Das Otterhaus 【カワウソ舎】

生きることは、見ること。写真作家・佐藤淳一が動物園と水族館を訪ねます。カワウソがいてもいなくてもひたすら訪ねます。

ときわ動物園の新コツメ展示・その2

[ Continuing report of Tokiwa Zoo. Besides ASCO and Bonnet monkey, they have various monkey collection. The main exhibit is White-handed gibbon (Lar gibbon). ]

150403_01
山口県宇部市、ときわ動物園のつづきです。


150403_02
ここでキーパーさん登場。お昼ごはん(というかおやつ)をばらまきます。


150403_03
この粉は豆の搾りかすだそうです。カワウソは食べ物とは思ってませんので頭からかぶって遊んでますが、ボンネットモンキーはせっせと拾って食べます。


150403_04
カワウソのおやつはこちらのバケツの中。何と生きたハヤ! 近くの川で取って来るのだそうです。


150403_06
追います追います。


150403_05
捕れました〜♪


150403_07
おや、こんなところに鶏のささみが!


150403_08
〜♪


150403_09
ところで、ボンネットモンキーのお子様は、コツメカワウソに興味があります。


150403_10
カワウソを追っかけ回すというのではなくて、その行動を逐一観察しているような感じ。


150403_11
じー


150403_12
じー


下のカワウソを観察していると・・・


150403_13
もう1頭がいきなり横から現われました!


150403_14
おっと進路変更だ!               キャっ!


大人のボンネットは、カワウソはいないものとしてやりすごしていますが、お子は好奇心の方が勝ってしまうのですね。ボンネットモンキーは泳げるそうなので、そのうち水中を追っかけ回すようになるのかなあ。でもカワウソのスピードにはかなわんだろうなあ。


・・・


昼のおやつの時間が終わって落ち着いてきたので、この辺で他のエリアを見に行きましょう。


150403_15
メインは広々としたシロテテナガザルの島。


150403_16
ポンプで積極的に水流を作り出しているようです。単なる水モートではなく、川のように見えます。こうすれば水も濁らなそう。


150403_17
おお、いっぱいいますね!


150403_18
ひょーっ!


150403_19
逆に観察されました。


150403_20
こっちは若い個体です。


150403_21
ちゃんと観察しなかったのですが、2つの島にそれぞれ別の群がいるようでした。時間をかけてじっくり個体識別などしてみたい。


150403_22
他のサルたちはコンパクトな展示になっています。これはシシオザル。


150403_23
こちらはハヌマンラングール。


150403_24
ハヌマンラングールベビーがいます!


まだつづきますよ。

ときわ動物園の新コツメ展示・その1

[ The brand-new ASCO exhibit at Tokiwa Zoo in Ube city. It's a mixture exhibit with Bonnet macaque! ]

150402_01
2015年3月21日にリニューアルオープンした宇部市のときわ動物園では、コツメカワウソとボンネットモンキーの混合展示が行われています。オープン数日後に行ってきました。


150402_02
オープンしたばかりとは言え、まだ春休み前の平日なので、開園時刻の前から待っているお客さんはそれほど多くなくて、ちょっと拍子抜け。


150402_03
ご覧の通り、今回オープンしたのは全体の3分の1に過ぎません。残りの部分は1年後のグランドオープンに向けて絶賛工事中。

で、このマップを見て入口からコツメカワウソ展示まですぐだ、と思ったらいけません。

なにしろ展示の設計はあの若生謙二さんなので、すべての園路はくねっくねに曲がっております。天王寺のアジアゾウのところとか、ズーラシアのチンパンジーのところとか、思い浮かべてください。

結論から言いますと、順路通り行っても逆走しても、コツメ展示は入口からいちばん遠くになります。わたしは途中いろんな仕掛けに引っかかりながら、シロテテナガザルが撮ってくれといわんばかりの楽しそうな動きをしているのも無視して、コツメ展示にたどりつくまで5分かかりました。


そしたら、いきなりこれです!

150402_04
この楽しげな状態を文章で説明するのはナンセンスなので、まずは見てください。


150402_05


150402_06


150402_07
すごいです。今までコツメと他種の混合展示をいくつか見てきましたが、これはかなり大規模なものです。コツメとボンネットモンキーは寝室以外、完全に同じスペースで共生しているので、コツメの放飼場としては少なくとも日本最大の面積であることは間違いなし。

この場所はもともと「ときわ丸」というコンクリートでできた船をサル山的に使ってボンネットモンキーを放飼していたそうです。そのコンクリ船を撤去し、土と植栽に置き換えたとのこと。

kittoさんのブログで在りし日のときわ丸をご覧ください。
あにまるカメラ:ボンネットモンキー

宇部周辺の方には思い入れのあるときわ丸だったようですが、今の感覚からすると、動物の展示としてはやはり、古さは否めません。しかし全く同じ場所、つまり外壁の平面位置が変わっていないので、何らかの記憶の連続性のようなものができているのかもしれません。かつてときわ丸に親しんだひとだけがわかる感覚なんでしょう。


150402_08
この水上の植栽いいですよね。他所ではなかなか撮れないショット。


150402_09
様子をうかがって・・・


150402_10
対岸に上陸!


150402_11
ボンネット軍団のいるエリアを警戒しつつ・・・


150402_12
敵中突破!


150402_13
などと書くとコツメとボンネット軍団の仲が悪いように思われるかもしれませんが、このおサルさんたちはなかなか温和な性格のようで、敵対しているようには見えません。むしろコツメがむちゃくちゃな動きをして、ボンネットの群れの平和をひっかき回している感じw


150402_14
でも、これだけ数が多いと、写真ではコツメ側が劣勢に見えてしまう。


150402_15
でもまあ、大丈夫。


150402_16
いざとなったらコツメはここに逃げ込めます。


150402_17
寝室です。


150402_18
こちらはわりとよくある雰囲気の空間になっていました。


150402_19
なにしろメイン放飼場が広すぎるので、接近観察&撮影をするにはこちらの方が便利です。


150402_20
しかしやっぱりカワウソなのでじっとしてません。また外に飛び出してきました。というか、寝室から出るときは必ず泳がないといけません。


150402_21
水中の複雑さも確保されてて、いいですね。


150402_22
あ、またあっち行った。


150402_23
この草、そのうち引っこ抜かれると思うのですが、意外に丈夫なのかなあ。


150402_24
おっ!



つづきます。

おやすみ前にこの一冊・・・
160px_kawauso_book
東京書籍刊『カワウソ』をお買い上げくださいましてありがとうございます。おかげさまですでに3刷!

「カワウソなび」の最新情報はこちらをどうぞ↓


Where captive otters live in Japan.

 Otter holding facilities in Japan

佐藤淳一リアルタイム
最新の写真は flickr | Otterhaus で公開中。たまにカワウソも。

Created with flickr badge.




コメントありがとうございます。
すべてにリプライできなくてごめんなさい ↓

最新コメント
動物園・水族館・生息地

[動物園・水族館・生息地ごとの記事アーカイブ。カワウソ中心ですが、たまにほかの動物も出ます]

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
記事検索
タグ絞り込み検索
Junichi SATO

self portrait

[佐藤淳一]1963年生まれ。土木構造物と動物という、かけ離れた領域を行き来するあまり類を見ない写真作家。上の写真はベルリン地下鉄の駅の壁に貼ってあった「ハンケンスビュッテルかわうそセンター」のポスターを撮ったもの(2005年)。意図せず自分も写り込んでしまったので、公式セルフポートレートに認定。光学的にカワウソと一体化しています。

キュイキュイ書房
カワウソ本とカワウソグッズの密林セレクトショップ♪

かわうそ店長、意外にハマりました。2も出てます。

かわうその自転車屋さん 1 (芳文社コミックス)
かわうその自転車屋さん 1 (芳文社コミックス) [コミック]

こやまけいこ
芳文社
2014-10-16


酒ケーキもいいんだけど、せんべいの方がもっといいよ獺祭。

旭酒造 獺祭 煎餅 だっさい せんべい 山田錦の砕米で作りました 30枚入り
旭酒造 獺祭 煎餅 だっさい せんべい 山田錦の砕米で作りました 30枚入り [その他]
旭酒造


世界13種のカワウソが網羅されているすばらしい入門書が出ました。写真もいっぱい!

Otters of the World
Otters of the World


ハンザのぬいぐるみが各種、買えるようになってますよ。
カワウソ No.3320
カワウソ No.3320 [おもちゃ&ホビー]


フィギュアはシュライヒが造りがいいですね。
Schleich シュライヒ カワウソ
Schleich シュライヒ カワウソ


かわうそ3きょうだい そらをゆく (にじいろえほん)
かわうそ3きょうだい そらをゆく (にじいろえほん)


かわうそ3きょうだいのふゆのあさ (えほんひろば)
かわうそ3きょうだいのふゆのあさ (えほんひろば)


かわうそ3きょうだい (えほんひろば)
かわうそ3きょうだい (えほんひろば)


空がレースにみえるとき (ほるぷ海外秀作絵本)
空がレースにみえるとき (ほるぷ海外秀作絵本)


ぼく、およげないの
ぼく、およげないの


ニホンカワウソ―絶滅に学ぶ保全生物学
ニホンカワウソ―絶滅に学ぶ保全生物学


Otter (Animal)
Otter (Animal)


Otters: Ecology, Behaviour And Conservation (Oxford Biology)
Otters: Ecology, Behaviour And Conservation (Oxford Biology)


カワウソと暮らす (富山房百科文庫 (34))
カワウソと暮らす (富山房百科文庫 (34))


The Ring of Bright Water Trilogy: Ring of Bright Water, The Rocks Remain, Raven Seek Thy Brother
The Ring of Bright Water Trilogy: Ring of Bright Water, The Rocks Remain, Raven Seek Thy Brother


椋鳩十全集〈20〉カワウソの海
椋鳩十全集〈20〉カワウソの海


ガンバとカワウソの冒険 (岩波少年文庫)
ガンバとカワウソの冒険 (岩波少年文庫)


河合雅雄の動物記〈2〉カワウソ流氷の旅
河合雅雄の動物記〈2〉カワウソ流氷の旅

・・・
わたしの本も、ついでにいかがでしょう?


カワウソ

おそらく日本初の、カワウソだけ写真集


ドボク・サミット
ドボク・サミット

みんなで作ったドボク本



恋する水門―FLOODGATES

一家に一冊!世界初の水門写真集


新版 電脳の教室
新版 電脳の教室
こういうのもあります


  • ライブドアブログ
Das Otterhaus 【カワウソ舎】