Das Otterhaus 【カワウソ舎】

生きることは、見ること。写真作家・佐藤淳一が動物園水族館と生息地を訪ねます。カワウソがいてもいなくてもひたすら訪ねます。

おたるカワウソ・ペンギンも♪

[ Otaru Aquarium keeps two small-clawed otters. Their otter exhibit has some devices such as an underwater tunnel and an acrylic bridge. Otters often use the unique pass ways, so we can watch them from above or below. And besides, the aquarium's winter special attraction is a walk with Gentoo Penguin. It's very beautiful view that polar penguins toddle on deep snow field. ]


120313_01
今シーズンから冬季営業をはじめた、おたる水族館に行ってきました。それにしても何で小樽水族館じゃなくておたる水族館なんだろう。あえてゆる〜い感じにしたかったのか、それとも小樽って実は難読地名だったのか。


120313_02
暗くて撮影が困難なことで定評のあるコツメカワウソ展示です。右がサンピアザ出身のダイで、左がドイツ出身のカオルさん。


120313_03
そこ暗くて、すでにわたしのカメラ&レンズの撮影の限界を超えているんだ。もうちょっと明るいところに出て来ておくれ。


120313_04
そうそう。そこならまあ、何とかなりますよカオルさん。


120313_05
ダイはひさしぶりやね。覚えてないと思うけど、生まれて3か月の頃にサンピアザで会ってんだぞ。


120313_06
しらんがな。


120313_07
カオルさん、プール入ります。


120313_08
ここでちょっくら様子を見てから・・・


120313_09
ギンギンに明るい水中トンネルを通って・・・


120313_10
通路をはさんだ向こう側にあるとびだせ水槽へ行くことができます。帰りは通路を上からまたぐコツメブリッジで戻ってきます。これだけの規模のトンネル&ブリッジのあるコツメ展示は、他に例を見ません。素晴らしい。


120313_11
これでもうちょっと明るければいいんだけどね。おさかな展示のど真ん中にあると、明るくするのは難しいんだろうなあ。



・・・



さて冬のおたる名物として評判なのが、こちら。

120313_13
ジェンツー放し飼い!


120313_12
・・・じゃなくて「雪中散歩」。いえーい!


120313_14
ボボンちゃん。フリッパーバンドに直接お名前が書いてあるのは便利だけど何か微妙w。


120313_15
色が薄いのは若様?


120313_16
この方はスレンダーなおとなぺん。


120313_17
若様、帰ります。


120313_18
続いてぞろぞろと巣へ。生き埋めじゃないよ。


120313_19
逆走はいかんぞ(実はもう午後の回の登場)


120313_20
えっへん。


120313_21
こうして見ると、何だかんだ言っても、きみたちやっぱり鳥だよね。


120313_22
またね〜!あ、足の裏は黒いんだなw




120313_23
セイウチのツララちゃんの得意技は、


120313_24
シャボン玉!


120313_25
若い娘は妙にシャボン玉似合うw。

おやすみ前にこの一冊・・・
160px_kawauso_book
東京書籍刊『カワウソ』をお買い上げくださいましてありがとうございます。おかげさまですでに3刷!

「カワウソなび」の最新情報はこちらをどうぞ↓


Where captive otters live in Japan.

 Otter holding facilities in Japan

佐藤淳一リアルタイム
最新の写真は flickr | Otterhaus で公開中。たまにカワウソも。

Created with flickr badge.




コメントありがとうございます。
すべてにリプライできなくてごめんなさい ↓

最新コメント
動物園・水族館・生息地

[動物園・水族館・生息地ごとの記事アーカイブ。カワウソ中心ですが、たまにほかの動物も出ます]

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
記事検索
タグ絞り込み検索
Junichi SATO

self portrait

[佐藤淳一]1963年生まれ。土木構造物と動物という、かけ離れた領域を行き来するあまり類を見ない写真作家。上の写真はベルリン地下鉄の駅の壁に貼ってあった「ハンケンスビュッテルかわうそセンター」のポスターを撮ったもの(2005年)。意図せず自分も写り込んでしまったので、公式セルフポートレートに認定。光学的にカワウソと一体化しています。

キュイキュイ書房
カワウソ本とカワウソグッズの密林セレクトショップ♪

かわうそ店長、意外にハマります。すでに4巻まで出てるよ。

かわうその自転車屋さん 1 (芳文社コミックス)
かわうその自転車屋さん 1 (芳文社コミックス) [コミック]

こやまけいこ
芳文社
2014-10-16


酒ケーキもいいんだけど、せんべいの方がもっといいよ獺祭。

旭酒造 獺祭 煎餅 だっさい せんべい 山田錦の砕米で作りました 30枚入り
旭酒造 獺祭 煎餅 だっさい せんべい 山田錦の砕米で作りました 30枚入り [その他]
旭酒造


世界13種のカワウソが網羅されているすばらしい入門書が出ました。写真もいっぱい!

Otters of the World
Otters of the World


ハンザのぬいぐるみが各種、買えるようになってますよ。
カワウソ No.3320
カワウソ No.3320 [おもちゃ&ホビー]


フィギュアはシュライヒが造りがいいですね。
Schleich シュライヒ カワウソ
Schleich シュライヒ カワウソ


かわうそ3きょうだい そらをゆく (にじいろえほん)
かわうそ3きょうだい そらをゆく (にじいろえほん)


かわうそ3きょうだいのふゆのあさ (えほんひろば)
かわうそ3きょうだいのふゆのあさ (えほんひろば)


かわうそ3きょうだい (えほんひろば)
かわうそ3きょうだい (えほんひろば)


空がレースにみえるとき (ほるぷ海外秀作絵本)
空がレースにみえるとき (ほるぷ海外秀作絵本)


ぼく、およげないの
ぼく、およげないの


ニホンカワウソ―絶滅に学ぶ保全生物学
ニホンカワウソ―絶滅に学ぶ保全生物学


Otter (Animal)
Otter (Animal)


Otters: Ecology, Behaviour And Conservation (Oxford Biology)
Otters: Ecology, Behaviour And Conservation (Oxford Biology)


カワウソと暮らす (富山房百科文庫 (34))
カワウソと暮らす (富山房百科文庫 (34))


The Ring of Bright Water Trilogy: Ring of Bright Water, The Rocks Remain, Raven Seek Thy Brother
The Ring of Bright Water Trilogy: Ring of Bright Water, The Rocks Remain, Raven Seek Thy Brother


椋鳩十全集〈20〉カワウソの海
椋鳩十全集〈20〉カワウソの海


ガンバとカワウソの冒険 (岩波少年文庫)
ガンバとカワウソの冒険 (岩波少年文庫)


河合雅雄の動物記〈2〉カワウソ流氷の旅
河合雅雄の動物記〈2〉カワウソ流氷の旅

・・・
わたしの本も、ついでにいかがでしょう?


カワウソ

おそらく日本初の、カワウソだけ写真集


ドボク・サミット
ドボク・サミット

みんなで作ったドボク本



恋する水門―FLOODGATES

一家に一冊!世界初の水門写真集


新版 電脳の教室
新版 電脳の教室
こういうのもあります


  • ライブドアブログ
Das Otterhaus 【カワウソ舎】