Das Otterhaus 【カワウソ舎】

生きることは、見ること。写真作家・佐藤淳一が動物園水族館と生息地を訪ねます。カワウソがいてもいなくてもひたすら訪ねます。

エメン動物園・その1

[ The next distination was Dierenpark Emmen (Zoo Emmen) in Netherland. Their African savanna exhibit was really amazing! ]

151130_01
動物園業界関係者の間ではたいそう評価の高い、オランダのエメン動物園を訪ねました。2015年の8月です。今まで「エンメン」って呼んでましたけど、検索で調べたら日本では「エメン」と書かれた情報の方が多いようなので、「エメン」に合わせることにします。個人的にはこれから先も「エンメン」って言い続けると思うけど。


151130_02
街中に、いきなり動物園入口があるような感じ。

エメン(エンメン Emmen)はオランダの小さな町ですが、ドイツ国境に近いのでドイツからでも日帰りできます。アムステルダムから来るのと、ルール地方の諸都市から来るのと、ほとんど所要時間は変わらんのではないかしらん。

今回はデュッセルドルフ滞在中に訪ねたのですが、ドイツ側のメッペンという町から国境を越えるローカルバスが出ているのを発見し、比較的すんなり到達しました。帰りはオランダ国内を遠回りして帰ったらちょっとしんどかった。ま、それはどうでもいいとして。


151130_03
♪〜


151130_04
えいっ!


151130_05
ひょ〜っ


151130_06
若ゾウがいますね!

ゾウさんは後でゆっくり見るとして、まずエンメンの心臓部をご覧いただきます。


151130_08
奥の広い放飼場が、遠くから見えますが、何だか他の園とはちょっと雰囲気が違う感じがします。


151130_07
インパラとウォーターバック、かな?


151130_09
ウォーターバック、ツノがないとわかんないですが。


151130_10
グラントシマウマ。


151130_11
インパラですね。


151130_12
オグロヌー。


撮影しながら、この大放飼場(正しくは「アフリカのサバンナ」)をぐるーっと回り込んで来ました。


151130_13
で、キリンです。ロスチャイルドかな?(キリンとしか書いてなかった)


151130_14
手前をウロウロしているのは、ホロホロチョウ。


151130_15
何だかみんな、


151130_16
妙にリラックスしてますね。


151130_17
さらに回り込んで行くと、どっかりと座り込んでいました。





で、その先の風景はこんな。





151130_18
うわー!うわー!うわー!



151130_19
これはすごいですね、みんな仲良く思いっきりだらだらしてます!

今までこんな展示、見たことありません。
何でこんなごくごく自然に、混合展示ができてるんでしょう?


151130_20
大放飼場は説明板がてんこ盛りだ。


151130_21
何しろみんなどかーんと混ざって展示されているので、説明板もこういう設置になるしかありません。


151130_22
キリンの餌が付いて群がっているところ。数時間後の状態ですが、撮影場所は反対側まで来ています。シロサイも見えます。

何というか、心理的に広いです。植物が大量に投入されているおかげなのか、街中にいることを完全に忘れてしまう空間です。数字の上ではそれほど広くもないし、お客さんもいっぱいいるのですがね。


151130_23
かっこいいウォーターバックと、カンムリヅル。


151130_24
いや〜、これはすごかった。
やられた感が半端ないです。
これかエンメン!


続きますエンメン!、いや違った、エメン!


ペリダイザ・その2

[ Continuing report of Pairi Daiza. Young and baby elephants are so adorable. Enjoy their great exhibits of Asian elephants! ]

150926_01
ちょっと不思議なベルギーの動物園、ペリダイザの2回目です。


150926_02
アジアゾウのみなさんが遊んでいます。


150926_03
若ゾウさん、玉ころがし希望だ。


150926_04
ばさっ
乾草のカタマリが降ってきた!


150926_05
それではみんなで、ころがしましょう!


150926_06
行け〜っ

とっても楽しそうですよね、やっぱり。


150926_07
こちらはベビゾウさん。


150926_08
ちょろちょろしています。


150926_09
ずんずん・・・


150926_10
ん?


150926_11
ひょ〜っ


150926_12
よーく見ると、鼻でつかんでた草の茎をくわえてますね。こんな小さくてもすでに鼻は器用。


150926_13
ゾウ舎前。

ものすごく立派な作りで、インドっぽさ満点の演出なのですが、中はそれほど広くありません。しかも、いわゆる「広大な室内放飼場」にはなっていませんでした(だいたい中に入れなかったし)。このへんがドイツ系の動物園(ゾウの室内放飼場には、むちゃくちゃお金をかける)との違いでしょうか。では冬はどうするのかな。


150926_14
とにかく大にぎわいです。

さて、ペリダイザのコンセプトが「囲われた楽園」というようなものであることは前回書きました。前回の8枚目の写真の園内マップでその様子をご覧ください。で、ほんとに壁があるんですよ。村上春樹で言うところの「世界の終わり」になっとるわけ。このゾウ舎のすぐうしろがその壁です。壁の総延長は3キロもあるとのこと。


150926_15
でも、実はペリダイザの世界は終わっていなかった。壁の内側で閉じてないんですな。この木のブリッジは壁沿いに作られていて、上まで登ると(画面右)壁の外が見えます。あ、その途中でお客さんが何か見てますよ。


150926_16
ひょ〜っ、きもちい〜!
裏でこっそり水浴びしているずるいゾウさんが。


で、壁の外はこんな。

150926_17
何と、壁の外にもゾウさんがいた。
いったいぜんぶで何頭いるんだよw


150926_18
くつろいでますなあ。


おくつろぎのところ、左から何かが接近します。

150926_19
おお、蒸気機関車ですね。
園内をぐるっと回ってくれる列車ですが、実は壁の外まで飛び出すのだったか!


150926_20
線路の外側にもゾウさんがいて、通過する列車のお客さんにごあいさつ。

ちなみにこの列車、よくある子供だましなものではなくて、ちゃんとしたナロー(狭軌)の保存鉄道的なものでした。この蒸気機関車も実はディーゼルとか蓄電池とかではなく、ちゃーんと蒸気で動く本物。PKPのTy3297とありました。PKPと言ったらポーランド国鉄です。

それと、うしろに見える架線はベルギー国鉄の営業線です。今これ書いてて気が付いたんだけど、ここって園の横を通る電車のお客さんに「ちょい見せ」するための、飛び出し区間になっているのかもしれない。「あ、ゾウがいる!汽車が走ってる!行ってみよう!」的な反応を期待するための。

この列車、もちろんあとで乗りましたとも。

150926_21
列車内からさっきのエリアを見るとこんな風に見えます。ゾウさんの奥にあるのが問題の「壁」です。



なんか、すごいなあペリダイザ。やることが派手だ。



そして、もっとびっくりしたのがゾウのえさやりイベント。


150926_22
ガンジス川の沐浴場みたいなふれあいエリアが!


150926_23
ニンジンをあげられるようです。わざわざそのためにこんな場所を作ったものらしい。


150926_24
何かもう、見ているだけでこっちがおなかいっぱいになりました。


やることなすことすべてが派手なペリダイザ、その3につづきます。

ペリダイザ・その1

[ Pairi Daiza is not an ordinary zoo. It is the animal theme park which has a lot of different sceneries of all over the world. The park is located in the southern Belgium and famous for keeping Giant panda from 2014. ]

150923_01
ベルギー南部にあるペリダイザ(Pairi Daiza)は、テーマパーク型動物園というか、世界の各地方の建築物や景観を模したテーマパークに、それぞれの地域の動物が配された、ちょっと不思議な動物園です。

Pairi Daizaとは、「囲われた庭園」を意味する古代ペルシャ語だそうです。転じて外界から隔絶されたパラダイスというニュアンス。実際、ここは高い壁でベルギー南部の長閑な農村地帯である外の世界と完全に隔てられ、今、自分がいるのがひょっとしてインドなのかも、あるいはアフリカなのかも中国なのかもオーストラリアなのかも・・・みたいなイマジナリーな空間が作り込まれています。

いわゆるランドスケープイマージョン型の動物園のように、動物の生息環境としての自然景観を再現するというのではなくて、むしろ民族文化的景観とその周辺に現われる動物というように、人間が介在するランドスケープに動物展示を混ぜ込む、という趣旨のようです。


150923_02
入口の立派なゲート。


150923_03
もともとここはシトー派のカンブロン修道院(Cambron Abbey)のあった地所だそうです。シトー派の修道院はいいぞ〜、とむかし建築の先生から聞かされていたことが思い出されますが、そんなところが動物園をやっていて、今わざわざこうやって訪れることになるとは、思いもよらなかった。これも何かのお導きですかね。

What does ‘Pairi Daiza’ mean?


この日は8月下旬の金曜日。しかもものすごーくいい天気。
民営のテーマパーク型動物園ですから宣伝なんかもバッチリしておりまして、その効果もあってか、むちゃくちゃ混んでました。


150923_04
入ってすぐのOasisという温室、7000平米もある巨大な空間ですが、その一角にコツメカワウソが展示されていました。


150923_05
やっぱ寝てますよねw


150923_06
寒い季節だったらいいんでしょうけど、真夏に温室の中にいるのは勘弁です。コツメがいるのを確認しただけで早々に退散。


150923_07
これが園内ど真ん中。遠景にインド風だかバリ風だかの建築物が林立するのが見えて、すでに頭がクラクラしそう。


150923_08
中央の湖のまわりに九つのエリアがあります。敷地面積は135エーカー、つまり55ヘクタールw
笑うしかない広さですが、とにかく左回りに進んでみることにします。


150923_09
ジャイアントパンダ展示場(パンダグロット)の入口。パンダを見るのにこれだけ人混みに紛れることになるのは、何年ぶりのことだろう。

ところで、何でこんなところにジャイアントパンダがいるのかというと、いろいろな事情が絡んでいるっぽい。

ベルギーで「パンダ戦争」勃発、国内対立に新たな火種:AFPBB News

というか、南部出身の首相があまり深いこと考えず、ペリダイザにパンダ入れることでさくさくと話を進めてしまったのだろう。北部のアントワープ動物園が後でそれを知り、何で老舗のうちを差し置いて新参者のペリダイザに(怒)、ということになったということでしょうかね。

と聞くと、民営であるペリダイザは単に営利目的でパンダを入れたのではないか、と勘ぐりたくなるわけですが、決してそういうわけではないようです。ペリダイザはちゃんとEAZA(欧州動物園水族館協会)に加盟しているし、繁殖プログラムEEPにも参加してる。ペリダイザの母体であるペリダイザ財団のサイトを見ると、今日の動物園がやるべきことはやってることがわかる。たとえばベルギー国内のカワウソの再導入プロジェクトに関与していたり。

Retour de la Loutre d'Europe dans les forets ardennaises - Les projets - Pairi Daiza Foundation

詳しいことは、もっとちゃんと調べてみないといけないのですが。


150923_10
いました。確かにパンダですねこれはw


150923_11
人混みに押し出されるように出てしまいました。パンダの付け合わせ展示のゴールデンターキンがかわゆい。



・・・



150923_12
La Terre des Originesというアフリカエリアです。暑いです。シロサイとイボイノシシがいます。


150923_13
アフリカゾウは2頭いました。


150923_14
水浴びブチハイエナ。


150923_15
ブチハイエナ放飼場の先にキリン。手前の飛行機はゴミではありません。サバンナの風景を形成する要素としての不時着した飛行機、と思われます。


150923_16
木陰でおくつろぎのところすいません。
こういう雲ひとつない晴れの日に写真撮るのはしんどいです。日なたはすっ飛ぶし、陰はつぶれる。


150923_17
結局、行かなかった船型の展示施設。中はどうなってるのだろう。とにかくこの日は人多すぎ。



・・・



150923_18
おそらく、これがペリダイザ一番の目玉展示と思われる、アジアゾウ舎です。


150923_19
ぞろぞろ。子ゾウいますねえ。


150923_20
トレーニングやりましょう。


150923_21
はい!
あ、いちばん小さい子がちゃんと左脚を上げているのかどうか、肝心のところが見えませんね〜


150923_22
ありゃ、もう終わりですか?



150923_23
遊びに行くよ〜


150923_24
何か、ここのゾウさんたちはものすごく楽しそうに見えるんですけど。



つづく!


おやすみ前にこの一冊・・・
160px_kawauso_book
東京書籍刊『カワウソ』をお買い上げくださいましてありがとうございます。おかげさまですでに3刷!

「カワウソなび」の最新情報はこちらをどうぞ↓


Where captive otters live in Japan.

 Otter holding facilities in Japan

佐藤淳一リアルタイム
最新の写真は flickr | Otterhaus で公開中。たまにカワウソも。

Created with flickr badge.




コメントありがとうございます。
すべてにリプライできなくてごめんなさい ↓

最新コメント
動物園・水族館・生息地

[動物園・水族館・生息地ごとの記事アーカイブ。カワウソ中心ですが、たまにほかの動物も出ます]

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
記事検索
タグ絞り込み検索
Junichi SATO

self portrait

[佐藤淳一]1963年生まれ。土木構造物と動物という、かけ離れた領域を行き来するあまり類を見ない写真作家。上の写真はベルリン地下鉄の駅の壁に貼ってあった「ハンケンスビュッテルかわうそセンター」のポスターを撮ったもの(2005年)。意図せず自分も写り込んでしまったので、公式セルフポートレートに認定。光学的にカワウソと一体化しています。

キュイキュイ書房
カワウソ本とカワウソグッズの密林セレクトショップ♪

かわうそ店長、意外にハマります。すでに4巻まで出てるよ。

かわうその自転車屋さん 1 (芳文社コミックス)
かわうその自転車屋さん 1 (芳文社コミックス) [コミック]

こやまけいこ
芳文社
2014-10-16


酒ケーキもいいんだけど、せんべいの方がもっといいよ獺祭。

旭酒造 獺祭 煎餅 だっさい せんべい 山田錦の砕米で作りました 30枚入り
旭酒造 獺祭 煎餅 だっさい せんべい 山田錦の砕米で作りました 30枚入り [その他]
旭酒造


世界13種のカワウソが網羅されているすばらしい入門書が出ました。写真もいっぱい!

Otters of the World
Otters of the World


ハンザのぬいぐるみが各種、買えるようになってますよ。
カワウソ No.3320
カワウソ No.3320 [おもちゃ&ホビー]


フィギュアはシュライヒが造りがいいですね。
Schleich シュライヒ カワウソ
Schleich シュライヒ カワウソ


かわうそ3きょうだい そらをゆく (にじいろえほん)
かわうそ3きょうだい そらをゆく (にじいろえほん)


かわうそ3きょうだいのふゆのあさ (えほんひろば)
かわうそ3きょうだいのふゆのあさ (えほんひろば)


かわうそ3きょうだい (えほんひろば)
かわうそ3きょうだい (えほんひろば)


空がレースにみえるとき (ほるぷ海外秀作絵本)
空がレースにみえるとき (ほるぷ海外秀作絵本)


ぼく、およげないの
ぼく、およげないの


ニホンカワウソ―絶滅に学ぶ保全生物学
ニホンカワウソ―絶滅に学ぶ保全生物学


Otter (Animal)
Otter (Animal)


Otters: Ecology, Behaviour And Conservation (Oxford Biology)
Otters: Ecology, Behaviour And Conservation (Oxford Biology)


カワウソと暮らす (富山房百科文庫 (34))
カワウソと暮らす (富山房百科文庫 (34))


The Ring of Bright Water Trilogy: Ring of Bright Water, The Rocks Remain, Raven Seek Thy Brother
The Ring of Bright Water Trilogy: Ring of Bright Water, The Rocks Remain, Raven Seek Thy Brother


椋鳩十全集〈20〉カワウソの海
椋鳩十全集〈20〉カワウソの海


ガンバとカワウソの冒険 (岩波少年文庫)
ガンバとカワウソの冒険 (岩波少年文庫)


河合雅雄の動物記〈2〉カワウソ流氷の旅
河合雅雄の動物記〈2〉カワウソ流氷の旅

・・・
わたしの本も、ついでにいかがでしょう?


カワウソ

おそらく日本初の、カワウソだけ写真集


ドボク・サミット
ドボク・サミット

みんなで作ったドボク本



恋する水門―FLOODGATES

一家に一冊!世界初の水門写真集


新版 電脳の教室
新版 電脳の教室
こういうのもあります


  • ライブドアブログ
Das Otterhaus 【カワウソ舎】