Das Otterhaus 【カワウソ舎】

生きることは、見ること。写真作家・佐藤淳一が動物園水族館と生息地を訪ねます。カワウソがいてもいなくてもひたすら訪ねます。

東スヘルデ防潮水門

Oosterscheldekering

Oosterscheldekering_3

Oosterscheldekering_2
写真をクリックすると、Panoramio上のわたしの写真に飛びます。

今週も「水門の水曜日」がやってきた。

今週は今まで暖めてた、世界最大の連続水門、オランダの東スヘルデ防潮水門をお見せしようと思う。

いちばん上の画像が全景(の実は半分)なんだけど、この小さい写真のままだとちょっとすかすかしててよくわからないと思う。お手数ですが画像をクリックして、Panoramioってのが出たらそこでまた画像をクリックして、大きな画像で見てみてほしい。いったいどこまで水門が続くのよ、という超絶的な風景なのだ。利根川河口堰もどんだけゲートが続くのか、という気がするものだが、東スヘルデ防潮水門はそんなもんじゃない。もう行けども行けども水門。ほとんど快楽の悪夢、水門の酒池肉林とはこのことだろう。これを見ずに死ねるか、という例えはこの水門のためにこそある。世界三大水門、というのがもしあれば、この東スヘルデ防潮水門は必ずその中に入るはず。いや、わたしが絶対入れてやる。それほど凄まじい水門の連続である。何度も書いたとおり、径間45メートルの水門が62基、島をはさんで2群に分かれて連続する。上の写真には北側の31基が写っている。そういう意味でこれでもまだ半分。

この水門、よく見るとメカニカルな仕掛がたっぷりだ。普通の水門はこんなにごちゃごちゃしてない。ゲートを油圧で上下するためだろうか(普通の水門はワイヤで引っ張り上げて、自重で下げる)。

090225a

上から2枚目の写真でもうお気付きと思うが、それぞれのゲートの高さが一定ではない。これは河床の起伏がそのまま反映されているため。工事のプロセスなどは、この水門に挟まれた島、ネールチェ・ヤンスにあるデルタエクスポ(デルタパーク)の展示で詳しく説明されているのだが、ものすごく簡単に言うと、粗朶沈床(そだちんしょう)という伝統的な工法の現代版なのである。誤解を恐れず(というかわたしがちゃんと理解してないかも)に言うと、元の地形に逆らわずに人工物を巧みに設置する方法が採用されている。粗朶沈床って、南蛮渡来というか、デ・レーケの時代の話だと思ってたらちゃんと進化してて、こんなでかい構造物の基礎として使われているということを知って腰が抜けそうになった。展示場でおおおー、とか唸ってしまって怪しい日本人だ。

粗朶沈床は木の枝と石みたいな自然素材でマットレスを作るのだが、東スヘルデ防潮水門の場合はコンクリブロックとワイヤでできたマットレスだ。それを敷いた上にピアを置いて、ベース部分に大量の石を積んで固定する。杭とか打たなくて大丈夫なのかと思う。何でそんなんで動かないのかわからないのだが、とにかくそれでがっちりと固定されているらしい。原理的にはものすごくプリミティブだが、ピアを船で引っ張ってきて着床させる際の位置の制御なんかはいろいろハイテク技術が使われておりちょっと安心だ。ベース固定用の石を沈める時も、適当に水面上から落とすのではなく、専用の装置を使って決められた位置に設計どおり落としていたりする細やかさ。

正直な話、この水門を見に行くことができてよかった。オランダのドボク全体がそうなのだが、人間が地球表面に手を入れることの意義が、ものすごく明確に示されているのだ。水を遠ざけて乾いたエリアを作り、維持する。その目的はありとあらゆる人間の活動の、まさに「インフラのインフラ」になるものであるだけに、揺らぎようがない。その強度に打たれた。
  • Posted by jsato
  • TB(0)
  • 23:47 | Edit

デルタ計画

080318

ふたたび利根川河口堰

35.836124,140.702172

前にも書いたとおり、利根川河口堰は堰柱が11本、1列に並んでいる。実はその奥にも常陸川水門という霞ヶ浦出口の逆流防止水門があって、合わせて堰柱が20本以上も立ち並んでいるのだ。横から見るとご覧のように実にうっとうしく、素敵な景観である。実を言うとこのあたりは鹿島臨海工業地帯の目と鼻の先なので、コンビナートへご参詣の老若男女の皆様におかれましては、ぜひ一度お立ち寄りいただきたいものと思う。

どうもわたしは今まで、何事も真っ正面から撮らないと気が済まなかったのだが、近頃は適度に柔軟になったらしく、水門可動堰などの類も、特に正面観照性にこだわらずに、思いっきり斜め方向から拝見などしてもまったく差し障りなどないのではないかと思えてきた。このように心理が軟化すると、橋なども自在に撮り得るのであり、題材も広がりいいことずくめだ。

となると、以前から気になっているここ↓なども、撮りに出かけてみたいものである。

Oosterscheldedam
Wikipedia : Oosterscheldekering

オランダの「東スヘルデ防潮水門」だ。説明書きにはdamとかbarrierとか書いてあるが、水門と言ってしまえば水門なので水門と訳してしまう。機能から言ったらこれは文句なしに防潮水門である。

土木学会刊『ヨーロッパのインフラストラクチャー』によると、「幅45メートルのゲート63門設置(1986年完成)、当初の計画では全面締切りであったが、環境問題で常時潮を入れることに変更した」とある。日本のどこかでもちょっと前に聞いたような話だが、オランダではちゃんと計画変更してうまくやっているのである。デモクラシーの経験年数の違いということか。

この東スヘルデ防潮水門ってオランダの大土木プロジェクト「デルタ計画」の目玉の一つでとにかく偉大な存在らしく、そのためかGoogleMapでもしっかり見える。利根川河口の航空写真が見えないのにスヘルデ川の河口はよく見えるというのもなんだかね。>Google


View Larger Map

ゲートが30ちょっとしかないと思ってはいけない。この区間の北にある島の先に、あと2区間あって、合計で63門だ。見ているだけでお腹いっぱいになりそうだ。

  • Posted by jsato
  • TB(0)
  • 15:50 | Edit

利根川河口堰のフーツラ

080304

利根川河口堰閘門

35.839290,140.705412

ナンバリングと言ったらこれこれ、利根川河口堰を忘れてはいけない。利根川河口堰はすべてのピア(堰柱=ゲートを支える柱ですね)に、このような巨大な切り抜き文字が貼り付けられていてそれはもう壮観なのである。大きさ、色、材質など、どれをとってもナンバリングマニアへ対する過剰なサービスかと思われるほどで、ほとんど団地の棟番号パーツなみのアメニティな仕様である。

当然、1から始まるが、最後の数字は13にもなる。では12枚もゲートが並んでいるのか、と思われるかもしれないが正しくは11枚である。さてここで問題です。柱が13本あるのに、なぜゲート数は12ではなく、11枚なのか。

簡単だ。可動堰用が9枚と、閘門用が2枚だから。
Pを堰柱、Gをゲートとすると、

TonegawaKKZ

になっているのだ。P10,P11,P12,P13の4本で閘門が形成されている。この写真はG8かG9あたりから撮られていて、可動堰の列から上流側に飛び出したP12とP13を見たものだ。

この程度でオチにするわけにはいかない。本当の問題は、どうしてこんなに立派な仕様のナンバリングがされているか、だ。

もっとも考えられるのは、何か事故があったときに、瞬時に位置を特定するための配慮である。

しかしこれは当たり前すぎて何も推察したことにならない。しかも切り抜き文字である説明がつかない。現に反対側のナンバリングは堰柱へ直接、ペイントでなされているのだ(後付けっぽい)。

光線状態によっては、このように浮き出させた文字の方が視認性が高い、ということもあり得る。このナンバリングのある面は南東を向いており、昼間はおおむね文字の横方向から光が当たるため、この写真のようにいい感じで浮き上がって見える。しかしそれが主目的でもないだろう。機能面からは、切り抜き文字である積極的な意味は発見できないのだ。

となると、単なるシャレ、というかグラフィックデザイン上の処理なのかもしれない。そういやこのナンバリングの書体、普通はこういう場面では使われないフーツラを使っているではないか。そのあたりに、何か設計上の余裕のようなものが見え隠れしてないか。

利根川河口堰は水資源開発公団(現:水資源機構)が、「利根川水系水資源開発基本計画」に基づいて作ったものだ。「利根川水系水資源開発基本計画」と言ったらこれはもうダムを作るための計画のようなものでしょ。つまり利根川河口堰には「ダム並なみの大予算」が投入されており、そのためにこういう設計上のシャレ心を許すようなことができたのではないだろうか。

そういう見方をしていくと、利根川河口堰と隣の黒部川水門は、造形的にもかなり面白い処理のものがあることに思い至る。巻上機器室をゲート上でつなげる時にツライチにしないで、わざと段差を設けていたりとか。同じくモダニズムの文法を使いながらも、他の建設省系の水門にはない個性的なスタイリングになっているのではないか。

こういう土木構造物のデザインの研究って、ちゃんとされているんだろうか。



  • Posted by jsato
  • TB(0)
  • 23:59 | Edit

おやすみ前にこの一冊・・・
160px_kawauso_book
東京書籍刊『カワウソ』をお買い上げくださいましてありがとうございます。おかげさまですでに3刷!

「カワウソなび」の最新情報はこちらをどうぞ↓


Where captive otters live in Japan.

 Otter holding facilities in Japan

佐藤淳一リアルタイム
最新の写真は flickr | Otterhaus で公開中。たまにカワウソも。

Created with flickr badge.
動物園・水族館・生息地

[動物園・水族館・生息地ごとの記事アーカイブ。カワウソ中心ですが、たまにほかの動物も出ます]

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
記事検索
タグ絞り込み検索
Junichi SATO

self portrait

[佐藤淳一]1963年生まれ。土木構造物と動物という、かけ離れた領域を行き来するあまり類を見ない写真作家。上の写真はベルリン地下鉄の駅の壁に貼ってあった「ハンケンスビュッテルかわうそセンター」のポスターを撮ったもの(2005年)。意図せず自分も写り込んでしまったので、公式セルフポートレートに認定。光学的にカワウソと一体化しています。

 Biography + Bibliography
(展覧会と各種掲載リスト)


 Floodgates

 Twitter : otterhaus
 Facebook : otterhaus
 Tumblr : otterhaus
 Tumblr : otterhausanbau
 Flickr : Otterhaus

 メールはこちら

* 依然として記事の内容に無関係なスパム的書き込みが多いため、各記事に対する新規コメントは現在、受け付けておりません。ご連絡は上のメールフォームから、公開ツッコミなどはFacebook、Twitterをご利用いただければ幸いです。


キュイキュイ書房
カワウソ本とカワウソグッズの密林セレクトショップ♪

かわうそ店長、とってもハマります。すでに6巻まで出てるよ。

かわうその自転車屋さん 1 (芳文社コミックス)
かわうその自転車屋さん 1 (芳文社コミックス) [コミック]

こやまけいこ
芳文社
2014-10-16


酒ケーキもいいんだけど、せんべいの方がもっといいよ獺祭。

旭酒造 獺祭 煎餅 だっさい せんべい 山田錦の砕米で作りました 30枚入り
旭酒造 獺祭 煎餅 だっさい せんべい 山田錦の砕米で作りました 30枚入り [その他]
旭酒造


世界13種のカワウソが網羅されているすばらしい入門書が出ました。写真もいっぱい!

Otters of the World
Otters of the World


ハンザのぬいぐるみが各種、買えるようになってますよ。
カワウソ No.3320
カワウソ No.3320 [おもちゃ&ホビー]


フィギュアはシュライヒが造りがいいですね(なぜか最近すごい値段になってる!)。
Schleich シュライヒ カワウソ
Schleich シュライヒ カワウソ


かわうそ3きょうだい そらをゆく (にじいろえほん)
かわうそ3きょうだい そらをゆく (にじいろえほん)


かわうそ3きょうだいのふゆのあさ (えほんひろば)
かわうそ3きょうだいのふゆのあさ (えほんひろば)


かわうそ3きょうだい (えほんひろば)
かわうそ3きょうだい (えほんひろば)


空がレースにみえるとき (ほるぷ海外秀作絵本)
空がレースにみえるとき (ほるぷ海外秀作絵本)


ぼく、およげないの
ぼく、およげないの


ニホンカワウソ―絶滅に学ぶ保全生物学
ニホンカワウソ―絶滅に学ぶ保全生物学


Otter (Animal)
Otter (Animal)


Otters: Ecology, Behaviour And Conservation (Oxford Biology)
Otters: Ecology, Behaviour And Conservation (Oxford Biology)


カワウソと暮らす (富山房百科文庫 (34))
カワウソと暮らす (富山房百科文庫 (34))


The Ring of Bright Water Trilogy: Ring of Bright Water, The Rocks Remain, Raven Seek Thy Brother
The Ring of Bright Water Trilogy: Ring of Bright Water, The Rocks Remain, Raven Seek Thy Brother


椋鳩十全集〈20〉カワウソの海
椋鳩十全集〈20〉カワウソの海


ガンバとカワウソの冒険 (岩波少年文庫)
ガンバとカワウソの冒険 (岩波少年文庫)


河合雅雄の動物記〈2〉カワウソ流氷の旅
河合雅雄の動物記〈2〉カワウソ流氷の旅

・・・
わたしの本も、ついでにいかがでしょう?


カワウソ

おそらく日本初の、カワウソだけ写真集


ドボク・サミット
ドボク・サミット

みんなで作ったドボク本



恋する水門―FLOODGATES

一家に一冊!世界初の水門写真集


新版 電脳の教室
新版 電脳の教室
こういうのもあります


  • ライブドアブログ
Das Otterhaus 【カワウソ舎】