Das Otterhaus 【カワウソ舎】

生きることは、見ること。写真作家・佐藤淳一が動物園水族館と生息地を訪ねます。カワウソがいてもいなくてもひたすら訪ねます。

ドルトムント動物園・再訪その1

[ Had been three years since I visited Zoo Dortmund. Fortunately, I could revist there this summer and meet some Giant otters again. ]

151004_01
3年ぶりのドルトムント動物園。まずはコツメがごあいさつ。


151004_02
で、ここからはずっとオオカワウソ!


151004_04
日曜の午後なので、


151004_03
お客さんいっぱいですね。


151004_05
だらだらしています。


151004_06
ちょっと泳ぐか。


151004_07
んで、またちょっと休憩。


151004_08
つくづくすてきな動物、オオカワウソ。


151004_09
ドルトムント動物園のカワウソ展示については、3年前にやや詳しく書いたので、気になる方はこちらの過去記事 ↓ を参考にどうぞ。今回、施設面では大きな変化はなかったです。

世界最大のカワウソ2・ドルトムント動物園
世界最大のカワウソ2・ドルトムント動物園その2
世界最大のカワウソ2・ドルトムント動物園その3


151004_10
ん?


151004_11
何やら気になるものが?


151004_12
気になる気になる気になる


151004_13
それそれ〜!


151004_14
それほすい・・・


151004_15
見せて見せて見せて


151004_16
あっち行った!


151004_17
そっちだ!ピギャ〜っ!


151004_18
いつのまにか全員参加w


151004_19
そんなに気になるのか。


151004_20
プギャーピギャー!(オオカワウソはとってもうるさいです)


しっかりお客さんに遊んでもらってました。


151004_21
またちょっと休憩。


151004_22
腹へったかも。


151004_24
クネクネゴロゴロしてみる。


151004_23
ごはんが待ち遠しい。


つづきます。



アンゴラキリン・ドルトムント動物園

[ Angolan Giraffe at Zoo Dortmund. I met this sub species first time then. And the giraffe house was so beautiful. It was light and clean and even had a house cat for eliminating mice or rats. ]

120911_01
ドルトムント動物園のキリンは、アンゴラキリン!


120911_02
アンゴラキリンって、どんなキリン?





ロスチャイルドのときにもお世話になったhotallさん訳のキリン資料によると、

「色はやや明るく(smoky)、大きく不規則な切れ込みのある模様が脚の下まで続いている」

とあります。言っちゃあ何ですが、ちょっと模様のボケて見えるキリンですかねえ。


120911_03
べー! ボケ模様で悪かったね!


120911_04
顔や足は白くなく、全体として同じトーンです。


120911_05
Giraffa camelopardalis angolensis


120911_06
模様のアップです。


120911_07
仲よく固まってますが、実は雨降ってるんです。つまりみんなで雨宿り中。


120911_08
ちょっと目が小さい気もしますが、個体差でしょうか。


120911_09
あ、あんなところで雨宿りしてる。


120911_10
はよ入れとくれい!


120911_11
キリンたちには気の毒ですが、収容時間にはまだ間があります。キリン舎に潜入してみましょう。

120911_12
ライプツィヒで見たのと同じように、ここも天井全面から広く採光しています。


120911_13
こんな構造。とっても明るいです。


120911_14
ドルトムント名物、イラスト解説パネル。ちょっと素朴な感じのイラストがいい雰囲気。


120911_15
こんなところに愛称パネルが。キーパーさんの愛を感じます。


120911_16
ん? わらの中に黒いものが?


120911_17
黒ネコ!


120911_18
ちゃんとネコの解説パネル(Hauskatze=イエネコ)までありました。Hexeちゃんはネズミ捕り係として仕事をしているネコなのだった。


120911_19
キリン舎に同居しているのはイエローマングース。ドイツ語名だとキツネマングース(Fuchsmanguste)になるようです。


120911_20
すりすり・・・


120911_21
わーい♪
雨が小降りになると動き出します。


120911_22
こちらはおとなりさん。ローンアンテロープ。


120911_23
うん、この絵はなかなかいいぞ。


120911_24
前回、ドルトムントは南米産動物が充実していると書きましたが、時間の都合で残念ながらフォローしきれませんでした。アルマジロなんかムツオビ、ココノオビ、ケナガの3種類が比較展示ですぜ! でも時間なくて撮れてない・・・

お詫びのしるしに、メガテリウムをご覧いただいて締めとします。


世界最大のカワウソ2・ドルトムント動物園その3

[ Giant otters and Oriental small-clawed otters are living together under the same roof of the OTTERHAUS at Zoo Dortmund. Dear readers, maybe your eyes have got used to the bigness of Giant otter. So let's take a little look of Oriental small-clawed otter here. ]

120910_01
今日もまた、ドルトムント動物園のオオカワウソ。


みなさん、すでにオオカワウソに目が慣れてしまったのではないですか?


こうもたてつづけにオオカワウソが登場すると、はじめのころの驚きがだんだん色あせてしまって、




「何だ、またオオカワウソか」




みたいな気分になってしまっているのではないですか?


そんなみなさんのために、このへんで、




コツメカワウソタイム!




前に書いたように、オッターハウスではオオカワウソとコツメカワウソがひとつ屋根の下で暮らしています。

120910_02
オッターハウスの庭みたいな屋外放飼場のプールで、コツメファミリーがなにやらごそごそ。


120910_03
洗濯? んなわけないです。

よく見ると、白い毛皮状のもの(目が付いています!)を水から引き上げていました。



120910_04
その毛皮状のものをオッターハウスへ引っぱりこんで遊んでいます。いや、食べています!


120910_05
でもやっぱり、遊んでいるんでしょうかね。

この白い大ネズミのようなもの。正式なエサなのかどうか、はっきりしませんでしたが、ちょっとびっくり。


120910_06
もとロープだったようなもので、綱引きをしてます。


120910_07
んぎ〜っ


120910_08
↑まだネズミで遊んでますね。


120910_09
ここのコツメたちも実にコツメっぽく暮らしていますが、お客さんは対面にいるオオカワウソに目を奪われるので、あんまり見てもらえてない感じです。


120910_10
ぼくたちも見てね〜!



・・・




目がコツメになったところで、ふたたびオオカワウソ屋外放飼場へ戻りましょう。

120910_11
かっこいいオオカワウソポスター。写り込み御免。

「ドルトムント動物園はフランクフルト動物学協会のペルーのオオカワウソプロジェクトを支援しています」

あちこちで見かけるゴリラマークのフランクフルト動物学協会(Zoologische Gesellschaft Frankfurt)ですが、実はオオカワウソのプロジェクトもやってるのですね。

Zoologische Gesellschaft Frankfurt- Rainforest Protection in the Eastern Andes, Peru

日本から考えると南米ってむちゃくちゃ遠いですが、ヨーロッパから見ると大西洋をひとっ飛びで、割りとすぐに南米なんですね。考えてみるとアフリカも近いよね。そして動物学協会が先導して、生息地保全プロジェクトをガンガンやってる、っていうのは、やっぱりすごいことだと思います。

あ、ドルトムント動物園のマークにも注目。そうです。子連れオオアリクイです。ドルトムントは南米産動物のコレクションが充実しているのです。


120910_12
すでに5時を過ぎていますが、雨が上がってちょっと明るさが戻ってきました。


120910_13
屋外放飼場の一番奥にはたっぷりした砂場があります。お察しのとおり、ここはみんなのおトイレ。そしてオオカワウソはフンをするときに、他のカワウソ種ほどにはしっぽを高く上げないようです。その話はまたいずれ。


120910_17
かっこいい!


120910_18
力強いプカプカ泳ぎ!


120910_19
ときにはこんな表情も。


120910_14
ん?


120910_15
しゃわしゃわしゃわしゃわ・・・


120910_16
どたどたばたばた・・・


120910_20
何かと思ったら、夕方のごはんタイムでした。


120910_21
必ず安全なところまで運んでから、


120910_22
ゆっくり食べます。


120910_23
うまうま♪


120910_24
食後のくつろぎ。真ん中がおおちび?


120910_25
もっと食べたい。


120910_26
食後の運動!



こんな感じでドルトムント動物園のカワウソは終わりです。次はアンゴラキリン!

おやすみ前にこの一冊・・・
160px_kawauso_book
東京書籍刊『カワウソ』をお買い上げくださいましてありがとうございます。おかげさまですでに3刷!

「カワウソなび」の最新情報はこちらをどうぞ↓


Where captive otters live in Japan.

 Otter holding facilities in Japan

佐藤淳一リアルタイム
最新の写真は flickr | Otterhaus で公開中。たまにカワウソも。

Created with flickr badge.




コメントありがとうございます。
すべてにリプライできなくてごめんなさい ↓

最新コメント
動物園・水族館・生息地

[動物園・水族館・生息地ごとの記事アーカイブ。カワウソ中心ですが、たまにほかの動物も出ます]

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
記事検索
タグ絞り込み検索
Junichi SATO

self portrait

[佐藤淳一]1963年生まれ。土木構造物と動物という、かけ離れた領域を行き来するあまり類を見ない写真作家。上の写真はベルリン地下鉄の駅の壁に貼ってあった「ハンケンスビュッテルかわうそセンター」のポスターを撮ったもの(2005年)。意図せず自分も写り込んでしまったので、公式セルフポートレートに認定。光学的にカワウソと一体化しています。

キュイキュイ書房
カワウソ本とカワウソグッズの密林セレクトショップ♪

かわうそ店長、意外にハマります。すでに4巻まで出てるよ。

かわうその自転車屋さん 1 (芳文社コミックス)
かわうその自転車屋さん 1 (芳文社コミックス) [コミック]

こやまけいこ
芳文社
2014-10-16


酒ケーキもいいんだけど、せんべいの方がもっといいよ獺祭。

旭酒造 獺祭 煎餅 だっさい せんべい 山田錦の砕米で作りました 30枚入り
旭酒造 獺祭 煎餅 だっさい せんべい 山田錦の砕米で作りました 30枚入り [その他]
旭酒造


世界13種のカワウソが網羅されているすばらしい入門書が出ました。写真もいっぱい!

Otters of the World
Otters of the World


ハンザのぬいぐるみが各種、買えるようになってますよ。
カワウソ No.3320
カワウソ No.3320 [おもちゃ&ホビー]


フィギュアはシュライヒが造りがいいですね。
Schleich シュライヒ カワウソ
Schleich シュライヒ カワウソ


かわうそ3きょうだい そらをゆく (にじいろえほん)
かわうそ3きょうだい そらをゆく (にじいろえほん)


かわうそ3きょうだいのふゆのあさ (えほんひろば)
かわうそ3きょうだいのふゆのあさ (えほんひろば)


かわうそ3きょうだい (えほんひろば)
かわうそ3きょうだい (えほんひろば)


空がレースにみえるとき (ほるぷ海外秀作絵本)
空がレースにみえるとき (ほるぷ海外秀作絵本)


ぼく、およげないの
ぼく、およげないの


ニホンカワウソ―絶滅に学ぶ保全生物学
ニホンカワウソ―絶滅に学ぶ保全生物学


Otter (Animal)
Otter (Animal)


Otters: Ecology, Behaviour And Conservation (Oxford Biology)
Otters: Ecology, Behaviour And Conservation (Oxford Biology)


カワウソと暮らす (富山房百科文庫 (34))
カワウソと暮らす (富山房百科文庫 (34))


The Ring of Bright Water Trilogy: Ring of Bright Water, The Rocks Remain, Raven Seek Thy Brother
The Ring of Bright Water Trilogy: Ring of Bright Water, The Rocks Remain, Raven Seek Thy Brother


椋鳩十全集〈20〉カワウソの海
椋鳩十全集〈20〉カワウソの海


ガンバとカワウソの冒険 (岩波少年文庫)
ガンバとカワウソの冒険 (岩波少年文庫)


河合雅雄の動物記〈2〉カワウソ流氷の旅
河合雅雄の動物記〈2〉カワウソ流氷の旅

・・・
わたしの本も、ついでにいかがでしょう?


カワウソ

おそらく日本初の、カワウソだけ写真集


ドボク・サミット
ドボク・サミット

みんなで作ったドボク本



恋する水門―FLOODGATES

一家に一冊!世界初の水門写真集


新版 電脳の教室
新版 電脳の教室
こういうのもあります


  • ライブドアブログ
Das Otterhaus 【カワウソ舎】