Das Otterhaus 【カワウソ舎】

生きることは、見ること。写真作家・佐藤淳一が動物園水族館と生息地を訪ねます。カワウソがいてもいなくてもひたすら訪ねます。

世界最大のカワウソ2・ドルトムント動物園

[ The second report of Giant Otter exhibit is Zoo Dortmund. When I visited, they were piled on each other and taking a nap like Small-clawed Otter did so. And otter pup played even juggling with wood toy! I could watch details of their body and hair with great interest. ]

120908_01
オオカワウソシリーズ第2弾は、ドルトムント動物園


ドルトムントは数年前にドボク撮影をしてた頃、何度かうろうろしている町ですが、まさかそんなところにオオカワウソ飼育の世界の中心があろうとは。



120908_02
これがドルトムントのカワウソ展示場。一見、しょぼく見えますが、そのファーストインプレッションは後に大きく裏切られることになります。


120908_03
入口です。これぞ本物のオッターハウス! オオカワウソとコツメカワウソが同居してるよ。あ、もちろん単に同じ屋根の下にいるだけで、共生ではありません。もし共生したらどうなるのか、とっても興味はありますがそんなのやる意味がありません。


120908_04
おじゃまいたしますと、ちょうどお昼寝タイムでした。


120908_05
オオカワウソは群生ですので、やはりお昼寝はおだんごなんですな。


120908_06
ぐわ〜っ


120908_07
ぷきゅわ〜っ


120908_08
今までオオカワウソの写真はいっぱい見ましたが、毛の乾いているものはほとんど見たことがありません。したがって本当に毛が生えているのかどうか、実はウナギイヌみたいにぬるぬるなんじゃないかという疑惑があったのですが、今回、晴れてそれを払拭することができました。ちゃんといい感じの短い毛が密生しています!


120908_09
ムギュ(吻)のあたりは毛質が違います。鼻先に近いほどヒゲが短くなるのがよくわかります。


120908_10
マブタの黒ずみも特徴的ですが、何と言っても鼻鏡に毛が生えているところが特徴ですね。スマトラカワウソの鼻もこんな感じなのだろうか。


120908_11
前足です。ツメは意外に短い。ひょっとして爪切り持ってんの?というぐらい。ルートラ/ロントラ属と違って、アオニクス属のように指先を使う行動をしてることがうかがえます。そして表側は、指先から水かきにまで、体毛が生えてます。これは予想してなかった。


120908_12
ノドの白い毛のパターンが個体識別に使われるのだそうですが、意外にわかりにくい。というか起きて動いていると、なかなか見せてくれません。野生でペリスコーピングを行うオオカワウソを観察するときは、たしかにここが唯一の識別ポイントだろうとは思います。


120908_13
オオカワウソだんご。


120908_14
オッターハウスの中はこんな雰囲気です。オオカワウソやコツメカワウソがゴロゴロしているエリアだけでなく、人間が歩くエリアもウッドチップが敷き詰められています。




120908_15
よく見ると、ちびうそがいます。このぐらいまで大きくなっても、まだ授乳するんだなあ。


120908_16
ちびうそがだんごから飛び出しました。毛質と色が、おとなうそと明らかに違っています。


120908_17
代々受け継がれているような木のおもちゃが登場。


120908_18
ちびうその段階から、すでに手がでかい。


120908_19
かじったり、


120908_20
ころがしたり。


120908_21
オオカワウソもジャグリングするとは思わなかった。


120908_22
手の、いや前足の内側には当然、毛がありません。色が黒いので、ちょっと類人猿っぽい質感とも言えます。


120908_23
おとなうそが介入するのか、と思ったら、


120908_24
別に何もしません。


120908_25
ムギュがコツメなみに短いので、こういうものをくわえたときの表情はかなりコミカル。


120908_26
おもちゃくわえたまま、ずりずりと散歩に行っちゃいました。



そしてこのあと、あっと驚く展開が。。。

Trackback

Comment

yumi | 2012年09月11日 10:42
乾いたオオカワウソは濡れているときと違ってかわいらしさを感じますね。水搔きにも毛が生えているなんて・・驚き!どことなく格闘家的な表情も素敵です。
楽しませてもらっています。
jsato@otterhaus | 2012年09月12日 12:26
>yumiさん
毎度どうもです。そうなんです。乾いているとなかなかかわいいのです。毛が短くて骨格や筋肉の形が見えるので、アスリートっぽくなるんでしょうね。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 

おやすみ前にこの一冊・・・
160px_kawauso_book
東京書籍刊『カワウソ』をお買い上げくださいましてありがとうございます。おかげさまですでに3刷!

「カワウソなび」の最新情報はこちらをどうぞ↓


Where captive otters live in Japan.

 Otter holding facilities in Japan

佐藤淳一リアルタイム
最新の写真は flickr | Otterhaus で公開中。たまにカワウソも。

Created with flickr badge.




コメントありがとうございます。
すべてにリプライできなくてごめんなさい ↓

最新コメント
動物園・水族館・生息地

[動物園・水族館・生息地ごとの記事アーカイブ。カワウソ中心ですが、たまにほかの動物も出ます]

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
記事検索
タグ絞り込み検索
Junichi SATO

self portrait

[佐藤淳一]1963年生まれ。土木構造物と動物という、かけ離れた領域を行き来するあまり類を見ない写真作家。上の写真はベルリン地下鉄の駅の壁に貼ってあった「ハンケンスビュッテルかわうそセンター」のポスターを撮ったもの(2005年)。意図せず自分も写り込んでしまったので、公式セルフポートレートに認定。光学的にカワウソと一体化しています。

キュイキュイ書房
カワウソ本とカワウソグッズの密林セレクトショップ♪

かわうそ店長、意外にハマります。すでに4巻まで出てるよ。

かわうその自転車屋さん 1 (芳文社コミックス)
かわうその自転車屋さん 1 (芳文社コミックス) [コミック]

こやまけいこ
芳文社
2014-10-16


酒ケーキもいいんだけど、せんべいの方がもっといいよ獺祭。

旭酒造 獺祭 煎餅 だっさい せんべい 山田錦の砕米で作りました 30枚入り
旭酒造 獺祭 煎餅 だっさい せんべい 山田錦の砕米で作りました 30枚入り [その他]
旭酒造


世界13種のカワウソが網羅されているすばらしい入門書が出ました。写真もいっぱい!

Otters of the World
Otters of the World


ハンザのぬいぐるみが各種、買えるようになってますよ。
カワウソ No.3320
カワウソ No.3320 [おもちゃ&ホビー]


フィギュアはシュライヒが造りがいいですね。
Schleich シュライヒ カワウソ
Schleich シュライヒ カワウソ


かわうそ3きょうだい そらをゆく (にじいろえほん)
かわうそ3きょうだい そらをゆく (にじいろえほん)


かわうそ3きょうだいのふゆのあさ (えほんひろば)
かわうそ3きょうだいのふゆのあさ (えほんひろば)


かわうそ3きょうだい (えほんひろば)
かわうそ3きょうだい (えほんひろば)


空がレースにみえるとき (ほるぷ海外秀作絵本)
空がレースにみえるとき (ほるぷ海外秀作絵本)


ぼく、およげないの
ぼく、およげないの


ニホンカワウソ―絶滅に学ぶ保全生物学
ニホンカワウソ―絶滅に学ぶ保全生物学


Otter (Animal)
Otter (Animal)


Otters: Ecology, Behaviour And Conservation (Oxford Biology)
Otters: Ecology, Behaviour And Conservation (Oxford Biology)


カワウソと暮らす (富山房百科文庫 (34))
カワウソと暮らす (富山房百科文庫 (34))


The Ring of Bright Water Trilogy: Ring of Bright Water, The Rocks Remain, Raven Seek Thy Brother
The Ring of Bright Water Trilogy: Ring of Bright Water, The Rocks Remain, Raven Seek Thy Brother


椋鳩十全集〈20〉カワウソの海
椋鳩十全集〈20〉カワウソの海


ガンバとカワウソの冒険 (岩波少年文庫)
ガンバとカワウソの冒険 (岩波少年文庫)


河合雅雄の動物記〈2〉カワウソ流氷の旅
河合雅雄の動物記〈2〉カワウソ流氷の旅

・・・
わたしの本も、ついでにいかがでしょう?


カワウソ

おそらく日本初の、カワウソだけ写真集


ドボク・サミット
ドボク・サミット

みんなで作ったドボク本



恋する水門―FLOODGATES

一家に一冊!世界初の水門写真集


新版 電脳の教室
新版 電脳の教室
こういうのもあります


  • ライブドアブログ
Das Otterhaus 【カワウソ舎】