Das Otterhaus 【カワウソ舎】

生きることは、見ること。写真作家・佐藤淳一が動物園と水族館を訪ねます。カワウソがいてもいなくてもひたすら訪ねます。

カワウソ探索3@シンガポール

160804_01
シンガポールの街中で、ビロードカワウソの家族「Bishan10」を追っかけてきました。いよいよ最終回。


160804_02
たらふく食べたので、そろそろ上陸したいかな〜?


160804_03
上陸じゃ!


160804_04
コツメがマッチョ化して、ふた回りほど大きくなった感じですが、とにかく「いい体」してます。毎日あんな大きな魚食べて、いっぱい泳いでますからね。


160804_05
川沿いにちょっとした芝生の場所がありまして、ちゃんとそこを狙って上陸したようです。毛が乾いてきました。


160804_06
スタンディングも高身長。迫力があります。


160804_07
まだ落ち着かない感じです。


160804_08
あ、きみたち、ちょっと待った〜!


160804_09
そ、それあたしのバッグだからあw


160804_10
植え込みの陰で、おだんご化をはじめました。


160804_11
レスリング大会。


160804_12
にょにょにょ〜っ!


160804_13
ここ、坂なのではなくて、カメラを構えるわたしが寝っ転がって無理な姿勢で撮っているために斜めってます。


160804_14
みなさんあちこちにポジションを取って撮影されていますが、さすがOtterWatchの人たちはポジション取りも手慣れたもので、撮影装備も最適化されています。ここでは、いかにローアンングルで安定して撮れるかが勝負であることがわかります。


160804_15
場所を変えて再おだんご化。


160804_16
で、またレスリング大会。


160804_17
こちこちょ大会w

基本動作はご覧の通りコツメファミリーと同じような感じですが、これを街中で白昼堂々やってのけていることが信じがたい。しかも目の前で、です。この距離の近さは全く想定外でした。これはもう、リングサイドというより場外乱闘。カワウソが観客の方へ入り込んできます。


160804_18
ジャグリングもします。


160804_19
お、また泳ぎですか?
ここまで、18分間の上陸活動でした。


160804_20
マリーナ・ベイの中心(画面右の方向)へ向かって、ふたたび川を下って泳ぎ続けます。


160804_21
このへんまでは沿岸で遊びながら泳いでいましたが、


160804_22
Singapore Flyerという大観覧車のあたりから、湾を横切って対岸のFlower Dome方向へ泳ぎ出しました。右下にちょっとだけ頭が写っているのが見ますか?


160804_23
途中、例の水陸両用アヒル船がカワウソの前を横切ります。この乗客たちはラッキーだったな。
そして接触開始から約2時間、ついにBishan10は対岸に消えました(上陸地点が確認できなかったけど)。


・・・



その後、会議2日目の夕方に行った巣のあるポイントまで行ってみたところ、はぐれウソが1頭、いました!

160804_24
なんだよ。



群れがいて、単独個体もいる、ということからも、この街中のエリアがもうすっかりビロードカワウソの生息地になっているということがうかがえます。

まあ特殊な例ではあると思いますが、とにかく都市でもカワウソが人間と共存することが可能であることがわかりました。カワウソの動物としての順応性の高さ、魚の豊富なこと、人間のカワウソに対する態度が良好(敵対せず、追回しすぎたりもしない)であることがこの共存を可能にしているのですね。どこでもできることではありませんが、ここには何か重要な示唆があるように思います。

Trackback

Comment

ファーナ | 2016年08月10日 07:25
ほんと警戒しないんですねぇ。。。
写真だけ見るとシンガポール動物園の新しい展示です、と言われてもわからない気がします(汗
jsato@otterhaus | 2016年08月12日 13:58
>ファーナさん
おっしゃる通りです。
動物園でも「いかにも野生」でもない、「街中カワウソ」という新たなジャンルができてしまいました。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 

おやすみ前にこの一冊・・・
160px_kawauso_book
東京書籍刊『カワウソ』をお買い上げくださいましてありがとうございます。おかげさまですでに3刷!

「カワウソなび」の最新情報はこちらをどうぞ↓


Where captive otters live in Japan.

 Otter holding facilities in Japan

佐藤淳一リアルタイム
最新の写真は flickr | Otterhaus で公開中。たまにカワウソも。

Created with flickr badge.




コメントありがとうございます。
すべてにリプライできなくてごめんなさい ↓

最新コメント
動物園・水族館・生息地

[動物園・水族館・生息地ごとの記事アーカイブ。カワウソ中心ですが、たまにほかの動物も出ます]

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
記事検索
タグ絞り込み検索
Junichi SATO

self portrait

[佐藤淳一]1963年生まれ。土木構造物と動物という、かけ離れた領域を行き来するあまり類を見ない写真作家。上の写真はベルリン地下鉄の駅の壁に貼ってあった「ハンケンスビュッテルかわうそセンター」のポスターを撮ったもの(2005年)。意図せず自分も写り込んでしまったので、公式セルフポートレートに認定。光学的にカワウソと一体化しています。

キュイキュイ書房
カワウソ本とカワウソグッズの密林セレクトショップ♪

かわうそ店長、意外にハマりました。2も出てます。

かわうその自転車屋さん 1 (芳文社コミックス)
かわうその自転車屋さん 1 (芳文社コミックス) [コミック]

こやまけいこ
芳文社
2014-10-16


酒ケーキもいいんだけど、せんべいの方がもっといいよ獺祭。

旭酒造 獺祭 煎餅 だっさい せんべい 山田錦の砕米で作りました 30枚入り
旭酒造 獺祭 煎餅 だっさい せんべい 山田錦の砕米で作りました 30枚入り [その他]
旭酒造


世界13種のカワウソが網羅されているすばらしい入門書が出ました。写真もいっぱい!

Otters of the World
Otters of the World


ハンザのぬいぐるみが各種、買えるようになってますよ。
カワウソ No.3320
カワウソ No.3320 [おもちゃ&ホビー]


フィギュアはシュライヒが造りがいいですね。
Schleich シュライヒ カワウソ
Schleich シュライヒ カワウソ


かわうそ3きょうだい そらをゆく (にじいろえほん)
かわうそ3きょうだい そらをゆく (にじいろえほん)


かわうそ3きょうだいのふゆのあさ (えほんひろば)
かわうそ3きょうだいのふゆのあさ (えほんひろば)


かわうそ3きょうだい (えほんひろば)
かわうそ3きょうだい (えほんひろば)


空がレースにみえるとき (ほるぷ海外秀作絵本)
空がレースにみえるとき (ほるぷ海外秀作絵本)


ぼく、およげないの
ぼく、およげないの


ニホンカワウソ―絶滅に学ぶ保全生物学
ニホンカワウソ―絶滅に学ぶ保全生物学


Otter (Animal)
Otter (Animal)


Otters: Ecology, Behaviour And Conservation (Oxford Biology)
Otters: Ecology, Behaviour And Conservation (Oxford Biology)


カワウソと暮らす (富山房百科文庫 (34))
カワウソと暮らす (富山房百科文庫 (34))


The Ring of Bright Water Trilogy: Ring of Bright Water, The Rocks Remain, Raven Seek Thy Brother
The Ring of Bright Water Trilogy: Ring of Bright Water, The Rocks Remain, Raven Seek Thy Brother


椋鳩十全集〈20〉カワウソの海
椋鳩十全集〈20〉カワウソの海


ガンバとカワウソの冒険 (岩波少年文庫)
ガンバとカワウソの冒険 (岩波少年文庫)


河合雅雄の動物記〈2〉カワウソ流氷の旅
河合雅雄の動物記〈2〉カワウソ流氷の旅

・・・
わたしの本も、ついでにいかがでしょう?


カワウソ

おそらく日本初の、カワウソだけ写真集


ドボク・サミット
ドボク・サミット

みんなで作ったドボク本



恋する水門―FLOODGATES

一家に一冊!世界初の水門写真集


新版 電脳の教室
新版 電脳の教室
こういうのもあります


  • ライブドアブログ
Das Otterhaus 【カワウソ舎】