Das Otterhaus 【カワウソ舎】

生きることは、見ること。写真作家・佐藤淳一が動物園水族館と生息地を訪ねます。カワウソがいてもいなくてもひたすら訪ねます。

札幌カワウソ・握手会はおおさわぎ!

札幌の円山動物園の撮影を終えたあと、サンピアザ水族館にごあいさつに行きました。サンピアザといったら、そう、市川市動植物園のナナちゃんの実家です。

110309_01
わあ、これは2010年の8月15日に生まれた子たちですね!
もうちびうそじゃなくて、若ウソです。


110309_02
♂だけ3兄弟です。父母はゲンキとモモで、つまりナナちゃんの弟たちになります。


110309_03
1頭、ちびっこいのがいますが、小さいくせに一番活発なのだそうです。その子がゲン、他の2頭はノンとピア。


110309_04
サンピアザは都市型水族館なので、コツメ水槽も決して広くはありません。でもアクリルパイプ水槽があったりして、なかなか楽しそう。


110309_05
ここに現在、さっきの3兄弟の前の年(2009年5月10日)に生まれたメイ、メメ、ダイの3頭を加えた合計8頭が暮らしています。ちょっと狭い感じです。

子どもたちの毛がみんなボロボロなのでキーパーさんにお尋ねしたところ、最近モモが子どもたちの毛を噛むようになってしまったのだそう。子だくさんのお母さんはストレスがたまってるのでしょうか。発散のためぶらぶらロープのような、何らかの遊具の設置を考えてらっしゃるそうなので、ぜひお願いしたいところです。


さて、サンピアザといったら「カワウソふれあいタイム」です。1日3回(11:00、14:00、17:00)、気軽にコツメと握手ができる人気イベント!


110309_06
まだ人間の方が準備ができていないうちから、カワウソはすでにスタンバイ状態です。


110309_07
「よっ!そこの少年!握手して行かないか!」

間違いなくカワウソの方が積極的。


110309_08
「代わってよ〜」


110309_09
「まだまだ、もうちょっとやらせて」


110309_10
「もういいでしょ」


110309_11
平日の17時の回だったので、お客さんはそんなに多くはありません。カワウソの方が握手し足りないのか、お客さんが途切れても握手パイプから離れようとしません。


110309_12
「ぼくもしたい!」


110309_13
「代わってえええええ」


110309_14
「やったぁ!」


110309_15
「そりゃっ!」


110309_16
当たりが来ないと覗いてみたり。


コツメカワウソは狭いすき間があると必ず手を突っ込む習性(そうやってえさを探す)があり、この握手パイプはそれをうまく利用しているのですが、何度見ても面白いものです。


110309_17
家族総出で握手に取り組みます。


110309_18
「握手パイプ、いぇいっ!」


110309_19
やっぱりコツメって面白いですよね。

カワウソかわいい

Otterhaus = カワウソの館、を名乗っているにもかかわらず、今までカワウソの話題をまったく取り上げてこなかった。これでは「看板に偽りあり」であって、よくない。近頃は世の中もお盆休みということもあり、わたしもちょっと反省したので今日はカワウソ写真をお見せしたいと思う。

とりわけ子カワウソのかわいさに一度ハマると、萌え萌えで夜寝れなくなっちゃうかもだから、こころして見るように。

090813a

子カワウソ(生後3か月)のかわいさは強力である。子カワウソはあんまりひんぱんに水に入らないためか、あごからおなかにかけての毛のもふもふっぷりも最高。

しかしまあ、野生動物のくせしてこんなにかわいくてどうする。もしトイプードルみたいなノリで品種改良して、トイカワウソなんてものを作ったら、みんな萌え死するよ。

大人カワウソはまあ、だいたいこういう感じだ。

090813b

コツメカワウソは常にはしゃぎ回っていて、なかなかじっとしててくれない。だからこのようなポートレートを撮るには結構、粘りが必要。でも割と簡単に目線をくれる。ここのカワウソはきっとモデル慣れしてるに違いない。

090813c

オスだかメスだかわかんないけど、なかなか男前。プールから上がった金メダルスイマーみたいな貫録があるなあ。

こっちはきっと親子。

090813d

親子といっても常にべたべたくっついているわけではない。基本的にくっつくときは誰とでもくっつくように見えるので、あるいは他人の子かもしれない。カワウソファミリーの家族関係は、わたしのようなイチゲンさんでは全くうかがい知れないが、いろいろと複雑な男女関係になってるんだろう。

基本的にこのひとたちは昼寝とエサの時間以外は遊んで暮らしているわけだが、なぜかこのようなボロタオルの類が大好きらしく、ひっぱったりからまったりして遊んでいる。

090813e

子カワウソと大人が目をむいて引っ張り合っているが、表情の変化に富むところがカワウソの魅力のひとつだ。魚食ってるときなんてえらく凶悪な表情になるもんね。

あ、ブログの前後関係からすると、なんか千歳川や江東区にカワウソがいるようにも読めなくはないけど、決してそういうことではないので誤解しないように。

今回のご出演くださったのは、札幌のサンピアザ水族館のコツメカワウソです。あ、カワウソと握手できるイベントもやってるよ。


おやすみ前にこの一冊・・・
160px_kawauso_book
東京書籍刊『カワウソ』をお買い上げくださいましてありがとうございます。おかげさまですでに3刷!

「カワウソなび」の最新情報はこちらをどうぞ↓


Where captive otters live in Japan.

 Otter holding facilities in Japan

佐藤淳一リアルタイム
最新の写真は flickr | Otterhaus で公開中。たまにカワウソも。

Created with flickr badge.




コメントありがとうございます。
すべてにリプライできなくてごめんなさい ↓

最新コメント
動物園・水族館・生息地

[動物園・水族館・生息地ごとの記事アーカイブ。カワウソ中心ですが、たまにほかの動物も出ます]

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
記事検索
タグ絞り込み検索
Junichi SATO

self portrait

[佐藤淳一]1963年生まれ。土木構造物と動物という、かけ離れた領域を行き来するあまり類を見ない写真作家。上の写真はベルリン地下鉄の駅の壁に貼ってあった「ハンケンスビュッテルかわうそセンター」のポスターを撮ったもの(2005年)。意図せず自分も写り込んでしまったので、公式セルフポートレートに認定。光学的にカワウソと一体化しています。

キュイキュイ書房
カワウソ本とカワウソグッズの密林セレクトショップ♪

かわうそ店長、意外にハマります。すでに4巻まで出てるよ。

かわうその自転車屋さん 1 (芳文社コミックス)
かわうその自転車屋さん 1 (芳文社コミックス) [コミック]

こやまけいこ
芳文社
2014-10-16


酒ケーキもいいんだけど、せんべいの方がもっといいよ獺祭。

旭酒造 獺祭 煎餅 だっさい せんべい 山田錦の砕米で作りました 30枚入り
旭酒造 獺祭 煎餅 だっさい せんべい 山田錦の砕米で作りました 30枚入り [その他]
旭酒造


世界13種のカワウソが網羅されているすばらしい入門書が出ました。写真もいっぱい!

Otters of the World
Otters of the World


ハンザのぬいぐるみが各種、買えるようになってますよ。
カワウソ No.3320
カワウソ No.3320 [おもちゃ&ホビー]


フィギュアはシュライヒが造りがいいですね。
Schleich シュライヒ カワウソ
Schleich シュライヒ カワウソ


かわうそ3きょうだい そらをゆく (にじいろえほん)
かわうそ3きょうだい そらをゆく (にじいろえほん)


かわうそ3きょうだいのふゆのあさ (えほんひろば)
かわうそ3きょうだいのふゆのあさ (えほんひろば)


かわうそ3きょうだい (えほんひろば)
かわうそ3きょうだい (えほんひろば)


空がレースにみえるとき (ほるぷ海外秀作絵本)
空がレースにみえるとき (ほるぷ海外秀作絵本)


ぼく、およげないの
ぼく、およげないの


ニホンカワウソ―絶滅に学ぶ保全生物学
ニホンカワウソ―絶滅に学ぶ保全生物学


Otter (Animal)
Otter (Animal)


Otters: Ecology, Behaviour And Conservation (Oxford Biology)
Otters: Ecology, Behaviour And Conservation (Oxford Biology)


カワウソと暮らす (富山房百科文庫 (34))
カワウソと暮らす (富山房百科文庫 (34))


The Ring of Bright Water Trilogy: Ring of Bright Water, The Rocks Remain, Raven Seek Thy Brother
The Ring of Bright Water Trilogy: Ring of Bright Water, The Rocks Remain, Raven Seek Thy Brother


椋鳩十全集〈20〉カワウソの海
椋鳩十全集〈20〉カワウソの海


ガンバとカワウソの冒険 (岩波少年文庫)
ガンバとカワウソの冒険 (岩波少年文庫)


河合雅雄の動物記〈2〉カワウソ流氷の旅
河合雅雄の動物記〈2〉カワウソ流氷の旅

・・・
わたしの本も、ついでにいかがでしょう?


カワウソ

おそらく日本初の、カワウソだけ写真集


ドボク・サミット
ドボク・サミット

みんなで作ったドボク本



恋する水門―FLOODGATES

一家に一冊!世界初の水門写真集


新版 電脳の教室
新版 電脳の教室
こういうのもあります


  • ライブドアブログ
Das Otterhaus 【カワウソ舎】