Das Otterhaus 【カワウソ舎】

生きることは、見ること。写真作家・佐藤淳一が動物園と水族館を訪ねます。カワウソがいてもいなくてもひたすら訪ねます。

アフリカンサファリ・キリンとゾウの出勤タイム

[ Elephants and Giraffes climb to the hill where they work at. This rare scene repeats every morning at Kyushu African Lion Safari. Visitors can watch this heartwarming event only on weekends in the summer season. ]

121121_01
またまた3週間以上前の撮影ですいません。アフリカンサファリのスペシャル企画で、朝の8時半にキリンやゾウが出勤してくる場面を見られるものがあるのですが、それの今年の最後の回に間に合ったのでご覧ください。このプラン、冬季はやってません。見たい方はまた来年にどうぞ。


121121_02
ゾウさんたち、やる気満々です。


121121_03
しゅっぱ〜つ!


121121_04
サファリゾーンは山というか丘の上ですが、寝室は谷にあるわけです。したがって朝はこんな感じで、坂道を上って出勤してくることになるのだ。


121121_05
ちびゾウのウーシーくん、トップを取りそうないきおい。


121121_06
ありゃ。ちょっと遅れてしまいました。しっぽしか見えないw


121121_07
シロサイも出勤。


121121_08
ファロージカ(ダマジカ)も出てきます。


121121_09
キリン、しゅっぱ〜つ!


121121_10
ちびリン!


121121_11
寄り道しないように、サファリカーが後ろからプレッシャーかけます。


121121_12
おとなキリンがカーブにさしかかりました。


121121_13
ちびリン来ました。


121121_14
ナオトくんというそうです。


121121_15
とてとてナオトくん。


121121_16
ちゃんと側対歩だw


121121_17
到着〜♪


121121_18
フィギュアみたい。


121121_19
ゾウさんたちのごはん場へ。


121121_20
うろうろウーシーくん。


121121_21
たのしそう。


121121_22
またキリンへ。


121121_23
ナオトくんも、もうカゴから食べられます。


121121_24
風になびくツノ毛がたまりません!


121121_25
実はこういう位置関係。

このプランも普通の「ジャングルバス」というサファリバスで移動するので、勝手にあちこち撮ったり粘ったりはできません。この日(10月末の土曜)はもう秋も深まり、お客さんも少なかったので、バスの中ではあちこち動き回れました。夏場はこうはいかないでしょうね。でもこれ、実に面白い企画なのでまた参加したいなあ。

ところで「ジャングルバス」というのはエサやりができる金網で囲まれたバスなのですが、撮影のことは全く考慮されていません。なので金網が写らないように大変な苦労をするし、アングルもかなり制限されます。撮影用に作られたわけじゃないので、仕方ないことです。

いっそのこと、本物のアフリカにあるような撮影用のサファリカーを作って、撮影のためだけのプランをやってみるってのはどうでしょう。値段は・・・今の10倍ぐらいだったら出しますw

自家用車で入ってもガラスごしの撮影だし、長時間停車はできないので、結局サファリパークで納得のいく写真って、基本的には撮れないわけですよね。だったら逆に、撮影したい人向けに徹底的に特化した「フォトサファリプラン」みたいなサービスをやっちゃうっていうのはどうなんだろう、と考えるわけです。すでにやってるところ、あるのかな。どうしても料金が高くなってしまうことと、お客の要求(絶対にエスカレートするはずw)に対して制限をかけるのが難しいことなどを考えると、実現は難しそうだけど、今後、需要がありそうな気もする。


121121_26
ブラックバックの群れ。ハーレムっすね。


121121_27
またね〜!






【追記 2012.11.25】
Twitterで、秋吉台自然公園サファリランドに「写真専用カー」という、そのものズバリなサービスがすでに存在することを教えていただきました。おおお〜、これはぜひ乗ってみたい!

写真専用カー/秋吉台自然動物公園 サファリランド


おやすみ前にこの一冊・・・
160px_kawauso_book
東京書籍刊『カワウソ』をお買い上げくださいましてありがとうございます。おかげさまですでに3刷!

「カワウソなび」の最新情報はこちらをどうぞ↓


Where captive otters live in Japan.

 Otter holding facilities in Japan

佐藤淳一リアルタイム
最新の写真は flickr | Otterhaus で公開中。たまにカワウソも。

Created with flickr badge.




コメントありがとうございます。
すべてにリプライできなくてごめんなさい ↓

最新コメント
動物園・水族館・生息地

[動物園・水族館・生息地ごとの記事アーカイブ。カワウソ中心ですが、たまにほかの動物も出ます]

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
記事検索
タグ絞り込み検索
Junichi SATO

self portrait

[佐藤淳一]1963年生まれ。土木構造物と動物という、かけ離れた領域を行き来するあまり類を見ない写真作家。上の写真はベルリン地下鉄の駅の壁に貼ってあった「ハンケンスビュッテルかわうそセンター」のポスターを撮ったもの(2005年)。意図せず自分も写り込んでしまったので、公式セルフポートレートに認定。光学的にカワウソと一体化しています。

キュイキュイ書房
カワウソ本とカワウソグッズの密林セレクトショップ♪

かわうそ店長、意外にハマります。すでに4巻まで出てるよ。

かわうその自転車屋さん 1 (芳文社コミックス)
かわうその自転車屋さん 1 (芳文社コミックス) [コミック]

こやまけいこ
芳文社
2014-10-16


酒ケーキもいいんだけど、せんべいの方がもっといいよ獺祭。

旭酒造 獺祭 煎餅 だっさい せんべい 山田錦の砕米で作りました 30枚入り
旭酒造 獺祭 煎餅 だっさい せんべい 山田錦の砕米で作りました 30枚入り [その他]
旭酒造


世界13種のカワウソが網羅されているすばらしい入門書が出ました。写真もいっぱい!

Otters of the World
Otters of the World


ハンザのぬいぐるみが各種、買えるようになってますよ。
カワウソ No.3320
カワウソ No.3320 [おもちゃ&ホビー]


フィギュアはシュライヒが造りがいいですね。
Schleich シュライヒ カワウソ
Schleich シュライヒ カワウソ


かわうそ3きょうだい そらをゆく (にじいろえほん)
かわうそ3きょうだい そらをゆく (にじいろえほん)


かわうそ3きょうだいのふゆのあさ (えほんひろば)
かわうそ3きょうだいのふゆのあさ (えほんひろば)


かわうそ3きょうだい (えほんひろば)
かわうそ3きょうだい (えほんひろば)


空がレースにみえるとき (ほるぷ海外秀作絵本)
空がレースにみえるとき (ほるぷ海外秀作絵本)


ぼく、およげないの
ぼく、およげないの


ニホンカワウソ―絶滅に学ぶ保全生物学
ニホンカワウソ―絶滅に学ぶ保全生物学


Otter (Animal)
Otter (Animal)


Otters: Ecology, Behaviour And Conservation (Oxford Biology)
Otters: Ecology, Behaviour And Conservation (Oxford Biology)


カワウソと暮らす (富山房百科文庫 (34))
カワウソと暮らす (富山房百科文庫 (34))


The Ring of Bright Water Trilogy: Ring of Bright Water, The Rocks Remain, Raven Seek Thy Brother
The Ring of Bright Water Trilogy: Ring of Bright Water, The Rocks Remain, Raven Seek Thy Brother


椋鳩十全集〈20〉カワウソの海
椋鳩十全集〈20〉カワウソの海


ガンバとカワウソの冒険 (岩波少年文庫)
ガンバとカワウソの冒険 (岩波少年文庫)


河合雅雄の動物記〈2〉カワウソ流氷の旅
河合雅雄の動物記〈2〉カワウソ流氷の旅

・・・
わたしの本も、ついでにいかがでしょう?


カワウソ

おそらく日本初の、カワウソだけ写真集


ドボク・サミット
ドボク・サミット

みんなで作ったドボク本



恋する水門―FLOODGATES

一家に一冊!世界初の水門写真集


新版 電脳の教室
新版 電脳の教室
こういうのもあります


  • ライブドアブログ
Das Otterhaus 【カワウソ舎】