Das Otterhaus 【カワウソ舎】

生きることは、見ること。写真作家・佐藤淳一が動物園水族館と生息地を訪ねます。カワウソがいてもいなくてもひたすら訪ねます。

シンガポールのオオカワウソ・その2(マナティ付き)

[ Continuing report of Giant otter exhibit at River Safari in Singapore. This facility where Giant otters live is called Amazon Flooded Forest. It also has a tremendous pool for Manatee. ]

131108_01
シンガポールのリバーサファリのオオカワウソのつづきです。


131108_02
どどどどど


131108_03
どっ


131108_04
ぼぉ


131108_05
ぉぉぉぉん!


131108_06
ぷは〜


131108_07
それにしても、広いオオカワウソ放飼場ですなあ。


131108_08
で、この放飼場、お客さんが見る側は室内です。オオカワウソだけが外。彼らはアマゾンものなので、シンガポールの気温はおそらくちょうどいいのね。


ところでこの建物は「Amazon Flooded Forest」(アマゾン浸水林、って訳せばいいのかな)という展示施設になってます。

River Safari Singapore | Amazon Flooded Forest

そしてこのカワウソ窓の反対側の室内には、何がいるのかというと・・・



131108_10
んんん?


131108_09
マナティです!

しかも1頭や2頭ではありません(何頭いるんだか数えてませんすいません)。


そして、この建物は、当然のことながら水面下に降りて行けるようになっています。そのスロープを下ると・・・


131108_11
あらどうも〜♪

ヤングマナティが営業していたり。


131108_12
その窓から下を見るとこんなスケール感の崩壊した水中風景が。


シャコじゃないからねw。マナティがわらわらいるんだからね。


131108_13
もう少し下るとこんな。


131108_14
子連れマナティが複数いました。


そして、このスロープを下ったところには・・・


131108_15
こんな景色が!

浸水林の底、木が立ち並ぶ水中をマナティと各種アマゾン魚類が群れをなして泳いでおりました。なかなかスケールのでかい展示。


131108_16
お子様団体がいっぱいいてうるさいように見えますが、そうでもありませんでした。実はリバーサファリは、もっとも集客力が発揮されそうな目玉施設(Amazon River Questなる、ボートに乗ってアマゾン下り?ができるアトラクション。敷地のおよそ半分を占める)がいまだ工事中な関係で、お客さんがそれほど入ってない感じなんです。もうひとつの目玉であるジャイアントパンダ展示も、意外なことにお客がまばらでしたし。



まあその話は置いておいて、そのマナティの反対側に、オオカワウソの水中窓があるわけです。


131108_17
はい、こちら。視覚的には反対側のマナティ大水槽の浸水林がこっちまでつながっている、というような設定ですが、実際には独立したプールです。


131108_18
たのしいデートにオオカワウソ。


131108_19
タブレット買ったらオオカワウソ。


131108_20
お子様の教育にもオオカワウソ。


131108_21
ママ!あたし、あれ飼いたい!


やめといた方がいいと思います。



131108_22
で、水中展示はこれで終わりではありません。カルロスがその表面をにょろりんと泳いでおりますこの人工物、これは何かと言いますと・・・


131108_23
これです。水中オオカワウソトンネルです。


131108_24
うーん、ここまでやるかリバーサファリ。


つづきます。


Trackback

Comment

河童の嫁 | 2013年11月10日 16:41
前から思ってたんですが、オオカワウソってボブ・サップに似てると思いました。
カワウソといいながら既に別の生き物のようです。勝てる気が全くしません。
jsato@otterhaus | 2013年11月10日 22:43
>河童の嫁さん
おー、ボブ・サップですか。たしかにある種の人の顔にそっくり、といいますか、「こういうひといるよね」といいますか、とにかく見てて飽きないです。もちろん勝てる気はしないですね、たしかにw

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 

おやすみ前にこの一冊・・・
160px_kawauso_book
東京書籍刊『カワウソ』をお買い上げくださいましてありがとうございます。おかげさまですでに3刷!

「カワウソなび」の最新情報はこちらをどうぞ↓


Where captive otters live in Japan.

 Otter holding facilities in Japan

佐藤淳一リアルタイム
最新の写真は flickr | Otterhaus で公開中。たまにカワウソも。

Created with flickr badge.




コメントありがとうございます。
すべてにリプライできなくてごめんなさい ↓

最新コメント
動物園・水族館・生息地

[動物園・水族館・生息地ごとの記事アーカイブ。カワウソ中心ですが、たまにほかの動物も出ます]

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
記事検索
タグ絞り込み検索
Junichi SATO

self portrait

[佐藤淳一]1963年生まれ。土木構造物と動物という、かけ離れた領域を行き来するあまり類を見ない写真作家。上の写真はベルリン地下鉄の駅の壁に貼ってあった「ハンケンスビュッテルかわうそセンター」のポスターを撮ったもの(2005年)。意図せず自分も写り込んでしまったので、公式セルフポートレートに認定。光学的にカワウソと一体化しています。

キュイキュイ書房
カワウソ本とカワウソグッズの密林セレクトショップ♪

かわうそ店長、意外にハマります。すでに4巻まで出てるよ。

かわうその自転車屋さん 1 (芳文社コミックス)
かわうその自転車屋さん 1 (芳文社コミックス) [コミック]

こやまけいこ
芳文社
2014-10-16


酒ケーキもいいんだけど、せんべいの方がもっといいよ獺祭。

旭酒造 獺祭 煎餅 だっさい せんべい 山田錦の砕米で作りました 30枚入り
旭酒造 獺祭 煎餅 だっさい せんべい 山田錦の砕米で作りました 30枚入り [その他]
旭酒造


世界13種のカワウソが網羅されているすばらしい入門書が出ました。写真もいっぱい!

Otters of the World
Otters of the World


ハンザのぬいぐるみが各種、買えるようになってますよ。
カワウソ No.3320
カワウソ No.3320 [おもちゃ&ホビー]


フィギュアはシュライヒが造りがいいですね。
Schleich シュライヒ カワウソ
Schleich シュライヒ カワウソ


かわうそ3きょうだい そらをゆく (にじいろえほん)
かわうそ3きょうだい そらをゆく (にじいろえほん)


かわうそ3きょうだいのふゆのあさ (えほんひろば)
かわうそ3きょうだいのふゆのあさ (えほんひろば)


かわうそ3きょうだい (えほんひろば)
かわうそ3きょうだい (えほんひろば)


空がレースにみえるとき (ほるぷ海外秀作絵本)
空がレースにみえるとき (ほるぷ海外秀作絵本)


ぼく、およげないの
ぼく、およげないの


ニホンカワウソ―絶滅に学ぶ保全生物学
ニホンカワウソ―絶滅に学ぶ保全生物学


Otter (Animal)
Otter (Animal)


Otters: Ecology, Behaviour And Conservation (Oxford Biology)
Otters: Ecology, Behaviour And Conservation (Oxford Biology)


カワウソと暮らす (富山房百科文庫 (34))
カワウソと暮らす (富山房百科文庫 (34))


The Ring of Bright Water Trilogy: Ring of Bright Water, The Rocks Remain, Raven Seek Thy Brother
The Ring of Bright Water Trilogy: Ring of Bright Water, The Rocks Remain, Raven Seek Thy Brother


椋鳩十全集〈20〉カワウソの海
椋鳩十全集〈20〉カワウソの海


ガンバとカワウソの冒険 (岩波少年文庫)
ガンバとカワウソの冒険 (岩波少年文庫)


河合雅雄の動物記〈2〉カワウソ流氷の旅
河合雅雄の動物記〈2〉カワウソ流氷の旅

・・・
わたしの本も、ついでにいかがでしょう?


カワウソ

おそらく日本初の、カワウソだけ写真集


ドボク・サミット
ドボク・サミット

みんなで作ったドボク本



恋する水門―FLOODGATES

一家に一冊!世界初の水門写真集


新版 電脳の教室
新版 電脳の教室
こういうのもあります


  • ライブドアブログ
Das Otterhaus 【カワウソ舎】