Das Otterhaus 【カワウソ舎】

生きることは、見ること。写真作家・佐藤淳一が動物園と水族館を訪ねます。カワウソがいてもいなくてもひたすら訪ねます。

カワウソ探索1@シンガポール

160731_01
シンガポールの街中に現れるビロードカワウソ!

・・・というわけで、国際カワウソ会議の期間中から、ビロードカワウソを追いますよ。

まずは会議2日目の夕方、参加者有志でマリーナ・ベイ地区に出かけました。あの誰でも知ってる観光地であるマーライオンの沖がいつのまにか埋め立てられて、浮かれた空中プールなどのあるホテルなどができて近ごろ大層、賑わっている地区です。


160731_02
何げなく標識が立ってますが、


160731_03
なんとこれが、カワウソ標識です!

カワウソに出会ったら?
・犬のリードはしっかり保ちましょう。
・カワウソに触れたり、追いかけたり追い詰めたりしてはいけません。遠くから観察しましょう。
・大声でしゃべったり、フラッシュを使って写真を撮ったりしてはいけません。
・カワウソにえさをあげてはいけません。
・水中にゴミを捨てたり、とんがったものを水中に残してはいけません。



160731_04
こちらは路上のフン場。フンに大量に含まれる魚のウロコがばらけています。


160731_05
この写真だけ別の日の撮影ですが、実はこのあたりにカワウソファミリーの巣のひとつがあります。大型野生動物が、こんな街中のモダンな橋の下に住むか普通!


160731_06
橋を渡ってガーデンズ・バイ・ザ・ベイ方向へ。するとまたカワウソ標識が!
画面左側に水面があるんですが、そこから上陸して右側のガーデン方向へ、この人通りのある道を渡るらしいです。何がって? カワウソがですカワウソが!


160731_07
そこいらの砂場には足跡が・・・。ここまで証拠を示されても、まだ信じられません。


160731_08
ところで、シンガポールはいろいろ禁止事項がある国であるということはよく知られてますが、「釣り」まで禁止なのだった。国の魚はすべてカワウソに任せたい、ということらしい。


160731_09
だいぶ日が暮れてきましたが、そのまま歩いて行くと河口堰(Marina Barrage)と巨大なポンプ場が現れます。マリーナ・ベイ(湾)は出口が締め切られて、淡水化されているのでありました。写真のポンプ場が実に現代的なかっこいい建物でした。まさかここでドボクなアイテムが現れるとは。まさに自分の出番が来たなあ、という感じがします。

釣り禁止+河口堰による淡水化。どうやらシンガポール当局の施策は、すべてがカワウソ側に有利に作用しているような気がしてならない。


160731_10
結局、この日はビロードファミリーに会えずじまい。

しかし、どう考えてもこんな風景のところに野生のカワウソが出るとは思えないでしょ?


・・・



160731_11
さてその3日後、会議終了の翌日にフィールドトリップが行われました。この夜明けの風景、どう見ても団地内の小川ですが、ここビシャンAMK公園(Bishan-Ang Mo Kio Park)は先日のマリーナ・ベイと並ぶ、カワウソ出没ポイントなのだった。


160731_12
カワウソが、朝に巣から出てくるところを期待して出かけましたが、巣から出てくるのは鳥ばかり。これはゴシキセイガイインコ(Rainbow lorikeet)。


160731_13
会議参加者の大部分、バス2台分のカワウソ専門家がみんなでカワウソを探すのですから、カワウソの立場で考えると、やっぱり出にくいでしょうなあ。


160731_14
というわけで、朝食抜きでお出ましを待ちますが、どうやら空振りっぽいです。


160731_15
あ、ナンヨウショウビンだ!


160731_16
しかし、接近失敗して逃げられました。代わりにアオショウビン。代わりでごめんね。

というわけで、自分としては鳥を撮りに行ったようなものでした。



・・・



160731_17
フィールドトリップの後半は、チャンギの集落から船で島に渡ります。ご覧の通り、空港からそんなに離れてないところなんだけど。


160731_18
こんな船で渡りました。


160731_19
渡った先がウビン島(Pulau Ubin)。
ここはシンガポールで唯一、コツメカワウソの生息がある地域です(他の地域はすべてビロードカワウソ)。


160731_20
この島ではコツメの生息環境の保全活動が行われており、マングローブの林の中に、人工の巣を作る試みが紹介されていました。


160731_21
今からその現場に連れて行ってもらいます。みなさん真剣。


160731_22
これが人工の巣。コツメ用にしてはゆったりサイズか。とにかく使ってくれるといいですね。


160731_23
すると、頭上で何やら物音が。おや、サルが出た!


160731_24
カニクイザルです。われわれを偵察に来たっぽい。


もとよりそう簡単に野生のコツメカワウソに会えるとは思ってもいないので、生息地を実際に見られただけでも貴重な体験でした。



今回はカワウソの痕跡を追うだけでしたが、次回はいよいよ、生のビロードカワウソ様が降臨します。つづきをお楽しみに!

Trackback

Comment

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 

おやすみ前にこの一冊・・・
160px_kawauso_book
東京書籍刊『カワウソ』をお買い上げくださいましてありがとうございます。
「カワウソなび」の追補はこちら↓


How we keep and watch wild animals in zoos and aquariums. Junichi Sato's recent works.


 Zoological Portrait Series


 Zoological Landscape Series


Where captive otters live in Japan.

 Otter holding facilities in Japan




コメントありがとうございます。
すべてにリプライできなくてごめんなさい ↓

最新コメント
動物園・水族館・生息地

[動物園・水族館・生息地ごとの記事アーカイブ。カワウソ中心ですが、たまにほかの動物も出ます]

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
記事検索
タグ絞り込み検索
Junichi SATO

self portrait

[佐藤淳一]1963年生まれ。土木構造物と動物という、かけ離れた領域を行き来するあまり類を見ない写真作家。上の写真はベルリン地下鉄の駅の壁に貼ってあった「ハンケンスビュッテルかわうそセンター」のポスターを撮ったもの(2005年)。意図せず自分も写り込んでしまったので、公式セルフポートレートに認定。光学的にカワウソと一体化しています。

キュイキュイ書房
カワウソ本とカワウソグッズの密林セレクトショップ♪

かわうそ店長、意外にハマりました。2も出てます。

かわうその自転車屋さん 1 (芳文社コミックス)
かわうその自転車屋さん 1 (芳文社コミックス) [コミック]

こやまけいこ
芳文社
2014-10-16


酒ケーキもいいんだけど、せんべいの方がもっといいよ獺祭。

旭酒造 獺祭 煎餅 だっさい せんべい 山田錦の砕米で作りました 30枚入り
旭酒造 獺祭 煎餅 だっさい せんべい 山田錦の砕米で作りました 30枚入り [その他]
旭酒造


世界13種のカワウソが網羅されているすばらしい入門書が出ました。写真もいっぱい!

Otters of the World
Otters of the World


ハンザのぬいぐるみが各種、買えるようになってますよ。
カワウソ No.3320
カワウソ No.3320 [おもちゃ&ホビー]


フィギュアはシュライヒが造りがいいですね。
Schleich シュライヒ カワウソ
Schleich シュライヒ カワウソ


かわうそ3きょうだい そらをゆく (にじいろえほん)
かわうそ3きょうだい そらをゆく (にじいろえほん)


かわうそ3きょうだいのふゆのあさ (えほんひろば)
かわうそ3きょうだいのふゆのあさ (えほんひろば)


かわうそ3きょうだい (えほんひろば)
かわうそ3きょうだい (えほんひろば)


空がレースにみえるとき (ほるぷ海外秀作絵本)
空がレースにみえるとき (ほるぷ海外秀作絵本)


ぼく、およげないの
ぼく、およげないの


ニホンカワウソ―絶滅に学ぶ保全生物学
ニホンカワウソ―絶滅に学ぶ保全生物学


Otter (Animal)
Otter (Animal)


Otters: Ecology, Behaviour And Conservation (Oxford Biology)
Otters: Ecology, Behaviour And Conservation (Oxford Biology)


カワウソと暮らす (富山房百科文庫 (34))
カワウソと暮らす (富山房百科文庫 (34))


The Ring of Bright Water Trilogy: Ring of Bright Water, The Rocks Remain, Raven Seek Thy Brother
The Ring of Bright Water Trilogy: Ring of Bright Water, The Rocks Remain, Raven Seek Thy Brother


椋鳩十全集〈20〉カワウソの海
椋鳩十全集〈20〉カワウソの海


ガンバとカワウソの冒険 (岩波少年文庫)
ガンバとカワウソの冒険 (岩波少年文庫)


河合雅雄の動物記〈2〉カワウソ流氷の旅
河合雅雄の動物記〈2〉カワウソ流氷の旅

・・・
わたしの本も、ついでにいかがでしょう?


カワウソ

おそらく日本初の、カワウソだけ写真集


ドボク・サミット
ドボク・サミット

みんなで作ったドボク本



恋する水門―FLOODGATES

一家に一冊!世界初の水門写真集


新版 電脳の教室
新版 電脳の教室
こういうのもあります


  • ライブドアブログ
Das Otterhaus 【カワウソ舎】