Das Otterhaus 【カワウソ舎】

生きることは、見ること。写真作家・佐藤淳一が動物園と水族館を訪ねます。カワウソがいてもいなくてもひたすら訪ねます。

市川カワウソ・かたまりドンゴロス

[ Oriental small-clawed otters at Ichikawa Zoological & Botanical Garden. Three otter brothers are playing on the water sliding equipment. And we (Kawauso Friends) gave them new burlap sacks as our present. ]

130415_01
まいどどうも。市川市動植物園のコツメカワウソです。


130415_02
すっかり水もぬるんできたようで。


130415_03
お父ちゃんも元気そうですね。


130415_04
根っこ掘られて枯れたかと思った木も、元気そうです。


130415_05
お母ちゃんもすっかり貫録が出てまいりました。


130415_06
お子たちもあいかわらず破壊工作。


130415_07
メロンくんはまだ毛引かれウソ。


130415_08
隣の少年隊はというと、流しスライディングに余念がありません。


130415_09
キメたつもり。


130415_10
さて、そんなキミたちに・・・


130415_11
ドンゴロスのプレゼントだ!


130415_12
おーい、新しいドンゴロスだよ!


130415_13
んんん〜?


130415_14
なんですかあ?


130415_15
喜んでるというよりは、怪しんでました。普通、こんなかたまりで見ないもんねドンゴロス。


というわけで、昨年11月の千葉ズーフェスタでのカワウソフレンズの売り上げの一部を、先日カワウソ講座でお世話になった市川のカワウソたちにお礼として贈りました。


ちなみに前回は
Das Otterhaus 【カワウソ舎】 | 多摩カワウソ・ご報告と飼育の日
のような形で使いましたが、今年はそっちは自腹で継続です。


130415_16
どうも。


あ、ところでこの流しカワウソ装置ですが、現在、ゴールデンウイークを目前にして増設工事が進行中です。より複雑さを増して、またまたコツメの面白い行動を引き出してくれるものと思われます。楽しみ!


130415_17
まだまだ夕方は寒いね〜


Trackback

Comment

河童の嫁 | 2013年04月16日 13:41
待ってました!!!!!
お忙しいのだろうとは思いつつ、最近「生うそ成分」が足りなかったので
とても嬉しいです。いい季節になってまいりましたし
河童の夫が市川に実物の生うそ見に行きたいと申しておりますので
そちらも楽しみです。
はまうそ | 2013年04月16日 23:43
おもしろすぎます。
少年隊の???と担当氏、タマリマセン。
市川の現在の様子がよくわかりました。
どうもありがとうございます。ムツキ一家は大喜びですね。そしてあのゴンタ一家にもおこころづかいいただきまして。
jsato@otterhaus | 2013年05月01日 22:45
>河童の嫁さん
お返事が遅くなりましてすいません。市川ですが、狭い水路での行動を引きだす面白い展示に、ますます磨きがかかっています。ぜひ見に行ってみてください。

>はまうそさん
お返事が遅くなってすいません。できる範囲で少しだけ、という感じで^^

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 

おやすみ前にこの一冊・・・
160px_kawauso_book
東京書籍刊『カワウソ』をお買い上げくださいましてありがとうございます。
「カワウソなび」の追補はこちら↓


How we keep and watch wild animals in zoos and aquariums. Junichi Sato's recent works.


 Zoological Portrait Series


 Zoological Landscape Series


Where captive otters live in Japan.

 Otter holding facilities in Japan

最新記事40
記事検索




コメントありがとうございます。
すべてにリプライできなくてごめんなさい ↓

最新コメント
動物園・水族館

[動物園・水族館・生息地ごとの記事アーカイブ。カワウソ中心ですが、たまにほかの動物も出ます]

タグクラウド
月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
Junichi SATO

self portrait

[佐藤淳一]1963年生まれ。土木構造物と動物という、かけ離れた領域を行き来するあまり類を見ない写真作家。上の写真はベルリン地下鉄の駅の壁に貼ってあった「ハンケンスビュッテルかわうそセンター」のポスターを撮ったもの(2005年)。意図せず自分も写り込んでしまったので、公式セルフポートレートに認定。光学的にカワウソと一体化しています。

Creative Commons License
This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-ShareAlike 3.0 Unported License.

キュイキュイ書房
カワウソ本とカワウソグッズの密林セレクトショップ♪

かわうそ店長、意外にハマりました。2も出てます。

かわうその自転車屋さん 1 (芳文社コミックス)
かわうその自転車屋さん 1 (芳文社コミックス) [コミック]

こやまけいこ
芳文社
2014-10-16


酒ケーキもいいんだけど、せんべいの方がもっといいよ獺祭。

旭酒造 獺祭 煎餅 だっさい せんべい 山田錦の砕米で作りました 30枚入り
旭酒造 獺祭 煎餅 だっさい せんべい 山田錦の砕米で作りました 30枚入り [その他]
旭酒造


世界13種のカワウソが網羅されているすばらしい入門書が出ました。写真もいっぱい!

Otters of the World
Otters of the World


ハンザのぬいぐるみが各種、買えるようになってますよ。
カワウソ No.3320
カワウソ No.3320 [おもちゃ&ホビー]


フィギュアはシュライヒが造りがいいですね。
Schleich シュライヒ カワウソ
Schleich シュライヒ カワウソ


かわうそ3きょうだい そらをゆく (にじいろえほん)
かわうそ3きょうだい そらをゆく (にじいろえほん)


かわうそ3きょうだいのふゆのあさ (えほんひろば)
かわうそ3きょうだいのふゆのあさ (えほんひろば)


かわうそ3きょうだい (えほんひろば)
かわうそ3きょうだい (えほんひろば)


空がレースにみえるとき (ほるぷ海外秀作絵本)
空がレースにみえるとき (ほるぷ海外秀作絵本)


ぼく、およげないの
ぼく、およげないの


ニホンカワウソ―絶滅に学ぶ保全生物学
ニホンカワウソ―絶滅に学ぶ保全生物学


Otter (Animal)
Otter (Animal)


Otters: Ecology, Behaviour And Conservation (Oxford Biology)
Otters: Ecology, Behaviour And Conservation (Oxford Biology)


カワウソと暮らす (富山房百科文庫 (34))
カワウソと暮らす (富山房百科文庫 (34))


The Ring of Bright Water Trilogy: Ring of Bright Water, The Rocks Remain, Raven Seek Thy Brother
The Ring of Bright Water Trilogy: Ring of Bright Water, The Rocks Remain, Raven Seek Thy Brother


椋鳩十全集〈20〉カワウソの海
椋鳩十全集〈20〉カワウソの海


ガンバとカワウソの冒険 (岩波少年文庫)
ガンバとカワウソの冒険 (岩波少年文庫)


河合雅雄の動物記〈2〉カワウソ流氷の旅
河合雅雄の動物記〈2〉カワウソ流氷の旅

・・・
わたしの本も、ついでにいかがでしょう?


カワウソ

おそらく日本初の、カワウソだけ写真集


ドボク・サミット
ドボク・サミット

みんなで作ったドボク本



恋する水門―FLOODGATES

一家に一冊!世界初の水門写真集


新版 電脳の教室
新版 電脳の教室
こういうのもあります


  • ライブドアブログ
Creative Commons License
This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-ShareAlike 3.0 Unported License.

Das Otterhaus 【カワウソ舎】