Das Otterhaus 【カワウソ舎】

生きることは、見ること。写真作家・佐藤淳一が動物園水族館と生息地を訪ねます。カワウソがいてもいなくてもひたすら訪ねます。

みさきカワウソ・越えられないキュー

みさき公園のちびうそに戻りますよ。

110412_01
レンです。


110412_02
レンは、


110412_03
この場所がコワくて越えられません。


110412_04
そうするとレオンお父さんがやってきて、


110412_05
首のあたりをくわえて、


110412_06
手を添えてワッショーイ、とばかりに運んでもらえます。


110412_07
ナツお母さん(右)はそんな面倒なことはしません。


110412_08
「えっへん」


110412_09
「キュイ」「キュイ」


110412_10
「・・・」「?」


110412_11
レナです。しっかりもの!


110412_12
ですがお母さんに甘えることもあります。「ママ〜!」


110412_13
「ままぁ!」


お隣さんでした。



110412_14
ふたたびレンです。


110412_15
またここを越えられません。だったらそっち行くなw


110412_16
ちびうそたちは、そうやって同じ動作をえんえんと繰り返しているようですが、


110412_17
それでもたぶん日々、成長しております。今日は越えられなかった溝も、明日は越えられるかもね。

みさきカワウソ・レンとレナ

お待たせしました。みさき公園のちびうそです。

110410_01
ナツお母さんに抱っこされてお昼寝、じゃなくて朝寝中。


110410_02
レオン父ちゃんに抱っこされて朝寝中。


110410_03
と思ったら飛び出して寝ています。


110410_04
あ、これは♂ですね。レンだ。無防備な寝すがた。


110410_05
これはレナ。うしろのナツお母さんにそっくりです。ちゃんと比較してみましょう。


110410_06
レナ。


110410_07
なっちゃん。


110410_08
これはレン。


110410_09
フェレットみたいw。レンはレオン父ちゃんに似てます。


110410_10
レンはこんな感じで、


110410_11
水を飲むぐらいですが、


110410_12
レナのほうはもう少し積極的で、


110410_13
自主的に、セルフ水漬けしています。


110410_14
上がるぴゃ〜!


110410_15
こっちこっち。


110410_16
レンの方が幼い感じですね。


110410_17
ピャー。


110410_18
キュイー。


110410_19
母ちゃん何踊ってんのー?


つづきます。

みさきカワウソ・ちびうそ増えたキュイ!

みさき公園のコツメカワウソ。家族が増えました!

110407_01
去年11月、ナツのおっぱいが準備完了っぽい、って書いたのですが、やっぱり入ってましたね。わたしが訪ねた約2週間後の12月7日、2頭が生まれておりました。想像妊娠か?という説もありましたが、2頭だったらお腹もそんなに目立たないはずです。


110407_02
こどもたちはお父さんのレオンから「レ」をもらって、レンとレナと名付けられました。今後いっぱい生まれたらどうするのかなw。どこまでもレレレで行けるか。


110407_03
みさき公園も春になりました。右手奥に桜があったので、今ごろは咲いていることでしょう。


110407_04
♂のレンです。たぶん。


110407_05
♀のレナです。逆だったらごめんね。


110407_06
家族だんらんのひととき。ナツお母さん(右)の方が豪快な感じだ。


眠いので続きはまたあとで。

おやすみ前にこの一冊・・・
160px_kawauso_book
東京書籍刊『カワウソ』をお買い上げくださいましてありがとうございます。おかげさまですでに3刷!

「カワウソなび」の最新情報はこちらをどうぞ↓


Where captive otters live in Japan.

 Otter holding facilities in Japan

佐藤淳一リアルタイム
最新の写真は flickr | Otterhaus で公開中。たまにカワウソも。

Created with flickr badge.




コメントありがとうございます。
すべてにリプライできなくてごめんなさい ↓

最新コメント
動物園・水族館・生息地

[動物園・水族館・生息地ごとの記事アーカイブ。カワウソ中心ですが、たまにほかの動物も出ます]

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
記事検索
タグ絞り込み検索
Junichi SATO

self portrait

[佐藤淳一]1963年生まれ。土木構造物と動物という、かけ離れた領域を行き来するあまり類を見ない写真作家。上の写真はベルリン地下鉄の駅の壁に貼ってあった「ハンケンスビュッテルかわうそセンター」のポスターを撮ったもの(2005年)。意図せず自分も写り込んでしまったので、公式セルフポートレートに認定。光学的にカワウソと一体化しています。

キュイキュイ書房
カワウソ本とカワウソグッズの密林セレクトショップ♪

かわうそ店長、意外にハマります。すでに4巻まで出てるよ。

かわうその自転車屋さん 1 (芳文社コミックス)
かわうその自転車屋さん 1 (芳文社コミックス) [コミック]

こやまけいこ
芳文社
2014-10-16


酒ケーキもいいんだけど、せんべいの方がもっといいよ獺祭。

旭酒造 獺祭 煎餅 だっさい せんべい 山田錦の砕米で作りました 30枚入り
旭酒造 獺祭 煎餅 だっさい せんべい 山田錦の砕米で作りました 30枚入り [その他]
旭酒造


世界13種のカワウソが網羅されているすばらしい入門書が出ました。写真もいっぱい!

Otters of the World
Otters of the World


ハンザのぬいぐるみが各種、買えるようになってますよ。
カワウソ No.3320
カワウソ No.3320 [おもちゃ&ホビー]


フィギュアはシュライヒが造りがいいですね。
Schleich シュライヒ カワウソ
Schleich シュライヒ カワウソ


かわうそ3きょうだい そらをゆく (にじいろえほん)
かわうそ3きょうだい そらをゆく (にじいろえほん)


かわうそ3きょうだいのふゆのあさ (えほんひろば)
かわうそ3きょうだいのふゆのあさ (えほんひろば)


かわうそ3きょうだい (えほんひろば)
かわうそ3きょうだい (えほんひろば)


空がレースにみえるとき (ほるぷ海外秀作絵本)
空がレースにみえるとき (ほるぷ海外秀作絵本)


ぼく、およげないの
ぼく、およげないの


ニホンカワウソ―絶滅に学ぶ保全生物学
ニホンカワウソ―絶滅に学ぶ保全生物学


Otter (Animal)
Otter (Animal)


Otters: Ecology, Behaviour And Conservation (Oxford Biology)
Otters: Ecology, Behaviour And Conservation (Oxford Biology)


カワウソと暮らす (富山房百科文庫 (34))
カワウソと暮らす (富山房百科文庫 (34))


The Ring of Bright Water Trilogy: Ring of Bright Water, The Rocks Remain, Raven Seek Thy Brother
The Ring of Bright Water Trilogy: Ring of Bright Water, The Rocks Remain, Raven Seek Thy Brother


椋鳩十全集〈20〉カワウソの海
椋鳩十全集〈20〉カワウソの海


ガンバとカワウソの冒険 (岩波少年文庫)
ガンバとカワウソの冒険 (岩波少年文庫)


河合雅雄の動物記〈2〉カワウソ流氷の旅
河合雅雄の動物記〈2〉カワウソ流氷の旅

・・・
わたしの本も、ついでにいかがでしょう?


カワウソ

おそらく日本初の、カワウソだけ写真集


ドボク・サミット
ドボク・サミット

みんなで作ったドボク本



恋する水門―FLOODGATES

一家に一冊!世界初の水門写真集


新版 電脳の教室
新版 電脳の教室
こういうのもあります


  • ライブドアブログ
Das Otterhaus 【カワウソ舎】