Das Otterhaus 【カワウソ舎】

生きることは、見ること。写真作家・佐藤淳一が動物園水族館と生息地を訪ねます。カワウソがいてもいなくてもひたすら訪ねます。

東山カワウソ・ゾウとコツメでゾージアム?

[ Last year, Nagoya Higashiyama Zoo and Botanical Gardens opened their new Asian elephant exhibit named "Zouseum". Actually, there is second ASCO exhibit in this area. The idea was good because these two species' wild distribution overlaps. But this new exhibit didin't express that kind of information at all. So I felt that ASCO exists as just a garnish here. ]

141120_01
東山動植物園がつづきます。昨年オープンしたアジアゾウ展示「ゾージアム」にはコツメがいるのですが、ようやくそれを見に来ることができました!


141120_02
あら、こんだけ?


141120_03
「かわうそだってー」「おーいかわうそー!」「カワウソぉ〜」





呼んだって起きないよ。





141120_04
あら、起きたw


141120_05
あ〜あ、やってらんねえなあ。


141120_06
え? なに? ごはん?


141120_07
なんだ違った。


141120_08
ふぃ〜


ゾージアムはもちろんゾウの展示です。ここではコツメは添え物、パセリぐらいの存在にすぎないようです。

141120_09
かなり広いですよね。というか、前はいったい何があったんだっけここ?


141120_10
出た〜! さくらちゃんとお母さん。


141120_11
父ちゃんも来ました。ファミリー写真だ!


141120_12
とてとて・・・


141120_13
もしゃ。


141120_14
わーい。


子ゾウの動きって、表情って、ほんとに「わーい」って感じなんですよね。


141120_15
草まみれ。


141120_16
目線もらいましたー



・・・



141120_17
んで、ふたたび添え物ちゃんです。

ちょっと残念な気持ちがあります。

せっかく生息域がかぶっているアジアゾウとコツメで新展示を作るわけですから、両者をもっとうまく溶け込ませて見せることができなかったのかなあ、と思います。この2種の大きさの違いを考えると、展示デザイン上、いろいろ難しい問題があることはわかります。でも今のこの展示では、コツメカワウソがここにいる意味がさっぱりわかりません。伝えるべき根本的なメッセージが、抜けているのです。

このエリアに全くメッセージがないわけではありません。しかしそのベクトルは主に過去の方へ向いているんです。戦中戦後を通した「動物園のゾウ」への強い思い入れが、生息地の動物の姿を可能な限りトータルで伝える、という「大きな動物園が今やるべきこと」に勝ってしまっているように見えます。

もちろん「日本最大級のアジアゾウ舎」にコツメカワウソを入れたことは、とても評価されることです。だからこそ、なんです。せっかくお金をかけてこれだけ素晴らしい規模のものを作ったのだから、コツメのような小さい動物の展示にまで、末端の細かいところにいたるまで、効果的な見せ方の工夫が貫けなかったものか、と。そこのところがどうにも残念でなりません。


141120_18
あ、寝てるんじゃなくて石で遊んでますからw


141120_19
いわゆる「壁ぎわジャグリング」の状態です。


141120_20
決まった!


141120_21
何やってんの〜?


141120_22
まぶしー!

ここちょっと陽当たりがよすぎかもしれませんね。砂漠にいるマングースとかだったらいいのかもしれませんが、コツメカワウソとしては、もう少し薄暗い場所の方が、いろいろと生活がしやすいのではないかなあ、などと思ったり。


141120_23
さかなもらったぁ!

やっとごはんになりました。


141120_24
やはり東山といえば、無敵ラーテル!


Trackback

Comment

yumi | 2014年11月21日 11:33
そうなんですよね、リニューアルオープンした時もゾージアムの話題ばかりでコツメの展示に何もふれずなぜここにいるのかもよくわからない感じでした。
ただ以前の真っ暗展示に比べたらカワウソ臭も感じることのできるこちらの展示はうれしいですよ。
jsato@otterhaus | 2014年11月21日 18:38
>yumiさん
まったくです。コツメが東山の大通りに進出してきたこと自体はめでたいのです。それに加えて、ここでコツメを見せる意義までしっかり伝えてもらえればもっといいのにな、ということです。
はまうそ | 2014年11月21日 22:03
ごぶさたしております。
地元出身として盆の帰省時、延期になったナイトズー初日に開園から閉園までいて感じたこと。
まさに同感です。彼ら(動物たち)にとっては『やってらんねえなあ』でしょうね。『オレたちをどうしたいの?』とも。
いまだにそんな旧態依然とした園館が多くて困ります。
予算や時間がなくてもないなりに、あるのならなおのこと展示には心意気(工夫)をみせてもらいたいものです。
jsato@otterhaus | 2014年11月21日 23:40
>はまうそさん
毎度ありがとうございます。
たしかに展示の心意気のあるなし、ってのは見る側に確実に伝わってきますよね。小さな園館は細やかな工夫で、大きな園館はぜひ、高い理念を形にしてほしいと思います。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 

おやすみ前にこの一冊・・・
160px_kawauso_book
東京書籍刊『カワウソ』をお買い上げくださいましてありがとうございます。おかげさまですでに3刷!

「カワウソなび」の最新情報はこちらをどうぞ↓


Where captive otters live in Japan.

 Otter holding facilities in Japan

佐藤淳一リアルタイム
最新の写真は flickr | Otterhaus で公開中。たまにカワウソも。

Created with flickr badge.




コメントありがとうございます。
すべてにリプライできなくてごめんなさい ↓

最新コメント
動物園・水族館・生息地

[動物園・水族館・生息地ごとの記事アーカイブ。カワウソ中心ですが、たまにほかの動物も出ます]

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
記事検索
タグ絞り込み検索
Junichi SATO

self portrait

[佐藤淳一]1963年生まれ。土木構造物と動物という、かけ離れた領域を行き来するあまり類を見ない写真作家。上の写真はベルリン地下鉄の駅の壁に貼ってあった「ハンケンスビュッテルかわうそセンター」のポスターを撮ったもの(2005年)。意図せず自分も写り込んでしまったので、公式セルフポートレートに認定。光学的にカワウソと一体化しています。

キュイキュイ書房
カワウソ本とカワウソグッズの密林セレクトショップ♪

かわうそ店長、意外にハマります。すでに4巻まで出てるよ。

かわうその自転車屋さん 1 (芳文社コミックス)
かわうその自転車屋さん 1 (芳文社コミックス) [コミック]

こやまけいこ
芳文社
2014-10-16


酒ケーキもいいんだけど、せんべいの方がもっといいよ獺祭。

旭酒造 獺祭 煎餅 だっさい せんべい 山田錦の砕米で作りました 30枚入り
旭酒造 獺祭 煎餅 だっさい せんべい 山田錦の砕米で作りました 30枚入り [その他]
旭酒造


世界13種のカワウソが網羅されているすばらしい入門書が出ました。写真もいっぱい!

Otters of the World
Otters of the World


ハンザのぬいぐるみが各種、買えるようになってますよ。
カワウソ No.3320
カワウソ No.3320 [おもちゃ&ホビー]


フィギュアはシュライヒが造りがいいですね。
Schleich シュライヒ カワウソ
Schleich シュライヒ カワウソ


かわうそ3きょうだい そらをゆく (にじいろえほん)
かわうそ3きょうだい そらをゆく (にじいろえほん)


かわうそ3きょうだいのふゆのあさ (えほんひろば)
かわうそ3きょうだいのふゆのあさ (えほんひろば)


かわうそ3きょうだい (えほんひろば)
かわうそ3きょうだい (えほんひろば)


空がレースにみえるとき (ほるぷ海外秀作絵本)
空がレースにみえるとき (ほるぷ海外秀作絵本)


ぼく、およげないの
ぼく、およげないの


ニホンカワウソ―絶滅に学ぶ保全生物学
ニホンカワウソ―絶滅に学ぶ保全生物学


Otter (Animal)
Otter (Animal)


Otters: Ecology, Behaviour And Conservation (Oxford Biology)
Otters: Ecology, Behaviour And Conservation (Oxford Biology)


カワウソと暮らす (富山房百科文庫 (34))
カワウソと暮らす (富山房百科文庫 (34))


The Ring of Bright Water Trilogy: Ring of Bright Water, The Rocks Remain, Raven Seek Thy Brother
The Ring of Bright Water Trilogy: Ring of Bright Water, The Rocks Remain, Raven Seek Thy Brother


椋鳩十全集〈20〉カワウソの海
椋鳩十全集〈20〉カワウソの海


ガンバとカワウソの冒険 (岩波少年文庫)
ガンバとカワウソの冒険 (岩波少年文庫)


河合雅雄の動物記〈2〉カワウソ流氷の旅
河合雅雄の動物記〈2〉カワウソ流氷の旅

・・・
わたしの本も、ついでにいかがでしょう?


カワウソ

おそらく日本初の、カワウソだけ写真集


ドボク・サミット
ドボク・サミット

みんなで作ったドボク本



恋する水門―FLOODGATES

一家に一冊!世界初の水門写真集


新版 電脳の教室
新版 電脳の教室
こういうのもあります


  • ライブドアブログ
Das Otterhaus 【カワウソ舎】