Das Otterhaus 【カワウソ舎】

生きることは、見ること。写真作家・佐藤淳一が動物園水族館と生息地を訪ねます。カワウソがいてもいなくてもひたすら訪ねます。

市川カワウソ・NK-300稼働中!

[ Oriental small-clawed otters at Ichikawa Zoological & Botanical Garden. A new play equipment for the otters has been added recently. It draws out some of the otter's interesting behaviors. ]

130501_01
毎度おなじみ、市川市動植物園のカワウソ流し台。


130501_02
午後のひととき、ゴロゴロ少年隊。


130501_03
屋根の上でも寝ます。


130501_04
最初、3頭で寝てたのですが。


130501_05
最終的に強いのが残るようです。


130501_06
昼寝が終わって午後の運動タイム。


130501_07
そして、これが前回お知らせした通り、ゴールデンウイークに向けて設置された新流し台!


130501_08
このスペシャルな設備は内部コードで「NK-300」と呼ばれているようです。


130501_09
よっこらしょ。


130501_10
NK-300の特徴は、ご覧の通り、上にある既設のNK-200とのアクセスのために作り込まれた階段部分。とっても目立ちますね。


130501_11
この部分の構造は、みごとにコツメカワウソの習性(とにかく狭いところに前足を突っ込みまくる)を引き出してくれます。


130501_12
本来はエサを探す行動と言われていますが、どう見てもエサとは関係のなさそうな場所でも突っ込みまくるので、もはや生活の中での「楽しみ」としての行為のようになっているように思われます。カワウソが遊び好きであると言われるのは、このような行動からもうかがうことができます。


130501_13
うっかり指をはさんでも、塩ビだからケガをしにくいこともメリットですかね。


130501_14
NK-200から流れ落ちる水は、NK-300に落ちかかるようになっています。こんなふうに端にだれかいると、水流が変化するのはむしろお楽しみ要素。塩ビの柔軟な構造がいろいろと面白い効果を生み出します。


130501_15
水路幅が1.5倍になったNK-300では、このようにゆったりとカワウソが乗っています。


130501_16
水量も多いので、水路内の移動は泳ぐ感じになります(上部のNK-200では、水を押して歩く、みたいな面白い行動を引き出しているのと対照的です。カワウソの胴の太さに近い狭い水路の方が、遊び的な移動を誘発するわけです)。


130501_17
このように今回、太い水路が追加されたことで、水路幅の違いによってコツメカワウソの移動行動が違ってくることに意識が行くようになりました。

コツメカワウソの生息地の環境から考えると、透明度の高い深い水中をすいすい泳ぐ機会よりも、むしろ水深の浅い細い水路をばしゃばしゃと、半ば泳ぎ、半ば走り回るような機会の方が多いのではないだろうか、などと想像がふくらみます。


130501_18
となりの本体もみんな元気だ!


Trackback

Comment

すびちー | 2013年05月04日 02:06
まるでアスレチック遊具で遊ぶ子どもみたいですね!
ところでNK-300のNKとは、もしや「流しカワウソ」のことでしょうか…?
jsato@otterhaus | 2013年05月04日 14:01
>すびちーさん
おそらくそうだと思います^^。
というか、他に考えられないですもんね。
ちなみに数字は、材料の塩ビ管の直径です。
すびちー | 2013年05月04日 19:27
レスありがとうございます。
やっぱりそうだったんですね!
なんてベタな!!
しかも数字は塩ビ管の直径とは…!
でもそんなベタさがカワウソらしらを倍増しています(^-^)
河童の嫁 | 2013年05月10日 11:40
このGW前に、とうとう市川かわうそを見に行ってきました!!!
河童夫婦が訪れた時はまだ新流し台は出来ていませんでした。
フェンス等の遮物がなく、間近にかわうそを観察出来る環境が素晴らしかったです。
しかも平日だったので超空いていてとても落ち着いて見られて楽しかったです。
本当にぴゃーぴゃーと鳴くし、物凄く元気なので感激しました。
少年隊はその日も小屋の屋根の谷間に固まっていましたよ!
jsato@otterhaus | 2013年05月10日 23:10
>河童の嫁さん
わざわざご夫婦でありがとうございます。平日ですと、時間によっては貸切状態で観察ができますね。ぜひまたよろしくお願いします!
Rei | 2013年07月11日 23:25
書き込みはご無沙汰しております!
昨日NHKで「流しカワウソ」が紹介されてました。
暑い猛暑夜に見た涼しげな風景に心が和みました。

そうそう、上野にアクアマリンのチロルとドナウのお子達が来て早数か月が経ちます。3匹とも元気です!そのうち2匹は飛び出せ水槽でよく見かけますよ。はやく素敵な旦那様が見つかると良いですね。ユーラシアは個体数が減ってますからね・・・Otter Projectの開始は心強いばかりです。
jsato@otterhaus | 2013年07月14日 07:51
>Reiさん
流しカワウソ、このところすっかり人気ニュースになってますね。お客さんが増えるといいんですが。

上野も見に行かなきゃなあ・・・

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 

おやすみ前にこの一冊・・・
160px_kawauso_book
東京書籍刊『カワウソ』をお買い上げくださいましてありがとうございます。おかげさまですでに3刷!

「カワウソなび」の最新情報はこちらをどうぞ↓


Where captive otters live in Japan.

 Otter holding facilities in Japan

佐藤淳一リアルタイム
最新の写真は flickr | Otterhaus で公開中。たまにカワウソも。

Created with flickr badge.




コメントありがとうございます。
すべてにリプライできなくてごめんなさい ↓

最新コメント
動物園・水族館・生息地

[動物園・水族館・生息地ごとの記事アーカイブ。カワウソ中心ですが、たまにほかの動物も出ます]

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
記事検索
タグ絞り込み検索
Junichi SATO

self portrait

[佐藤淳一]1963年生まれ。土木構造物と動物という、かけ離れた領域を行き来するあまり類を見ない写真作家。上の写真はベルリン地下鉄の駅の壁に貼ってあった「ハンケンスビュッテルかわうそセンター」のポスターを撮ったもの(2005年)。意図せず自分も写り込んでしまったので、公式セルフポートレートに認定。光学的にカワウソと一体化しています。

キュイキュイ書房
カワウソ本とカワウソグッズの密林セレクトショップ♪

かわうそ店長、意外にハマります。すでに4巻まで出てるよ。

かわうその自転車屋さん 1 (芳文社コミックス)
かわうその自転車屋さん 1 (芳文社コミックス) [コミック]

こやまけいこ
芳文社
2014-10-16


酒ケーキもいいんだけど、せんべいの方がもっといいよ獺祭。

旭酒造 獺祭 煎餅 だっさい せんべい 山田錦の砕米で作りました 30枚入り
旭酒造 獺祭 煎餅 だっさい せんべい 山田錦の砕米で作りました 30枚入り [その他]
旭酒造


世界13種のカワウソが網羅されているすばらしい入門書が出ました。写真もいっぱい!

Otters of the World
Otters of the World


ハンザのぬいぐるみが各種、買えるようになってますよ。
カワウソ No.3320
カワウソ No.3320 [おもちゃ&ホビー]


フィギュアはシュライヒが造りがいいですね。
Schleich シュライヒ カワウソ
Schleich シュライヒ カワウソ


かわうそ3きょうだい そらをゆく (にじいろえほん)
かわうそ3きょうだい そらをゆく (にじいろえほん)


かわうそ3きょうだいのふゆのあさ (えほんひろば)
かわうそ3きょうだいのふゆのあさ (えほんひろば)


かわうそ3きょうだい (えほんひろば)
かわうそ3きょうだい (えほんひろば)


空がレースにみえるとき (ほるぷ海外秀作絵本)
空がレースにみえるとき (ほるぷ海外秀作絵本)


ぼく、およげないの
ぼく、およげないの


ニホンカワウソ―絶滅に学ぶ保全生物学
ニホンカワウソ―絶滅に学ぶ保全生物学


Otter (Animal)
Otter (Animal)


Otters: Ecology, Behaviour And Conservation (Oxford Biology)
Otters: Ecology, Behaviour And Conservation (Oxford Biology)


カワウソと暮らす (富山房百科文庫 (34))
カワウソと暮らす (富山房百科文庫 (34))


The Ring of Bright Water Trilogy: Ring of Bright Water, The Rocks Remain, Raven Seek Thy Brother
The Ring of Bright Water Trilogy: Ring of Bright Water, The Rocks Remain, Raven Seek Thy Brother


椋鳩十全集〈20〉カワウソの海
椋鳩十全集〈20〉カワウソの海


ガンバとカワウソの冒険 (岩波少年文庫)
ガンバとカワウソの冒険 (岩波少年文庫)


河合雅雄の動物記〈2〉カワウソ流氷の旅
河合雅雄の動物記〈2〉カワウソ流氷の旅

・・・
わたしの本も、ついでにいかがでしょう?


カワウソ

おそらく日本初の、カワウソだけ写真集


ドボク・サミット
ドボク・サミット

みんなで作ったドボク本



恋する水門―FLOODGATES

一家に一冊!世界初の水門写真集


新版 電脳の教室
新版 電脳の教室
こういうのもあります


  • ライブドアブログ
Das Otterhaus 【カワウソ舎】