Das Otterhaus 【カワウソ舎】

生きることは、見ること。写真作家・佐藤淳一が動物園水族館と生息地を訪ねます。カワウソがいてもいなくてもひたすら訪ねます。

ムナジロテン・ドイツカワウソセンター

[ Almost endless report of Otter-Zentrum Hankensbüttel. The last Mustelidae animal except otter is Beech marten (also known as Stone marten or White breasted marten). This exhibit is quite interesting. The martens appear in a barn! ]

121013_01
んもう、何者ですかこのかわいいやつは?


121013_02
実はこいつがムナジロテン(ドイツ語でSteinmarder:石テン。ちなみに前回のマツテンはBaummarder:木テン)。ムナジロテンの展示テーマは納屋でして、要するに納屋にムナジロテンが住み着いちゃったりする、という設定です。日本で言ったらハクビシンみたいな存在か。


121013_03
左の建物(1階はカフェ)の2階は、こんな屋根裏部屋になってて、ここにもムナジロテンが出て走り回るのだ。真ん中に思いっきり巣箱が写っております。ムナジロテンのドイツ語の別名はHausmarder:家テン。まさに家の中に出てくるテン。 


121013_04
右の建物(これがいわゆる納屋)には自動車が突っ込んでおりますね。これがなぜかはあとで書きます。


121013_06
ムナジロテンのガイドが始まりました。このエサで寄せます。


121013_05
でたあ〜♪


121013_07
ぴよ〜ん


121013_08
しゅたっ


121013_09
ふんふん


121013_10
胸のぶち模様がたまらん!


121013_11
あやしいやつ!


121013_12
別の個体も出てきて、


121013_13
べーっ


121013_14
何でここに車があるのかと言いますと、ムナジロテンはとっても車が好きなんです。


121013_17
と言っても別に運転するのが好き、とかじゃなくて、エンジンルームに入り込んでコード類をかじってしまうらしい。まあそれも一種のメカ好きと言えなくもないか。


121013_15
なにしろ納屋全体がおもちゃ箱みたいなもんだからねえ。こういうところが楽しいのだ彼らには。


121013_18
というわけで、ぶっちゃけムナジロテンは農家のひとに嫌われております。つまり放っておくと駆除されてしまう。そこでカワウソセンターでは、このように「Marderberatung:ムナジロテン相談会」ってのを毎日時間を決めてやっているようです。うちのガレージにもムナジロテンが出るんだけどどうしたらいいの?みたいな相談でしょうけど、いったいどういう助言を与えているんだろうか。


121013_16
しかし、よく考えるとぶっとんだ展示です。カワウソセンターのノリ、いや考え方が実によく表れていると思います。ここは動物園ではないので、何が何でも自然景観の中で見せなければ、という暗黙の縛りみたいな感覚がないのかもしれない。


次回、いよいよユーラシアカワウソ!

yumi | 2012年10月15日 11:48
こんなに可愛いのに駆除されてしまうんですね。
ネズミや野生化したアライグマみたいな感じでしょうか。

農家の敵ですらダイナミックに展示するところは素晴らしく思います。
jsato@otterhaus | 2012年10月16日 19:53
なにしろコードとか、かじっちゃいますからねー。完全に害獣扱いだと思います。

だから近所の人の中にはカワウソセンターのことをよく思っていない人もいるらしいです。しかしカワウソセンターは、他に何もないこの地域の唯一の観光施設でもあり、地域経済にかなり貢献しているという側面もあるわけで・・・。なかなか絶妙なバランスで成立しているみたいです。

おやすみ前にこの一冊・・・
160px_kawauso_book
東京書籍刊『カワウソ』をお買い上げくださいましてありがとうございます。おかげさまですでに3刷!

「カワウソなび」の最新情報はこちらをどうぞ↓


Where captive otters live in Japan.

 Otter holding facilities in Japan

佐藤淳一リアルタイム
最新の写真は flickr | Otterhaus で公開中。たまにカワウソも。

Created with flickr badge.
動物園・水族館・生息地

[動物園・水族館・生息地ごとの記事アーカイブ。カワウソ中心ですが、たまにほかの動物も出ます]

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
記事検索
タグ絞り込み検索
Junichi SATO

self portrait

[佐藤淳一]1963年生まれ。土木構造物と動物という、かけ離れた領域を行き来するあまり類を見ない写真作家。上の写真はベルリン地下鉄の駅の壁に貼ってあった「ハンケンスビュッテルかわうそセンター」のポスターを撮ったもの(2005年)。意図せず自分も写り込んでしまったので、公式セルフポートレートに認定。光学的にカワウソと一体化しています。

 Biography + Bibliography
(展覧会と各種掲載リスト)


 Floodgates

 Twitter : otterhaus
 Facebook : otterhaus
 Tumblr : otterhaus
 Tumblr : otterhausanbau
 Flickr : Otterhaus

 メールはこちら

* 依然として記事の内容に無関係なスパム的書き込みが多いため、各記事に対する新規コメントは現在、受け付けておりません。ご連絡は上のメールフォームから、公開ツッコミなどはFacebook、Twitterをご利用いただければ幸いです。


キュイキュイ書房
カワウソ本とカワウソグッズの密林セレクトショップ♪

かわうそ店長、意外にハマります。すでに5巻まで出てるよ。

かわうその自転車屋さん 1 (芳文社コミックス)
かわうその自転車屋さん 1 (芳文社コミックス) [コミック]

こやまけいこ
芳文社
2014-10-16


酒ケーキもいいんだけど、せんべいの方がもっといいよ獺祭。

旭酒造 獺祭 煎餅 だっさい せんべい 山田錦の砕米で作りました 30枚入り
旭酒造 獺祭 煎餅 だっさい せんべい 山田錦の砕米で作りました 30枚入り [その他]
旭酒造


世界13種のカワウソが網羅されているすばらしい入門書が出ました。写真もいっぱい!

Otters of the World
Otters of the World


ハンザのぬいぐるみが各種、買えるようになってますよ。
カワウソ No.3320
カワウソ No.3320 [おもちゃ&ホビー]


フィギュアはシュライヒが造りがいいですね(なぜか最近すごい値段になってる!)。
Schleich シュライヒ カワウソ
Schleich シュライヒ カワウソ


かわうそ3きょうだい そらをゆく (にじいろえほん)
かわうそ3きょうだい そらをゆく (にじいろえほん)


かわうそ3きょうだいのふゆのあさ (えほんひろば)
かわうそ3きょうだいのふゆのあさ (えほんひろば)


かわうそ3きょうだい (えほんひろば)
かわうそ3きょうだい (えほんひろば)


空がレースにみえるとき (ほるぷ海外秀作絵本)
空がレースにみえるとき (ほるぷ海外秀作絵本)


ぼく、およげないの
ぼく、およげないの


ニホンカワウソ―絶滅に学ぶ保全生物学
ニホンカワウソ―絶滅に学ぶ保全生物学


Otter (Animal)
Otter (Animal)


Otters: Ecology, Behaviour And Conservation (Oxford Biology)
Otters: Ecology, Behaviour And Conservation (Oxford Biology)


カワウソと暮らす (富山房百科文庫 (34))
カワウソと暮らす (富山房百科文庫 (34))


The Ring of Bright Water Trilogy: Ring of Bright Water, The Rocks Remain, Raven Seek Thy Brother
The Ring of Bright Water Trilogy: Ring of Bright Water, The Rocks Remain, Raven Seek Thy Brother


椋鳩十全集〈20〉カワウソの海
椋鳩十全集〈20〉カワウソの海


ガンバとカワウソの冒険 (岩波少年文庫)
ガンバとカワウソの冒険 (岩波少年文庫)


河合雅雄の動物記〈2〉カワウソ流氷の旅
河合雅雄の動物記〈2〉カワウソ流氷の旅

・・・
わたしの本も、ついでにいかがでしょう?


カワウソ

おそらく日本初の、カワウソだけ写真集


ドボク・サミット
ドボク・サミット

みんなで作ったドボク本



恋する水門―FLOODGATES

一家に一冊!世界初の水門写真集


新版 電脳の教室
新版 電脳の教室
こういうのもあります


  • ライブドアブログ
Das Otterhaus 【カワウソ舎】