Das Otterhaus 【カワウソ舎】

生きることは、見ること。写真作家・佐藤淳一が動物園水族館と生息地を訪ねます。カワウソがいてもいなくてもひたすら訪ねます。

徳島カワウソ・改装工事始まった?

とくしま動物園のつづきです。

101105a
すでに園のサイトでもお知らせされているのですが、とくしま動物園のコツメカワウソ舎は今年度改装されることになってます。今週あたりから、いよいよ工事も始まるというようなお話でした。無事に始まったかな。

この放飼場の左側の空地にアクリルのプールが増築されるということです。これまでカワウソが泳ぐ姿は上から見ることしかできなかったのですが、横とか下から見ることができるようになるみたいで楽しみです。年度内に完成と聞きましたので、また見に行かねば。


さて、みらいくんを迎えた女子ふたりですが、こんな子たちです。


101105b
コクサはすでに16才です。かつてはペアで暮らしていたらしいのですが、ダンナの方が先にお星さまになってしまいました。その後にやって来たのが、今年で3才のゆめです。このふたり、なぜか気が合ってしまって、とっても仲よく暮らしています。


101105c
ゆめです。写真集『カワウソ』にどアップで登場してもらいました(p.69)ので、この顔に見覚えのある方もいらっしゃるはず。


101105d
濡れてると単なる濡れカワウソですが、乾くとかわいらしい顔になります。説明書きにあるとおり、若様と似てるので一瞬、間違うかも。でもゆめはしょっちゅうプールに飛び込んでいるので、起きている限りほとんど濡れているような気もする。


101105e
ひげが長いね!


こちらがコクサ。
101105f
説明には女の子、って書いてますが、16才なのでもうおばあちゃんですな。


101105g
でも元気で、ピャーでもキューでもなく、ふみゃ〜という特徴のある声で鳴きます。


101105h
コクサは水がキライ。絶対に水に入りません。


101105i
で、この女子ふたりはこのようにきわめて仲良しなので・・・


101105j
みらいくんはなかなか近寄れません。ふたりが寝込んでから、外側からこっそりとおだんごに加わる、という感じでした。


101105k
そんなこんなで、つまらない若様は頭蓋骨っぽい石(けっこう大きい)を頭に乗せたりして・・・


101105l
いきなり離してプールに投げ込みます。意味不明ですが、本人は楽しそうにしてるのでいいのでしょう。


101105m
この姿勢が好きなのか。


101105n
バイオリンの代わりに葉っぱを演奏されたりもします。


101105o
「ぼくに会いに来てね!」


今行くとたぶん工事中ですけどね・・・でもきっと会えますよ。

徳島カワウソ・大型新人みらいくん

1年ぶりでとくしま動物園に行って来ました。今までコクサとゆめのメス2頭で守り抜いたお家に、若様が婿入りしたのが2月のこと。そのあといろいろあったのでしょうけど、もうすっかりなじんでおりましたよ(6月ぐらいに公開開始されたようです)。

101104a
いらっしゃい!


101104b
おお、ほんとに3頭になってる。


101104c
みらいくんのご紹介。補足しますと、若様は尾張藩、じゃなくて東山動物園のお生まれです。


101104d
去年、初めて来たときは接客担当はゆめちゃんでしたが、今回はずっと若様がフロントに立たれていました。接客態度は、かなりフレンドリーです。


101104e
石を使ってマジックなどをご披露なさいます。でも石を持ったままガラスに向かうのはやめた方がいいですね。


101104f
「とれーことけーてかんわ。」


101104g
若いオスカワウソですから、腹筋トレーニングは欠かせません。


101104h
そしてまた接客に励まれます。


101104i
小道具が石から葉っぱに代わっています。


101104j
若様は水中もお得意。ヒマなしに水に飛び込みまくるゆめちゃんほどではありませんが、ちょくちょく泳いでぐるぐる水中回転などして、お客様を楽しませます。


101104k
ゆめちゃんは単に飛び込んでさっさと上がるのですが、若様はいろいろな小道具を水中に持ち込まれます。頭蓋骨みたいな変な石がお気に入りのようで、たまに水中に放り投げたりしてました。ガラスに投げたりしたら没収されるよ。


101104l
凛々しい横顔。


101104m
そして接客スマイル。


101104n
こりゃたまりません。きっといっぱいファンがつきますね。

以上、とくしまの若様、みらいくん特集でした。
ゆめとコクサはまた次回。

カワウソって目はいいの?

100115a

とくしま動物園のコツメカワウソ、ユメとコクサ。どっちもメスですが仲良くしてました。コクサの方はあんまり鳴かず、何となく貫録があるのですっかりオスだと思ってた。帰りぎわに飼育担当の方に聞いて驚きました。んんん?乳首あったかあ?

で、口開けてピャー!ピャー!とうるさい方のユメですが、上の写真のように彼女と遊んでいるうちに、図らずもカワウソの視力のチェックができてしまった。

とくしま動物園のカワウソ舎前の通路は狭く、しかも順路をたどっていくと必ずカワウソ舎を通ることになっています。観察場所はそんなに広い場所ではないので、家族連れなんかが来ると場所をゆずり、わたしはナナメ後ろの壁にあるベンチで座って待ってたんです。

家族連れは「あー、カワウソおったー!」などと西日本特有のオヤジギャクをそれとは意識せずに叫びながら、下の放飼場を覗き込みます。すると、ユメは何が気に入らないのか家族連れの正面から横に移動し、わたしの座ってるベンチの前まで来て、ガラスの柵ごしにこっち見て鳴くんですよ。ガラスを通して5メートルぐらいの距離です。

100115b

それが何度も繰り返されました。その証拠に、1枚目の写真のユメは濡れてないけど、2枚目は濡れてるでしょ。別のシーケンスの写真を組み合わせたのでこうなっただけ。おかげで家族連れから「何この人?」という顔を何度もされることになりました。

あー、こいつらちゃっんと見えてるんだなーと確信しましたね。目がついてるんだからそりゃ見えるだろうとか単純に片づけてはいけない。犬なんか立派な目がついているけど、視覚より嗅覚に頼ってるじゃないですか。カワウソもそうなのかもしれないと疑ってかかることが重要。でも、カワウソはぜんぜん目は悪くないみたいです。手を振って無視されたら、それはカワウソが見えてないんじゃなくて、ほんとに無視されたんだと思っていいでしょう。

陸上はいいとして、水中でもちゃんと見えているのかどうか、やっぱり気になりませんか。でもこれはまだちゃんと自分で確かめてない。

安藤元一著『ニホンカワウソ 絶滅に学ぶ保全生物学』の中に、カワウソの水中視力についての記述がありました。

陸上に適した眼を持った動物が水中に入れば、像は網膜より後方に結像するのでピンぼけの光景しか見えない。水中でものを見るには、ピント調節能力を高めるか、あるいは度の強いレンズを持たねばならない。(中略)カワウソは虹彩括約筋を発達させ、眼球を両側から押しつぶしたようにしてレンズの曲率を高め、ピントの合う幅を広くしている。


だそうです。何ともトリッキーなやつらだ。

もっとも水は常にクリアじゃないから、濁った水でも大丈夫なように、ヒゲが発達しているわけなんですが、その話はまたいずれ。

おやすみ前にこの一冊・・・
160px_kawauso_book
東京書籍刊『カワウソ』をお買い上げくださいましてありがとうございます。おかげさまですでに3刷!

「カワウソなび」の最新情報はこちらをどうぞ↓


Where captive otters live in Japan.

 Otter holding facilities in Japan

佐藤淳一リアルタイム
最新の写真は flickr | Otterhaus で公開中。たまにカワウソも。

Created with flickr badge.




コメントありがとうございます。
すべてにリプライできなくてごめんなさい ↓

最新コメント
動物園・水族館・生息地

[動物園・水族館・生息地ごとの記事アーカイブ。カワウソ中心ですが、たまにほかの動物も出ます]

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
記事検索
タグ絞り込み検索
Junichi SATO

self portrait

[佐藤淳一]1963年生まれ。土木構造物と動物という、かけ離れた領域を行き来するあまり類を見ない写真作家。上の写真はベルリン地下鉄の駅の壁に貼ってあった「ハンケンスビュッテルかわうそセンター」のポスターを撮ったもの(2005年)。意図せず自分も写り込んでしまったので、公式セルフポートレートに認定。光学的にカワウソと一体化しています。

キュイキュイ書房
カワウソ本とカワウソグッズの密林セレクトショップ♪

かわうそ店長、意外にハマります。すでに4巻まで出てるよ。

かわうその自転車屋さん 1 (芳文社コミックス)
かわうその自転車屋さん 1 (芳文社コミックス) [コミック]

こやまけいこ
芳文社
2014-10-16


酒ケーキもいいんだけど、せんべいの方がもっといいよ獺祭。

旭酒造 獺祭 煎餅 だっさい せんべい 山田錦の砕米で作りました 30枚入り
旭酒造 獺祭 煎餅 だっさい せんべい 山田錦の砕米で作りました 30枚入り [その他]
旭酒造


世界13種のカワウソが網羅されているすばらしい入門書が出ました。写真もいっぱい!

Otters of the World
Otters of the World


ハンザのぬいぐるみが各種、買えるようになってますよ。
カワウソ No.3320
カワウソ No.3320 [おもちゃ&ホビー]


フィギュアはシュライヒが造りがいいですね。
Schleich シュライヒ カワウソ
Schleich シュライヒ カワウソ


かわうそ3きょうだい そらをゆく (にじいろえほん)
かわうそ3きょうだい そらをゆく (にじいろえほん)


かわうそ3きょうだいのふゆのあさ (えほんひろば)
かわうそ3きょうだいのふゆのあさ (えほんひろば)


かわうそ3きょうだい (えほんひろば)
かわうそ3きょうだい (えほんひろば)


空がレースにみえるとき (ほるぷ海外秀作絵本)
空がレースにみえるとき (ほるぷ海外秀作絵本)


ぼく、およげないの
ぼく、およげないの


ニホンカワウソ―絶滅に学ぶ保全生物学
ニホンカワウソ―絶滅に学ぶ保全生物学


Otter (Animal)
Otter (Animal)


Otters: Ecology, Behaviour And Conservation (Oxford Biology)
Otters: Ecology, Behaviour And Conservation (Oxford Biology)


カワウソと暮らす (富山房百科文庫 (34))
カワウソと暮らす (富山房百科文庫 (34))


The Ring of Bright Water Trilogy: Ring of Bright Water, The Rocks Remain, Raven Seek Thy Brother
The Ring of Bright Water Trilogy: Ring of Bright Water, The Rocks Remain, Raven Seek Thy Brother


椋鳩十全集〈20〉カワウソの海
椋鳩十全集〈20〉カワウソの海


ガンバとカワウソの冒険 (岩波少年文庫)
ガンバとカワウソの冒険 (岩波少年文庫)


河合雅雄の動物記〈2〉カワウソ流氷の旅
河合雅雄の動物記〈2〉カワウソ流氷の旅

・・・
わたしの本も、ついでにいかがでしょう?


カワウソ

おそらく日本初の、カワウソだけ写真集


ドボク・サミット
ドボク・サミット

みんなで作ったドボク本



恋する水門―FLOODGATES

一家に一冊!世界初の水門写真集


新版 電脳の教室
新版 電脳の教室
こういうのもあります


  • ライブドアブログ
Das Otterhaus 【カワウソ舎】