Das Otterhaus 【カワウソ舎】

生きることは、見ること。写真作家・佐藤淳一が動物園水族館と生息地を訪ねます。カワウソがいてもいなくてもひたすら訪ねます。

ヴッパータール動物園・その1

[ Polar bear exhibit at Zoo Wuppertal. Surprisingly, there is ASCO exhibit next to the Polar bear here! All photos are taken in this August. And it'll be three or four articles for this material. ]

151016_01
お待たせしました。つぎはヴッパータール動物園です。


151016_02
実は3年前にも来たのですが、閉園時間だったのでここで引き返しました(なんだそりゃ)。


151016_03
立派な建物です。動物学協会かな。


151016_04
上の建物の反対側、広場の先の奥から展示が始まります。何かうろうろしているのが小さく見えます。


151016_05
あら、いた。


151016_06
元気に、


151016_07
動き回ってます。


151016_08
落ちる!と思わせて落ちないよ。


151016_09
Nicht nur Robbenjäger 腹ばいで狩りをするだけじゃないよ


そうなんだ。
ではホッキョクグマ展示の下には、狩りの対象が?

151016_10
じゃなかった。カリフォルニアアシカのお子様だったw


151016_11
そしてなぜか、コツメカワウソ。


151016_12
アシカプール。
谷底タウンであるヴッパータールの動物園は、あらゆる展示が斜面にあります。したがって隣り合うホッキョクグマとカリフォルニアアシカの展示も、高低差があるわけです。


151016_13
こんな感じです。左上:ホッキョクグマ、右下:アシカ。
で、その手前のお客さんが覗いているあたりが、なぜかコツメカワウソ展示なの。


151016_14
わりと唐突な展示。


151016_15
ちょっとキミたち!何でこんなところにおるの?


151016_16
しらんがな


151016_17
配水の関係なのかなあ。とにかく謎。


151016_18
コツメの横がホッキョクグマプールだからねえ。


151016_19
あら、うまそう。


151016_20
あげないよ


151016_21
背中ゴシゴシ


151016_22
バランスボールですかw


151016_23
そして快便。


151016_24
で、また落ちそうで落ちませんよー


つづきます。

海遊館ラッコ・カワウソつき

[ Finally, there is only one sea otter now at Osaka Aquarium Kaiyukan. They had kept the oldest sea otter in Japan until the end of last year. But she died at the age of 24 (estimated). These photos are remaining female named Pata. I hope she keeps healthy as ever. ]

141114_01
海遊館のラッコ、パタ。

日本最高齢ラッコだったエレンが昨年暮れに大往生を遂げて、ついに海遊館も1頭飼育になってしまいました。うーん。


141114_02
氷をもらいました。


141114_03
だいじそうに抱えています。


141114_04
ぼーっとしてます。


141114_05
カニ?ですよねえ。


141114_06
ばりばり。


141114_07
ぷかぷか。


141114_08
ばしゃばしゃ。


141114_09
ふぃ〜


141114_10
やっぱり1頭というのは、実態はさておき、さびしい感じに見えてしまいます。



・・・


141114_11
順番は前後しますが、ここは8F日本の森。


141114_12
ここの「コツメの滝」ですが、よく見るとかなり本格的な滝なんですね。今さら何言ってんだという感じですが、やっぱり良くできてるなあ。


141114_13
こんな立派な滝ですから、飛び込んで泳いだらそりゃあ楽しかろう。


141114_14
なんやねん。


141114_15
例の元気な4頭がずっと出てますが、ますますお元気そうでなにより。


141114_16
いい毛づやです。


141114_17
へへん。


141114_18
よっしゃあ!


141114_19
ごはんいくでえ!


141114_20
くれくれ。


141114_21
食った食った。


141114_22
食ったらまた泳ぐ!


・・・


141114_23
あそんでぇ〜!

5月生まれのお子様アシカですね。好奇心大爆発、おそうじのじゃましまくりです。お客さんも爆笑。


141114_24
ありゃ、つかまったぁ!

桂浜カワウソ・がんばれコウメ!

[ Koume the small-clawed otter at Katsurahama Aquarium is recovering from illness. She gave birth recently but all the pups died unfortunately. Worth than that, her convalescence after giving birth was not going well. After about a month she has come back to exhibit finally. I hope she retrieve good health soon. ]

121130_01
桂浜水族館のアイドル、コウメちゃん。


121130_02
実はコウメちゃん、海遊館から帰ってきたソラとの間に仔ができて、今月初めに出産したのですが残念な結果に。しかもコウメちゃんまで危険な状態が続いていました。


121130_03
で、ようやく展示に復帰できるほど回復したのですが、まだ以前の活発さはありません。


121130_04
リハビリをかねて?、テンとの同居に戻りました。


121130_05
だいぶよくなったよ


121130_06
こういうときのテンはたのもしい。


121130_07
コウメちゃんを撮ろうとすると、


121130_08
割り込みますw


121130_09
鼻が黒ずんできたコウメちゃん。


121130_10
以前、フェンス際でうるさかったのはコウメでしたが、テンが代わりにうるさいです。


121130_11
あ、こら!


121130_12
思いっきりレンズ触っとるやん。




・・・




121130_13
リサちゃんジャンプキック成功!




・・・




121130_14
上から見るとそれほどでもないですが、


121130_15
正面から見るとやはり病み上がりっぽいです。


121130_16
でもね、目ぢからはあります。


121130_17
テンの破壊工作を手伝います。


121130_18
テンはレンズが好きなのか。


121130_19
コウメまでw


121130_20
体重も戻りつつあるそうです。腹部のたるみはありますが、全体的にそれほどげっそり感はないので、ひとまず安心しました。


121130_21
現在、寝室との間のドアを開けているので、寒いと出てきませんがご心配なく。


121130_22
テンがついてますのでw


121130_23
とにかく、回復してよかったね。しっかり体を休めてなー。


121130_24
大丈夫です。テンがついてますw

おやすみ前にこの一冊・・・
160px_kawauso_book
東京書籍刊『カワウソ』をお買い上げくださいましてありがとうございます。おかげさまですでに3刷!

「カワウソなび」の最新情報はこちらをどうぞ↓


Where captive otters live in Japan.

 Otter holding facilities in Japan

佐藤淳一リアルタイム
最新の写真は flickr | Otterhaus で公開中。たまにカワウソも。

Created with flickr badge.




コメントありがとうございます。
すべてにリプライできなくてごめんなさい ↓

最新コメント
動物園・水族館・生息地

[動物園・水族館・生息地ごとの記事アーカイブ。カワウソ中心ですが、たまにほかの動物も出ます]

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
記事検索
タグ絞り込み検索
Junichi SATO

self portrait

[佐藤淳一]1963年生まれ。土木構造物と動物という、かけ離れた領域を行き来するあまり類を見ない写真作家。上の写真はベルリン地下鉄の駅の壁に貼ってあった「ハンケンスビュッテルかわうそセンター」のポスターを撮ったもの(2005年)。意図せず自分も写り込んでしまったので、公式セルフポートレートに認定。光学的にカワウソと一体化しています。

キュイキュイ書房
カワウソ本とカワウソグッズの密林セレクトショップ♪

かわうそ店長、意外にハマります。すでに4巻まで出てるよ。

かわうその自転車屋さん 1 (芳文社コミックス)
かわうその自転車屋さん 1 (芳文社コミックス) [コミック]

こやまけいこ
芳文社
2014-10-16


酒ケーキもいいんだけど、せんべいの方がもっといいよ獺祭。

旭酒造 獺祭 煎餅 だっさい せんべい 山田錦の砕米で作りました 30枚入り
旭酒造 獺祭 煎餅 だっさい せんべい 山田錦の砕米で作りました 30枚入り [その他]
旭酒造


世界13種のカワウソが網羅されているすばらしい入門書が出ました。写真もいっぱい!

Otters of the World
Otters of the World


ハンザのぬいぐるみが各種、買えるようになってますよ。
カワウソ No.3320
カワウソ No.3320 [おもちゃ&ホビー]


フィギュアはシュライヒが造りがいいですね。
Schleich シュライヒ カワウソ
Schleich シュライヒ カワウソ


かわうそ3きょうだい そらをゆく (にじいろえほん)
かわうそ3きょうだい そらをゆく (にじいろえほん)


かわうそ3きょうだいのふゆのあさ (えほんひろば)
かわうそ3きょうだいのふゆのあさ (えほんひろば)


かわうそ3きょうだい (えほんひろば)
かわうそ3きょうだい (えほんひろば)


空がレースにみえるとき (ほるぷ海外秀作絵本)
空がレースにみえるとき (ほるぷ海外秀作絵本)


ぼく、およげないの
ぼく、およげないの


ニホンカワウソ―絶滅に学ぶ保全生物学
ニホンカワウソ―絶滅に学ぶ保全生物学


Otter (Animal)
Otter (Animal)


Otters: Ecology, Behaviour And Conservation (Oxford Biology)
Otters: Ecology, Behaviour And Conservation (Oxford Biology)


カワウソと暮らす (富山房百科文庫 (34))
カワウソと暮らす (富山房百科文庫 (34))


The Ring of Bright Water Trilogy: Ring of Bright Water, The Rocks Remain, Raven Seek Thy Brother
The Ring of Bright Water Trilogy: Ring of Bright Water, The Rocks Remain, Raven Seek Thy Brother


椋鳩十全集〈20〉カワウソの海
椋鳩十全集〈20〉カワウソの海


ガンバとカワウソの冒険 (岩波少年文庫)
ガンバとカワウソの冒険 (岩波少年文庫)


河合雅雄の動物記〈2〉カワウソ流氷の旅
河合雅雄の動物記〈2〉カワウソ流氷の旅

・・・
わたしの本も、ついでにいかがでしょう?


カワウソ

おそらく日本初の、カワウソだけ写真集


ドボク・サミット
ドボク・サミット

みんなで作ったドボク本



恋する水門―FLOODGATES

一家に一冊!世界初の水門写真集


新版 電脳の教室
新版 電脳の教室
こういうのもあります


  • ライブドアブログ
Das Otterhaus 【カワウソ舎】