Das Otterhaus 【カワウソ舎】

生きることは、見ること。写真作家・佐藤淳一が動物園水族館と生息地を訪ねます。カワウソがいてもいなくてもひたすら訪ねます。

コツメ大出世@シンガポール動物園

[ It's been eight years since I last visited Singapore Zoo. Oriental small-clawed otter's exhibit was at the inner part of the zoo and not so bustling then. But now, their exhibit fronts the main street of the zoo! We can meet a bunch of vigorous small-clawed otters very soon after we enter the zoo. ]

131127_01
シンガポールのレポート、まだまだつづきます。おつぎはシンガポール動物園ですが、何とコツメカワウソの展示が大出世をとげて、ほとんどウエルカム動物の扱いです。


前回(8年前)訪ねたときには、コツメ展示はけっこう奥の方に、ひっそりとありました。

Das Otterhaus 【カワウソ舎】 | シンガポールカワウソ・本場でキュイ

ところが何と、現在では入口からトラムの乗り場へ向かうメイン通路に面した場所、つまりほとんどのお客さんが通る場所に移ってます。


131127_10
どーん!


131127_11
ああああ、通路にまでコツメがはみ出してる!と思ったらつくりものでしたw


131127_02
いましたいました。


131127_03
おーっと、いきなり「ひねり飛び込み」だ!


131127_04
飛び込むわ飛び込むわ。みんな元気いっぱいだなあ。


131127_05
クネゴロもダイナミック。


131127_06
ほとんどコツメホイホイ。ひっかかるのはお客さんの方ですが。


131127_07
どんな連中かな。


131127_08
個性的な顔立ちの一群ですね。


131127_09
ぴゃっ!


131127_12
伏せ方がちょっと違います。さすが本場、って感じです。


131127_13
ふぃ〜


131127_14
おーい!


131127_15
なになに〜?


131127_16
なんでもない


131127_17
まっすぐしっぽ!


131127_18
ちょっと広めの放飼場です。


131127_19
さらに、裏にはコツメハウス。


131127_20
楽しくカワウソを学びましょう。左は水中観察窓。ここではさっきのと別のグループが展示されています。


131127_21
「コツメはしゃべってます」の解説。


131127_22
これがすごい。点字による解説パネル。コツメカワウソの外形がレリーフになっており、目の不自由な人でもカワウソの形がわかるようになってます(このレリーフは他のいくつかの動物にもありました)。


131127_23
Zzz


131127_24
はっ!


シンガポール動物園がつづきます。


シンガポールカワウソ・本場でキュイ

コツメカワウソの本場、シンガポールに行ってきました!


・・・と言っても5年前の話です。写真データを整理してたら出てきました。ぜんぜん真剣に撮ってないのでお腹いっぱいにはなりそうにないですが、ちょっとおやつ代わり、というかペレット代わりに見てやってください。

赤道直下のシンガポール動物園では、普通にコツメカワウソが暮らしています。

101016a
細爪水獺、って書かれると文字通りオリエンタルな動物のようです。


拡大してみましょう。

101016b
なかなか味のあるイラストです。コツメカワウソのことを知らない人が見たら、こんな動物いるわけないじゃん、とツッコまれそう。でもいるもんは仕方がない。

顔がメキシコの覆面プロレスラー(なんじゃそりゃ)みたいかな。それとしっぽが残念な感じ。ちゃんと見て描いてないだろっ。


101016c
ほーらね、ふつうにいるでしょ。

シンガポールあたりじゃコツメなんて珍しくも何ともないのだと思います。日本の動物園におけるホンドタヌキぐらいのステータスなんじゃないでしょうか。わたしはホンドタヌキ、好きですけど。

放飼場に出ている頭数ですが、このときはたぶんこの6頭だったような。今考えると本場のくせに少なめですね。実はこの翌年、もっと本場(そのうち写真出します)に行ってもっとすごい頭数を見たような記憶があるのですが、さっき確認したところそっちも7頭でした。そう考えてみると、今の千葉のポンタファミリー9頭というのは、世界レベルでいい線行ってると思います。


101016d
何食べてるんでしょうね。拡大してもよくわからんのです。


101016e
いいコケっぷりです。ずるっ、となるコケではなくて、岩の苔っぷり。

やっぱりコツメって、こういうコケコケした場所にいるんだろうなあ。こんなのが裏の田んぼにいたり、生ゴミ漁りに出てきたりするかと思うと・・・もうたまんない。東南アジアに移住したくなってきた。


101016f
いずこも同じ、お食事時間でした。


すいません。実はこれしか撮ってないんです。1日にうっかりカワウソだけで1000枚近く撮ってしまう現在のわたしからは、考えられない所業です。5年前は牧歌的な撮影だったんだ。


で、実はコツメカワウソと共生している動物が、なかなかゴージャス。

101016g
何だかわかります?

そう、ビントロングです。中国語で「熊狸�潺」って書くそうです。このブログはUnicodeじゃないので3文字目が出ませんね。「豹」のへんと「猫」のつくりで一文字になったものを想像して補ってください。クマのよなタヌキのような、まあネコっぽいけど豹みたいな・・・要するにわけわかな動物ですねビントロング。東南アジア原産なので、コツメと共生は無理がないのかな。


なにしろ5年前の話なので、今はこういう展示じゃないかもしれません。誰か見てきてください。そして次に行ったときこそ、動物園の隣でやってるナイトサファリのカワウソショー(コツメがゴミを分別するやつ)も見なければ。

おやすみ前にこの一冊・・・
160px_kawauso_book
東京書籍刊『カワウソ』をお買い上げくださいましてありがとうございます。おかげさまですでに3刷!

「カワウソなび」の最新情報はこちらをどうぞ↓


Where captive otters live in Japan.

 Otter holding facilities in Japan

佐藤淳一リアルタイム
最新の写真は flickr | Otterhaus で公開中。たまにカワウソも。

Created with flickr badge.




コメントありがとうございます。
すべてにリプライできなくてごめんなさい ↓

最新コメント
動物園・水族館・生息地

[動物園・水族館・生息地ごとの記事アーカイブ。カワウソ中心ですが、たまにほかの動物も出ます]

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
記事検索
タグ絞り込み検索
Junichi SATO

self portrait

[佐藤淳一]1963年生まれ。土木構造物と動物という、かけ離れた領域を行き来するあまり類を見ない写真作家。上の写真はベルリン地下鉄の駅の壁に貼ってあった「ハンケンスビュッテルかわうそセンター」のポスターを撮ったもの(2005年)。意図せず自分も写り込んでしまったので、公式セルフポートレートに認定。光学的にカワウソと一体化しています。

キュイキュイ書房
カワウソ本とカワウソグッズの密林セレクトショップ♪

かわうそ店長、意外にハマります。すでに4巻まで出てるよ。

かわうその自転車屋さん 1 (芳文社コミックス)
かわうその自転車屋さん 1 (芳文社コミックス) [コミック]

こやまけいこ
芳文社
2014-10-16


酒ケーキもいいんだけど、せんべいの方がもっといいよ獺祭。

旭酒造 獺祭 煎餅 だっさい せんべい 山田錦の砕米で作りました 30枚入り
旭酒造 獺祭 煎餅 だっさい せんべい 山田錦の砕米で作りました 30枚入り [その他]
旭酒造


世界13種のカワウソが網羅されているすばらしい入門書が出ました。写真もいっぱい!

Otters of the World
Otters of the World


ハンザのぬいぐるみが各種、買えるようになってますよ。
カワウソ No.3320
カワウソ No.3320 [おもちゃ&ホビー]


フィギュアはシュライヒが造りがいいですね。
Schleich シュライヒ カワウソ
Schleich シュライヒ カワウソ


かわうそ3きょうだい そらをゆく (にじいろえほん)
かわうそ3きょうだい そらをゆく (にじいろえほん)


かわうそ3きょうだいのふゆのあさ (えほんひろば)
かわうそ3きょうだいのふゆのあさ (えほんひろば)


かわうそ3きょうだい (えほんひろば)
かわうそ3きょうだい (えほんひろば)


空がレースにみえるとき (ほるぷ海外秀作絵本)
空がレースにみえるとき (ほるぷ海外秀作絵本)


ぼく、およげないの
ぼく、およげないの


ニホンカワウソ―絶滅に学ぶ保全生物学
ニホンカワウソ―絶滅に学ぶ保全生物学


Otter (Animal)
Otter (Animal)


Otters: Ecology, Behaviour And Conservation (Oxford Biology)
Otters: Ecology, Behaviour And Conservation (Oxford Biology)


カワウソと暮らす (富山房百科文庫 (34))
カワウソと暮らす (富山房百科文庫 (34))


The Ring of Bright Water Trilogy: Ring of Bright Water, The Rocks Remain, Raven Seek Thy Brother
The Ring of Bright Water Trilogy: Ring of Bright Water, The Rocks Remain, Raven Seek Thy Brother


椋鳩十全集〈20〉カワウソの海
椋鳩十全集〈20〉カワウソの海


ガンバとカワウソの冒険 (岩波少年文庫)
ガンバとカワウソの冒険 (岩波少年文庫)


河合雅雄の動物記〈2〉カワウソ流氷の旅
河合雅雄の動物記〈2〉カワウソ流氷の旅

・・・
わたしの本も、ついでにいかがでしょう?


カワウソ

おそらく日本初の、カワウソだけ写真集


ドボク・サミット
ドボク・サミット

みんなで作ったドボク本



恋する水門―FLOODGATES

一家に一冊!世界初の水門写真集


新版 電脳の教室
新版 電脳の教室
こういうのもあります


  • ライブドアブログ
Das Otterhaus 【カワウソ舎】