Das Otterhaus 【カワウソ舎】

生きることは、見ること。写真作家・佐藤淳一が動物園水族館と生息地を訪ねます。カワウソがいてもいなくてもひたすら訪ねます。

世界最大のカワウソ2・ドルトムント動物園その2

[ Continuing story of Giant Otter at Zoo Dortmund. The large otter ground appeared! ]

120909_01
ドルトムント動物園のオオカワウソがつづきます。


オッターハウスの内部をもう少しご覧ください。

120909_02
前回、オオカワウソのファミリーが昼寝をしてた場所(写真の左側)のもっと奥には、室内プールがふたつあります。


120909_03
まあよくできた室内展示場ですが、ちょっとオオカワウソのファミリーにとっては狭い感じがします。


120909_04
ドルトムント動物園のパネルには、英語表記もあって親切。


120909_05
こんな楽しげなオオカワウソ解説パネルも。


120909_06
さて、ファミリーは何をしておるのかというと・・・いわゆる「営業」です。


120909_07
わたしは、オオカワウソというものはもっと無愛想な性質、あるいは用心深い性格であると思っていました。しかし、その推測は完全に裏切られました。


120909_08
オオカワウソもやはりカワウソです。基本的に好奇心の方が勝ってしまう動物のようです。動物園生まれの個体であれば、なおさらのこと。


120909_09
そんなんでいいのかオオカワウソ、と思いましたが、楽しそうなのでいいことにします。


120909_10
もう、遊ぶわ遊ぶわ。


120909_11
ところが何かの拍子にみんな水中から飛び出して・・・


120909_12
壁にある謎の穴(写真の右)にぞろぞろと消えてしまったのでした。



ありゃりゃ?
あっという間に誰もいなくなってしまった・・・



そして、壁の向こう側では何やらバタバタと音がします。寝室で遊んでいます、というようなノーマルな音ではありません。例えて言うと、木造旅館の旧館と新館をつなぐ渡り廊下を、オオカワウソの一団がバタバタと駆け抜けるような音です(頭の中で想像してみてね)。


120909_13
オッターハウスを出て、裏の森を覗いてみることにしましょう。


120909_14
バックヤードとおぼしき建物が見えますが、オオカワウソの姿は見えません。しかし、どうやらそのまた奥の方にも、さらに何かが続いている。


120909_15
坂を上って行くと、な、何だあれは!


120909_16
ギャー! 広大なオオカワウソ屋外放飼場が目の前に広がりました!!!


室内だけでは狭いよなあ、と思ってたら、こんな広いのが外にあったとは。しかもちょっと離れているところに。そこをオオカワウソたちは自力で移動しておるわけです。予想外の展開でした。




120909_17
みなさん、こっちにいらっしゃったんですか!


120909_18
しかも、お魚などもらってらっしゃいます。


120909_19
もらった〜♪          もらった〜♪


120909_20
いただき〜♪


120909_21
うまうま〜♪


120909_22
おおちびうそ?


120909_23
いや〜あまりにびっくりしたのと雨で暗いのとで、まともな写真が撮れてませんでした。誰かわたしにもっと高感度に強い、最新のデジタル一眼レフを与えたまえ。


120909_24
もちろん、つづきます。


Trackback

Comment

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 

おやすみ前にこの一冊・・・
160px_kawauso_book
東京書籍刊『カワウソ』をお買い上げくださいましてありがとうございます。おかげさまですでに3刷!

「カワウソなび」の最新情報はこちらをどうぞ↓


Where captive otters live in Japan.

 Otter holding facilities in Japan

佐藤淳一リアルタイム
最新の写真は flickr | Otterhaus で公開中。たまにカワウソも。

Created with flickr badge.




コメントありがとうございます。
すべてにリプライできなくてごめんなさい ↓

最新コメント
動物園・水族館・生息地

[動物園・水族館・生息地ごとの記事アーカイブ。カワウソ中心ですが、たまにほかの動物も出ます]

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
記事検索
タグ絞り込み検索
Junichi SATO

self portrait

[佐藤淳一]1963年生まれ。土木構造物と動物という、かけ離れた領域を行き来するあまり類を見ない写真作家。上の写真はベルリン地下鉄の駅の壁に貼ってあった「ハンケンスビュッテルかわうそセンター」のポスターを撮ったもの(2005年)。意図せず自分も写り込んでしまったので、公式セルフポートレートに認定。光学的にカワウソと一体化しています。

キュイキュイ書房
カワウソ本とカワウソグッズの密林セレクトショップ♪

かわうそ店長、意外にハマります。すでに4巻まで出てるよ。

かわうその自転車屋さん 1 (芳文社コミックス)
かわうその自転車屋さん 1 (芳文社コミックス) [コミック]

こやまけいこ
芳文社
2014-10-16


酒ケーキもいいんだけど、せんべいの方がもっといいよ獺祭。

旭酒造 獺祭 煎餅 だっさい せんべい 山田錦の砕米で作りました 30枚入り
旭酒造 獺祭 煎餅 だっさい せんべい 山田錦の砕米で作りました 30枚入り [その他]
旭酒造


世界13種のカワウソが網羅されているすばらしい入門書が出ました。写真もいっぱい!

Otters of the World
Otters of the World


ハンザのぬいぐるみが各種、買えるようになってますよ。
カワウソ No.3320
カワウソ No.3320 [おもちゃ&ホビー]


フィギュアはシュライヒが造りがいいですね。
Schleich シュライヒ カワウソ
Schleich シュライヒ カワウソ


かわうそ3きょうだい そらをゆく (にじいろえほん)
かわうそ3きょうだい そらをゆく (にじいろえほん)


かわうそ3きょうだいのふゆのあさ (えほんひろば)
かわうそ3きょうだいのふゆのあさ (えほんひろば)


かわうそ3きょうだい (えほんひろば)
かわうそ3きょうだい (えほんひろば)


空がレースにみえるとき (ほるぷ海外秀作絵本)
空がレースにみえるとき (ほるぷ海外秀作絵本)


ぼく、およげないの
ぼく、およげないの


ニホンカワウソ―絶滅に学ぶ保全生物学
ニホンカワウソ―絶滅に学ぶ保全生物学


Otter (Animal)
Otter (Animal)


Otters: Ecology, Behaviour And Conservation (Oxford Biology)
Otters: Ecology, Behaviour And Conservation (Oxford Biology)


カワウソと暮らす (富山房百科文庫 (34))
カワウソと暮らす (富山房百科文庫 (34))


The Ring of Bright Water Trilogy: Ring of Bright Water, The Rocks Remain, Raven Seek Thy Brother
The Ring of Bright Water Trilogy: Ring of Bright Water, The Rocks Remain, Raven Seek Thy Brother


椋鳩十全集〈20〉カワウソの海
椋鳩十全集〈20〉カワウソの海


ガンバとカワウソの冒険 (岩波少年文庫)
ガンバとカワウソの冒険 (岩波少年文庫)


河合雅雄の動物記〈2〉カワウソ流氷の旅
河合雅雄の動物記〈2〉カワウソ流氷の旅

・・・
わたしの本も、ついでにいかがでしょう?


カワウソ

おそらく日本初の、カワウソだけ写真集


ドボク・サミット
ドボク・サミット

みんなで作ったドボク本



恋する水門―FLOODGATES

一家に一冊!世界初の水門写真集


新版 電脳の教室
新版 電脳の教室
こういうのもあります


  • ライブドアブログ
Das Otterhaus 【カワウソ舎】