Das Otterhaus 【カワウソ舎】

生きることは、見ること。写真作家・佐藤淳一が動物園と水族館を訪ねます。カワウソがいてもいなくてもひたすら訪ねます。

クレーフェルト動物園・その3

[ The final article of Zoo Krefeld. Dall's sheep, Scimitar oryx, Greater kudu, Nilgai, Blackbuck, Black rhinoceros, Pygmy hippopotamus, Asian elephant, Red-crowned crane, Cheetah and Snow leopard. ]

151124_01
ちょっと間が空きましたが、クレーフェルト動物園のつづきです。


151124_02
ヤギじゃないよ、ドールシープだよ!


151124_03
こういうところは、


151124_04
得意です。


151124_05
さて、


151124_06
休むかな。


151124_07
シロオリックスですが、ツノがみごと!


151124_08
クーズーですが、ツノがみごと!


151124_09
広いですね。インパラもいます。


151124_10
ニルガイの美人さん。


151124_11
出て来てくれました。


151124_12
そのとなりのブラックバック。


151124_14
とてとて・・・


151124_13
親子ですか。


151124_15
もう夕方なので、入りたいです。


151124_17
そのクロサイ舎にはなんと、


151124_16
コビトカバがいた。


151124_18
アジアゾウもこの建物です。


151124_19
園車両。三輪トラック現役!
ナンバーがすごいね。


151124_20
ロバ立入禁止、か?


151124_21
園ネコ登場。


151124_22
タンチョウ食べたいのか?


151124_23
広いです。
海外の動物園でタンチョウを見ると、がんばれよ〜って言いたくなります何となく。


151124_24
これは園ネコではなくてチーター。

クレーフェルト動物園のマーク(上の三輪トラック参照)って、一見リスかレムールに見えますが、どうもチーターらしい。


151124_25
元気な子たちが!


151124_26
閉園間近なので、まさかのユキヒョウキッズ貸切状態でした。

ユキヒョウはドイツでも人気があるようで、入園直後に通りかかった時には、白レンズ野郎とかも張り付いてました。


151124_27
おお目線までくれるか!暗いけど。


151124_28
こりゃ完全に、


151124_29
ネコですね〜 >^^<。


151124_30
ぺろん、ってw

それほどネコ科萌えでないわたしでも、やられました。



最後駆け足でしたが、クレーフェルト動物園を終わります。
次回、エンメン!

クレーフェルト動物園・その2

[ Continuing report of Zoo Krefeld. Met an adorable baby and an active young boy at their new exhibit Gorilla Garden! ]

151104_01
クレーフェルト動物園のニシローランドゴリラ、Tamboくん2歳。


151104_02
前回、小さい動物園だと思って行ったら驚いた、と書きましたが、その主たる要因はこれ、ゴリラガルテン。


151104_03
これがその広い(1200屐縫乾螢虔飼場なのですが、すでにゴリラたちは室内に入ってました。動物園に着いたのも早くないのに、入口すぐにカワウソがいたのでは、どうしても最奥にあるゴリラガルテンまで到達するのが遅くなってしまいます。

だいたいわたしは、ゴリラ展示の撮影プライオリティは決して高くないです。撮らないことも多いです。でもここはちょっと違った。


151104_04
平面図です。2009年から構想があって2年で作るつもりが遅れたらしい。結局2012年に完成したのかな。

ちなみに、クレーフェルト動物園には何と日本語ページがありまして、ゴリラガルテンも解説されているのですが、何と言うかとっても独特な訳なのでぜひお読みください。

Zoo Krefeld: ゴリラガーデン


隣のデュッセルドルフには日本の方もいっぱい住んでるので、その関係で日本語対応なのかなと思われます。そういえば園内のすべての動物説明板にも、日本語の動物名表記があり、かえって拍子抜けします。


151104_05
Tamboくん。


151104_06
Kidogo父ちゃん、か?
だとしたら、2000年、Zoo Givskud生まれ。若いね〜。


151104_09
で、おめでたいことに2015年5月にももう1頭、生まれてた。
名前はPepe。母はMiliki(2006年、La vallee des Singes生まれで人工哺育個体、と別の説明板にありました)。


151104_07
Miliki母ちゃんとPepeくん。


151104_08
よっ


151104_10
好きなものから食べるよ。               ごそごそ ↑


151104_11
ちょうど、ごはん時間になったのだった。


151104_12
あ、でっかいピーマンめっけ!


151104_13
いただき!


151104_14
誰にも見つからなかった?


151104_15
よっしゃ〜


151104_16
ここでゆっくり食べよってことね。


151104_17
食べものも子どももいっしょにだっこ(早口言葉)。


151104_18
Pepeくんも葉っぱを握ってますが、まだ食べものとの認識はない。


151104_19
また拾いに降りる母。


151104_20
今度はブロッコリーですかw


151104_21
知能絶賛発達中のTamboくん。


151104_22
あっ!


151104_23
おちる〜


151104_24
おちないもんね〜


151104_25
ネギもらった〜♪


151104_26
で、このゴリラガルテンはオス1、メス3、お子2、計6頭の群れになってます。


151104_27
放飼場の右の茶色の建物が室内展示場で、いま見ていただいたのはここでした。

その左側の銀色の建物が、類人猿舎です。オランウータン、チンパンジーなどがおりますが・・・


151104_28
何とこっちにもゴリラがいた。


151104_29
1975年からの古株ゴリラが3頭、暮らしています。


151104_30
ふぃ〜



なかなかすごいよクレーフェルト。まだつづく!

クレーフェルト動物園・その1

[ An old Eurasian otter at Zoo Krefeld. Actually, I didn't expect very much of this small zoo before I visited. But in conclusion at first, I was very surprised that they have some interesting exhibits. First of all, let's take a look at their otter exhibit. ]

151029_01
クレーフェルト動物園のユーラシアカワウソ!


151029_02
クレーフェルトは、大都市デュッセルドルフの隣にあります。人口22万人。小さな動物園かと思って、午後のナメた時間に行ってしまったところ、みごと返り討ちに遭いました。

まず結論から言うと、ここ、かなりすごい動物園です!


151029_03
クレーフェルトの何がすごいのかはおいおい書くとして、まずはカワウソ池から。


151029_04
年寄りなのでえさの時しか出てきませんよ〜的な注意書きつき。ご丁寧にどうも。


151029_05
楽しげな説明板。


151029_06
出てくるかな?


151029_07
あ、


151029_08
出たー!


151029_09
ん?


151029_10
警戒しています。


151029_11
あっち見て、


151029_12
こっち見て、


151029_13
行け〜!


151029_14
ヒヨコもらった〜♪


151029_15
まぶしい!


151029_16
おやつの後は


151029_17
運動します。


151029_18
カワウソベンチ。
こういうローカル客主体の動物園ならではの、ゆったりした空間。一日中カワウソ前で過ごすことも可能。


151029_19
年パスでかしこく節約!宣伝のぼりにも、カワウソが出ています。


151029_20
年寄りユーラシアなので、やはり目に濁りが出ているようです。


151029_21
ふぃ〜


151029_22
お帰りですか?


151029_23
ごそごそ


151029_24
またね〜!



次回も、驚きのクレーフェルト。

おやすみ前にこの一冊・・・
160px_kawauso_book
東京書籍刊『カワウソ』をお買い上げくださいましてありがとうございます。
「カワウソなび」の追補はこちら↓


How we keep and watch wild animals in zoos and aquariums. Junichi Sato's recent works.


 Zoological Portrait Series


 Zoological Landscape Series


Where captive otters live in Japan.

 Otter holding facilities in Japan




コメントありがとうございます。
すべてにリプライできなくてごめんなさい ↓

最新コメント
動物園・水族館・生息地

[動物園・水族館・生息地ごとの記事アーカイブ。カワウソ中心ですが、たまにほかの動物も出ます]

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
記事検索
タグ絞り込み検索
Junichi SATO

self portrait

[佐藤淳一]1963年生まれ。土木構造物と動物という、かけ離れた領域を行き来するあまり類を見ない写真作家。上の写真はベルリン地下鉄の駅の壁に貼ってあった「ハンケンスビュッテルかわうそセンター」のポスターを撮ったもの(2005年)。意図せず自分も写り込んでしまったので、公式セルフポートレートに認定。光学的にカワウソと一体化しています。

キュイキュイ書房
カワウソ本とカワウソグッズの密林セレクトショップ♪

かわうそ店長、意外にハマりました。2も出てます。

かわうその自転車屋さん 1 (芳文社コミックス)
かわうその自転車屋さん 1 (芳文社コミックス) [コミック]

こやまけいこ
芳文社
2014-10-16


酒ケーキもいいんだけど、せんべいの方がもっといいよ獺祭。

旭酒造 獺祭 煎餅 だっさい せんべい 山田錦の砕米で作りました 30枚入り
旭酒造 獺祭 煎餅 だっさい せんべい 山田錦の砕米で作りました 30枚入り [その他]
旭酒造


世界13種のカワウソが網羅されているすばらしい入門書が出ました。写真もいっぱい!

Otters of the World
Otters of the World


ハンザのぬいぐるみが各種、買えるようになってますよ。
カワウソ No.3320
カワウソ No.3320 [おもちゃ&ホビー]


フィギュアはシュライヒが造りがいいですね。
Schleich シュライヒ カワウソ
Schleich シュライヒ カワウソ


かわうそ3きょうだい そらをゆく (にじいろえほん)
かわうそ3きょうだい そらをゆく (にじいろえほん)


かわうそ3きょうだいのふゆのあさ (えほんひろば)
かわうそ3きょうだいのふゆのあさ (えほんひろば)


かわうそ3きょうだい (えほんひろば)
かわうそ3きょうだい (えほんひろば)


空がレースにみえるとき (ほるぷ海外秀作絵本)
空がレースにみえるとき (ほるぷ海外秀作絵本)


ぼく、およげないの
ぼく、およげないの


ニホンカワウソ―絶滅に学ぶ保全生物学
ニホンカワウソ―絶滅に学ぶ保全生物学


Otter (Animal)
Otter (Animal)


Otters: Ecology, Behaviour And Conservation (Oxford Biology)
Otters: Ecology, Behaviour And Conservation (Oxford Biology)


カワウソと暮らす (富山房百科文庫 (34))
カワウソと暮らす (富山房百科文庫 (34))


The Ring of Bright Water Trilogy: Ring of Bright Water, The Rocks Remain, Raven Seek Thy Brother
The Ring of Bright Water Trilogy: Ring of Bright Water, The Rocks Remain, Raven Seek Thy Brother


椋鳩十全集〈20〉カワウソの海
椋鳩十全集〈20〉カワウソの海


ガンバとカワウソの冒険 (岩波少年文庫)
ガンバとカワウソの冒険 (岩波少年文庫)


河合雅雄の動物記〈2〉カワウソ流氷の旅
河合雅雄の動物記〈2〉カワウソ流氷の旅

・・・
わたしの本も、ついでにいかがでしょう?


カワウソ

おそらく日本初の、カワウソだけ写真集


ドボク・サミット
ドボク・サミット

みんなで作ったドボク本



恋する水門―FLOODGATES

一家に一冊!世界初の水門写真集


新版 電脳の教室
新版 電脳の教室
こういうのもあります


  • ライブドアブログ
Das Otterhaus 【カワウソ舎】