Das Otterhaus 【カワウソ舎】

生きることは、見ること。写真作家・佐藤淳一が動物園水族館と生息地を訪ねます。カワウソがいてもいなくてもひたすら訪ねます。

第2回カワウソ講座、終わりました

[ The 2nd Otter Lecture jointly sponsored by Kawauso Friends and Fukuoka City Zoological Garden was held on Mar. 16. ]

140317_01
福岡市動物園のコツメカワウソ、のこすけ(左)とリラお母さん。

2014年3月16日日曜日、福岡市動物園の動物科学館をお借りして、第2回カワウソ講座を開催しました。ご参加くださったみなさま、ありがとうございました。講師のみなさま、関係者のみなさま、お世話になりました!


140317_02
福岡市動物園のコツメ飼育担当、藤野さんによる講演の様子です。


140317_03
筑紫女学園大学短期大学部教授、佐々木浩先生による講演の様子です。


140317_04
講演の前、特別給餌イベントをやっていただいたときの様子がこちら。福岡のコツメカワウソ、とんでもない人気ものです!


8月生まれの4頭、前回(9月)におじゃましたときはこんな感じ↓で、まだ水漬けなどされていましたが、

Das Otterhaus 【カワウソ舎】 | 水漬けはじめました♪



あれから半年たって、みんな立派なわかうそに成長しています。名前も付けてもらいました。ちょっと目をはなした隙に、すっかり福岡のアイドルになっていた!

140317_05
真ん中が、げんた。右の水中にいるのが、いと。


140317_06
いとは鼻が黒っぽいです。


140317_07
あい。ピンクの鼻の中の黒い部分がとっても目立ちますね。


140317_08
げんたは途中まで人工哺育だった個体です。


140317_09
すっかり丈夫そうなカワウソに育ちました。ピンクの鼻に、たてすじが入っています。


140317_10
みんなまだ泳ぎはへたくそだ。


140317_11
子どもたちがシシオザルエリアに行けないようにここのはしごをはずしていたのを、最近戻したのだそうです。はじめて子どもたちがはしごを上ったときに、降り方がわからなくて、みんなぼたぼたと水に落ちたそうですが、たしかにコツメの子たちはよくいろんなところから落ちますねえ。


140317_12
もうアクリルパイプ通行にも慣れました。


140317_13
パイプ通路はお昼寝場所にもなります。あいちゃんカメラ目線。


140317_14
ふく太父ちゃん、上に向かって威嚇!


140317_15
上からやってくるのはビントロング。


140317_16
こちら、10月うまれのビントロングきょうだい。


140317_17
うりうり。

上の2枚は2階(あれ?3階だっけ?4階?)のビントロング展示エリアでの撮影です。


140317_18
で、子どもたちがちょくちょく下のカワウソエリアに遊びにまいります。


140317_19
この辺まで降りて来ると、


140317_20
なぜか高いところが得意なふく太父ちゃんの行動エリアと重なります。

あっちにはシシオザル、こっちにはビントロング。福岡はいま日本でいちばん刺激的なコツメ展示と言えるでしょう。



140317_21
閉園時間近くになりました。この日はみんなちっとも寝室に入らないので、ドジョウをちらつかせて入ってもらいました。これがドジョウであることがわかるってことは、コツメカワウソはやはり目がいいのだと思います。


140317_22
リラちゃんは授乳期を終えてもあいかわらず食欲旺盛。


140317_23
完全に腰をすえてペレットをいただいています。右の子はだれかな?


140317_24
げんたでした!


Trackback

おやすみ前にこの一冊・・・
160px_kawauso_book
東京書籍刊『カワウソ』をお買い上げくださいましてありがとうございます。おかげさまですでに3刷!

「カワウソなび」の最新情報はこちらをどうぞ↓


Where captive otters live in Japan.

 Otter holding facilities in Japan

佐藤淳一リアルタイム
最新の写真は flickr | Otterhaus で公開中。たまにカワウソも。

Created with flickr badge.
動物園・水族館・生息地

[動物園・水族館・生息地ごとの記事アーカイブ。カワウソ中心ですが、たまにほかの動物も出ます]

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
記事検索
タグ絞り込み検索
Junichi SATO

self portrait

[佐藤淳一]1963年生まれ。土木構造物と動物という、かけ離れた領域を行き来するあまり類を見ない写真作家。上の写真はベルリン地下鉄の駅の壁に貼ってあった「ハンケンスビュッテルかわうそセンター」のポスターを撮ったもの(2005年)。意図せず自分も写り込んでしまったので、公式セルフポートレートに認定。光学的にカワウソと一体化しています。

 Biography + Bibliography
(展覧会と各種掲載リスト)


 Floodgates

 Twitter : otterhaus
 Facebook : otterhaus
 Tumblr : otterhaus
 Tumblr : otterhausanbau
 Flickr : Otterhaus

 メールはこちら

* 依然として記事の内容に無関係なスパム的書き込みが多いため、各記事に対する新規コメントは現在、受け付けておりません。ご連絡は上のメールフォームから、公開ツッコミなどはFacebook、Twitterをご利用いただければ幸いです。


キュイキュイ書房
カワウソ本とカワウソグッズの密林セレクトショップ♪

かわうそ店長、とってもハマります。すでに6巻まで出てるよ。

かわうその自転車屋さん 1 (芳文社コミックス)
かわうその自転車屋さん 1 (芳文社コミックス) [コミック]

こやまけいこ
芳文社
2014-10-16


酒ケーキもいいんだけど、せんべいの方がもっといいよ獺祭。

旭酒造 獺祭 煎餅 だっさい せんべい 山田錦の砕米で作りました 30枚入り
旭酒造 獺祭 煎餅 だっさい せんべい 山田錦の砕米で作りました 30枚入り [その他]
旭酒造


世界13種のカワウソが網羅されているすばらしい入門書が出ました。写真もいっぱい!

Otters of the World
Otters of the World


ハンザのぬいぐるみが各種、買えるようになってますよ。
カワウソ No.3320
カワウソ No.3320 [おもちゃ&ホビー]


フィギュアはシュライヒが造りがいいですね(なぜか最近すごい値段になってる!)。
Schleich シュライヒ カワウソ
Schleich シュライヒ カワウソ


かわうそ3きょうだい そらをゆく (にじいろえほん)
かわうそ3きょうだい そらをゆく (にじいろえほん)


かわうそ3きょうだいのふゆのあさ (えほんひろば)
かわうそ3きょうだいのふゆのあさ (えほんひろば)


かわうそ3きょうだい (えほんひろば)
かわうそ3きょうだい (えほんひろば)


空がレースにみえるとき (ほるぷ海外秀作絵本)
空がレースにみえるとき (ほるぷ海外秀作絵本)


ぼく、およげないの
ぼく、およげないの


ニホンカワウソ―絶滅に学ぶ保全生物学
ニホンカワウソ―絶滅に学ぶ保全生物学


Otter (Animal)
Otter (Animal)


Otters: Ecology, Behaviour And Conservation (Oxford Biology)
Otters: Ecology, Behaviour And Conservation (Oxford Biology)


カワウソと暮らす (富山房百科文庫 (34))
カワウソと暮らす (富山房百科文庫 (34))


The Ring of Bright Water Trilogy: Ring of Bright Water, The Rocks Remain, Raven Seek Thy Brother
The Ring of Bright Water Trilogy: Ring of Bright Water, The Rocks Remain, Raven Seek Thy Brother


椋鳩十全集〈20〉カワウソの海
椋鳩十全集〈20〉カワウソの海


ガンバとカワウソの冒険 (岩波少年文庫)
ガンバとカワウソの冒険 (岩波少年文庫)


河合雅雄の動物記〈2〉カワウソ流氷の旅
河合雅雄の動物記〈2〉カワウソ流氷の旅

・・・
わたしの本も、ついでにいかがでしょう?


カワウソ

おそらく日本初の、カワウソだけ写真集


ドボク・サミット
ドボク・サミット

みんなで作ったドボク本



恋する水門―FLOODGATES

一家に一冊!世界初の水門写真集


新版 電脳の教室
新版 電脳の教室
こういうのもあります


  • ライブドアブログ
Das Otterhaus 【カワウソ舎】