Das Otterhaus 【カワウソ舎】

生きることは、見ること。写真作家・佐藤淳一が動物園水族館と生息地を訪ねます。カワウソがいてもいなくてもひたすら訪ねます。

シンガポールのオオカワウソ・その3

[ Continuing report of Giant otter exhibit at River Safari in Singapore. And some other animals there. For example, Crab-eating Macaque, Red Panda, Giant Panda and Golden-headed Lion Tamarin. ]

131111_01
シンガポールのリバーサファリに戻ります。オオカワウソ!


131111_02
カルロスくんは泳ぎが大好きで、基本的にずーっと泳いでました。


131111_03
いくらダイナミックなオオカワウソの泳ぎでも、続くと飽きると思いますので、ちょっと地上にあがってもらいましょう。


131111_04
よっこらしょ


131111_05
ごしごし


131111_06
この写真だけ見ると、オットセイと間違えられそう。


131111_07
とてとて


131111_08
しっぽを支える筋肉がみごとです。


131111_09
すたすた

ところで、カルロス(Carlos)くんは2010年6月20日ハンブルク(ハーゲンベック動物公園)生まれ。オオカワウソは国際血統データがドルトムント動物園から一般に公開されているので、そのスタッドブックで調べてみますと、この日にハーゲンベックでは同腹で5頭生まれてます。カルロスはそのうちオス3頭(オリジナルネームTactu、Pauto、Tarubu)のどれかです。

ちなみにハーゲンベックのオオカワウソ展示はこんな感じで、そんなに広くありません。
Das Otterhaus 【カワウソ舎】 | 世界最大のカワウソ4・ハーゲンベック動物公園その1


ついでに現在子育て中のカルメン(Carmen)は2010年5月30日ドゥイスブルク動物園生まれ。こちらは同腹4頭ですが、そのうち生き残ったのはオスメス1頭ずつ。オリジナルネームは記載がないのでわかりません。



131111_10
腰高なフォルムは、やはりカワウソだなあ。


131111_11
おトイレです。


131111_12
よっしゃあ


131111_13
また、


131111_14
泳ぐでえ!


131111_15
どぼん!


131111_16
にぱぁ

この前脚の水かきの広さ! 実に特徴的。


131111_17
あ、忘れてました。表示されているカルロスのスペックですが、体長(しっぽ抜きの長さ)1.4m、体重23kgです。オオカワウソとしてはちょっと小柄かもしれない。



さて、リバーサファリの他の部分もちょっと見てくださいね。


131111_18
お猿さんです。


131111_19
ただもんじゃありません。リバーサファリにいるぐらいですから、ふつうに泳ぐんです。


131111_20
実はこれ、魚と一緒に泳ぐ、カニクイザルでした。これは展示としてはおもしろいけど、野生ではこんなに澄んだ水にいるのかどうか、という点はちょっと気になる。ま、うるさいことは言わないで、ふしぎな泳ぎっぷりを観察しましょう。


131111_21
いきなり前言を翻すようで恐縮ですが、泳がないひとたちもいます。いいたれっぷり。


131111_22
もっとゴージャスにたれてるのも。


131111_23
ふぃ〜

なぜリバーサファリにパンダ系を入れたのか、よくわからんですが、隣のシンガポール動物園に入れてしまうと、そっちばっかりにお客が増えてしまうので、バランスをとるためにリバーサファリに入れたのかもしれない。何か説明書きがあったような気がしますが、いずれにせよパンダがここにいる「川」的な理由は希薄なんですよね。


131111_24
工事中のアマゾンエリアですが、すでに一部見ることができます。ドウグロライオンタマリンがいました。きれい!かっこいい!


まだつづきます。

おやすみ前にこの一冊・・・
160px_kawauso_book
東京書籍刊『カワウソ』をお買い上げくださいましてありがとうございます。おかげさまですでに3刷!

「カワウソなび」の最新情報はこちらをどうぞ↓


Where captive otters live in Japan.

 Otter holding facilities in Japan

佐藤淳一リアルタイム
最新の写真は flickr | Otterhaus で公開中。たまにカワウソも。

Created with flickr badge.




コメントありがとうございます。
すべてにリプライできなくてごめんなさい ↓

最新コメント
動物園・水族館・生息地

[動物園・水族館・生息地ごとの記事アーカイブ。カワウソ中心ですが、たまにほかの動物も出ます]

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
記事検索
タグ絞り込み検索
Junichi SATO

self portrait

[佐藤淳一]1963年生まれ。土木構造物と動物という、かけ離れた領域を行き来するあまり類を見ない写真作家。上の写真はベルリン地下鉄の駅の壁に貼ってあった「ハンケンスビュッテルかわうそセンター」のポスターを撮ったもの(2005年)。意図せず自分も写り込んでしまったので、公式セルフポートレートに認定。光学的にカワウソと一体化しています。

キュイキュイ書房
カワウソ本とカワウソグッズの密林セレクトショップ♪

かわうそ店長、意外にハマります。すでに4巻まで出てるよ。

かわうその自転車屋さん 1 (芳文社コミックス)
かわうその自転車屋さん 1 (芳文社コミックス) [コミック]

こやまけいこ
芳文社
2014-10-16


酒ケーキもいいんだけど、せんべいの方がもっといいよ獺祭。

旭酒造 獺祭 煎餅 だっさい せんべい 山田錦の砕米で作りました 30枚入り
旭酒造 獺祭 煎餅 だっさい せんべい 山田錦の砕米で作りました 30枚入り [その他]
旭酒造


世界13種のカワウソが網羅されているすばらしい入門書が出ました。写真もいっぱい!

Otters of the World
Otters of the World


ハンザのぬいぐるみが各種、買えるようになってますよ。
カワウソ No.3320
カワウソ No.3320 [おもちゃ&ホビー]


フィギュアはシュライヒが造りがいいですね。
Schleich シュライヒ カワウソ
Schleich シュライヒ カワウソ


かわうそ3きょうだい そらをゆく (にじいろえほん)
かわうそ3きょうだい そらをゆく (にじいろえほん)


かわうそ3きょうだいのふゆのあさ (えほんひろば)
かわうそ3きょうだいのふゆのあさ (えほんひろば)


かわうそ3きょうだい (えほんひろば)
かわうそ3きょうだい (えほんひろば)


空がレースにみえるとき (ほるぷ海外秀作絵本)
空がレースにみえるとき (ほるぷ海外秀作絵本)


ぼく、およげないの
ぼく、およげないの


ニホンカワウソ―絶滅に学ぶ保全生物学
ニホンカワウソ―絶滅に学ぶ保全生物学


Otter (Animal)
Otter (Animal)


Otters: Ecology, Behaviour And Conservation (Oxford Biology)
Otters: Ecology, Behaviour And Conservation (Oxford Biology)


カワウソと暮らす (富山房百科文庫 (34))
カワウソと暮らす (富山房百科文庫 (34))


The Ring of Bright Water Trilogy: Ring of Bright Water, The Rocks Remain, Raven Seek Thy Brother
The Ring of Bright Water Trilogy: Ring of Bright Water, The Rocks Remain, Raven Seek Thy Brother


椋鳩十全集〈20〉カワウソの海
椋鳩十全集〈20〉カワウソの海


ガンバとカワウソの冒険 (岩波少年文庫)
ガンバとカワウソの冒険 (岩波少年文庫)


河合雅雄の動物記〈2〉カワウソ流氷の旅
河合雅雄の動物記〈2〉カワウソ流氷の旅

・・・
わたしの本も、ついでにいかがでしょう?


カワウソ

おそらく日本初の、カワウソだけ写真集


ドボク・サミット
ドボク・サミット

みんなで作ったドボク本



恋する水門―FLOODGATES

一家に一冊!世界初の水門写真集


新版 電脳の教室
新版 電脳の教室
こういうのもあります


  • ライブドアブログ
Das Otterhaus 【カワウソ舎】