Das Otterhaus 【カワウソ舎】

生きることは、見ること。写真作家・佐藤淳一が動物園水族館と生息地を訪ねます。カワウソがいてもいなくてもひたすら訪ねます。

トナカイと地層処分

[ In Japan's northernmost area, there is a reindeer farm. Last month I visited there. After taking some pictures, I found a research facility next to the farm. This research center aims at developing geological disposal technology for the permanent disposal of nuclear waste. ]

160306_01
稚内、というか北海道の宗谷地方へ出かけたのは実に30年ぶりのことである。正確に言うと2回来たことがあって、34年前と30年前だ。

1980年代、青函連絡船を降り立って北海道に上陸してからも、南端の函館から北端の稚内に到達するまでにはかなりの時間を要した。いつも見ている日本地図って、実は北海道だけ部分的に縮尺が違っているのではないか、と訝ったものである。オートバイで到達したときには、その騙された感じはもっと強くなったが、それはどちらかというと楽しみの方が勝っていた。もちろん30年後の今でも、地表を移動するのであればおそらく同じ位の時間を要するはず。今月末、新幹線がいよいよ函館まで伸びることについては驚異的な心持ちがするが、実はその先って、札幌周辺を除いて30年前とあまり変わってないのだと思う。

羽田から稚内空港までは、1時間半とちょっとだった。時刻表上は2時間弱だが、実際には10分以上も早着した。かなりあっけない。沖縄などを除けば、われわれの列島内の移動は、もはや「どこでもドア」に近い現象になっている。

そして、その稚内からJRで30分ほど南下した幌延町に「ほろのべトナカイ観光牧場」というのがあって、以前から気になっていた。今回、ようやく行くことができた、というわけである。


160306_02
トナカイ観光牧場へは、冬でも路線バス(沿岸バス ← 本気の萌えCIで、一見の価値あり)が通っていてくれて大変にありがたい。実は幌延は30年前の旅でも訪れている。1971年に廃止になった幌延町営軌道問寒別線の廃線跡をたどる目的だった。当時はそういうことに熱心だったわけだが、今では廃線跡をたどる人も増え、みんなネットに情報を出してくれるようになり、わざわざ自分で出かける必要を感じなくなった。ありがたいようなつまらないような、そういう時代になった。

昔話はこのぐらいにして、トナカイを見よう。


160306_03
着いたらちょうど給餌の時間だった。というかバス時刻の関係でオープン時間より前に着いてしまったのだけれど、すでにトナカイは出ていて何の問題もなかった。


160306_04
もう少し頭数があるかと思っていたのだが、公開放飼されているのは20頭ほどである。まあ観光目的なので、このぐらいいればことは足りる。


160306_05
雪があるこの時期って、うっかり雰囲気抜群と思い込んでしまうのだが、実はトナカイ自体を撮影するにはあまり適していない。


160306_06
なぜならこの時期、ツノがあるのはメスだけ(若いオスも?)なのだ。オスは10〜11月の繁殖期が終わると立派なツノが落ちてしまうそうだ。メスは春までツノが残っているが、ご覧の通り枯れ木のような骨ツノである。


160306_07
基本的に行儀のよいお食事風景で、感心なことである。


160306_08
配合飼料を食べ終わったら乾草へ。


160306_09
ツノがないと、写真的には何の動物だかよくわからなくなってしまう。こればっかりはトナカイ側の生物学的な都合なので仕方がない。


160306_10
さっきの餌場では、まだ落ちてる餌も丹念に拾って食べているのがいる。えらいぞ。


160306_11
いつも感じるのだが、トナカイはあまり目線をくれない。いや、これは正確な表現ではないな。トナカイはあまりカメラなんかに関心を示さない、ような気がする。


160306_12
でもこの個体は例外的に目線をくれる。しばらく凝視された。どんな動物でも必ず好奇心旺盛な個体がいるようではある。


160306_13
そういえば、トナカイの体毛って一様ではない。


160306_14
お腹の毛と背中の毛は、かなりはっきり分かれているように見えるんだけど、どうなっているのか。


160306_15
乾草を食べたり敷いたりで、徐々にくつろぎの場ができていく。


160306_16
だいぶ雰囲気の違う2頭だ。


160306_17
この時の気温はせいぜいマイナス5度ぐらいなもんだと思うけど、ときおり風があるので体感温度はかなり低い。もっともトナカイはマイナス40度まで耐えられるそうなので、このぐらいは快適な温度範囲なのだろう。


160306_18
さて、ここ幌延町でトナカイの飼育が始まったのは平成元年のことで、まずフィンランドから10頭を入れたのだそうだ。その後、家畜として500頭規模まで発展している。この場所は観光牧場とある通り、観光目的として生産牧場からは分離されている施設だ。

北海道幌延町:ほろのべトナカイ観光牧場:幌延町のトナカイ


160306_19
遠くにカマボコ型のトナカイ舎が見える。観光牧場のまわりには、何もない。たぶん牧草地とかになっていると思うのだけど、雪があるとそれもわからない。


160306_20
いや実は、全く何もないわけではなくて、北側にはかなり大規模な構造物が見えるのだ。壁にはトナカイの絵なども描かれてあるが、トナカイソーセージの工場などではない。


建物の正体は、これ。

160306_21
トナカイ牧場の隣には、原子力機構の幌延深地層研究センターがある。高レベル放射性廃棄物の「地層処分」技術に関する研究開発を行っている現場である。

誤解のないように先に書いておくと、ここに高レベル廃棄物そのものがあるわけではない。

原発〜再処理施設から出た高レベル廃棄物は、数万年以上にわたって深い地下に埋め、地上の生物相から完全に隔離する必要があるのだが、日本ではまだそのための最終施設は存在しない。場所すら決まっていないのだ。しかし実際にやるとしたらどうするのかは、考えなければならない。深い地下に廃棄物をしまっておくとどういう問題が起きて、それはどうやったら解決できそうか、ということを研究し、技術を開発しなければならない。そのための研究がここで行われている。

実は、幌延あたりにそういう施設ができたということは何となく知っていたつもりだったが、まさかトナカイ牧場のすぐ隣にあるとは思わなかった。これは見学しないわけにはいかない。原発に賛成だろうが反対だろうが、これまで何十年にも及ぶ国内の原発の営業運転により、高レベル放射性廃棄物はすでに相当数、発生しているはずだ。それを最終的にどう扱うのか?という問題は、ちゃんと知っておかなければならない。地球に暮らす人類としては、避けて通れない問題だと思うから。


160306_22
研究センターの一角には「ゆめ地創館」という実にそれっぽいネーミングの広報施設があって、飛び込みでも見学できた。写真は広報施設の高いタワーの展望台から見た、研究センターの施設群。


160306_23
そして圧巻がこれ。「地層処分実規模試験施設」というところに展示されている。いわば御神体ともいうべき存在。

中央にカットされて中身が見える状態になっているのが、ガラス固化された廃棄物本体だ。ここのはもちろん模型である。本物は即死レベルの強い放射能を長期間にわたって放つ。

実はその本物、すでに1000本以上が存在し、青森県の六ヶ所高レベル放射性廃棄物貯蔵管理センターに貯蔵され、地層処分される日を待っているのだそうだ。ガラス固化体中の放射能は時間とともに減衰するが、無害なレベルまでに達するには、絶望的な話だが、数万年以上の時間が必要。それが分厚いステンレスの容器に封じ込まれている。そのまわりに積まれているのは何と、特殊な粘土のブロックだった。

この分厚い金属容器が酸化するまでの時間が、約1000年と見積もられている。周りの粘土は、地下水の侵入を可能な限り遅らせるためのものだという。これで本当に無害化するまでの数万年間、密閉状態を保てるのかどうかはもちろん保証の限りではない。それを現在の科学技術のレベルでどうにか確信の持てる段階まで高めようとしているのが、ここにおける研究開発なのだ。

数万年、と簡単に書いたが、数万年後に人類が生存している保証はない。運良く生存していたとしても、今のわれわれのことを謎の古代文明のように認識している可能性もある。つまり、情報が継承される保証がない、ということを問題にした方がいい。

だから最終的に300メートル以上の深さの地下に埋設されるそれらは、「貯蔵」とは呼ばれない。「処分」と呼ぶ。深い深い地層の中に、流してしまうのだ。行く末がどうなるかは今の人類が責任が持てない、というニュアンスが漂う、実に重い表現だと思う。



・・・



160306_24
ふたたび「ゆめ地創館」のタワーから、トナカイ牧場方面を眺める。ところで、現在の地層処分の先進国はフィンランドなのだそうだ。この不思議なトナカイつながりは、果たして偶然なのか。


160306_25
重い現実を知ると、さっきのトナカイたちも、また違って見えてくるというものだ。


160306_26
トナカイ牧場に戻り、撮影を続けた。


160306_27
朝から時おり地吹雪になるような寒々しい状態だったが、たまに陽が差すようになってきた。


160306_28
派手さはないが、見れば見るほど、進化の不思議さを考えてしまう動物である。


160306_29
機会があれば、500頭以上いるという食肉用のトナカイ飼育の現場を一度、見てみたい。


160306_30
久々にブログを書いたら、何だかとても長くなってしまった。

われわれ地球上の生物が触れることのできない物質を、人間が生み出してしまったことの正否は、直感的に判断したら「否」であろうと思える。遺伝子に短時間のうちに損傷を与え、その活動の継続を不可能にするような存在を許せば、生命体としてのわれわれの存在の持続が脅かされるからである。

微量の毒が薬になる、というような放射性物質の利用もないわけではないが、それは地球の自然界に存在するレベルをそれほど上回らない範囲で、ほんの少し、許されているだけだ。

放射性物質の操作によって、一攫千金的に巨大なエネルギーを取り出すという目的が、何か、大きな摂理に反するところがあるのではないか。それは天文学的存在にのみ許される所業であって、地球の上にかろうじてへばりついているようなわれわれ生物には、手を出すことが許されていないのではないか。そのように思えてならない。

しかし、この大問題とは別に、もっと現実的な問題の領域があることを意識しなければならない。

今回、すでに発生してしまった手に負えない高レベル放射性物質を、何万年も生物環境中に拡散しないような方法を考え、実践を試みるという遠大な仕事の一端を見知ったことは、とても貴重な体験となった。酷寒の地でこの仕事に携わる皆さんに、心から敬意を表したいと思う。


今もニュースでは「廃炉に40年かかる」などと言って騒いでいるが、廃棄物の無害化まで含めれば、数万年以上かかる。そういういうことを、誰かが言い続けなければいけないのだ。




ヴッパータール動物園・その2

[ Continuing report of Zoo Wuppertal. Pudu, Siberian ibex, Yellow-backed duiker, Kiang, Reindeer and Guanaco. ]

151020_01
ヴッパータール動物園の2回目です。
今回は偶蹄目(一部奇蹄目)特集。地味でごめんね。


151020_02
なんかかわいい。
この変な動物は何でしょう?


151020_03
プーズー Pudu puda です。
チリ南部にいるシカ科最小の動物。はじめて見ました。マメジカの方がずっと小さいのではないか、と思ったらマメジカはマメジカ科なんだそうです。あらそうですか。


151020_04
おっ!いきなり動き出した。


151020_05
暗いところにいたので、シャッタースピード1/250まで下げてました。したがってプーズー様の想定外な動きに対処できてませんわたし。止めきれてないどころか、できそこないの流し撮りになってる。


151020_06
逃げなくても大丈夫だよ〜


151020_07
ちょっと隠れて、すぐに出てきました。


151020_08
申しわけ程度のツノが生えています。


151020_09
戻るのか?


151020_10
固まりましたw
右目はこっち見てますね。

この地味っぷりがたまらん!


151020_11
地味といえばこちらも地味。


151020_12
シベリアアイベックスです。石像かと思った。
ツノの立派なオスが岩の上に上がってくれたりすると、一挙に派手になると思いますが。


151020_13
そして、次はこれ。


151020_14
いい地味、出してます。


151020_15
おお、寄ってくるか〜


151020_16
実はこの動物、正面から撮ると特徴が見えません。


151020_17
コシキダイカー Cephalophus silvicultor
「コシキ」って何だよと思いますが、腰が黄色いからコシキです。要するにキイロのダイカーですが、残念ながら黄色いのは腰だけで、真黄色ではないのでアカダイカーやアオダイカーと戦隊ものは組めません。


151020_18
ちゃんと横から撮りましたよ。たしかに背中に黄色い毛があります。写真のもやもやはフェンスです。邪魔です。


151020_19
ダイカー属はいっぱいいるのですが、このコシキダイカーが最大の大きさだそうです。ダイカー属各種のフィギュアがあったら、ずらっと並べて比較して楽しい時間が過せそうです。でもおそらくダイカーのフィギュアは存在しないと思う。


151020_20
ちょっとだけ奇蹄へ。キャンです。チベットノロバ。


151020_21
楽しそうにしてますね!


151020_22
キャン!


151020_23
ふたたび偶蹄目。トナカイと母子。


151020_24
グアナコが通るよ〜



つづきます。

釧路シロクマ・釧路キリン、あとオランとか

[ One more report of Kushiro Zoo. At present, they have three Polar bears. The mating season is coming but this pair doesn't seem to success. And the young bear named Milk has just moved here from Oga Aquarium. She is in sub enclosure to be trained to new environment now. And this giraffe is also a newcomer. ]

140324_01
釧路市動物園、1か月ほど前の撮影です。エゾジカどアップ。


140324_02
ユキオとツヨシ。ちょうど前日ぐらいから発情に入ったところ、らしいんだけど・・・


140324_03
ちょっとその前に、隣のサブ展示場に来ているミルクの様子を見てみましょう。


140324_04
クルミの娘で、1月に男鹿水族館から移動してきたばかりのミルクですが、予想より大きくなってました。


140324_05
移動直後の個体はあえて公開給餌(パクパクタイム)をやって、遊びと馴らしをするのだそうです。


140324_06
前足が出てますね。


140324_07
もう空っぽ。


140324_08
ちょいちょい。


そういえば昨年夏の、ミルクの男鹿時代の写真をまだアップしていませんでした。そのうち上げます。今さらだけど。




140324_09
で、ユキオとツヨシですが、


140324_10
どうもツヨシちゃんがまったくその気になってないようでした。こりゃダメかー。





さて、長らくキリンがいなかった釧路ズーですが、チャイルズエンジェルという「60〜70代を中心とした女性」のみなさまが募金活動(すんごい金額になった)を行い、それがきっかけとなって、お隣のおびひろ動物園からスカイが移動して、去年の10月から公開されているのはみなさんご存知と思います。

140324_11
おー、いるねえ!
フェンスの上が曲線なのは、キリン仕様?


140324_12
放飼場はちゃんと除雪されているので安心ですね。


140324_13
リボンの息子なのでツノ毛がぼわ〜、かと思ったらそうでもないな。


140324_14
バックが透けて見える扉も、キリン仕様でいいですね。


140324_15
キリンもよく雪を、


140324_16
食べるんだよねー。


140324_17
トナカイってなかなか撮りにくいような気がします。あまり顔を上げないからだろうか。


140324_18
エゾジカは飼育でも野生でも結構、カメラ目線。


140324_19
白いおしりのでっかいシカ。


140324_20
やっぱりワピチはかっこいいなあ。


140324_21
類人猿舎の室内展示を覗きましょうか。

中途半端に雪が解けてて歩きやすいように見えるかもしれませんが、基本的に雪のないところの半分ぐらいは凍結しております。


140324_22
ひなちゃん。さすがに2年ぶりだと大きくなったことがわかる、って当たり前だけど。


140324_23
で、ロリー母さんはふたたび子育て中でした。


140324_24
1月15日うまれ、おんなのこ。元気そうですね。名前はまだないのかな。


おやすみ前にこの一冊・・・
160px_kawauso_book
東京書籍刊『カワウソ』をお買い上げくださいましてありがとうございます。おかげさまですでに3刷!

「カワウソなび」の最新情報はこちらをどうぞ↓


Where captive otters live in Japan.

 Otter holding facilities in Japan

佐藤淳一リアルタイム
最新の写真は flickr | Otterhaus で公開中。たまにカワウソも。

Created with flickr badge.




コメントありがとうございます。
すべてにリプライできなくてごめんなさい ↓

最新コメント
動物園・水族館・生息地

[動物園・水族館・生息地ごとの記事アーカイブ。カワウソ中心ですが、たまにほかの動物も出ます]

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
記事検索
タグ絞り込み検索
Junichi SATO

self portrait

[佐藤淳一]1963年生まれ。土木構造物と動物という、かけ離れた領域を行き来するあまり類を見ない写真作家。上の写真はベルリン地下鉄の駅の壁に貼ってあった「ハンケンスビュッテルかわうそセンター」のポスターを撮ったもの(2005年)。意図せず自分も写り込んでしまったので、公式セルフポートレートに認定。光学的にカワウソと一体化しています。

キュイキュイ書房
カワウソ本とカワウソグッズの密林セレクトショップ♪

かわうそ店長、意外にハマります。すでに4巻まで出てるよ。

かわうその自転車屋さん 1 (芳文社コミックス)
かわうその自転車屋さん 1 (芳文社コミックス) [コミック]

こやまけいこ
芳文社
2014-10-16


酒ケーキもいいんだけど、せんべいの方がもっといいよ獺祭。

旭酒造 獺祭 煎餅 だっさい せんべい 山田錦の砕米で作りました 30枚入り
旭酒造 獺祭 煎餅 だっさい せんべい 山田錦の砕米で作りました 30枚入り [その他]
旭酒造


世界13種のカワウソが網羅されているすばらしい入門書が出ました。写真もいっぱい!

Otters of the World
Otters of the World


ハンザのぬいぐるみが各種、買えるようになってますよ。
カワウソ No.3320
カワウソ No.3320 [おもちゃ&ホビー]


フィギュアはシュライヒが造りがいいですね。
Schleich シュライヒ カワウソ
Schleich シュライヒ カワウソ


かわうそ3きょうだい そらをゆく (にじいろえほん)
かわうそ3きょうだい そらをゆく (にじいろえほん)


かわうそ3きょうだいのふゆのあさ (えほんひろば)
かわうそ3きょうだいのふゆのあさ (えほんひろば)


かわうそ3きょうだい (えほんひろば)
かわうそ3きょうだい (えほんひろば)


空がレースにみえるとき (ほるぷ海外秀作絵本)
空がレースにみえるとき (ほるぷ海外秀作絵本)


ぼく、およげないの
ぼく、およげないの


ニホンカワウソ―絶滅に学ぶ保全生物学
ニホンカワウソ―絶滅に学ぶ保全生物学


Otter (Animal)
Otter (Animal)


Otters: Ecology, Behaviour And Conservation (Oxford Biology)
Otters: Ecology, Behaviour And Conservation (Oxford Biology)


カワウソと暮らす (富山房百科文庫 (34))
カワウソと暮らす (富山房百科文庫 (34))


The Ring of Bright Water Trilogy: Ring of Bright Water, The Rocks Remain, Raven Seek Thy Brother
The Ring of Bright Water Trilogy: Ring of Bright Water, The Rocks Remain, Raven Seek Thy Brother


椋鳩十全集〈20〉カワウソの海
椋鳩十全集〈20〉カワウソの海


ガンバとカワウソの冒険 (岩波少年文庫)
ガンバとカワウソの冒険 (岩波少年文庫)


河合雅雄の動物記〈2〉カワウソ流氷の旅
河合雅雄の動物記〈2〉カワウソ流氷の旅

・・・
わたしの本も、ついでにいかがでしょう?


カワウソ

おそらく日本初の、カワウソだけ写真集


ドボク・サミット
ドボク・サミット

みんなで作ったドボク本



恋する水門―FLOODGATES

一家に一冊!世界初の水門写真集


新版 電脳の教室
新版 電脳の教室
こういうのもあります


  • ライブドアブログ
Das Otterhaus 【カワウソ舎】