山田錦の砕米で作りました 30枚入り [その他]
旭酒造


世界13種のカワウソが網羅されているすばらしい入門書が出ました。写真もいっぱい!

Otters of the World
Otters of the World


ハンザのぬいぐるみが各種、買えるようになってますよ。
カワウソ No.3320
カワウソ No.3320 [おもちゃ&ホビー]


フィギュアはシュライヒが造りがいいですね。
Schleich シュライヒ カワウソ
Schleich シュライヒ カワウソ


かわうそ3きょうだい そらをゆく (にじいろえほん)
かわうそ3きょうだい そらをゆく (にじいろえほん)


かわうそ3きょうだいのふゆのあさ (えほんひろば)
かわうそ3きょうだいのふゆのあさ (えほんひろば)


かわうそ3きょうだい (えほんひろば)
かわうそ3きょうだい (えほんひろば)


空がレースにみえるとき (ほるぷ海外秀作絵本)
空がレースにみえるとき (ほるぷ海外秀作絵本)


ぼく、およげないの
ぼく、およげないの


ニホンカワウソ―絶滅に学ぶ保全生物学
ニホンカワウソ―絶滅に学ぶ保全生物学


Otter (Animal)
Otter (Animal)


Otters: Ecology, Behaviour And Conservation (Oxford Biology)
Otters: Ecology, Behaviour And Conservation (Oxford Biology)


カワウソと暮らす (富山房百科文庫 (34))
カワウソと暮らす (富山房百科文庫 (34))


The Ring of Bright Water Trilogy: Ring of Bright Water, The Rocks Remain, Raven Seek Thy Brother
The Ring of Bright Water Trilogy: Ring of Bright Water, The Rocks Remain, Raven Seek Thy Brother


椋鳩十全集〈20〉カワウソの海
椋鳩十全集〈20〉カワウソの海


ガンバとカワウソの冒険 (岩波少年文庫)
ガンバとカワウソの冒険 (岩波少年文庫)


河合雅雄の動物記〈2〉カワウソ流氷の旅
河合雅雄の動物記〈2〉カワウソ流氷の旅

・・・
わたしの本も、ついでにいかがでしょう?


カワウソ

おそらく日本初の、カワウソだけ写真集


ドボク・サミット
ドボク・サミット

みんなで作ったドボク本



恋する水門―FLOODGATES

一家に一冊!世界初の水門写真集


新版 電脳の教室
新版 電脳の教室
こういうのもあります


  • ライブドアブログ
Das Otterhaus 【カワウソ舎】