Das Otterhaus 【カワウソ舎】

生きることは、見ること。写真作家・佐藤淳一が動物園と水族館を訪ねます。カワウソがいてもいなくてもひたすら訪ねます。

第13回国際カワウソ会議@シンガポール

[ At the beginning of this month, I participated in the 13th International Otter Congress at Singapore Zoo. Needless to say, I met ASCOs and Giant otters at the zoo and River Safari during the meeting. This report will continue for several times. ]

160730_01
シンガポール、リバーサファリのオオカワウソ。若い個体は好奇心が旺盛ですね。

7月のはじめ、第13回国際カワウソ会議に参加してきました。前回は地球の裏側(リオデジャネイロ)で開催されたため、行くだけでもう体力が半分以上持っていかれた感じでしたが、今度はシンガポールなのでかなり気楽です。今回は発表もしなかったし。

しかも今回は何と、おなじみシンガポール動物園が会場でした。


160730_02
シンガポール動物園はご存知のとおり、入場すると最初の動物がコツメカワウソなので、こんな姿に間違いなく引っかかりますが、


160730_03
そこをぐっとこらえて先に進むと、会議場が現れます。


160730_04
こちらが今回の会議風景。壇上でオープニングスピーチをしているのは、IUCN SSC OSG(国際自然保護連合 種の保存委員会 カワウソ専門家グループ)のニコル親分(会長?委員長?)。

これから4日間、ここで研究発表やらディスカッションやらが行われますが、その内容はまたいずれ。

とにかく、今回はアジア地域の研究者の発表が多かったので、当然コツメカワウソの生息地の情報も盛りだくさんでした。今までなかなか表に出てこなかったコツメの情報収集という目的に対しては、とっても大きな収穫がありました。

なのでサボっているわけにもいかないのですが(実際、ほとんどサボってませんからw)、近くにカワウソがいるのに会いに行かないわけにもいきません。したがって会議の報告は以上で終わりにして、あとは動物園とリバーサファリのカワウソの近況をお伝えすることにしましょう。



160730_05
20歳越えの個体がいました!
いました、っていきなり現れるわけはないので今までもいたのでしょうけど、気がつきませんでした。上半身の体毛が白髪になってます。なかなかいい感じのジジウソっぷりです!


160730_06
動物園内の園路に現れたヒヨケザル!
木に止まっている姿は、ほとんど巨大な蛾ですね。ぜんぜん動きません。


160730_07
おとなりリバーサファリのオオカワウソ。2014年生まれのChicoとCalraと思われます。CarlosとCarmenの子どもたちですね。


160730_08
砂上に転がってるえさの魚をくわえてプールにどぼん。


160730_09
水中で食べないと気分が出ないのでしょうか。


160730_10
と思ったら、


160730_11
やっぱり地上で食べます。


160730_12
そしてまた魚をくわえて、


160730_13
プールに向かいます。これを繰り返していました。


160730_14
すると突然、大雨に!


160730_15
土砂降りですが、カワウソにしてみれば祭りのようなもんでしょう。


160730_16
しかし、何でわざわざわたしの眼の前まで来て見せびらかして食べるのか?


160730_17
あれ、行っちゃった。


160730_18
動物園のコツメ展示に戻ります。3か月齢ぐらいの個体が2頭いましたよ。


160730_19
鼻の下にゴミがw


160730_20
ちょろちょろしたい年頃。


160730_21
ん?


160730_22
ごはんタイムです。


160730_23
ぼくにもちょうだい!


160730_24
もらえました。よかったね!


というわけで、次回はシンガポールの街中に現れるビロードカワウソファミリーを見に行きます。お楽しみに!


市川、5月の水曜日

[ Asian small-clawed otter family at Ichikawa Botanical & Zoological Garden. ]

160525_01
またえらく間が空いてしまって申し訳ない。弁解はしない。基本的に去年からめちゃくちゃ忙しい。そんな中でやっと行けた市川市動植物園のコツメカワウソ、ムツキ親分。なんでやねん、ってほどのカメラ目線。



160525_02
いちばん手前の放飼場、午前中はコムツ先生が単独で出てた。


160525_03
困りごとでもありそうな表情。


160525_04
もういい歳なので、自立せい!ということですな。


160525_08
がんばりましょう。


160525_06
レディースも元気。


160525_05
ナナ母さんはずっと毛引かい。


160525_07
2頭でも少年隊。流しを張るのが少年隊。


160525_09
ごはんだ。


160525_10
さかなが降ってきた!


160525_11
キャッチ。


160525_12
今日も元気ださかながうまい。


160525_13
おっとミスった。


160525_14
カリカリも好きだぜ!


160525_15
コムツ先生引っ込んで、午後番のムツキ親父とコロンが出てきた。


160525_16
親父は歳を重ねるにつれて、ほんといい表情見せてくれる。


160525_17
意図せず奥のムツキの方にピントが引っ張られるので笑った。


160525_18
親父、元気でがんばっとくれ!


・・・


さて、こっちは今たいへん!

160525_19
ウータンくんが今月末に豊橋に移動することになり、移動用の檻に慣らす日々。


160525_20
檻の中で寝るところまでいったそうな。


160525_21
場所としてはキライではないのだけど、


160525_22
やっぱり「閉められる」というのがイヤなんだよね。


160525_23
何はともあれ、道中ご無事で。


160525_24
頑張れ息子! いえーい!



八景島コツメ!

[ The ASCO open feeding and limited petting event are held everyday at Yokohama Hakkeijima Sea Paradise Aqua Museum. This exhibit is not permanent. Otters appear several times daily and visitors can hear the explanations about ASCO from their keeper then. ]

160411_01
横浜・八景島シーパラダイス、ふれあいラグーンのコツメカワウソ、シャビ。

2014年10月からコツメの展示が始まったことは知ってたのだけど、なかなか訪ねる機会がなかった八景島。ようやく見に行ってきた!


160411_02
おお、こっちだなふれあいラグーン。


160411_03
ん? かぷっとコツメカワウソ???

これは見たことがないので、とりあえず一匹購入。

よく見るとすごい凶悪な顔してるなw

クチの中に手を突っ込めるようになっており、「噛まれた〜!」になるわけだが、カワウソ関係者からしたら、まるでシャレになってないところも凄い商品企画ではある。


160411_04
八景島のコツメは常設展示ではなく、イベントで出てくるようになっていると聞いていたものの、イメージがわかなかった。この表によると「コツメカワウソの時間」というのが12:45と15:30にあり、「コツメカワウソとあくしゅ」というふれあいイベントが12:55と16:30にあるのだそうだ(←これは2016年3月末のスケジュール。当然変更があるので、その都度ちゃんと確認してから行ってほしい)

「ふれあいラグーン」はエリアに入る前に、5分間ほど強制的に注意事項ビデオを見せられるような仕組みになっている。行楽目的のお客さんは注意の張り紙なんかぜったいに読まないので、そのぐらいやった方がいい。日本語わかんないインバウンドなお客も多いし、いまや日本人だって常識が通じることが期待できない時代である。入場前にがっちりと注意情報を提示した上で、ふれあいのフリー度を上げるという戦術はなかなかリーズナブルだと思った。アメリカあたりはこうなんだろうか。



・・・



160411_05
あ、コツメ来た!


160411_06
最初はほとんどやる気なし。


160411_07
こんなん食べるよ。               横目で見てるやつ↑


160411_08
ちょっとやる気が出てきた ↑


160411_09
もうワカサギしか見てない。


160411_10
いただき!


160411_11
コツメの採餌行動の特徴などを解説しながら、


160411_12
握手パイプを使って給餌。


160411_13
次はこれ。何とゼリー!


160411_14
おいしそうに見えるが、実は単なる水を固めたもの。おもちゃ度の高いえさ。


160411_15
はやくつぎ!


160411_16
お待たせ!メインのドジョウだ〜。


160411_17
一度に2匹かい。この欲張りもの!


160411_18
そしてまた、


160411_19
潜って探す。


160411_20
ところで、まわりはこんな感じ。コツメカワウソはもうどこでも大人気であるが、常設でないためか、このイベント時はむちゃくちゃ盛り上がってた。

さてこの屋台ぐらいの大きさのカワウソ水槽、当初の予定では中に入ったコツメごと、イベントのたんびにごろごろと登場するはずだったのだけど、現在はずっと置きっぱなしになっている。いろいろと事情があるのである。

透明パイプの通路をはじめ、巻貝型のFRP造形物(滑り台?)やブリッジなど、かなり気合の入った展示セットなんだけど・・・やはり移動式ということで狭いのが残念。


160411_21
ドジョウは食べつくしたが、成り行きで泳ぎまわるシャビ。


160411_22
おおっと


160411_23
なに?


160411_24
んでまたもぐって


160411_25
裏返って泳いで


160411_26
ほどほどに営業するのであった。


160411_27
でもちょっと飽きてきたかな。



・・・



160411_28
その後、16:30の「コツメカワウソとあくしゅ」も続いてシャビが登場し、


160411_29
慣れたもので淡々と握手をこなしていた。しっかり仕事してて感心である。あとで写真見ると、お客の子供たちの顔(マジでびっくりしてんのw)の方がむしろ面白かったが、ブログに出すわけにもいくまい。


160411_30
というわけでお疲れさま!


まあずっとこのまま、ってこともないと思うので、今後の八景島のカワウソ展示の発展に大いに期待をするものであります。

おやすみ前にこの一冊・・・
160px_kawauso_book
東京書籍刊『カワウソ』をお買い上げくださいましてありがとうございます。
「カワウソなび」の追補はこちら↓


How we keep and watch wild animals in zoos and aquariums. Junichi Sato's recent works.


 Zoological Portrait Series


 Zoological Landscape Series


Where captive otters live in Japan.

 Otter holding facilities in Japan




コメントありがとうございます。
すべてにリプライできなくてごめんなさい ↓

最新コメント
動物園・水族館・生息地

[動物園・水族館・生息地ごとの記事アーカイブ。カワウソ中心ですが、たまにほかの動物も出ます]

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
記事検索
タグ絞り込み検索
Junichi SATO

self portrait

[佐藤淳一]1963年生まれ。土木構造物と動物という、かけ離れた領域を行き来するあまり類を見ない写真作家。上の写真はベルリン地下鉄の駅の壁に貼ってあった「ハンケンスビュッテルかわうそセンター」のポスターを撮ったもの(2005年)。意図せず自分も写り込んでしまったので、公式セルフポートレートに認定。光学的にカワウソと一体化しています。

キュイキュイ書房
カワウソ本とカワウソグッズの密林セレクトショップ♪

かわうそ店長、意外にハマりました。2も出てます。

かわうその自転車屋さん 1 (芳文社コミックス)
かわうその自転車屋さん 1 (芳文社コミックス) [コミック]

こやまけいこ
芳文社
2014-10-16


酒ケーキもいいんだけど、せんべいの方がもっといいよ獺祭。

旭酒造 獺祭 煎餅 だっさい せんべい 山田錦の砕米で作りました 30枚入り
旭酒造 獺祭 煎餅 だっさい せんべい 山田錦の砕米で作りました 30枚入り [その他]
旭酒造


世界13種のカワウソが網羅されているすばらしい入門書が出ました。写真もいっぱい!

Otters of the World
Otters of the World


ハンザのぬいぐるみが各種、買えるようになってますよ。
カワウソ No.3320
カワウソ No.3320 [おもちゃ&ホビー]


フィギュアはシュライヒが造りがいいですね。
Schleich シュライヒ カワウソ
Schleich シュライヒ カワウソ


かわうそ3きょうだい そらをゆく (にじいろえほん)
かわうそ3きょうだい そらをゆく (にじいろえほん)


かわうそ3きょうだいのふゆのあさ (えほんひろば)
かわうそ3きょうだいのふゆのあさ (えほんひろば)


かわうそ3きょうだい (えほんひろば)
かわうそ3きょうだい (えほんひろば)


空がレースにみえるとき (ほるぷ海外秀作絵本)
空がレースにみえるとき (ほるぷ海外秀作絵本)


ぼく、およげないの
ぼく、およげないの


ニホンカワウソ―絶滅に学ぶ保全生物学
ニホンカワウソ―絶滅に学ぶ保全生物学


Otter (Animal)
Otter (Animal)


Otters: Ecology, Behaviour And Conservation (Oxford Biology)
Otters: Ecology, Behaviour And Conservation (Oxford Biology)


カワウソと暮らす (富山房百科文庫 (34))
カワウソと暮らす (富山房百科文庫 (34))


The Ring of Bright Water Trilogy: Ring of Bright Water, The Rocks Remain, Raven Seek Thy Brother
The Ring of Bright Water Trilogy: Ring of Bright Water, The Rocks Remain, Raven Seek Thy Brother


椋鳩十全集〈20〉カワウソの海
椋鳩十全集〈20〉カワウソの海


ガンバとカワウソの冒険 (岩波少年文庫)
ガンバとカワウソの冒険 (岩波少年文庫)


河合雅雄の動物記〈2〉カワウソ流氷の旅
河合雅雄の動物記〈2〉カワウソ流氷の旅

・・・
わたしの本も、ついでにいかがでしょう?


カワウソ

おそらく日本初の、カワウソだけ写真集


ドボク・サミット
ドボク・サミット

みんなで作ったドボク本



恋する水門―FLOODGATES

一家に一冊!世界初の水門写真集


新版 電脳の教室
新版 電脳の教室
こういうのもあります


  • ライブドアブログ
Das Otterhaus 【カワウソ舎】