Das Otterhaus 【カワウソ舎】

生きることは、見ること。写真作家・佐藤淳一が動物園と水族館を訪ねます。カワウソがいてもいなくてもひたすら訪ねます。

アントワープ動物園・その4

[ The final article of Antwerp Zoo. The zoo was unexpectedly large as an zoo in front of such major railroad station. They have even an artificial hill for exhibit like Hagenbeck's panorama. The animals appearing in this article are, African buffalo, Somali sheep, Hartmann's mountain zebra, Congo peafowl, Bali myna, Hippopotamus, Marabou stork, Coypu and Common seal. ]

150922_01
アフリカスイギュウ(Cape buffalo)のお子さま。成獣は頭の上に手ぬぐいを載せた温泉オヤジみたいなツノになっていますが、若いうちは一見、普通の牛のツノに見えます。でも耳がすごいな。

さてアントワープ動物園、駅前動物園にしては意外に広い!というか奥が深い!


150922_02
前回の鳥ストリートを抜けると、坂道を上がります。するとこんな風景が現われる。ラクダはヒトコブですが、あの変なヒツジは何だろう?


150922_03
ソマリシープとあります。みんなそろって見事に首から上だけが真っ黒。


150922_04
坂を上がりきってソマリシープ放飼場をぐるっと回り込むとこんな風景が。あの橋まで行ってみましょうか。


150922_05
橋の上から今までいたところを見るとこんな感じ。さっきいた道のうしろにもっと高いところがあって、そこにはタールがいます。左の偉そうな建物は爬虫類館。その後の茶色いビルは園外か。


150922_06
橋から下を覗くと、ライオン。

あ、つまりこれは、構造的にハーゲンベックのパノラマを模しているようですね。


150922_07
タテ構図でちょっと大きめの写真にしてみます。
後の赤い鉄骨はアントワープ中央駅舎。人工的に作られた坂道を上がってくると、ライオンがいる斜面を上から眺められるようになっています。こんな街中の平地によくもまあ、という自然な立体展示空間が構築されています。


150922_08
坂を下りて、水族館。


150922_09
そして、アフリカスイギュウのエリア。若いのが2頭、牛舎から飛び出してきました。


150922_10
「危険な動物」サイン。スイギュウに噛まれるかどうかは別にして。


150922_11
隣のシマウマはハートマンヤマシマウマ。


150922_12
シマウマ舎が、これまた渋い。


その先、また別の鳥エリア。

150922_13
出た!コンゴクジャク!
アントワープと言えばオカピと並んでコンゴクジャクでしょう。発見までの経緯が綴られた説明板。


150922_14
いた!


150922_15
頭のてっぺんが真っ平らで、そこから冠羽が生えているように見えます。


150922_16
もっとシャイな性格な鳥かと思ったら、意外にフレンドリー。寄ってきますけど、そういうキャラでいいのか。ジャングルの奥の奥でひっそり生息しているのではなかったのか。


150922_17
ここの鳥エリアにはカンムリシロムクもいます。


閉園時間が迫っているので、どんどん回ります。

150922_18
カバの室内展示場。


150922_19
お食事中。後の壁がキーパー通路をはさんで全面ガラス窓なので、外が見えていいですね。


150922_20
カバ舎併設の鳥エリアには、アフリカハゲコウなどが。


150922_21
ハゲコウとふれあう勇者なお客さん。どうなっても自己責任だな。


150922_22
カバは出入り自由。横のペリカンはニシハイイロペリカン(Dalmatian Pelican)。


150922_23
カバ池のあたりは水辺動物のエリアになっています。これはヌートリア。


150922_24
よいしょよいしょ


150922_25
ん?   ん?


150922_26
逃げろ〜

カワウソのニセモノというようなイメージのヌートリアですが、広い放飼場にちゃんと展示されています。


150922_27
で、その先はコモンシール、つまりゼニガタアザラシ。日本で見るゼニガタよりも柄が小さく、形もゴマフとあまり変わりません。


150922_28
ふあああ


150922_29
よっ!


150922_30
アムールトラと駅舎。
トラ、右下の階段?の一番上にいるんだけど見えますか?

ということで、なんとか一回りしたところでついに閉園時間となりました。本日はここまで。


ところで、これほどアクセスの楽な動物園もなかなかありません。ブリュッセルから出かける場合、ベルギー国鉄のB-Excursionという入場券つきチケットを買うといいです。このチケット、何と往復の電車賃が5ユーロぐらいになってしまう、むちゃくちゃお得なもの。駅の自販機で買えるところも便利。



次回からは、パイリダイザ。

パイリダイザとは、老舗アントワープ動物園を差し置いて、昨年ジャイアントパンダを入れて話題となったベルギー南部の動物園です。



【追記 2015.9.23】
Pairi Daiza、フランス語読みだとペリダイザになるみたい。現地でもそう聞こえた。Googleの検索結果も、

  "パイリダイザ":56件
  "パイリ・ダイザ":28件
  "ペリダイザ":1050件
  "ペリ・ダイザ":なし

となるので、ペリダイザと書いた方がよさそう。


アントワープ動物園・その3

[ We are still in Antwerp Zoo. This time, let's meet Bongos, Giraffes, Spectacled bears, Coatis and some colorful birds! ]

150916_01
アントワープ動物園のつづきです。ボンゴにお子がいたよ!


前回ご覧いただいたアジアゾウに隣接して、キリン放飼場。

150916_02
こうなると、背後のエジプシャンテンプル(改修工事中)の中の室内展示がどうなっているのか、気になります。ゾウとキリンの両方が同じ建物で室内展示されているのって、あまり見ないので。


150916_03
アントワープのキリンもまた亜種が明記されてませんが、英語版のwikipediaにはBaringo giraffeとあります(以前は表記していたのかも)。Baringoはロスチャイルドのことです。模様の感じや脚の白さ、顔の雰囲気など見かけも実にロスチャイルドなので(ただし中央の1頭を除く)、このブログでは便宜上、ロスチャイルドキリンという分類にしておきたいと思います。


150916_04
ずっと固まってますね。首かゆい?


150916_05
この3頭の中でも、右の1頭だけ見るからにアミメキリン。
うーん、どうしたもんだか。やっぱりぜんぶ一緒くたに「キリン」でいいのか。


150916_06
園内レストラン「フラミンゴ」。
そのうしろのめちゃめちゃ立派な高い建物は、アントワープ中央駅。


150916_07
レストランの中には、園の「おもいで写真」が展示されていました。



で、ボンゴを見ましょ。

150916_08
生まれたね〜


150916_09
タテガミがピンピンしてます。


150916_10
こっち見た!


150916_11
ボンゴも亜種があるんですねえ。このTragelaphus eurycerus isaaciはEastern bongoまたはMountain bongo。和名はケニアボンゴとなるようです。西の平地にいる亜種に比べて大型で、Red listではこっちだけCR。

そして例のサインシリーズ、ここでは「さわらんといて!」。


150916_12
夕方になって、親子でお客さんのすぐそばまで出てきましたよ。


・・・


150916_13
Vogelgebouw。単に鳥類館、ぐらいの意味。
中に入ってみます。


150916_14
Red-whiskered bulbul。和名はコウラウン。紅羅雲。東南アジア〜南アジアに生息。観賞用に輸入されたのが日本の一部地域で繁殖しているそうです。


150916_15
Green honeycreeper(ズグロミツドリ)。中米〜南米のフウキンチョウ科。このブログに登場するのは、おそらく2度目。


150916_16
Lilac-breasted roller(ライラックニシブッポウソウ)。アフリカのめちゃめちゃカラフルなやつ。ズーラシアにもいたかも。

鳥類はキリがないので、このへんでやめときますw


・・・


150916_17
メガネグマ〜


150916_18
こっち見た!


150916_19
アカハナグマとの混合展示です。


150916_20
何かしたいようです。


150916_21
さらに屋外の鳥エリアがつづきます。これはKea(ミヤマオウム)。頭のいい鳥なので普通に鳥っぽくしていない。


150916_22
ピンクのマブタが特徴的なMilky eagle-owl。ミルキーなのに和名はクロワシミミズク。わけわかんない和名。アフリカにいるBubo=ワシミミズク属。


150916_23
何だかんだで鳥ばっかりになっちゃいました、なストリート。ここはすごいですよ。


150916_24
うしろの赤い鉄骨はアントワープ中央駅の、ホームにかかる大屋根です。つまり駅と動物園、もう完全に密着隣接してんのw もうホームから直接来れるようにしたら?という感じ。



そしてこの先、大都市の駅の隣とは到底思えないような、もっとびっくりな景観が現われました。
その4へつづく。

アントワープ動物園・その2

[ Continuing report of Antwerp Zoo. West lowland gorilla, Dybowski's deer, Yellow mongoose and Asian elephants. The young male elephants are so active. ]

150915_01
アントワープ動物園がつづきます。


150915_02
入口近くにある小型サル舎の内部。


150915_03
その厨房です。おいしそうなごはんが準備されています。
右側に、「すべてのサルがバナナを食べるわけではない」旨の解説パネルがありました(写真データを現像している時に気づいた)。


150915_04
これは別の棟、類人猿舎のチンパンジー展示。このあたりはさーっと流して見ただけなので、詳しくは書けません。


150915_05
でもその一角にちょっとドキッとする展示が。
空いている展示場に、ゴリラとチンパンジーと人間の骨格標本が並んでいる。


150915_06
というわけで、ゴリラ様のお姿。
これは屋外に面した部屋で、反射がすごくてなかなか撮りにくいのでした。


150915_07
わりと大事にされているシカ。


150915_08
Dybowski's deer(Cervus nippon dybowskii)。ニホンジカの亜種で、和名はマンシュウジカでいいのでしょうか。

えさをあげないで、のサインが例のシリーズです。本来はえさのところに赤で×印が付いているのですが、ここのは取れちゃったらしい。それでもまあ意味(いらないよ!)はわかります。記号的な要素を抜いても絵柄だけで意図が伝わる。その点からも、よくできたイラストレーションかと思われます。


150915_09
お隣は定番のキイロマングース。


150915_10
土の上にいるとマングース感が強調される感じです。


150915_11
つぎ、ゾウさんに行きましょう。


150915_12
あら活発な!


150915_13
うおりゃ〜


150915_14
とぉ〜っ


150915_15
アジアゾウ、現在の展示は若いオスが2頭。7歳と8歳。

メインのファミリーは分園のプランケンデール動物園に移動してて、ここでは独立した若オスの群れ(2頭だけだけど)が再現されている、とあります。なるほどその手があったか! なにしろここはそれほど広くないので。


150915_16
もう1頭は水浴び中、というか水泳中。


150915_17
とりゃ〜!


150915_18
ぷふぁ〜


150915_19
ひょ〜っ


150915_20
こっちもひたすらタイヤで遊ぶ遊ぶ。


150915_21
お、合流した。


150915_22
なにしろ若オスグループなんで、こいつら絶対にろくなこと考えてませんね。


150915_23
ぞろぞろ


150915_24
まーたお客がおるわい
あそんだろかー


ところで、うしろが思いっきり工事中ですが、ここが有名なエジプシャンテンプル(Egyptian temple)という、1856年からある建物。ゾウ・キリン舎になってるはずですが、工事中なので今回は残念ながら見れませんでした。


その3につづく。

おやすみ前にこの一冊・・・
160px_kawauso_book
東京書籍刊『カワウソ』をお買い上げくださいましてありがとうございます。おかげさまですでに3刷!

「カワウソなび」の最新情報はこちらをどうぞ↓


Where captive otters live in Japan.

 Otter holding facilities in Japan

佐藤淳一リアルタイム
最新の写真は flickr | Otterhaus で公開中。たまにカワウソも。

Created with flickr badge.




コメントありがとうございます。
すべてにリプライできなくてごめんなさい ↓

最新コメント
動物園・水族館・生息地

[動物園・水族館・生息地ごとの記事アーカイブ。カワウソ中心ですが、たまにほかの動物も出ます]

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
記事検索
タグ絞り込み検索
Junichi SATO

self portrait

[佐藤淳一]1963年生まれ。土木構造物と動物という、かけ離れた領域を行き来するあまり類を見ない写真作家。上の写真はベルリン地下鉄の駅の壁に貼ってあった「ハンケンスビュッテルかわうそセンター」のポスターを撮ったもの(2005年)。意図せず自分も写り込んでしまったので、公式セルフポートレートに認定。光学的にカワウソと一体化しています。

キュイキュイ書房
カワウソ本とカワウソグッズの密林セレクトショップ♪

かわうそ店長、意外にハマりました。2も出てます。

かわうその自転車屋さん 1 (芳文社コミックス)
かわうその自転車屋さん 1 (芳文社コミックス) [コミック]

こやまけいこ
芳文社
2014-10-16


酒ケーキもいいんだけど、せんべいの方がもっといいよ獺祭。

旭酒造 獺祭 煎餅 だっさい せんべい 山田錦の砕米で作りました 30枚入り
旭酒造 獺祭 煎餅 だっさい せんべい 山田錦の砕米で作りました 30枚入り [その他]
旭酒造


世界13種のカワウソが網羅されているすばらしい入門書が出ました。写真もいっぱい!

Otters of the World
Otters of the World


ハンザのぬいぐるみが各種、買えるようになってますよ。
カワウソ No.3320
カワウソ No.3320 [おもちゃ&ホビー]


フィギュアはシュライヒが造りがいいですね。
Schleich シュライヒ カワウソ
Schleich シュライヒ カワウソ


かわうそ3きょうだい そらをゆく (にじいろえほん)
かわうそ3きょうだい そらをゆく (にじいろえほん)


かわうそ3きょうだいのふゆのあさ (えほんひろば)
かわうそ3きょうだいのふゆのあさ (えほんひろば)


かわうそ3きょうだい (えほんひろば)
かわうそ3きょうだい (えほんひろば)


空がレースにみえるとき (ほるぷ海外秀作絵本)
空がレースにみえるとき (ほるぷ海外秀作絵本)


ぼく、およげないの
ぼく、およげないの


ニホンカワウソ―絶滅に学ぶ保全生物学
ニホンカワウソ―絶滅に学ぶ保全生物学


Otter (Animal)
Otter (Animal)


Otters: Ecology, Behaviour And Conservation (Oxford Biology)
Otters: Ecology, Behaviour And Conservation (Oxford Biology)


カワウソと暮らす (富山房百科文庫 (34))
カワウソと暮らす (富山房百科文庫 (34))


The Ring of Bright Water Trilogy: Ring of Bright Water, The Rocks Remain, Raven Seek Thy Brother
The Ring of Bright Water Trilogy: Ring of Bright Water, The Rocks Remain, Raven Seek Thy Brother


椋鳩十全集〈20〉カワウソの海
椋鳩十全集〈20〉カワウソの海


ガンバとカワウソの冒険 (岩波少年文庫)
ガンバとカワウソの冒険 (岩波少年文庫)


河合雅雄の動物記〈2〉カワウソ流氷の旅
河合雅雄の動物記〈2〉カワウソ流氷の旅

・・・
わたしの本も、ついでにいかがでしょう?


カワウソ

おそらく日本初の、カワウソだけ写真集


ドボク・サミット
ドボク・サミット

みんなで作ったドボク本



恋する水門―FLOODGATES

一家に一冊!世界初の水門写真集


新版 電脳の教室
新版 電脳の教室
こういうのもあります


  • ライブドアブログ
Das Otterhaus 【カワウソ舎】