Das Otterhaus 【カワウソ舎】

生きることは、見ること。写真作家・佐藤淳一が動物園水族館と生息地を訪ねます。カワウソがいてもいなくてもひたすら訪ねます。

帯広どうぶつ・キリンシロクマアジアゾウ

[ Obihiro Zoo keeps no otters. But during winter open period (on weekend of Dec., Jan. and Feb.), you can see many animals in deep snow and in low temperature. Especially giraffe and elephant in snow make unusual scene. The first photo below is the frozen teardrop hanging on to the giraffe's eyelashes. ]

120320_01
俗に「まつげも凍る」とか言うけど(鼻毛だったか?)、ほんとに凍ります冬の帯広。


というわけでおびひろ動物園です。

明日で冬季開園期間も終わり、という2月最後の土曜日の撮影。



120320_02
カワウソのいないおびひろ動物園における、自分的な目玉はこのひとたち。奥がムサシ。惜しくも今年の元日に亡くなったアジムの子。手前がリボン。こちらもまた惜しくも昨年亡くなったリリーの子です、って言われても困ると思いますが、それぞれ何となく思い入れができてしまって。


120320_03
ムサシくんいいね、きれいなアーチだ。


120320_04
この日の帯広は曇りときどき雪で、最高気温が−8.2℃。それでもキリンは外で遊ぶ。動物の環境適応性能の何とすごいことか。


120320_05
実にラブラブな感じで結構。


120320_06
リボンちゃんは、


120320_07
つららをむしって食べてました。ぱりぽり。


120320_08
ふぃ〜。鼻息も白い。


120320_09
リボンちゃんのチャームポイントは、


120320_10
母親のリリーゆずりのこのぼわぼわなツノ毛。帯広に来てからこんなになったわけではないのよ。でもここのキリンやシマウマは明らかに「冬毛」を生やしているのだそうで、4月ぐらいになるとごそっと毛が抜けるのだとか。ということは、このまま何世代も繁殖を重ねていくと、エゾアミメキリン、とかエゾチャップマンシマウマ、みたいなプチ亜種な個体群ができてしまうのではないだろうか。心配なような面白いような。


120320_11
また雪が降ってきたよ。


120320_12
公開フィーディング。


120320_13
えさでおなかいっぱいにならないのか、ムサシはせっせと雪を食べます。でも待てよ、いつだれから雪が食べられるということを学んだのか。


120320_14
きみたち、しっかり繁殖しなさいよ!




・・・




120320_15
イコロ! 1年ぶりだな元気にしてたか?


120320_16
イコロはとなりのおりが気になる気になる。


120320_17
ふんふん。


で、となりのおりには・・・



120320_18
こんなかわゆい子が。


120320_19
アイラ!


120320_20
もうだいぶ大きくなっとるね。

アイラはイコキロの妹で、円山から移動してきたばかり。実はこの日が公開初日ということで、ホッキョクグマエリアは黒山の人だかりだったけど何とかもぐり込みました。




・・・




120320_21
さてさて、おびひろのトップスターと言ったらやはりこの方でしょう。


120320_22
今や道内で唯一のゾウになってしまったナナさん。


120320_23
雪玉作って食べるは投げるは。


120320_24
なんじゃこりゃあ!

帯広のキッズたちも、この非日常な状況にぶったまげております。


120320_25
扉を開けてご対面〜♪

ゾウ舎のバックに入れてもらいましたが、作りがまるっきり牛舎みたいでした。実に北海道っぽいなあと変なところでひとり納得してた。

帯広どうぶつ・みんな北海道産

今日から通常コンテンツに戻ります。これから先、たとえ以前と同じことをやっていても、いろいろな点で、微妙に、前とは違ってしまうような気がしています。とても深いところに埋まっていて、さまざまなものを支えてくれていた石の複雑な組み合わせのようなものが、一気に崩れ、シンプルな石の並びになってしまったような・・・

わけのわからないこと書いてないで、おびひろ動物園の写真に戻りましょう。

110320_01
ゴマフアザラシの夫婦が気持ちよさそうに寝てました。


110320_02
冬はプールに水がないので、こんな感じでアザラシは雪の上でゴロゴロしています。3月上旬にやっとプールに水を張ってもらえるのだそうです。


110320_03
♂のカイ。1993年、おびひろ動物園生まれ。


110320_04
ちょいちょい。


110320_05
「ん?」


110320_06
「なに?何か用?」

そっちじゃないでしょ。


110320_07
「あ、そっちか・・・」

前足でちょいちょいしてたのが♀のモモ。1993年にえりも町で保護されました。2003年に帯広にお嫁入り。説明板に記載はないのですが、モモは2005年に惜しくも閉館になった広尾海洋水族科学館で飼育されていた個体です。以下の記事参照。

十勝メールドットコム [ 広尾町めーる ]


110320_08
モモがあくびしそう。


110320_09
モモはだいぶ歯がすり減ってるんです。


110320_10
「ふぅあ〜。」


110320_11
このアングルから見ると、なかなかの美人ですよ。


110320_12
おふたりでまた昼寝の続き。



ちょっと移動します。

110320_13
耳オープン。


110320_14
耳クローズ。


110320_15
アンド、おしり。あってもなくても同じようなしっぽがたまりません。


110320_16
冬毛でもっふもふ。


110320_17
ナイス耳毛。


110320_18
「よってく?」

寄りたいです。

帯広どうぶつ・ファンキーキリンとイコキロ

話が前後してすいません。釧路から札幌に移動する途中、おびひろ動物園に寄りました。おびひろはカワウソがいないのですが、表敬訪問です。

110310_01
アミメキリンのリボンちゃん。2007年盛岡市動物公園うまれだそうです。


110310_02
「ほ」


110310_03
「わ〜」


110310_04
「ふぇ」



110310_05
「ふぃ〜」


とっても表情豊か。というか歌って踊りそうなキリンさま!



110310_06
[翻訳不能]


110310_07
「ぎぇ」


110310_08
「いぇい(Thank you)」


110310_09
「ぜーぜー」


はい、おつかれさまでした。



110310_10
リボンちゃん(右)は、ムサシ(左:1996年千葉市動物公園うまれ)と暮らしています。こうしてぼーっと眺めていますと、雪キリンもなかなかいいもんだ。


110310_11
さてさて、キリン放飼場の向こう側では、何やらすごい人だかりが・・・


110310_12
人垣にもぐり込んでみました。おお、こちらにおわすのがあのイコロとキロルですか!


おびひろ動物園は、冬季開園期間は土日しかやってません。この日は日曜日でしたが、それにしてもすごい人出だなと思ったら、キロルの移動前最後の開園日だったのですね。つまり今日がイコキロツインズがいっしょに見られる最後の日だった! そりゃあ人も集まろうってもんだ。しかしすごい偶然だなあ(というか単なる事前リサーチ不足)。


110310_13
前回書きましたが、ホッキョクグマの個体識別ができないわたしは、これがどっちなのかわかりません。でも集まった皆さんの多くはもう1頭の方にレンズを向けていらっしゃったので、そっちが移動するキロルであることは推定できるわけです。ってことは、こっちはイコロだ!


110310_14
消去法ですいませんが、イコロですよ。あ、鼻の上に黒い部分があるじゃないですか。これはいい識別ポイントだぞ。


110310_15
で、肝心のキロルですが、ずっと下にいました。これではみなさん撮りにくいでしょう。カメラ(でっかいレンズ付き一眼レフですよ)だけ丸ごと檻の中に入れて撮っている猛者もちらほら。


110310_16
こんな感じで雪を掘ったりして遊んでおります。ま、ひと目だけですが様子を見ることができたのでよしとします。いい写真はきっと熱心なファンのみなさんが撮ってらっしゃる。


110310_17
ってことでふたたびイコロ。


110310_18
撮り慣れないわ、檻だわ、人がたくさんだわで、こんな感じが精一杯。


110310_19
いい面構え。たしかに多くの人を惹きつける魅力を持った個体です。


110310_20
真冬の北海道の動物園、これはひょっとするとクセになるかもしれない。

おやすみ前にこの一冊・・・
160px_kawauso_book
東京書籍刊『カワウソ』をお買い上げくださいましてありがとうございます。おかげさまですでに3刷!

「カワウソなび」の最新情報はこちらをどうぞ↓


Where captive otters live in Japan.

 Otter holding facilities in Japan

佐藤淳一リアルタイム
最新の写真は flickr | Otterhaus で公開中。たまにカワウソも。

Created with flickr badge.




コメントありがとうございます。
すべてにリプライできなくてごめんなさい ↓

最新コメント
動物園・水族館・生息地

[動物園・水族館・生息地ごとの記事アーカイブ。カワウソ中心ですが、たまにほかの動物も出ます]

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
記事検索
タグ絞り込み検索
Junichi SATO

self portrait

[佐藤淳一]1963年生まれ。土木構造物と動物という、かけ離れた領域を行き来するあまり類を見ない写真作家。上の写真はベルリン地下鉄の駅の壁に貼ってあった「ハンケンスビュッテルかわうそセンター」のポスターを撮ったもの(2005年)。意図せず自分も写り込んでしまったので、公式セルフポートレートに認定。光学的にカワウソと一体化しています。

キュイキュイ書房
カワウソ本とカワウソグッズの密林セレクトショップ♪

かわうそ店長、意外にハマります。すでに4巻まで出てるよ。

かわうその自転車屋さん 1 (芳文社コミックス)
かわうその自転車屋さん 1 (芳文社コミックス) [コミック]

こやまけいこ
芳文社
2014-10-16


酒ケーキもいいんだけど、せんべいの方がもっといいよ獺祭。

旭酒造 獺祭 煎餅 だっさい せんべい 山田錦の砕米で作りました 30枚入り
旭酒造 獺祭 煎餅 だっさい せんべい 山田錦の砕米で作りました 30枚入り [その他]
旭酒造


世界13種のカワウソが網羅されているすばらしい入門書が出ました。写真もいっぱい!

Otters of the World
Otters of the World


ハンザのぬいぐるみが各種、買えるようになってますよ。
カワウソ No.3320
カワウソ No.3320 [おもちゃ&ホビー]


フィギュアはシュライヒが造りがいいですね。
Schleich シュライヒ カワウソ
Schleich シュライヒ カワウソ


かわうそ3きょうだい そらをゆく (にじいろえほん)
かわうそ3きょうだい そらをゆく (にじいろえほん)


かわうそ3きょうだいのふゆのあさ (えほんひろば)
かわうそ3きょうだいのふゆのあさ (えほんひろば)


かわうそ3きょうだい (えほんひろば)
かわうそ3きょうだい (えほんひろば)


空がレースにみえるとき (ほるぷ海外秀作絵本)
空がレースにみえるとき (ほるぷ海外秀作絵本)


ぼく、およげないの
ぼく、およげないの


ニホンカワウソ―絶滅に学ぶ保全生物学
ニホンカワウソ―絶滅に学ぶ保全生物学


Otter (Animal)
Otter (Animal)


Otters: Ecology, Behaviour And Conservation (Oxford Biology)
Otters: Ecology, Behaviour And Conservation (Oxford Biology)


カワウソと暮らす (富山房百科文庫 (34))
カワウソと暮らす (富山房百科文庫 (34))


The Ring of Bright Water Trilogy: Ring of Bright Water, The Rocks Remain, Raven Seek Thy Brother
The Ring of Bright Water Trilogy: Ring of Bright Water, The Rocks Remain, Raven Seek Thy Brother


椋鳩十全集〈20〉カワウソの海
椋鳩十全集〈20〉カワウソの海


ガンバとカワウソの冒険 (岩波少年文庫)
ガンバとカワウソの冒険 (岩波少年文庫)


河合雅雄の動物記〈2〉カワウソ流氷の旅
河合雅雄の動物記〈2〉カワウソ流氷の旅

・・・
わたしの本も、ついでにいかがでしょう?


カワウソ

おそらく日本初の、カワウソだけ写真集


ドボク・サミット
ドボク・サミット

みんなで作ったドボク本



恋する水門―FLOODGATES

一家に一冊!世界初の水門写真集


新版 電脳の教室
新版 電脳の教室
こういうのもあります


  • ライブドアブログ
Das Otterhaus 【カワウソ舎】