Das Otterhaus 【カワウソ舎】

生きることは、見ること。写真作家・佐藤淳一が動物園水族館と生息地を訪ねます。カワウソがいてもいなくてもひたすら訪ねます。

うみたまカワウソ・哲学のヒモの練習

[ Oriental small-clawed otter at Oita Marine Palace Aquarium Umitamago. After feeding, his keeper put a harness on him. It's a training for taking a walk around in the aquarium as a kind of an event or something. I hope he can do it soon. ]

120416_01
お待たせしました。大分マリーンパレス水族館うみたまごのコツメカワウソ、王子くん。


120416_02
そわそわ。


120416_03
来たかな?


120416_04
来たかな来たかな??



来ました!



120416_05
ごは〜ん♪


120416_06
うまうま〜♪


120416_07
ありゃりゃ?

出ました!哲学のヒモ(別名ハーネス)。

束縛されると自由になれる、というある種の人生にも似た深〜い矛盾を導き出してしまうことから、カワウソに付けるハーネスのことを最近は「哲学のヒモ」と呼びます。出典は二見シーパラダイスのブログ。

哲学のヒモ | 飼育係の落書帳


120416_08
似合う?


120416_09
キーパーさんにうかがったところでは、王子くんを館内散歩に連れ出す計画があるそうで、そのためのトレーニングを始めたのだそうです。


120416_10
ほーら、☆柄だよ〜ん。


120416_11
どう?

派手なハーネスだこと。でも似合っとるよ。


120416_12
王子くんのいるカワウソ展示場は、温室みたいなプレハブの小屋。四方がガラスなので丸見えですが、内外の湿度差がある時期には曇ってしまってちょっと微妙です。




・・・




120416_13
ギャ〜!

バックヤードツアーの待ち合わせ場所のカウンターのPC(業務用。ちゃんと断って撮らせてもらいました)の壁紙が、このような危険物でした。ちびうそ時代の姫&王子ですかね?

ちなみに王子くんといっしょに育った姫ちゃんは、この2月にお嫁に行きました。南知多ビーチランドに着いたら名前がサラに変わったようです。


120416_14
うみたまごのバックヤードツアーはコツメと遊べる、というのは有名な話。この日はケージ越しではありましたがコマリちゃん、元気くんと握手させてもらいました。写真はコマリ。寝っころがって営業かw。




・・・




120416_15
ふたたび王子くんのところへ。哲学のヒモのトレーニングがつづきます。この日は10時過ぎと15時過ぎの2回、見せていただきました(この時間帯、ほとんどのお客さんはセイウチのショーに釘付けになっているので、ほぼひとりじめ状態だった)。


120416_16
もう慣れてるのか、特にいやがったりはしません。


120416_17
いいスタンディング。


120416_18
手からペレットをもらうトレーニング。


120416_19
よくできました。


120416_20
ぴゃ〜っ!


120416_21
早く散歩デビューできるといいね。

Trackback

Comment

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 

おやすみ前にこの一冊・・・
160px_kawauso_book
東京書籍刊『カワウソ』をお買い上げくださいましてありがとうございます。おかげさまですでに3刷!

「カワウソなび」の最新情報はこちらをどうぞ↓


Where captive otters live in Japan.

 Otter holding facilities in Japan

佐藤淳一リアルタイム
最新の写真は flickr | Otterhaus で公開中。たまにカワウソも。

Created with flickr badge.




コメントありがとうございます。
すべてにリプライできなくてごめんなさい ↓

最新コメント
動物園・水族館・生息地

[動物園・水族館・生息地ごとの記事アーカイブ。カワウソ中心ですが、たまにほかの動物も出ます]

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
記事検索
タグ絞り込み検索
Junichi SATO

self portrait

[佐藤淳一]1963年生まれ。土木構造物と動物という、かけ離れた領域を行き来するあまり類を見ない写真作家。上の写真はベルリン地下鉄の駅の壁に貼ってあった「ハンケンスビュッテルかわうそセンター」のポスターを撮ったもの(2005年)。意図せず自分も写り込んでしまったので、公式セルフポートレートに認定。光学的にカワウソと一体化しています。

キュイキュイ書房
カワウソ本とカワウソグッズの密林セレクトショップ♪

かわうそ店長、意外にハマります。すでに4巻まで出てるよ。

かわうその自転車屋さん 1 (芳文社コミックス)
かわうその自転車屋さん 1 (芳文社コミックス) [コミック]

こやまけいこ
芳文社
2014-10-16


酒ケーキもいいんだけど、せんべいの方がもっといいよ獺祭。

旭酒造 獺祭 煎餅 だっさい せんべい 山田錦の砕米で作りました 30枚入り
旭酒造 獺祭 煎餅 だっさい せんべい 山田錦の砕米で作りました 30枚入り [その他]
旭酒造


世界13種のカワウソが網羅されているすばらしい入門書が出ました。写真もいっぱい!

Otters of the World
Otters of the World


ハンザのぬいぐるみが各種、買えるようになってますよ。
カワウソ No.3320
カワウソ No.3320 [おもちゃ&ホビー]


フィギュアはシュライヒが造りがいいですね。
Schleich シュライヒ カワウソ
Schleich シュライヒ カワウソ


かわうそ3きょうだい そらをゆく (にじいろえほん)
かわうそ3きょうだい そらをゆく (にじいろえほん)


かわうそ3きょうだいのふゆのあさ (えほんひろば)
かわうそ3きょうだいのふゆのあさ (えほんひろば)


かわうそ3きょうだい (えほんひろば)
かわうそ3きょうだい (えほんひろば)


空がレースにみえるとき (ほるぷ海外秀作絵本)
空がレースにみえるとき (ほるぷ海外秀作絵本)


ぼく、およげないの
ぼく、およげないの


ニホンカワウソ―絶滅に学ぶ保全生物学
ニホンカワウソ―絶滅に学ぶ保全生物学


Otter (Animal)
Otter (Animal)


Otters: Ecology, Behaviour And Conservation (Oxford Biology)
Otters: Ecology, Behaviour And Conservation (Oxford Biology)


カワウソと暮らす (富山房百科文庫 (34))
カワウソと暮らす (富山房百科文庫 (34))


The Ring of Bright Water Trilogy: Ring of Bright Water, The Rocks Remain, Raven Seek Thy Brother
The Ring of Bright Water Trilogy: Ring of Bright Water, The Rocks Remain, Raven Seek Thy Brother


椋鳩十全集〈20〉カワウソの海
椋鳩十全集〈20〉カワウソの海


ガンバとカワウソの冒険 (岩波少年文庫)
ガンバとカワウソの冒険 (岩波少年文庫)


河合雅雄の動物記〈2〉カワウソ流氷の旅
河合雅雄の動物記〈2〉カワウソ流氷の旅

・・・
わたしの本も、ついでにいかがでしょう?


カワウソ

おそらく日本初の、カワウソだけ写真集


ドボク・サミット
ドボク・サミット

みんなで作ったドボク本



恋する水門―FLOODGATES

一家に一冊!世界初の水門写真集


新版 電脳の教室
新版 電脳の教室
こういうのもあります


  • ライブドアブログ
Das Otterhaus 【カワウソ舎】