Das Otterhaus 【カワウソ舎】

生きることは、見ること。写真作家・佐藤淳一が動物園水族館と生息地を訪ねます。カワウソがいてもいなくてもひたすら訪ねます。

釧路どうぶつ・テンとくまと

[ One more article of Kushiro Zoo. Let me introduce other beautiful animals in the zoo. First one is Japanese Sable (Martes zibellina brachyura) and then Polar Bear. The next is Ezo Brown Bear (Ursus arctos yesoensis). And Snowy Owl appears at last. ]

120307_01
釧路市動物園が続きます。出た!エゾクロテンのてんてん。


120307_02
てんてんは、園で飼育していた烏骨鶏を全滅させちゃったので、烏骨鶏の代わりに展示されることになり、そのまま成り行きでアイドルになった個体です。身も蓋もない説明で申し訳ないのだけど、要するにそういうことです。実にテンらしいといえばテンらしい。


120307_03
キュートなのに不敵な面構え。


120307_04
この展示は、てんてんのガラス張りの巣穴を、観覧者がドアを開けて覗けるようになってるもの。てんてんはドアを開けられると威嚇するんだけど、それほどいやがってる風もなく逃げも隠れもしない。逆に放飼場の方には、人がいると絶対に出て行かないそう。井の頭のホンドテン、ツシマテンなんかはまるで人に興味を示さず、ひたすら走り回っているか寝てるかなんだけど、それとはずいぶん対照的。これってクロテンの特性なのか、それともてんてんの個性なのか。いずれにせよ絶妙なバランスで成り立ってる、他に類を見ない不思議な展示。




120307_05
こちらはホッキョクグマのツヨシさん。ツヨシだけど♀、というのはみんなご存知と思うけど念のため。

ツヨシは2003年円山生まれ。ピリカ、イコロ、キロル、アイラのお姉さん。釧路生まれのクルミとペアリングのために2005年に移動して来たものの、2008年にメスと判明(あらら)。そこで今度はお父さんのデナリがやって来たんだけど、それでもクルミは出産に至らず、デナリは円山にリターン。そして釧路の主人公だったはずのクルミが男鹿に移動しちゃって、ひとり残ってしまったツヨシちゃん、という展開に。何やってんだそりゃ?と思った人は、ぜひ「ホッキョクグマ繁殖プロジェクト」のことを知っとこう↓。

道内ホッキョクグマ飼育4園共同声明−釧路市動物園−


120307_06
あー、自分のう○こ踏むぞ!と思ったらちゃんとよけましたw。


120307_07
水から上がってブルブル。


120307_08
そのまま雪上へ。


120307_09
くねくねごろごろ。


120307_10
あー、もうきもちよすぎっ!!!


120307_11
のび〜


120307_12
ふんふん。


120307_13
ふぅ。たまらんたまらん。


120307_14
お、もうひと泳ぎ行きますか?


120307_15
どぼ〜ん!


120307_16
ほいっ、ほいっ。


120307_17
巨大ツララにブイをぶつけて・・・


120307_18
どしゃ〜ん!


120307_19
ぶるぶるっ。


120307_20
ひゃっほ〜い♪


実に楽しい場面が見れましたw ツヨシありがと。


そんでこちらはエゾヒグマ。

120307_21
気持ちよさそうに昼寝。


120307_22
こっちでも昼寝。食べ物があると冬眠しないってのは、ツキノワグマと同じなんですね。でも基本的に寒いと眠いのかもしれない。


120307_23
雪まみれ〜。


120307_24
シロフクロウにも雪が降り積もるw。


というわけですてきな冬の釧路市動物園でした。
ぜひ今度こそは夏に訪ねたい!

  • Posted by jsato
  • TB(0)
  • 00:17 | Edit

円山どうぶつ・ピリカ移動直前(今さら)

前回以降、撮りっぱなしで放っておいたファイルを見直してました。よって今回も速報性ゼロ、季節感なしのエントリです。札幌市円山動物園、3月1日の撮影。いまの円山のホッキョクグマの話題といったらララさんのベビグマなわけですが、この時点ではまだ公開前で、母子ともにバックにいました。

110514_01
美熊で有名なピリカ。イコロ&キロルの姉です。この翌日に旭山に移動になりました。これが円山での最終日の姿・・・ってわざわざ見に行ったわけじゃなくて、たまたま運良くこの日に行ってしまったのね。おびひろのキロル最終日とちがって平日だったので、たまたま行ったわたしにも撮影の余地は残されてました。


110514_02
んまあほんとに、


110514_03
ウワサにたがわぬ美形白熊さんです。


110514_04
「才色兼備絶世の美女」(説明板より)


110514_05
ふんふん。


110514_06
ちょっとすりすり。


110514_07
またね〜!今度は旭山で!



さて、円山のもっとホットな話題といったら、シンリンオオカミのベビー誕生ですね。
シンリンオオカミの「キナコ」が出産しました〜「エゾシカ・オオカミ舎」を一部閉鎖しています/札幌市円山動物園


110514_10
遠吼えるキナコ母さん。


110514_08
この時点でのひとり息子、ルークくん。2010年5月14日生まれ。


110514_09
このイタズラ者っぽい表情がたまりません。ルークは左右の目の色が違うのでしょうか。


110514_11
うしろうしろ!!!
これはジェイ父ちゃん(ですよね?)。


110514_12
外を眺める父ちゃん。



エゾシカ・オオカミ舎の隣には海獣舎が。

110514_14
ゴマフちゃん。


110514_13
ゼニガタちゃん。


その近所には類人猿舎が。
ベビーオランがいるので寄ってみます。

110514_15
いた〜。ハヤトくん。2010年5月25日生まれ。早く外で遊びたいね。



他にもスターぞろいですが省略します(おいおい)。さいごに動物科学館の剥製たち。

110514_16
定番のエゾクロテンです。円山の剥製は、なぜかイタチ科が充実しています。


110514_17
イイズナ!
そういえばわたしはまだ生きたイイズナを見たことがありません。ほんとにこんなミニイタチがいるのかどうか、半分しか信じていないぞ。

他にも普通のイタチ、ミンク、キテンがありました。イタチ科の生きた個体の展示がないから剥製が充実してるのか、それとも昔いっぱいいたけど止めちゃったとか?

  • Posted by jsato
  • TB(0)
  • 08:38 | Edit

旭山どうぶつ・生モフモフと元モフモフ

旭川市旭山動物園のつづきです。
さっそくですが前回のモフモフクイズの答え。

110322_01
ホッキョクギツネ!


110322_02
コメントくださったみなさん、大当たりです。さすが。


110322_03
もうほんとになんでこんなまっしろけなんでしょう。


110322_04
普通に歩いてるのが何かふしぎ。ツメは黒いぞ。


110322_05
犬っぽいポーズ。


110322_06
ああぁぁ、そんな目でこっちを見ないでぇ。


110322_07
その目!誰かペンで描いたんじゃ?


110322_08
とんでもねえ目ぢからだよ。


110322_09
2頭いらっしゃるんですが、どっちがどっちだったか。いやもうどっちでもいい!


110322_10
こっち向いてぇ〜


110322_11
きゃん!


110322_12
もふ〜


110322_13
もふもふ〜


もうどうにでもして!って感じです。白いどうぶつって、ずるいと思います。



・・・



ちょっと落ち着きましょう。

動物は死んで皮を残します(それが目的になったらダメだけど)。動物園には剥製や骨格標本が置いてある施設がありますが、旭山にもあります。で、一般に動物園で剥製や骨を見ようってのは、これはもう動物好きだけなんであって、観光でいらっしゃるお客さんはまずそんなディープなエリアまで入ってきません。何が言いたいかというと、あの大混雑の旭山動物園であっても、誰も来ないようなひっそりした場所があるんだ、ということを知ってほしかった。旭山の場合「動物図書館」の1階がそういう場所です。


ん?何だか知り合いに会ったような気がするんだけど・・・

110322_14
コツメさんじゃないですか。こんなところで何やってんですか。


110322_15
わあ、ユーラシアもいたんだ!

動物園に置いてある剥製って、だいたいその園で飼ってた個体だと思うのですが、要するに旭山にも以前、カワウソがいたということなんですね。そういえば旭山の元キーパーであるあべ弘士さんは昔、仕事中にカワウソと昼寝してたそうなのですが、こんなところにその動かぬ証拠がいたw。


110322_16
ギンギツネとジュウジギツネ。キツネは死んでもモフモフは残す。


110322_17
エゾクロテンは骨格標本付きでお得です。


110322_18
何かね、旭山ってちゃらちゃらしたイメージがあるんだけど、それはマスコミ露出率が高いからそんなふうに見えるだけなんであって、ちょっと奥の方に行くとちゃんと普通に動物園やってるんだなあ、ってわかって、うれしかった。ちょっと上の写真見て。カラスとスズメの展示なんかやってんのw。こういう地味〜な展示もちゃんとあるっていいよね。旭山、うかれてねえな、って感じがします。今回の大きな発見でした。


まだ続きます。

  • Posted by jsato
  • TB(0)
  • 22:56 | Edit

おやすみ前にこの一冊・・・
160px_kawauso_book
東京書籍刊『カワウソ』をお買い上げくださいましてありがとうございます。おかげさまですでに3刷!

「カワウソなび」の最新情報はこちらをどうぞ↓


Where captive otters live in Japan.

 Otter holding facilities in Japan

佐藤淳一リアルタイム
最新の写真は flickr | Otterhaus で公開中。たまにカワウソも。

Created with flickr badge.
動物園・水族館・生息地

[動物園・水族館・生息地ごとの記事アーカイブ。カワウソ中心ですが、たまにほかの動物も出ます]

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
記事検索
タグ絞り込み検索
Junichi SATO

self portrait

[佐藤淳一]1963年生まれ。土木構造物と動物という、かけ離れた領域を行き来するあまり類を見ない写真作家。上の写真はベルリン地下鉄の駅の壁に貼ってあった「ハンケンスビュッテルかわうそセンター」のポスターを撮ったもの(2005年)。意図せず自分も写り込んでしまったので、公式セルフポートレートに認定。光学的にカワウソと一体化しています。

 Biography + Bibliography
(展覧会と各種掲載リスト)


 Floodgates

 Twitter : otterhaus
 Facebook : otterhaus
 Tumblr : otterhaus
 Tumblr : otterhausanbau
 Flickr : Otterhaus

 メールはこちら

* 依然として記事の内容に無関係なスパム的書き込みが多いため、各記事に対する新規コメントは現在、受け付けておりません。ご連絡は上のメールフォームから、公開ツッコミなどはFacebook、Twitterをご利用いただければ幸いです。


キュイキュイ書房
カワウソ本とカワウソグッズの密林セレクトショップ♪

かわうそ店長、とってもハマります。すでに6巻まで出てるよ。

かわうその自転車屋さん 1 (芳文社コミックス)
かわうその自転車屋さん 1 (芳文社コミックス) [コミック]

こやまけいこ
芳文社
2014-10-16


酒ケーキもいいんだけど、せんべいの方がもっといいよ獺祭。

旭酒造 獺祭 煎餅 だっさい せんべい 山田錦の砕米で作りました 30枚入り
旭酒造 獺祭 煎餅 だっさい せんべい 山田錦の砕米で作りました 30枚入り [その他]
旭酒造


世界13種のカワウソが網羅されているすばらしい入門書が出ました。写真もいっぱい!

Otters of the World
Otters of the World


ハンザのぬいぐるみが各種、買えるようになってますよ。
カワウソ No.3320
カワウソ No.3320 [おもちゃ&ホビー]


フィギュアはシュライヒが造りがいいですね(なぜか最近すごい値段になってる!)。
Schleich シュライヒ カワウソ
Schleich シュライヒ カワウソ


かわうそ3きょうだい そらをゆく (にじいろえほん)
かわうそ3きょうだい そらをゆく (にじいろえほん)


かわうそ3きょうだいのふゆのあさ (えほんひろば)
かわうそ3きょうだいのふゆのあさ (えほんひろば)


かわうそ3きょうだい (えほんひろば)
かわうそ3きょうだい (えほんひろば)


空がレースにみえるとき (ほるぷ海外秀作絵本)
空がレースにみえるとき (ほるぷ海外秀作絵本)


ぼく、およげないの
ぼく、およげないの


ニホンカワウソ―絶滅に学ぶ保全生物学
ニホンカワウソ―絶滅に学ぶ保全生物学


Otter (Animal)
Otter (Animal)


Otters: Ecology, Behaviour And Conservation (Oxford Biology)
Otters: Ecology, Behaviour And Conservation (Oxford Biology)


カワウソと暮らす (富山房百科文庫 (34))
カワウソと暮らす (富山房百科文庫 (34))


The Ring of Bright Water Trilogy: Ring of Bright Water, The Rocks Remain, Raven Seek Thy Brother
The Ring of Bright Water Trilogy: Ring of Bright Water, The Rocks Remain, Raven Seek Thy Brother


椋鳩十全集〈20〉カワウソの海
椋鳩十全集〈20〉カワウソの海


ガンバとカワウソの冒険 (岩波少年文庫)
ガンバとカワウソの冒険 (岩波少年文庫)


河合雅雄の動物記〈2〉カワウソ流氷の旅
河合雅雄の動物記〈2〉カワウソ流氷の旅

・・・
わたしの本も、ついでにいかがでしょう?


カワウソ

おそらく日本初の、カワウソだけ写真集


ドボク・サミット
ドボク・サミット

みんなで作ったドボク本



恋する水門―FLOODGATES

一家に一冊!世界初の水門写真集


新版 電脳の教室
新版 電脳の教室
こういうのもあります


  • ライブドアブログ
Das Otterhaus 【カワウソ舎】